FC2ブログ

なじょしてる通信 №283

283 2013年 5月26日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部寬一
原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471


2013年度
 主な当初予算は  ⑨

・中小企業振興資金貸付金 4億7,000万円
  経営合理化資金の融資を促進するため金融機関に運用原資を預託する。無利子。

・野馬追事業補助 4,697万円
  各区騎馬会等に出場奨励金などを補助。

・友好都市交流事業 87万円
  鹿児島県瀬戸内町に訪問団(8人)派遣。

・ニューツーリズム支援事業 60万円
  農家民宿等へ宿泊費の一部(2千円)助成。

・街なか賑わい創出事業 826万円
  旭町のチャレンジショップ、市民広場、屋台村の土地、建物借上げ経費等。

・サービスエリア利活用拠点整備 4,883万円
  鹿島SA利活用施設の進入路用地購入等。

・防犯灯設置 480万円
  小高12基、鹿島25基、原町40基。

・社会資本整備交付金事業 2億3,041万円
  橋梁長命化修繕計画策定(小高78橋、鹿島57橋、原町95橋)、小高区琵琶橋改修関連設計、原町区北町道路改 良舗装工事等。

・市単独道路改良 1,777万円
  耳谷通学線道路改良工事。

・環状1号線整備工事 9,100万円
  舗装工事等。

・学校・学習支援員配置(11人) 2,269万円

・外国青年招致事業 3,460万円
  各中学校に招致(7人)し、語学力向上と国際理解推進を図る等。

・体験学習支援 660万円
  体験活動時のバス借上げ料。

・音楽・スポーツ大会等補助 1,130万円
  交通費等の補助(中学校)。

・小高中エレベーター設置 4,493万円

・私立幼稚園就園奨励補助 4,523万円

・私立幼稚園振興事業補助 405万円
  原発事故で園収入が激減していることへの補助。

・私立幼稚園保護者助成 760万円
  授業料の保護者負担を公立幼稚園と同等にする。

・幼稚園預かり保育 2,169万円
  月~金曜日は18時まで、土曜日は8時~18時。夏季休業等は8時~18時。

・鹿島歴史民族資料館解体 1,260万円
  解体跡地は特別養護老人ホームを建設予定。

・健康マラソン大会補助 440万円
  野馬追の里マラソン大会、小高ロードレース大会。

・農地・農業用施設災害復旧 4億2,503万円
  旧警戒区内域津波被害地区673haの測量設計、区域外のため池・排水路・用水機場等の工事。

・県営農地・農業施設災害復旧 1,772万円
  県営事業に対する市負担金。8排水機場、5地区圃場整備事業(300ha)。

・小災害農地・農業施設復旧 439万円
  旧警戒区域内 11ヶ所。

・道路橋梁施設災害復旧 16億4,840万円
  小高:道路103ヶ所、橋梁3ヶ所等。鹿島:道路17ヶ所等。原町:道路19ヶ所、橋梁2ヶ所等。

・小災害道路橋梁復旧 1,000万円
  旧警戒区域内 20ヶ所。

・市単独道路橋梁災害復旧 2,880万円
  公共災害対象外の災害復旧。小高:106ヶ所、鹿島17ヶ所。原町21ヶ所。

・河川施設災害復旧 1億297万円
  小沢川、金沢川。

・公営住宅災害復旧 7,100万円
  岡田14戸、田町10戸、岩屋堂32戸、万ヶ迫1戸、飯崎9戸、紅梅10戸、長迫5戸、紅梅(新)41戸、万ヶ迫   (新)46戸。

・仮設校舎整備 4,320万円
  仮設校舎リース料。

・浮舟文化会館災害復旧 1,176万円

・生涯学習施設災害復旧 40万円
  小高コミュニティセンター、小高就業改善センター修繕。

・文化財施設災害復旧 4,532万円
  大悲山観音堂石仏仮設覆屋建設、薬師堂石仏覆堂雨漏り修繕等。

・体育施設災害復旧 6,898万円
  鹿島球場復旧設計、小高体育センター復旧工事、小高東部・西部・中部・片草運動場改修工事。

・防災設備災害復旧 1億4,003万円
  消防団ポンプ積載車14台、小型動力ポンプ17台、仮設車庫20棟。

【以下、特別会計分】
・紙おむつ助成事業 3,440万円
  在宅で介護を要する方を対象に3千円/月の利用券を給付。

・育英資金貸付金 6,236万円
  大学、高専校、高校生などに無利子で貸付。予定人数117人。

・下太田工業用地造成事業 2億7,000万円

寬一の一般質問④
 私の一般質問は、3月7日に行いました。内容の要旨の続きの続きの続きです。

Ⅱ 市民に寄り添った市政を 
 市民の命を守ることを最優先に
1.ヨウ素剤を今すぐ全世帯配備せよ
【前号からの続き】

【質問】 何も具体的情報が入らないままで小高区役所長は、困難な判断を迫られていきます。
 ヨウ素剤服用には、医師の指示が必要です。10㎞先の市役所にいる市長にも連絡が取れません。
 ヨウ素剤を誰がどうやって小高区民一人ひとりに配布するのか、服用の仕方をどうやって伝えるのか、誰の責任で服用を指示するのか。
 困難です。やっぱり全世帯に配備・保管を実現しておくべきだったと悔やみました。
 夕方近く、小高区役所長はヨウ素剤配布を決断します。しかし、最低でも市長の支持(指示?)を求めなければなりません。
 私は、市長を説得するために、居合わせた志賀議員に同行を求めました。せわしくも次々に指示をしている市長を捉まえ、手早く状況を伝えました。
【以下、次号に続く】

希望と 無念の思いと ②
 除染が大幅に遅れています。原発事故から2年2ヶ月過ぎても除染の実施と実施のめどが立っているのは、市全世帯の数%に過ぎません。20㎞圏外には人が住んでいます。子どもも住んでいます。除染は一刻も早く実施することが何としても求められます。
 しかし、除染をするための汚染土壌等の仮置き場確保に対する、市の進め方も国の進め方も、今の取り組み方、今の方針では前に進まないと思います。集落ごとの仮置き場を設置するように提言していますが、聞く耳を持ってくれません?。
 農地除染は5,000Bq/㎏以下は深耕・反転耕しか国は示しておらず、放射性物質を取り除く除染にはなっていません。

新方式での除染提案試験 
 苦悶の毎日を過ごしている中で、日本水処理環境技術研究所㈱なる会社が、新しい除染方法があり、小高区で実証試験をして、環境省に提案していきたいので、協力して欲しいとの話し合いがありました。
 小高区ふるさと農業復興組合(石崎ひろし組合長)が、協力して主体的に担うことになりました。
 土の中の粘土粒子にセシウムを集中的に吸着させ、その粘土だけを分離して減容化も図ると言うものです。環境省でこの方式を採用されれば、ゼネコン委託ではなく復興組合で取り組む事業にしていく事も可能です。
 復興組合から、私が耕作している水田と川房のT氏の水田を試験地にしたいと協力要請がありました。更に、住宅・宅地の試験もするので、私とT氏の住宅も提供することになりました。

 この除染方法、理屈では分かりますが、実際にやってみてダメで元々、うまくいけば幸いと思っていますが、いずれ結果が分かり次第、皆さんに報告します。
 今回の除染での汚染土壌等は、環境省が仮置き場を設置後のこの地域の除染の時まで、私とT氏の敷地に置き続けることになります。
スポンサーサイト



なじょしてる通信 №282

№282 2013年 5月19日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部寬一
原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471


寬一の一般質問③ 
 私の一般質問は、3月7日に行いました。内容の要旨の続きの続きです。
Ⅰ 市長の政治姿勢を問う

1.予算編成方針と乖離する新年度予算は

緊急性のない事業は凍結・縮小と言いながら
    環状1号線工事は継続

【質問】 予算編成方針では、「真に必要な事業及び緊急的な対応が必要な事業以外は凍結・縮小する。」としている。
 この方針が生かされていない。その一例が、環状1号線だ。今年も9,100万円もかけて、工事をしようとしている。
 前年度よりはわずかに縮小されようとしているが、そこには、580万円の一般財源と、4,670万円の借金が伴うものだ。
 環状1号線は、どの市民に聞いても緊急性はない。わずかな事業縮小でごまかそうとしている。凍結すべき事業だ。

【答弁:総務部長】 将来の都市計画に基づく整備のためであり、2013年度の事業で効果が期待できる。

【再質問】 これまでの全ては、市長の指導力が無いと言うしかない。
 外に対しては、一流の・・・・ですが、自らの市政運営については、的確な判断も、的確な指導もできていない。

2.「市民の命に責任持てない」
市長発言の真意を問う

【質問】 2月3日に開かれた旧警戒区域の復旧・復興市民説明会(中部地区)で桜井市長は、「市では帰還に向けての整備をやっている。市民の命には責任は持てない。」と、発言した。
 市政の第一の、最大の使命は、市民の命を守ることだ。
 市民の命に責任をもてないで、帰還に向けての整備をやってもしょうがない。
 帰還に向けて整備をすると同時に、どんなことがあっても市民の命を守ることを貫き通さなければなりません。
 どのような言い回し、どのような前置きがあろうとも、「市民の命を守ることに責任を持てない」発言は、見逃すわけには行きません。
 市長の発言は、市政を預かるものとして、許しがたい姿勢です。
 市長、発言を取り消しなさい。

【答弁】 市民の命と財産を守る基本姿勢を貫くことはまったく変わっていない。
 市民に誤解を与えたとすれば、取り消します。

Ⅱ 市民に寄り添った市政を
  市民の命を守ることを最優先に

1.ヨウ素剤を今すぐ全世帯配備せよ
【質問】 大量の放射性物質、放射性ヨウ素が放出される場合、又はそのおそれがある場合、速やかに安定ヨウ素剤を服用すべきであることは、これまでの私の一般質問で、そのつど強調をしてきた。

 私が、一昨年8月に書きとどめていた「手記」を、この場で読みます。

 3月12日、テレビで報ずることをつなぎ合わせると、重大な原発事故を察した。いわきナンバーの車がどんどん北上している事実からも察しられる。
 私は、「ヨウ素剤の服用を要すること。」「少なくとも、配布する準備を急ぐこと。小高区にはヨウ素剤があります。」を小高区災害対策本部に強く進言した。
 昼前、県を名乗る男が段ボール箱に入ったヨウ素剤を届けていった。どのような事態なのか伝えないどころか、配布、服用の指示・指導すらしないまま。
 昼食後、今度は国?(オフサイトセンターと名乗ったように聞こえました。)が、段ボール箱に入ったヨウ素剤を届けていった。これも、ただ単に届けていったに過ぎませんでした。

【以下、次号に続く】

災害関連死 409人に 
 5月8日現在の、南相馬市の災害関連死は、更に3人増えて、409人に及んでいます。4月17日に開かれた審査委員会の結果によるものです。
 震災時の直接死636人と合わせて、南相馬市の震災関係死亡者数は1,045人になってしまいました。
 残念です。

市復興計画等の進捗状況
 5月8日の南相馬市災害対策本部に報告された市復興計画等の進捗状況の概要は、以下の通りです。

◎ 避難指示区域除染事業について(国事業)
・ 2012年1月に環境省が公表した工程表からは10ヶ月程度遅れている。
・ 仮置き場は、羽倉、大富、金谷、大田和、川房、神山では概ね地区住民の合意が得られたため、この一部は除 染工事を4月下旬公告、6月下旬開札、8月中旬着手の予定で進める。

◎ 災害廃棄物処理(避難指示区域:国事業)
・ 災害廃棄物仮置場は、塚原が本年2月に完成し、塚原、大井地区の災害廃棄物を搬入している。村上は、1期分 が現在工事中で本年5月に一部竣工の予定。浦尻地区は、調査測量を実施している。
 吉名は、本年3月に竣工し、大富地区については、調査測量の準備を行っている。
・ 損壊家屋の解体撤去は、今年度の受付を行うとともに環境省で作業実施の準備を行っている
・ 生活系ごみ処理は、昨年度は4地区で回収を実施。本年4月30日から、小高区の1区から5区の回収を予定。
 ※これらは、塚原災害廃棄物仮置き場に仮置きしている。
・ 被災自動車撤去は、640台のうち124台を撤去した。未撤去分の実施に向けて環境省で作業方法を検討してい  る。
・ 仮設焼却炉は、設置候補地の地権者から用地の提供を受け、地区設置委員会と協議を行い設置に向けた合意形 成を進めている。

◎ 水道災害復旧事業(避難指示区域)
・ 原町区、小高北部簡易水道、小高西部簡易水道については昨年度内に復旧を完了した。
・ 小高上水道の漏水調査は、郊外で87%、市街地で53%の調査率となっている。
・ 小高上水道の復旧については、郊外で80%、市街地で16%の供用率となった。

◎ 下水道災害復旧事業(避難指示区域)
・ 小高浄化センターは、昨年6月までに被災調査を完了し、9月に災害査定を完了。
 11月から工事に着手し、本年5月に試運転の上、本格的な汚水処理を本年6月までに再開予定。
・ 管路は、昨年6月までに被災調査を完了し、9月に災害査定を完了。本年3月に工事を発注し、本復旧は来年3月 を予定。

◎ 災害公営住宅整備事業(小高区)
・ 東町地区は、地権者からの同意を得ているが、進入路確保のため、近隣地権者と協議を行っている。再来年3月 完成予定。
・ 万ケ迫は、市有地である万ケ迫団地内の整備を進めている。再来年3月完成予定。

◎ 防災集団移転事業(避難指示区域)
・ 移転先の計画住宅団地11地区の内、具体的位置と規模の検討を今年度当初から実施し、合意形成が整った地区 から、測量、設計、工事を行い来年度中の完成を予定。
・ 移転元の移転促進区域の買取りについては、個別相談会を今年10月から開始し、来年度から買取りを行う予  定。


希望と 無念の思いと 
 連休中に共産党関係ルートで多くの青年にボランティアに来ていただきました。その一部の方に、我が家の直ぐ下の水田にあるパイプハウスの解体作業をやってもらいました。来年以降?、米作りをスタートする場合、地下水を利用できる水田です。
 将来に希望をつなぐ水田にしたい思いと、息子夫婦が野菜を作っていたハウスなので、息子夫婦と孫たちが当分は戻らない現実とが交差する、なんとも複雑な心境ではあります・・・・。

なじょしてる通信 №281

№281 2013年 5月 5日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部寬一
原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471


断固抗議!!
 維新の会等に全議員で
 衆院予算委員会で原発実被災者を踏みにじる発言・質問をした日本維新の会 西田議員などに、南相馬市全会派全議員連名で、下記抗議文を送りつけました。

日本維新の会:西田譲議員の国会発言に
断固抗議し撤回を求める抗議文

日本維新の会共同代表 石原慎太郎様
           橋下 徹 様
衆議院議員 西田 譲 様
小熊慎司 様(福島県代表)
衆議院予算委員会委員長 山本有二様

 3月13日の衆議院予算委員会での西田氏の福島第一原子力発電所事故に関する発言は、著しい誤認識に基づくもので、被災地住民の心情に鑑みても到底容認できるものではなく、ここに断固抗議する。
 福島第一原発事故は、チェルノブイリ原発事故同様、レベル7の事故であるにも関わらず、西田氏は「建屋の爆発から微量のセシウムが飛散した事故である」という誤認識に基づき、「低線量被曝は人体に無害である」として 「住民避難の施策は医学・科学的に根拠がなく、野蛮なセシウム強制避難である。区域設定を直ちに廃止して、福島の避難県民を直ちに帰還させるべき」と断じる旨の発言をしている。
 低線量・長期間被曝の人体への影響は十分に解明されておらず、県民は健康被害を恐れ遠方に避難しながら一日も早い除染により安全な郷土を取り戻すことを切望している。
 西田氏の発言は、現実を無視して原発事故及びその被害を無理やり矮小化させるものであり、県民・市民の感情を著しく害するばかりか、国民に誤った認識を広めるものである。
 我々は、このような発言は到底容認できず、断固抗議する。
 直ちに発言を撤回し、福島県民に対して謝罪すべきである。同時に、本抗議文に対して、日本維新の会及び西田譲議員から、書面にて明解なる回答を求めるものである。         以上  
平成25年4月5日
  福島県南相馬市議会友和会会長 平田 武、
  改革クラブ代表 小林正幸、
  公明党南相馬市議団代表 志賀稔宗、
  日本共産党議員団団長 渡部寬一、
  無会派:水井清光、奥村健郎、大山弘一、但野謙介


2013年度
 主な当初予算は ⑧
※ 以下は、緊急雇用対策事業です。
      合計で241人  6億1,416万円

・災害医療支援補助:8人 2,781万円
  市立総合病院での看護師等確保に支援。

・IT産業創出支援:5人 1,580万円
  創業に必要な知識等の人材育成。

・市民活動団体復興支援:6人 1,970万円
  地域復興支援を行なう業務を委託し雇用確保を図る。

・森林除染木質再利用研究:6人 1,999万円

・地域情報誌発行:3人 1,000万円

・放射能除染研究:3人 1,000万円

・みんなの居場所づくり:7人 1,911万円

・農家民宿支援・野菜お任せ便宅配:5人 30万円

・工業用地開発整備:1人 269万円
  工業用地開発に係る事務補助、データ整理。

・ロボット産業推進:2人 891万円
  関係機関連携推進、情報収集など。

・旧警戒区域見守りパトロール:34人 9,585万円
  4分隊編成で、月~土曜日は夜間、日・祝日は24時間パトロール。

・市臨時職員雇用:延べ50人 1億32万円
  各種災害業務等事務補助。

・公園維持管理:4人 476万円
  樹木の剪定、草刈等。

・桜井古墳公園等環境整備:3人 1,686万円

・結いの里作り推進:1人 217万円
  農村環境保全組織への事務処理支援、情報提供等。

・放射線モニタリング測定:4人 590万円

・ガレキ仮置き場管理:1人 197万円
  適切な維持管理のための事務補助員。

・スクールバス運転:1人 221万円

・農産物等放射能測定:7人 2,365万円
  農地土壌、農業用水、農産物の放射能測定補助員。

・里山農業保全活動:2人 415万円
  有害鳥獣の捕獲、被害調査、被害防対策の指導。狩猟免許を有することが条件。

・旧警戒区域商業者等支援:1人 301万円
  国・県・市の支援事業等の案内。

・商工業活性化PRイベント:1人 324万円
  イベント等に係る連絡調整、企画補助。

・農林道等維持管理:4人 1,302万円
  農道・林道・農業用施設の草刈、清掃。

・遺跡発掘調査:76人 1億6,402万円
  鹿島SA、工業団地等の発掘補助員。

・被災事業所等復興支援:1人 672万円
  創業・起業等の相談業務。

・農業振興地域見直し:2人 591万円
  農業振興地域整備計画等総合見直しに係る基礎調査、データ整理。

・観光物産復興PR:1人 267万円
  PRの企画、イベント周知広報等。

※ 以上、緊急雇用対策事業の続きでした。

・園芸産地育成事業 870万円
  ねぎ自動皮むき機、ビニルハウス、養液栽培施設等の補助。

有害鳥獣被害総合対策 399万円
  防護柵設置補助、狩猟免許取得補助等。

・青年就農給付金事業 608万円
  新規就農初期に給付金支給。150万円×4人。

・請戸川ダム事業費負担金 1億2,790万円
  1989年から負担してきたもので、本年度が最後になる。

・排水路整備 2,680万円
  常磐自動車道建設関連の流末水路整備。小高区神山鯖沢地区。

・土地改良施設維持管理 1,590万円
  村上第一・第二排水機場、井田川海岸。

・市産材住宅建設促進補助 240万円
  市産材で住宅を新・改築するものに、10~30万円を補助。

・鮭繁殖事業補助 164万円
  小高20万円、鹿島104万円、原町40万円

・街路灯整備管理運営補助 327万円
  小高147万円、鹿島180万円。

・商店街支援補助(原町) 856万円
  街路灯管理運営、商店街振興イベント補助など。

・中小企業振興資金信用保証料補助 412万円

・商店街空き店舗対策補助 681万円
  空き店舗を利用して創業するものに、店舗賃借料(15万円/月・最長2年間)や改装費(100~200万円)を補 助。

・企業立地促進助成 2億9,603万円
  工場を新・増設する企業に、新規雇用者数に応じて補助。

・産業支援センター運営補助 2,300万円
  ㈱ゆめサポートセンターに補助をし、経営革新支援、創業支援、産学連携のサポートをさせる。

・基盤技術産業育成支援助成 1,560万円
  金属・機械関連製造業者の工作機械購入助成・技術者育成費用助成など。

【以下、次号に続く】

蝦夷(えみし)の地はどうでもいい? 
 「原発事故被害住民の意見を聞く東電現地説明会」が二本松市で開かれるというので、出席してきました。
 福島復興本社の社長が出席することになっていましたが、ドタキャンでの欠席。欠席理由は言わずじまいでした。
 県内全原発の廃炉、ネズミ停電、汚染水漏れ、賠償などの質問に対して、誠意ある回答はまったくありませんでした。結局「会社に持ち帰って検討します」でした。良心を持ち合わせているのかさえ疑ってしまいます。
 一昨年12月に南相馬市議会は浪江・小高原発誘致決議の「破棄」、浪江町議会は「白紙撤回」を全会一致で可決しています。東北電力は遅い決断とは言え、今年3月に建設中止を正式に決定しています。東北電力は自らの管内なので真摯に受け止めざるを得ない?。東京電力は管外の一山一文の東北の地福島だから、真摯には受け止めない・・・・?。
プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示