FC2ブログ

なじょしてる通信 №266

№266 2012年12月30日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部寬一
原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471


子どもの遊び場確保に市が責任を持って請願書
 全会一致で採択 
 12月定例議会前に多くの署名とともに提出されていた「『子どもに放射能の心配なくのびのびと遊べる場を』市が責任を持って確保してください請願書」(請願者:新日本婦人の会南相馬支部長 渡部チイ子、紹介議員:荒木千恵子議員)は、19日の本会議で全会一致で採択されました。
 今後、市長は南相馬市民と市議会の願いを受け止めて、対応する事が強く求められます。

「子どもに放射能の心配なくのびのびと遊べる場を」市が責任を持って確保してください請願書
 「子どもを安心して遊ばせる事が出来ない。」「子どもの体力が心配。」「避難している子どもや孫をよびよせられない。」・・・たくさんの要望が寄せられています。
 市は、この声に対して「民間でやっているから」という理由で、市が直接乗り出して子どもの遊び場を確保しようとしていません。
 その「民間」も、NPO法人が運営しているイオンジャスモール内にある遊び場はわずかなスペースで、道具も十分ではありません。原町区錦町のNPO法人が運営している遊び場は有料です。
 福島市では、9月から「市民センター大ホール」に砂場やトランポリンをはじめ大型遊具も入れて、子どもの遊び場として無料開放しました。連日、子どもたちの明るい声が響き渡り、あふれかえっています。
 郡山市では、大きな量販店の倉庫だった建物を改築して市が遊具を入れて無料開放しており、順番待ちの列ができるほどです。

【請願項目】
1.市が責任を持って、子どもたちの安心してのびのびと遊べる遊び場を確保してください。
2.その遊び場を原町区、鹿島区に設置してください。

医療費一部負担金減免請願
本会議でも全会一致採択
 先週号でお伝えした「大震災・原発事故被災者に対する国保税、介護保険料と一部負担金の減免延長と拡充を求める請願書」も、19日の本会議で全会一で採択されました。

※ この請願書の紹介議員は、小林正幸議員でした。
 提出時には、小高区出身議員全員(渡部寬一、今村、小林、竹野、志賀)が力を合わせて紹介議員として署名しました。
 その後、議会人事の入れ替えがあり、私と竹野、志賀議員が請願書審査が付託になる文教福祉常任委員会に所属することになり、また、今村議員が副議長になったため、紹介議員から外れざるを得なくなりました。

ガレキ仮設焼却炉   
小高区蛯沢に検討
 地震、津波等で発生した災害廃棄物(ガレキ)の内、焼却せざるを得ない物の処理(約16万トン)は大きな懸案でした。旧警戒区域のガレキは国の責任で処理、区域外は市の責任で処理するという複雑さもあります。

 南相馬市と国(環境省)は、その処理方法の協議を重ねてきましたが、12月に入ってその方向が以下のように固まりました。
① 環境省が責任を持って仮設焼却炉を設置して、ガレキを焼却する。
② 南相馬市全域のガレキを仮設焼却炉で焼却する。
③ 旧警戒区域を含めた住家等の片づけから生じる家庭ごみは、クリーン原町センターで処理をする。
④ 仮設焼却炉は小高区蛯沢字笠谷地内:㈱DNPファインケミカル小高工場敷地に設置する方向で、関係住民の合 意を得るようにしていく。

※ ここでいう災害廃棄物は、地震での倒壊家屋や津波ガレキです。除染での廃棄物ではありません。
※※ 蛯沢の工場敷地は、南相馬市に寄附される。敷地内の既存建物、設備等は、環境省の責任で(約25億円の費 用も含めて)解体、撤去する。
※※※ 焼却炉から出るセシウムが吸着しているばいじんは、バグフィルターで99.92~99.99%の除去ができる。


小高の
 ゴミを処理せよ!
 
 ガレキの仮設焼却炉は、どこかには設置しなければなりません。
 そのためには将来の禍根を残さないように、完全な設計・施工と完全な管理が絶対に求められます。これを十分に担保しながら、設置地元住民の合意を求める努力が必要です。
 一方の、「小高区からの住家等の片づけから生じる家庭ごみは、クリーン原町センターで処理をする。」は、どうなっているのか。
ゴミは放置されたままだ!
 原町区高松地域の住民から合意が得られないことを理由に、クリーン原町センターでの処理は、いまだに実現されていません。
 警戒区域が解除されてから8ヵ月以上になるのに、ゴミは自宅内に保管したままになっています。野外に出されているゴミは、散乱しているものも少なくありません。
 小高に行くたびにこの光景を見て、心が痛みます。心がすさみます。怒りがこみ上げます。

 「住民税を払っているのに、この差別は何だ!!」という強い声があることも理解できます。
 「一刻も早く小高のゴミを処理してください。」の声を、市長に届けましょう。

高橋ちづこさんが当選
 比例東北で「東北の命綱」の議席守る!
 衆院選挙比例東北ブロック(定数14)で、「東北の命綱」として頑張ってきた日本共産党の高橋千鶴子議員の議席を勝ちとることができました。
 前回総選挙から東北全体での得票率も5.9%と伸ばし、順位も前回から一つあげた13位当選でした。南相馬市では、得票数・得票率(7.0%)も大きく伸ばし、当選の大きな力になりました。福島県での得票率は、6.5%でした。
 高橋さんは「『福島の声』を国政に届けます。」と、強い決意を語っていました。

議会推薦の農業委員
 小高からは 宮川フジコさん
 南相馬市農業委員会委員の改選期に当たり、公選の委員は先日、無競争で決まりました。
 農業委員はこの公選による委員のほかに、農業団体等の推薦委員と、議会推薦の委員が加わります。南相馬市議会では、12月19日の定例議会最終日に、以下の3人の委員を全会一致で推薦する事が決まりました。

 ・宮川フジコ 小高区大富字向田 61歳
 ・大塚ヒロ子 鹿島区橲原字台  57歳
 ・半谷眞智子 原町区北長野字的場 58歳



感謝感謝と 後悔と 決起の意志と 
 24日、久しぶりに群馬県で入院している芳光叔父に会いに行ってきました。叔父は開口一番に「東京さ すぐ行くべ。」でした。

 今年もまもなく終わります。
 先が見えないままで1年を過ごした無為の年となってしまったのではとの悔しさの年。市長のやることにあれこれ言うことも必要ですが、自らがみんなと力を合わせて行動を起こすべき時が来ているとも思っています。

 それぞれが困難な状況におかれているにもかかわらず、「なじょしてるかんいち通信」を仮設住宅等に配布していただいている17名の各位には、心から感謝しています。配布総数は、赤旗新聞に折り込んでいる分等を含めて1,745枚に及んでいます。避難されている市民からは、感謝と期待の声が届いています。これも配付していただいている各位のたゆまない協力の賜物です。ありがとうございます。

 皆さん、来年こそ良い年を迎えてください。
 良い年になるように、自らが切り開く意志で力を合わせていきたいと思っています。

スポンサーサイト



なじょしてる通信 №265

№265 2012年12月23日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部寬一
原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471


医療費一部負担金減免請願 
 委員会で全会一致採択 
 12月定例議会前に南相馬市議会に提出されていた「大震災・原発事故被災者に対する国保税、介護保険料と一部負担金の減免延長と拡充を求める」請願書(請願者:小高区上浦の鈴木敬徳氏:請願署名者数2,239名)は、12月13日に開かれた文教福祉常任委員会で、全会一致で採択されました。
 この記事を書いている今日は12月18日のため、明日の本会議の結果は伝えられませんが、本会議でも採択になるものと思われます。
 今後、市長と国は南相馬市民と市議会の願いを受け止めて、対応する事が強く求められます。

◎請願書の要旨 
 家族がバラバラになっていること、仕事・生業が取り戻せないこと、賠償が不十分であること、放射能の除染が進んでいないこと等、不安はたくさんあります。
 その中でも当面特に不安なのは、現在の国民健康保険税・介護保険料の減免が2013年3月までとされ、医療費・介護保険料の一部負担金減免は2013年2月末(自然災害被災者は3月末)までとされていることです。
 生活と生業が取り戻せない中では、医療と介護にお金の心配をしないで受けられることは、命をつなぐ最低限のことです。
請  願  項  目
1.大震災・原発事故被災者に対する国民健康保険・介護保険の税・料及び、一部負担金の減免延長と拡充を南相 馬市として実現してください。

2.上記を国の制度(財源の手当てを含む)にすることを求める意見書を政府等に提出してください。


渡部チイ子さん
南相馬市で 3,824票
 
 得票率 12.3%
 総選挙は、自民党の圧勝となりました。しかし、南相馬市では地殻変動が起きています。
 今回の衆院選挙のそれぞれの得票と、前回(2009年8月)の得票を比べてみました。
今回 衆院選 前回 衆院選
得票数 得票率 得票数 得票率
渡部
チイ子 3,824 12.3% 1,700   3.9%
                  (山田 ゆたか)
亀岡
よしたみ 13,912 44.9% 18,101 41.8%

石原
洋三郎 5,864 18.9% 22,981 53.1%

大場
ひでき 7,417 23.9%

大橋一之 531 1.2%

有効
投票数 31,967票 43,313票

 当選した亀岡さんは得票率こそわずかに増やしたものの、得票数は大幅に減らしています。
 一方、渡部チイ子さん(日本共産党候補)は得票率、得票数ともに大幅に増えています。

比例でも得票率伸ばす
 比例代表選挙でも同様の傾向があります。自民党は前回得票数12,541票で得票率29.1%から、今回得票数8,390票で得票率27.0%と、どちらも減らしています。
 一方、日本共産党は前回得票率5.2%から、今回得票率7.0%へと増えています。

それは全国でも
 自公圧勝と言われますが、全国で自民は219万票減、公明も94万票減らしました。
 つまり、「民主もだめだから自民へ」とは有権者は動かなかったのです。一方で、1千万人以上があらたに棄権しています。

がんばるというチイ子さんの一面は 
 チイ子さんに感想を聞きました。
 「政権が変わっても、避難生活などの状況が良くならなければだめです。公約実現のために、引き続き皆さんと力を合わせていきます。」
 と、言っていますが、その一方で「初めて共産党に票を入れるとして期待していたお年よりの方が、がっかりしているのではないか。どう声をかけたらよいのか。」とも、もらしています。
 応援に愛媛から来た孫に、私と共にニコニコ。

なじょしてる通信 №264

№264 2012年12月16日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部寬一
原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471


首都圏反原発連合の
脱原発「あなたの選択」プロジェクト
 毎週金曜日の夕方に首相官邸前で反原発の集会を開いている首都圏反原発連合が11月28日現在で発表したポスター抜粋です。

 国政選挙を前にして、ほとんどの政党が「日本は今後『脱原発』に向かうべきだ」と、言葉では表明しています。
 しかし、各党の具体的な政策を見ると、多くの政党は本気で脱原発を行なう意志があるようには見えません。
 日本から原発をなくすために、私たち有権者はどの政党に未来を託せばいいのでしょうか。
 この一覧表を参考にして、しっかりと各政党の姿勢を見極めてください。

共産党 即時原発ゼロ
 ◎停止中の原発の再稼動はしない
 ◎稼動中の大飯原発は停止
 ◎全ての原発を停止させたまま廃炉
 ◎核燃料サイクル政策を廃止


民主党 2030年代に原発ゼロ
 △核燃料サイクル事業のあり方を見直すとしながらも、廃止を明言せず
 △原子力規制委員会の安全確認を得た原発は再稼動
 △新設・増設は行なわないとしながらも、建設中の大間原発・島根原発については容認


自民党 責任を持って原発を再稼動させる
 △原発再稼動の是非については3年以内の結論を目指す
 △脱原発には言及せず、10年以内に結論を出す
 ×総裁選候補5人全員が「最終的な原発ゼロ」に反対
 ×元経産大臣として原発を推進してきた人が政調会長に就任
 ×安倍総裁は「民主党の原発ゼロ方針は無責任」「原発比率は下げるが30年代にはゼロにはしない」「責任を持  って原発を再稼動させる」と発言

日本維新の会 原発の安全基準等のルール構築
 ×代表代行の大阪市長は、当初大飯原発の再稼動に反対していたが、一転して容認
 ×太陽の党と合流後は脱原発に言及せず
 ×石原代表は「原発ゼロはただのセンチメント」「開発した技術体系を放り出すのはおろかだ」と発言

公明党 遅くとも40年後に原発ゼロ
 △少なくとも2030年代までに3分の2の原発を停止廃炉。遅くとも40年後に原発ゼロへ
 △原発の新規着工は認めない。40年運転制限制を厳格に適用
 ◎高速増殖炉もんじゅは廃止
 △新たな安全基準による原発の再稼動は認める

新たな議会人事
 議長に 横山元榮氏
 12月定例議会初日の11月30日に議長選挙などが行なわれ、新たな議会人事が決まりました。
 今後2年間を担います。

議長選挙では
 横山元榮 16票 当選
 水井清光  7票

副議長選挙は
 今村 裕 16票 当選
 小林正幸  7票

 日本共産党議員団は、「市民こそが市政の主人公であることから、市民の命とくらしを守る市政運営、議会運営を基本とする。」「民主的議会運営を遵守する。」「少数会派、少数者の意見も尊重した議会運営に努める。」等を約束し、横山議員・今村議員に投票しました。

常任委員会等は
 私は、文教福祉常任委員会と議会運営委員会に所属することになり、議会運営委員長に選ばれました。
 荒木千恵子議員は、建設経済常任委員会に所属することになりました。


申し訳ありません
 ありがとうございました
 
 12月8日、チイ子さんの伯母やんが亡くなりました。
 すぐ隣に嫁いだチイ子さんの母親との2人姉妹で、私達はたくさんの面倒を見てもらいました。
 チイ子さんは総選挙の候補者、私は市議会本会議中。私だけ、10日通夜にとんぼ返りで出席し、葬儀欠席の謝罪をしてきました。
 降雪最中の帰路は怖かったです。

なじょしてる通信 №263

№263 2012年12月 9日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部寬一
原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471


12月補正予算
12月定例議会に提案されている主な予算は、次の通りです。

 主な補正予算は 
 ・災害派遣職員受入れ    1億332万円
   実受入れ人数32名。

 ・浄化槽設置整備復興補助   1,243万円
   合併浄化槽だけ被災したものへの補助。

 ・共同墓地災害復旧補助     175万円
   鹿島区3ヶ所、原町区1ヶ所。7/10補助

 ・震災遺児等進学支援助成    180万円
   対象者3名に就学支援。60万円/年間。

 ・かしま保育園太陽光発電整備   95万円
   導入の設計業務。全体事業費1,900万円

 ・復興住宅建設補助      5,000万円
   復旧・復興等作業員宿舎整備補助、100戸分を増額(50万円/戸が限度)。
 
 ・大町第二災害公営住宅整備 13億227万円

 ・大町第三災害公営住宅整備 1億7,664万円

 ・万ヶ災害公営住宅整備    500万円

 ・小高東町災害公営住宅整備  2億97万円

 ・鹿島西町災害公営住宅整備 5億1,043万円

 ・西川原災害公営住宅整備 6億9,986万円

 ・上真野小校舎耐震改修  3億3,012万円
 
 ・ウェブカメラ設置事業    9,197万円
   ウェブカメラ28台と気象ロボット設置。

 ・社会体育施設表土改善    5,302万円
   北新田運動場、弓道場の除染。

 ・介護施設緊急整備補助    2,260万円
   鹿島厚生病院併設「厚寿苑・地域交流センター」補助金の増額補正。
 
 ・災害見舞金         3,915万円
   小高区等の全壊85件(10万円/世帯、2万円/人)、半壊265件(5万円/世帯、1万円/人)の追加認定増額。

 ・生涯学習施設災害復旧    3,310万円
   浮舟文化会館、就業改善センターの地震被害修繕工事。

 ・仮設校舎整備事業      2,990万円
   鹿島中校庭の仮設校舎増設建設工事。小高4小学校を鹿島中校庭仮設校へ入り、真野小は本校舎へ入ること  に。

災害関連死 376人に
 12月4日の市災害対策本部会議で、南相馬市の災害関連死は376人(11月27日現在)に及んでいることが報告されました。
 震災時の直接死636人と合わせて、南相馬市の震災関係死亡者数は1,012人になってしまいました。

おかしいと思ったことと、本音を堂々と言うことのすばらしいと思ったこと・・・ 
 今年は旧警戒区域で水稲の試験栽培をしました。いずれも基準値の100Bq/㎏を下回ったそうです。
 しかし、それぞれの水田での米がいくらの放射性物質を含んでいたのかは報告されません。県は、個人情報の保護のためと言っています。

 とんでもありません。全てを明らかにしてこそ、信頼を得られ、対策も詳細に具体化できます。
 震災原発事故後に、知人の安否やどこに避難しているのかを市町村が教えてくれなくて、多くの方が大変心配し、苦労をしました。これも個人情報の保護だそうです。
 自分のことは誰にも教えるなと申入れがあれば別ですが、そうでない限りは伝えるべきです。おかしいです。

 チイ子さんの第一声は、福島駅東口でした。松本泰行元小高町議会議員が応援演説をしてくれました。
 「自民党小高支部の幹部をしており、原発を推進していた。考えを変えた。共産党だけが本当に正しいことを言っていた。」・・・・と。聞いていた皆さん全員が、感動したそうです。

チイ子さんの個人演説会
※期間を通じて鹿島区でただ1ヶ所の演説会です。
 12月 9日(日)午後7時~
 鹿島区・小池第3仮設住宅 集会所
〔後援会内部資料〕

なじょしてる通信 №262

№262 2012年12月 2日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部寬一
原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471


12月補正予算
  正式提案前に訂正
 12月定例市議会は、11月30日から開かれます。
 提案に先立って、21日に議案の説明会が行われ、22日には議案書が配布されました。

 一般会計補正予算の中では、9月議会で否決された防災緑地整備事業1億2,830万円が、再び提案されるものでした。各会派での事前説明や議会全員協議会で、財源に大きな問題があることが強く指摘されていました。
 11月27日に開かれた議会運営委員会で、この事業予算を取り下げて提案することが正式に伝えられました。

 年明け後に、寄付金などを十分に確保した上で、提案し直しをするとしています。

 ※ 防災緑地事業:原町区の北泉海浜総合公園に津波被害を軽減する高さ10  m、総延長約900mの防災緑地を南  相馬市単独予算で7億5,000万円をかけて造る計画。
   本来、防災緑地(防災林)は国・県が造るもので、市の負担は伴わないものです。それを国・県の金を使わ  ずに、南相馬市単独で作ろうとしています。
   いったん上げられていた予算はこの事業の内、延長150mを1.2億円で造ろうとしたものです。


12月補正予算
  24.8億円を追加
 12月定例議会に提案されるのは、議案31件(条例関係13件、予算関係10件、その他8件)、報告1件です。
 一般会計補正予算では震災・原発災害からの復旧・復興などの緊急対応に必要な予算を措置するとしています。
 
 補正額24億7,558万円(防災緑地事業を含む)を追加し、歳入歳出総額は1,025億228万円になります。

 以下、提案されている主なものを記します。

 主な条例は 

◎市復興産業集積区域の市税特例条例制定
  南相馬市の復興産業集積区域(55ヶ所)の個人事業者・法人の固定資産税を、5年間免除する。

◎原発被災者への市税減免条例の一部改正 
 以下条件の2013年度固定資産税を減免する。
 ① 土地と家屋
  ・旧警戒区域 ⇒ 課税免除
  ・旧緊急時避難準備区域 ⇒ 2分の1減額
     (税法による:国から財源手当て有り)
  ・30㎞圏外 ⇒ 2分の1減免
     (市税減免条例:国から財源手当無し)

 ② 償却資産
  ・旧警戒区域で使用又は使用見込みがないもの ⇒ 全額減免

◎消防団員費用弁償の一部改正
 ① 作業に従事した場合
   ・11年3月11日~12年4月15日
        ⇒ 20㎞圏内:2,000円/日
          20㎞圏外の特定区域:1,000円/日
 
 ② 死体収容等の作業に従事した場合
   ・1日に10体未満の死体を取り扱った場合 ⇒ 1,000円/日
   ・1日に10体以上の死体を取り扱った場合 ⇒ 2,000円/日

※ 1日あたり費用弁償額2,800円への加算額です。
※ 支給は当時に遡及します。このことによる所用額は、1,054万円の予定。

 主なその他議案は 

◎ 一般会計の専決処分
  衆議院議員総選挙の執行に要する経費4,911万円を11月19日付けで専決処分した。

◎ 財産の取得
 ・取得目的 ⇒ 防災集団移転促進住宅団地用地(原町区上高平地区)
 ・取得の土地⇒上高平字芦ノ口 6,028㎡
 ・取得金額 ⇒ 2,411万円

◎ 財産の取得
 ・取得目的 ⇒ 防災集団移転促進住宅団地用地(原町区小川町地区)
 ・取得の土地 ⇒ 小川町 41,203㎡
 ・取得金額 ⇒ 2億4,775万円
 ・取得の相手方 ⇒ 日本デルモンテ㈱

◎ 財産の取得
 ・取得目的 ⇒ 災害公営住宅建設用地
 ・取得の土地 ⇒ 原町区大町二丁目 11,436㎡
 ・取得金額 ⇒ 2億9,505万円

◎ 財産の取得
 ・取得目的 ⇒ 下太田工業用地
 ・取得の土地 ⇒ 原町区北原字東原 470,288㎡
 ・取得金額 ⇒ 9億1,527万円
 ・取得の相手方 ⇒ 日立建機㈱

◎ 公の施設の指定管理者の指定
 ・施設名称 ⇒ 野馬追通り銘醸館
 ・指定管理者名 ⇒ 原町観光協会
 ・指定期間 ⇒ 2013年4月1日から5年間

寬一の 一般質問 
   10日の11時頃から
 12月議会の一般質問は、7~11日に予定されています。
 私の質問は、第6番目となり、12月10日午前11時頃からの予定です。

 私の質問通告の内容は、
Ⅰ.市民に寄り添った市政を(市民の命を守ることを最優先に)

 ①ヨウ素剤を今すぐ全世帯配備せよ。
 国の方針待ちではなく、市民に寄り添えば市独自での判断で配備すべきである。

 ② 一刻も早く放射性物質の除染を進めること。 
  そのためには、住民と力を合わせて「仮置き場」を設置すること。

 ③高齢者介護施設を市が責任を持って急いで増設すること。  また、それを保障するスタッフ確保に責任を持つこと。

 ④ 常磐高速道路の早期開通、県道12号線改修を何としても急がせよ。 
 ⑤ 高速道路無料措置の延長を求めること。 
 ⑥ 命を守れない最大の原因になっているのが「原発収束宣言」だ。この撤回を強く求めよ。
 での、質問通告をしています。

ずーーと いでがったの・・・
 先週の「なじょしてる通信」作成直前に、左下の最後の奥歯を抜歯しました。
 いでぇべし、緊張した後の脱力感がはげしぃべし(「どしょなしだがらだべ」とチイ子さん)。
 そもそも、20歳代に下耳谷の神楽を復活させた時の後遺症で、奥歯ががたがたになっていたものであった。以上、先週号未発行の言い訳です。
 11月20日、東京電力と経済産業省等への原発事故損害賠償問題交渉が衆議院第2議員会館を会場に開かれました。
 相馬地方で大型バスで行くというので、私も行ってきました。今までになく議員会館が閑散としているのに驚いた後に、解散しており衆議院議員が存在していないことに気付きました。
 それにしても、東電も国も被害者の立場に立っていない対応には、腹が立ちました。両者とも事故を起こした当事者であり、加害者です。まるで他人事のような対応です。

なじょしてる通信 №261

№261 2012年11月18日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部寬一
原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471


小高区復旧の状況は
① 上水道
 ・ 浄水施設などの除染は終了
 ・ 漏水調査率 ⇒ 50%
 ・ 吉名浄水場から区役所までの沿線周辺は、12月始めに通水できる見込み
 ・ 市街地全域通水は2013年度にずれ込む

② 北部簡易水道 
 ・ 全世帯(340世帯)通水可能になった。通水手続き終了は100世帯。
 ・ 料金は、当面の間は無料。

">;">③ 西部簡易水道span> 
 ・ 山麓線(県道)から東は、12月上旬から給水可能になる見込み。
 ・ 山麓線から西は漏水があり、給水は遅れる。

④ 生活圏除染
 ・ 除染計画は、2012年度、2013年度。
 ・ 汚染土壌等の仮置き場は55haを要す。
 ・ 仮置き場はまだ決まらず。(一部交渉中)

⑤ 災害ガレキ
 ・ 仮置き場【塚原】:造成中。12月中の試験搬入を検討中。
 ・ 仮置き場【浦尻、村上】:用地決定に向けて調整中。造成工事には8ヶ月間を要す。
 ・ 解体申請家屋:17棟を解体済み。32棟を解体工事契約済み。
 ・ 被災自動車:500台を3月末まで撤去するための契約済み。

寬一の一般質問⑤ 
 私の一般質問は、9月19日に行いました。内容要旨の続きの続きの続きの続きです。

Ⅰ 市民に寄り添った市政を
4.眠ったままの支援物資は
質問】 昨年秋から、数千枚単位の毛布が、支援物資倉庫に残されたままになっている。
 新規の仮設住宅・民間借り上げ住宅入居者用に準備されているものは別として、全国の方々から善意で贈られている毛布も2,000枚以上ある。
 私は、昨年秋の段階で、避難市民に配布することを促した事があった。「全員に配布するだけの数がない。」と説明された。結局、今日まで多くが配付されないままにある。
 震災と原発事故から、初めての冬を迎える時期を通り越し、配付しないままであったとは、とんでもない。

 全員分に足りなければ、さらに全国に支援を呼びかけるべきです。呼びかけてもだめなら、市独自にでも手配をすべきだ。それも、すぐには困難であったならば、年齢などで優先順位をつけて配付すればいい。
 平等性・公平性が確保されないという理由は成り立ちません。
 「川で溺れている人が3人いた。助けるための浮き袋が2つしかないので、3つの浮き袋が揃うまで、誰も助けない。」と、同じだ。
 こんなことを平等性と言うのか。だめです。

【答弁】有効に活用していく。

4.仮設の学校授業は犯罪的
【質問】 震災直後、原発事故直後であれば、緊急対応の校舎、緊急対応での授業でもやむを得なかったと思う。しかし、もう1年半も経っています。
 鹿島小学校の校庭に建てられた仮設での福浦小学校の教室は、1つの教室の真ん中を間仕切りして、2学年の授業をしている。1年生と2年生が同じ教室。3年と4年生が同じ教室。5年と6年生が同じ教室だ。福浦小学校の教室は3つだけです。

私も気合を入れて・・・
 11月3日から16日までの間に、小高区等調査8団体の受け入れ・案内をしました。原発事故が忘れさせられようとしている中で、現地がどうなっているか強い関心を持って来ています。一様に、「即時原発ゼロ」を強く認識したと。
 解散間近。チイ子さんは、一段と気合を入れています。私も・・・・
プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示