FC2ブログ

なじょしてる通信 №315

№315 2014年 1月26日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部寬一
原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

 以下、1月8日の市災害対策本部会議で示された資料からの抜粋です。

除染は ②

農地除染(20㎞圏外:市実施)
 ・ 事前のモニタリング調査は終了し、現在調査結果の精査中。
 ・ 水路等の泥等の一時集積所は、48行政区で内定、3行政区で候補地選定を進めている。
 ・ 11月に200名の農業者から除染作業への協力、農業機械提供の意向が示された。
 ・ 除染作業は、1月中に発注したい。

災害廃棄物処理は
;">【20㎞圏外:市実施】>
 ・ 災害ガレキの量は168万トンと推計されており、11月末現在112万トン、66.7%の搬入量になっている。
 ・ 損壊家屋解体撤去
申込件数 処理数 処理割合
鹿島区 901 736 81.6%
原町区 856 650 75.9%

;">【20㎞圏内:国実施】span>
 ・災害廃棄物仮置き場
地区 仮置き場 搬入状況
塚原 完成 搬入中
吉名 完成 搬入中
村上 13年6月一部竣工 搬入中
浦尻 13年7月一部竣工 搬入中
小沢 工事中 搬入中
大富 入札準備中 未実施

・損壊家屋解体撤去(11月末現在)
申込件数 処理数 割合
1,110 119 10.7%

・被災自動車撤去(11月末現在)
被災台数 撤去数 割合
734 303 41.2%

・仮設焼却炉
 小高区下蛯沢に今春から工事に着手し、2015年度から焼却を開始する。
今後、設置協議会で詳細な協議をする。

防災集団移転事業は
【20㎞圏外】
 ・ 移転元買取りの個別相談会を開催しており、昨年9月から契約開始。
 ・ 住宅団地の分譲契約を12月上旬から開始。

【20㎞圏内】
 ・ 移転元買取りの個別相談会を本年3月から開始し、2014年度から買取りの予定。

 

12月議会での
寬一の一般質問③
 私の一般質問は、12月11日に行いました。内容の要旨の続きの続きです。

市長の政治姿勢を問う
  抜本的住宅対策を
地震・津波被災者の住宅対策の拡充を

【再質問】 本当に住みたいと思う住宅は足りないし、5年先、10年先、30年先を見据えれば、これで事足りないのは歴然としている。

ペット飼えない!? 
 小高区の海岸の近くに住んでいて、ペットを飼っていた若い方がいる。津波で家を失い、原発事故で遠くに避難を強いられた。その間、ペットに慰められ、今やペットとは言え、人と変わらない家族、そういう方です。
 南相馬市に何とか戻りたいと願い、戸建ての災害公営住宅に申し込んだが、希望者が多く抽選になってしまった。その方は抽選に外れてしまいました。
 なんとか、ペットの飼える災害公営住宅をと望んでいる。2回目の抽選でもはずれたらどうなるのか、「あとはありません。」と、にべもない返答です。どうすればいいんですか。
 単なる津波だけでの被災であれば、元の住宅の近くにそう高くない価格で土地を手に入れ、元の4世代家族とともに住む住宅を求めることが可能だった方だ。原発の事故のせいで、家族がバラバラにならざるを得ず、その上、ペットとともに住める住宅がないままだ。
 その方は「自分たちで家を再建できないから役所に頼んでいるのに、残念な気持ちです。」と訴えている。そして「市役所にはもっと若い人の意見も聞いてもらいたい。そうしないと若い人も安心して暮らせないし、戻ってこないと思います。」と。
 どうすればいいんですか。この方に、このような方に南相馬市は力を尽くすべきです。

【答弁:建設部長】 なるべく戸建て住宅が増えるような対策をしている。
 集合住宅でのペットは、アレルギーの方の関係で遠慮していただいている。

【再々質問】 さらに戸建て住宅を増やすことも含めて、柔軟な対応をぜひとも望む。
 すべての市民、あらゆる面で対応できる南相馬市に、ぜひともしていこうではないか。

家賃対策などは
【再再々質問】 いわき市では、災害公営住宅全入居者の家賃を減額することを決めている。入居後3年間は半額とし、4、5年目は25%を減額する。
 相馬市、広野町、楢葉町、新地町も独自支援に向けて、検討に入っている。
 一方、災害公営住宅は一定期間が過ぎれば払い下げを受けられるが、相馬市では払い下げ時に半額を助成することを計画し、相馬市12月議会に関連予算案を出している。
 南相馬市は、このままで良いというのですか。
 新聞社の取材に応じた市の担当部署では、「すでに住民説明会などで家賃の目安を公表しており、金額の変更によって新たな入居希望者が出る可能性がある。」として、市独自の支援策は検討していないことを、明らかにしている。
 と言いつつ、国の新制度を利用した低所得者への軽減策を検討していると、12番議員に答弁している。この制度も利用しつつ、さらに市として突っ込んだ施策が必要ではないか。
 被災市民にとって、示されていた家賃より安くなることは大いに結構です。困っている市民が、家賃が安くなってさらに入居希望者が増えることは、大いに結構ではありませんか。
 南相馬市は、このままで良いというのか。

【答弁:建設部長】 低所得者に対しては5年間の低減策をとるとしていたが、これを10年、さらに5年程度低減を続ける市独自支援策を考えている。

【再質問】 すべての困っている市民に対応できる住宅政策の市長の基本的な姿勢、見解を問う。

【答弁:市長】 住民の生活再建ができるような支援を今後ともしていく。


毛頭ではなく 毛髪も?
 20日、白樺合唱団(東京都)一向を案内して、久しぶりに浪江町に出向きました。厳寒の時期でもあり、住民の姿を見かけたのはたった一人だけでした。復旧作業も見当たらず、まさにゴーストタウンが続いています。もっとも、小高でも住民の姿は見当たらず、復旧作業の車両と作業をする方だけでしたが。
 21日、小高区小屋木の知人宅を訪れ、雨どい下の線量率にあらためて衝撃を受けました。50μ㏜/hを示します。線量に関係なく、避難指示解除準備区域になっています。
 26日で61歳になります。気持ちは老境に達したとは毛頭思っていませんが、体力と記憶力と○○に自信が・・・・???
スポンサーサイト



ud@)dw.

なじょしてる通信 №314

№314 2014年 1月19日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部寬一
原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471


死亡・転出等 1万人超
 1月8日に開かれた第312回南相馬市災害対策本部会議で公表された内容の一部を報告します。
 1月6日現在の避難状況では、3.11以降の死亡・転出出者等が10,007人となり、1万人を超えてしまいました。これは、先月からの1か月間で死亡者が60人増、転出者が67人増、所在不明者が1人減によるものです。

市立総合病院入院は
 1月6日現在の市立総合病院の入院患者数は110人になっています。年末年始で退院が多かったために微減したということです。
 総合病院の病床数は230床ですから、年末年始とは言え、48%しか入院していません。病院のスタッフ、特に看護師不足が大きく影響しています。

市内病院の状況は
                     2014年1月1日現在
震災前  震 災 後       現稼働数
新・増設 休止 廃止
病院数   8   -   2 - 6
 病 一般 695 40 381 - 354
 床 療養 276 - 123 40 113
 数 精神 358 - 238 - 120
  合計1,329 40 742 40 587


 3か月前からは稼働病床数が64床増えています。これは雲雀ヶ丘病院の精神病床が増えたこと等によるものです。
 3.11前の稼働病床数と比較すると、一般病床では51%、全体では44%の稼働にしかなっていません。


除染は
生活圏除染(20㎞圏外:市実施)
・ 片倉、押釜、高倉、橲原、大原、大谷は除染終了。馬場、上栃窪はほぼ除染終了。
大木戸一、牛越は仮置き場を造成中で、除染作業中。
北長野、石神、北新田は仮置き場を造成中だが、除染未実施。
信田沢、深野の仮置き場は地権者との契約終了。
栃窪、上太田の仮置き場は地権者との契約準備中。
グリーンパーク周辺行政区(北泉、泉、金沢、上渋佐)、矢川原、その他太田地区、小山田、小池の仮置き場
は区長・住民と協議中。

・ 除染実施予定面積の進捗率は、11%。

生活圏除染(20㎞圏内:国実施)
・ 金谷、大田和、川房、の仮置き場造成作業に着手。川房、大田和は11月から農地除染作業に着手。
  神山、羽倉、大富の仮置き場は地権者との契約が終了。
  飯崎、角間沢、小谷、摩辰、南鳩原、北鳩原、小屋木、中部地区の大規模仮置き場は、地権者との契約準備
中。
  東部地区(神山を除く)の仮置き場は協議中。
  原町区の仮置き場は検討中。

・ 除染実施予定面積の進捗率は、0%。

12月議会での
寬一の一般質問②
 私の一般質問は、12月11日に行いました。内容の要旨の続きです。

市長の政治姿勢を問う
  抜本的住宅対策を
地震・津波被災者の住宅対策の拡充を

【質問】 南相馬市はこの9月に、旧警戒区域の「住民意向調査」を行った。今回の調査は、家族の代表者だけの意向だけではなく、家族全員の「個人の意向」まで回答を求めており、より住民全体の意向が反映される調査と言える。
 帰還するかどうかの意向では、深刻な結果が出てきている。
 戻ることを決めていると回答している方は、24.1%にすぎない。戻らないと決めている方は31.2%に及んでいる。
 戻らないと決めている方を年齢別に見ると、はっきりした傾向が判る。若い方ほど戻らないとしており、29歳以下では半分の方が戻らないとしている。年齢が上がるほど、戻ると決めている方が増える。
しかし、80歳以上になるとそのすぐ下の年齢よりは、戻らないとしている方が増えてしまう。80歳以上の方は、子や孫の意向に従うしかないものと予測される。
 居住地別の「意向」でも、一定の傾向が明らかだ。放射線量が比較的高い小高西部地区が、戻ると決めている方が18.7%と最も少なくなっている。

何よりも事故原発が問題
 私が言うまでもなく、原発事故が収束していないこと、放射能汚染への不安が大きいこと、そして除染が進んでいないことが、最大の原因だ。
 一日でも早い原発事故の真の収束と、一刻も早い徹底した除染が強く求められる。そのために、私たちは力を合わせなければなりません。
 まず、抜本的な住宅対策を求めます。
 小高には戻れる見通しが立たないけれども、せめて南相馬市に住宅を求めたいと考えている市民は少なくない。南相馬市に住宅が求められれば、南相馬市に戻ってきたい方は少なくない。
 しかし、土地を買い、住宅を建設することは簡単ではありません。
 住宅を求めているのは、もちろん旧警戒区域の方だけではない。旧警戒区域外でも、地震・津波で家を失った方も同様だ。しかし、土地を買い、住宅を建設することは簡単ではありません。
 そのために市は、災害公営住宅を建設している。
 しかしながら、ここにきて問題が露呈してきている。戸建て住宅が足りないこと、ペットを飼うことが可能な災害公営住宅が足りないことだ。
 そもそも南相馬市民の多くは、戸建ての持ち家、戸建ての借家に住んでいた。戸建てに入りたいと願うのは当然です。
 また、5年後以降にその災害公営住宅を買い求めようとしても、高額なお金を出さざるを得ないことに、ためらいがある。

なんと抽選とは
 抽選とは何事ですか。災害で、家を失った方に、抽選でしか公営住宅に入れない事態は、許されません。
今後とも帰還を促すのであれば、帰還を希望するのであれば、さらに、老人しか住まない限界集落ならぬ「限界南相馬市」にしたくないのであれば、住宅対策を抜本的に変えなければなりません。
 国、県の対策方針だけにこだわっていくことは、南相馬市民を不幸にします。
 十分すぎるほどの、住宅を確保しておくことが必要です。
 3年先、5年先、10年、30年先を見据えた、住宅対策の拡充を求めます。

【答弁:建設部長】 これまでの既存住宅1,231戸に加え、災害公営住宅350戸の計1,581戸を管理することになるが、今後の人口動態に応じ、適正な災害公営住宅の戸数を管理していく。

ごめんなさい 2つ
 愛媛県に避難している長男:寛志が久しぶりとなった孫:明理ちゃん、明歩ちゃんを連れて来原町しました。面倒を見るチイ子さんは、嬉々としていました。少しでも一緒にいたいとの思いは、長男が支援を兼ねて参加していた双葉町ダルマ市(いわき市南台仮設住宅で開催)まで12日午前6時出発で孫を送り届ける羽目に。おかげで南相馬市成人式に出席できませんでした。ごめんなさい。

 「市長選挙は誰に投票すればいいの?」の℡問い合わせが多く来ました。「自主投票にしています。」と苦渋の返答をしていますが、多くの方は「原発ゼロの姿勢は誰?」と問い返してきました。

なじょしてる通信 №313

№313 2014年 1月12日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部寬一
原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

 震災・原発事故後は新年のあいさつを控えておりましたが、新年を祝う意味には「無事に歳を重ねることができた」こともあるそうです。
様々な苦難の中でも、歳を重ねることができた皆さんにあらためて
 新年おめでとうございます。
 今年もご愛読よろしくお願いいたします。


全会一致
 雇用の安定を求める意見書
 12月議会の最終日(18日)に全会一致で可決され、提出された意見書のひとつです。

 雇用の安定を求める意見書
 政府は規制改革会議や産業競争力会議で労働規制の緩和を検討し、雇用を不安定化させようとしています。
 政府が目指す「解雇の金銭解決制度」が導入されれば、金銭の支払いによって今よりも簡単に解雇されるようになり、「限定正社員」が制度化されて見かけ正社員づくりが行われれば、工場や営業所等の閉鎖に伴って簡単に解雇されるようになってしまいます。
 また、特に若年の労働者を使い捨てにするいわゆる「ブラック企業」が社会問題化しており、対策を講じることが求められています。
 よって、南相馬市議会は、次の事項を実現するよう強く求めるものであります。
            記
⑴ 「解雇の金銭解決制度」の導入、「限定正社員」の名を借りた見かけ正社員づくり、「労働者派遣法の大幅な 緩和」など、労働規制の緩和を行わず、雇用の安定を図ること。
⑵ 求人票に離職率を明記させることなど、いわゆる「ブラック企業」問題に対する実効性のある対策を講じるこ と。また、若年者雇用については、学校における職業教育や進路指導、職業相談など就労支援をさらに拡充する こと。
⑶ 環境・エネルギー分野、医療・介護分野など成長分野での産業育成を図り、雇用を創出すること。
 以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出する。

                               福島県南相馬市議会議長
 衆参両議院議長、総理大臣、厚労大臣、経済再生担当大臣、内閣府特命担当大臣あて

12月議会での
寬一の一般質問➀
 私の一般質問は、12月11日に行いました。内容の要旨は、以下の通りです。

市長の政治姿勢を問う
  桜井市政の4年間は、
  市民の命とくらしを守れたのか

 一見華々しく見えても、国・県の枠内、国・県の手の平の中で踊っていただけではないのか。市民の命とくらしを守る砦としての市政が見えないままだったのでは

【質問】 桜井市長は間もなく4年間の任期を終えようとしている。
 スタートから10か月間は、市政を株式会社化、利潤を追求することを最大唯一の目的とする株式会社に化するとした。副市長の人選を巡って、大変な方を選ぼうとして、ひんしゅくを買ってしまった。
 これらは、3.11大震災と引き続く原発事故のため、吹っ飛んでしまい、3.11と原発事故対応にいやおうなしに取り組むことになりました。大変な対応を迫られ、「市長なりにご苦労された」と思う。
 震災・原発事故直後はユーチューブなどを通じて、国や東電の対応を鋭く非難し、市民の命を守るために頑張っているようにも見えた。

市民のために踏み込んだことはない?
 しかし、桜井市長の対応はこの2年9ヶ月、どのようなものであったかを冷静に見てみると、この苦難の中でかならずしも市民の命とくらしを守るものだったとは、言えない。
 苦難にある市民の緊急対応、多様な市民の要求に応えるために、職員は自らの健康を顧みることなく、歯を食いしばって頑張ってきた。しかし、市職員は国・県とこれまでの市政の枠内、市長の指示内でしか対応できないのは当然だ。
 市長も粉骨砕身、頑張ってきたことは認める。国や県の枠内だけでは対応できない市民への対策については、次々と国、県、東京電力に要求・要望をしてきた。
 しかし、要求、要望であり、回答待ちでの対応に終始した。国、県の枠内では市民の命とくらしを守り得ないと判断をして、市長の判断で、南相馬市独自策として、踏み込んで市民の命とくらしを守ることをどれだけやってきたのか。ほんのごく一部、南相馬市だけやらない訳にはいかない対応だけと言える。
 私が一昨年12月議会から、議会ごとに毎回要求してきた「安定ヨウ素剤の全世帯配布」は、どうだったのか。いわき市や三春町では全世帯配備が、とうに実現していたのに、南相馬市は国の方針がはっきり決められた本年9月以降、ようやく具体化しようとしているではないか。
 市民が強く望んでいた「原発事故賠償請求対応」も、結局は東電と原子力賠償センター任せ、丸投げではないか。南相馬市としての専任担当部署は、とうとうできなかった。

市職員は間(はざま)で 犠牲者は市民
 ですから私は先ほど、「市長なりに頑張ってきた。」としか言いようがなかったのだ。
市長は、市民の命とくらしを守るために、粉骨砕身頑張ったとは、客観的に見れば言えないのです。国、県の枠にこだわることなく、今、市民の命とくらしを守るために必要な対策、施策を指示し、議会に提案することは市長にしかできない。職員はできないのです。
 市長がここまで踏み込んでこなかったことによって、市職員や議員がどれほど苦しんだかわかりますか。職員は、市民の窮状を何とかしたいと思いながら、国、県の枠内に縛られ、市の方針と市民の助けを求める声のはざまに入って苦しんできている。
そして、最大の犠牲者は市民です。
 桜井市長の本質を知った市民が「市長は超一流のクレーマーだ。だが、クレーマーだからなのか、市長として自らの判断で、市民を守るための南相馬市独自の方針も、指示も出さない。」と、評価している。
 市長、あなたの4年間の市政は、何だったのか。

【答弁:市長】 (3月11日以降の細かい行動内容を長々と答弁した上で、次のように結んでいます。)
 市民が本当に安心して暮らせる環境づくりのために、今後とも再生可能エネルギーの推進をはじめとする市民が安心して暮らせるための生活整備再建のために全力で取り組んでいく。

※市長は、意識的と言える長々とした答弁したために、私の質問時間が無くなってしまいました。質問権の妨害です。

【再質問】 再質問時間が無くなってしまった。私の再質問を許さないための答弁であったことに強く抗議して質問を終わります。


災害関連死 前月同様439人
 1月8日現在の、南相馬市の災害関連死は、前月と同じ439人です。12月17日に開かれた審査会で、新たに認定された方はおりませんでした。
 震災時の直接死636人と合わせて、南相馬市の震災関係死亡者数は1,075人です。
 一方、「不認定決定」を不服として、訴訟が起こされている事案もあります。

歯がゆい2つ
 我が家で迎えない3回目の新年となりました。子や孫たち、叔父叔母などなどが集まっての新年の楽しいひと時を味わうことが、今年もできませんでした。私たちの子、2男2女の内、2女の子夫婦と孫たち5人、チイ子さんと母と叔母が宮城県の温泉で一泊だけの新年会をやるのが精一杯でした。郡山市に住む長女の第3子(歩佳:3歳)は、寛ちゃんじいちゃんにべったりです。チイ子さんがやきもち・・・?(んで、この原稿を覗いて「おらやぎもぢなんかやいでねど」と、後ろでつぶやく声が。)
 さて、小高商工会主催の新春交歓会での亀岡衆院議員のあいさつは「出来る事はすべて国にやらせる。どうしてもという時は私に言ってください。何よりも結果を出す年にしていく。」などと話されました。しかし、現状や実態、計画や方針などの具体的な話は全くありませんでした。南相馬市のことも、小高のことも、原発のことも、避難のことも一言も触れませんでした。小高での挨拶なのか、東京での挨拶なのか???。それは、亀岡氏が推しているとされている南相馬市新人市長候補も、後援会資料の中で「原発」にかかわって一言も触れていないことと共通しているのでしょうか。
 もっとも市長候補では、時期はどうあれ「原発ゼロ」を明確に述べて行動しているのは現職市長だけ、と言うのも歯がゆいかぎりですが。

ud@)dw.z4dy

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示