FC2ブログ

なじょしてる通信 №204

№204 2011年 3月 3日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部一
℡ 44-5658  携帯 090 2993 1471


小高区の学校給食費補助を廃止 先週末に示された2011年度予算案及び行財政改革推進計画で、市民サービスが大幅に削られていくことが明らかになってきました。
 旧小高町時代から実施し、合併後も継続されていた「小学校2年生までの学校給食費補助金」が、2011年度から廃止されようとしています。
 小高区では子育て支援策の一つとして、小学校低学年の給食費に対して、20%の補助をしてきました。2010年度の予算額は262万円でした。これが、『小高区限定のものであり、3区の保護者負担に不公平が生じている。』との理由で、2011年度から廃止するものとしています。
成人式記念品も廃止 
 小高区と鹿島区の成人式では、これまで記念品として「記念写真」を撮影して成人者に贈呈していました。
 これを2011年度から廃止するとしています。その上で、2012年度からは3区合同開催が計画されています。
鹿島区遠距離通学補助廃止
 旧鹿島町では、中学校統合の条件として通学距離が片道6㎞以上の中学校生徒に、年間1万円を限度に補助をしていました。
 合併後も継続されていました(2010年度の予算は30万円)が「市内の均衡を図るため」を理由に、2011年度から廃止するとしています。

合併はなんだったか
 合併の条件は、「サービスは良いところに合わせる」ではなかったのか。
 ここにきて桜井市政は、サービスは悪いところに合わせるになっています。このまま黙っていていいのでしょうか。

第2子保育料無料も廃止?
 現在、同一世帯から2人以上の児童が保育園に入園している場合、2人目以降の保育料を無料にしています。
 この制度は旧小高町で実施していたものです。合併後は南相馬市の制度として、全区に拡大して実施していました。サービスは良いところに合わせるとしていたものでした。
 ところが行財政改革推進計画では、2011年度中に制度の見直しを検討・保護者説明会を開催するとしています。その上で、2012年度から「新保育料」の適用をするとしています。
 ここにきて、2人目無料の子育て支援策が廃止され、合併後の良いところまでなくしてしまう可能性が大きくなっています。

一の一般質問は 9日の14時30分から?
 3月議会の一般質問には、17人の議員が登壇することになりました。
 私の質問は、第4番目となり3月9日午後2時30分頃からになります。議事の進行によっては、前後することもあります。
 私の質問通告は、以下の通りです。

Ⅰ.市長の軸足はどこに
1.市民の命を守ることを最優先に 
 ① 子どもの医療費無料化年齢をすぐに中学校卒業まで引上げるべきだ。
 ② 子宮頸がん予防・ヒブ・小児用肺炎球菌ワクチンの個人負担をさせるな。
2.市民のくらしを守ることを最優先に 
 ① 特別養護老人ホーム入所待機者を無くす対策を急げ。
  ② 保育所入所待機者を無くすべし。
3.財源はむだな公共事業の見直しで
4.以上の姿勢をとれない市長は、どこに軸足を置いているのか
Ⅱ.eまちタクシーを全区に実現を
1.原点は
 ① 交通弱者にどう手を差し伸べるのか。
 ② 商店街の活性化にどのように生かしていくのか。
2.当面、鹿島区での実現を
 ① 検討の経過は。
 ② 鹿島区住民での綿密な調査・研究をするべきではないか。

;">Ⅲ.身体障がい者にやさしい南相馬市に
1.駐車場対策では 
 ① 駐車場での身障者スペースの確保啓蒙を。
 ② 身障者が路上駐車ができる街づくり啓蒙を。
2.公共事業は設計段階から身障者を参画させるべし
3.サービスの原点は人
 ① サービスの制度充実も重要だが、それを担うのは人。人材育成とともに身障者の立場からの配置を。

白鳥には日本語が通じたかな
 自宅から150m先の水田に白鳥が群れています。よくよく観察し、気が付きました。昨年、膨大な量のクログワイ(水田雑草)が生えてしまった私の水田です。クログワイは地下10㎝位の所に球根を作ります。
 これを食べに来ていたのです。どうせなら全部食べてくれと声をかけたのですが。
スポンサーサイト



なじょしてる通信 №203

№203 2011年 2月24日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部一
℡ 44-5658  携帯 090 2993 1471


常磐自動車道開通に合わせ 高規格救急車配備
 21日に開かれた相馬地方広域市町村圏組合議会で、2011年度当初予算が審議されました。消防業務を中心とした一般会計予算は、14億3,854万円となりました。
 消防施設費では、相馬消防署に配備する消防ポンプ自動車3,300万円、高規格救急車3,000万円の車両購入費があります。消防ポンプ自動車は現車両が19年経過し、老朽化のために更新するものです。
 一方、高規格救急車は2011年度中に常磐自動車道の富岡インターチェンジから相馬インターチェンジまで開通することに合わせて、高速道路にも対応する車両として増車するものです。

南相馬市消防負担金7億円
 広域市町村圏組合議会で可決された予算は、構成する市町村の負担金を中心に賄われます。
 南相馬市が負担する金額は、消防費負担金6億9,819万円、看護専門学校費負担金9,697万円などで、2011年度合計負担金は8億3527万円となりました。

一の一般質問④
 12月議会での私の一般質問の内容要旨の続きの続きです。
農業危機緊急対策を問う
3.TPPでは
① TPPは日本を破壊する暴挙
※「通信№199」の続きです。
【質問】 TPP参加で利益を得るのは、ごく一握りの輸出大企業だけです。農林漁業を真に再生させて地域経済、南相馬市民を守るために、TPP参加を阻止させるべきと思いますが、いかがですか。
【答弁】地域農業を守るために、機会あるごとにTPP参加をやめるよう伝えていく。
【質問】TPP反対の具体的行動を求めます。
【答弁】政府幹部政治家とも会う機会があるので、伝えていきたい。
合併の原点に立ち戻って
1.地域自治が生かされているか
① 法体系での位置づけは
【質問】地域において最大の主体である市民が自主的な活動を展開して、地域の課題を自ら解決するための環境づ くりが必要だとして、本市合併時に地域自治組織がつくられました。
 南相馬市の地域自治区は、合併特例法に基づく自治区か、それとも地方自治法に基づくものか。
【答弁】地方自治法に基づくものであり、各区に地域協議会を設置し、各自治区民の声を市政に反映することにし ている。
【質問】今日の実態を見れば、自治区設置は、合併を進めるための方便ではなかったのか。
 財源と権限を地域の実情に合わせて配分し、住民の声が届く市政運営ができることが目的だった。
 しかし、すでに原町区には「自治区はいらない。」の声もある。
【答弁】今後も地域協議会を中心に適切な運営がされると考えている。
② 地域協議会をどう活用するか
【質問】地域協議会をどのように機能させ、活用するかが極めて大切になります。
 市長の諮問に答えるだけの組織になっていると映っています。本来の目的に向ける方向をどう考えるのか。 《以下、次号で》

一あっぱとっぱ チイ子平然 の旅
 タイ国に住みついてしまった叔父から請われてタイ旅行をしてきました。タイでのおもてなしは、「水・冷たすぎる冷房・車はスピードを上げる」でした。水は助かりましたが、35℃の外から20℃の冷房内への出入りと、乗ったバスやタクシーが命がけのように飛ばすのには、たまげました。
 でなんこが日焼けして皮がむけてきました。それを見て「頭の皮がむけたね。」と、無礼なことを言った方がおります。

なじょしてる通信 №202

№202 2011年 2月17日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部一
℡ 44-5658  携帯 090 2993 1471


12月22日大雨洪水は 
 昨年12月22日早朝から降り始めた雨は、11時頃に時間雨量48㎜(原町区)の豪雨となりました。14時までの総雨量は、90㎜でした。消防小高分署での時間雨量52.5㎜、浪江では79㎜でしたから、南ほどすさまじかったと思われます。
 その時は議会開会中でしたが、南町の佐々木さんから携帯電話で「異常」が知らされました。
 私は議会を中断してもらい、降雨と被害状況の緊急調査と報告を求めました。
被害の概要は
 極めて短い時間に激しい雨が降り、排水が追いつかずに浸水被害等が発生、一部には突風被害も発生しました。
①床下浸水被害
 ・小高区 7件
 ・原町区 6件
 ・鹿島区 1件
②突風による被害
 ・ビニールハウス 9棟
 ・居宅の屋根瓦一部損壊 1棟
 ・物置の屋根瓦一部損壊 1棟
 ・物置の屋根トタン一部損壊 1棟
 ・資材倉庫テント破損 2棟
③道路橋梁、河川、林道、農地・農業用施設等の被害 52件

予備費での応急復旧も
 緊急を要する応急復旧は、道路橋梁、林道、農地・農業用施設等で南相馬全区域21件、387万円に及び、予備費で対応しました。その内、小高区分は13件、229万円でした。
 そのほかの31件、985万円の災害には、2月1日に開かれた臨時議会で予算化されました。

2月臨時議会補正予算 
主な予算は 
 臨時議会に提案・可決された一般会計補正予算の主なものの先週号の続きです。
・中学校施設備品整備 445万円
  中学3年生分のイス685脚購入(小高中127脚)
・小高中屋内運動場耐震改修 8,947万円
  1976年建築屋内運動場耐震補強と改修。
・農業用施設災害復旧(小高区) 22万円
  12月22日大雨災害復旧 大井字柿木平法面崩落15m復旧に55%補助。
・現年発生単独災害復旧(小高区) 254万円
  12月22日大雨災害復旧
  ①農業用施設  10万円
    耳谷字畑中法面崩落4m
  ②林業施設  160万円
    川房字出水 仲入線300m路面洗掘
    大富字牛石 牛石線200m路面洗掘
  ③道路  160万円
    大井字松崎 原?A線6m法面崩落
    行津字道伝 浦尻川房線12m法面崩落
    浦尻字南台 浦尻広町線4m路肩崩落
    浦尻字大塚 中林崎京ノ?A線3m路肩崩落
    行津字鹿島舘 行津浪江線5m路肩崩落
  ④河川
   上根沢字前田 小屋木川10m護岸崩落

3月議会の日程は
 3月議会は当初予算が審議されます。遅れている当市の子育て支援はどうなるのか?
 3月4日 本会議(議案の提出及び説明)
  9~14日 本会議(一般質問)
  15日 本会議(議案質疑、委員会付託)
  16~18日 各常任委員会【一は建設経済常任委員会】
  24日 本会議(委員長報告、質疑討論、表決)

あっぱとっぱで寒さを忘れ
 昨年の大豆は我が家の後ろの畑3反で作りました。猛暑と秋の長雨の影響で収量・品質共に最悪でした。選別済み大豆で300㎏しかありません。
 2月5日に選別作業をする際、選別機の電力に初めてリースの発電機を使いました。選別機がうまく動かずにあっぱとっぱしました。1度は回転が逆、もう一度は、発電圧が足りませんでした。きーもんではわがんねど、知らされました。
プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示