FC2ブログ

なじょしてる通信 №374

№374 2015年 4月19日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部寬一
原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

「脱原発都市」を宣言
3月定例議会最終日の閉会にあたる市長あいさつの中で、下記「脱原発都市宣言」をしました。

南相馬市告示第29号
 脱原発都市宣言を次のように定める。
 平成27年3月25日
脱原発都市宣言
 2011年3月11日、東日本大震災により南相馬市は未曽有の被害を受けた。
 さらに東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴い6万人を超える市民が避難を余儀なくされ、多くの市民が避難の中で命を落とした。
 家族をバラバラにされ、地域がバラバラになり、まちがバラバラにされ、多くが放射線への不安を抱いている。
 南相馬市は世界史的災害に立ち向かい復興しなければならない。
 未来を担う子どもたちが夢と希望を持って生活できるようにするためにも、このような原子力災害を二度と起こしてはならない。
 そのために南相馬市は原子力エネルギーに依存しないまちづくりを進めることを決めた。
 南相馬市はここに世界に向けて脱原発のまちづくりを宣言する。

議決事項にすることにはまとまらないままでした。
 また、宣言内容を議会でも吟味し、市民総意の宣言にしようと努力しましたが、「脱原発」の文言は避けるべきだなどと主張する議員もおり、これもまとまらないままでした。
 結果、市長権限での告示になったものです。
 
主な当初予算は  

・農地農業用施設維持保全交付金
1億6,501万円

・営農再開支援補助 15億1,263万円
  土壌改良資材の調達、畦畔等の修繕、カメムシ防除支援、水田漏水対策など。

・津波被災農地保全管理補助3億7,093万円
  20㎞圏外の保全管理作業補助。

・農地等復興基盤整備の市負担金
5億926万円
  八沢、右田海老、真野、金沢北泉、原町東、原町南部の整地工やパイプライン工の市の負担金(11.25%)。受益者負担金0%。
   
・植物工場整備事業 18億1,793万円

・真野川漁港共同利用施設整備4億422万円
  作業保管施設、水産物鮮度保持施設、水産物荷さばき施設、海水処理施設。

・ため池保全再生事業 1億9,800万円
  ため池内の放射性物質拡散防止対策の実施。本年は水質調査、底質調査、空間線量調査。

・旧警戒区域内農地保全管理6億4,177万円
  小高区5.1億円、原町区1.3億円。

・森林再生事業 5億7,964万円
  森林・林業の再生を図るため、間伐等の森林施業と路網等の整備を一体的に実施。

・活力ある商店街支援補助 1,125万円
  空き店舗を利用し、創業する事業者に店舗賃貸料(最長2年間)、改装費を対象に補助。限度額あり。

・企業立地促進助成金 2億8,000万円
  工場を新・増設した企業に、新規雇用者数に応じて助成金交付。

3月議会での
寬一の一般質問
 私の一般質問は、3月9日に行いました。内容要旨の続きです。
 
 20㎞圏内避難指示解除目標
2016年4月をどうする

ⅰ 解除の大前提は除染の完了だ。除染が遅れているが、解除目標まで完了できるのか。
【再質問】 環境省は生活圏の除染完了目標を来年、2016年3月と定めています。一方、農地の除染完了目標時期はさらにその1年後の、2017年3月です。
 解除をする20㎞内の大半は、農村地帯です。宅地とその周辺だけを除染したとしても、周囲の農地からの放射線被ばくは免れません。まして、除染もしない農地に近づくなと言うのでしょうか。農業を再開するなと言うのでしょうか。
 避難指示解除するということは、宅地とその周辺、環境省で言う生活圏だけの除染で済まないことは当然です。農地、周辺の森林も含め、除染を完了していなければなりません。
 生活圏は完了したとして、当たり前の生活に戻れと言うのですか。

【答弁:復興企画部理事】 小高区の線量の高い西部地区は、生活圏、農地ともに来年3月までに完了させると計画されている。
 生活時間の多くを占める宅地等の線量低下が図られ、より安全な環境が徐々に整っていくと考えています。

【再々質問】 今から戻らなければならない住民にとっては、それで安心しなさいと言うのは簡単に行くものではありません。
 さらに十分な検証・検討を求めておきます。
 除染問題でさらに再質問いたします。
 2月25日、小高区小谷地内において、除染廃棄物が埋設されていることが明らかになりました。現在、その違法性や、原因究明のための検証が行われている所で、全容についてはまだ明らかにされておりません。
 私は、その現場にすぐ行きまして、この事件の一部を確認してきました。なぜこんなことをやったのか。現段階では私の推測ではありますが、「除染作業を急ぐあまり、請け負った地区の除染を1日も早く終わったことにしよう。」という動機があったのではないかと思っています。
 いずれ、いい加減な、手抜きの除染がまかり通っていた事実は隠しようがありません。
 国、環境省の直轄除染であるから、南相馬市の行政は関係ないとは言えません。市民が生活する場所の除染です。市民に代わって環境省の仕事を監視すべきです。いかがですか。
 それでなくても、環境省は自らの事業を持って仕事をしたことがほとんど無い省庁です。これまでは、環境を守るという名目での、管理・監督、指示、許認可などを業務としていた部署です。除染を実施している事業者主体であるという認識にはなかなか立てないまま、仕事をしています。
 その姿勢は、3月2日の市議会全員協議会での環境省説明文書に端的に表れています。
 「原因究明、再発防止の対応をきちんとやっていきます。」とれば、今後に期待もできます。しかし、出された文書には「原因究明、再発防止の対応を指示した。」とあるんです。今、環境省は「指示」する立場ではありません。自ら仕事をする、事業主体なんです。本末転倒も甚だしい。
 これでは安心して仕事を任せることは出来ません。市は市民に代わって、環境省を監督、監視する姿勢で臨む必要があります。

全ての人にドラマが
 相馬という土地は、都会から見れば小さな田舎の都市にすぎません。
 しかしここには東日本大震災後、社会が混迷する中、自らが家を流され、家族を失っているにもかかわらず、放射線に対する恐怖と闘いながら、住民の健康を守りきった多くの誇り高き医療人がいます。
 相馬の医療には、技術のみに走りがちな最先端の医療が忘れ去ったもの、医療を行う側のやさしさ、医療を受ける側のあたたかさ、そして医療人としての誇りとそれを実践する強さが残されています。
 これからの3年間、それらを吸収し、やさしさと強さを併せ持ち、我々が将来を託せる、たくましい若者になってくれることを切望します。
 以上は、私も出席した4月7日の相馬看護専門学校入学式での学校長式辞の一節でした。その原稿の写しをいただき、今ここに書き写しながら、また涙が出てしまいました。わだしも歳とっちまったんだべか゜。
スポンサーサイト



なじょしてる通信 №373

№373 2015年 4月12日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部寬一
原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

新教育長に阿部貞康氏
青木紀男教育長が任期を残して3月31日をもって退職することになりました。
3月議会最終日に阿部貞康氏が新教育長として提案され、全会一致で可決、承認されました。任期は本年4月1日から。
◎ 阿部貞康氏の経歴
 ・1954年11月21日生れ(60歳)
 ・南相馬市小高区耳谷字表13
 ・茨城大学卒業
 ・本年3月まで南相馬市職員(総務部長)

 汚染米究明政府が責任持て
最低賃金を引き上げよ
二つの意見書 提出
 3月議会最終日の25日に、下記2つの意見書(要旨)が全会一致で可決されました。即刻、総理大臣などに送付されました。

汚染米の原因究明を政府が責任をもって解明することを求める意見書
平成25年度に試験栽培で生産された米から基準値を超える汚染米が検出され、1年半が経過する現在においてもその原因が究明されておりません。平成27年度の米の作付再開には大きなマイナスとなっています。
 政府による科学的な検証をされるべきです。
また、今回さらに明らかになった、建屋屋上の汚染水の海への垂れ流しを隠し続けることなどは絶対に許すことはできません。
以上のことから、南相馬市議会は政府に対し下記事項の実現を強く求めます。

⑴ 汚染米についての原子力規制委員会発表を再検証すること。
⑵ 農林水産省などの政府機関が責任を持って原因究明に当たること。
⑶ 原発事故による被害については、原因者負担の原則を貫くこと。
⑷ 事故処理、廃炉作業に当たっては情報公開の徹底や外部の英知も集約できる体制づくりと正しい住民への説明など、市民が安全を確信して安心して生活ができるルールを確立すること。

福島県最低賃金の引き上げと早期発効を求める意見書
最低賃金の引き上げについては、「できる限り早期に全国最低800円を確保し、景気状況に配慮しつつ、全国平均1000円を目指すこと」とされています。
現在の福島県最低賃金は、時間額で689円となっていますが、全国水準で31位と低位で極めて低く、一般的な賃金の実態に見合った十分な水準の引き上げが極めて重要な課題となっております。
よって南相馬市議会は、福島県の一層の発展を図るため、最低賃金法の趣旨を踏まえ、福島県最低賃金に関する次の事項について実現されますよう強く要望します。

⑴ 福島県最低賃金について、「日本再興戦略」、「経済財政運営と改革の基本方針」及び2010年に行われた「雇用戦略対話」の合意に沿った引き上げを図ること。
⑶ 中小・地場企業に対する支援策等を強化し、最低賃金の引き上げを行う環境を整備すること。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出いたします。
     
さびしく さみしく ・・・
 2日、芳光叔父をお世話になっていた福島市の老健施設から退所させ、伊達市霊山町の特別養護老人ホームに入所移動。3日夕、郡山市の孫2人を迎えに行き、愛媛県避難の孫2人と北新田の仮豪邸で合流。4日、山形の孫と合流するため、白鷹町に大移動。あわただしい週末で疲れました。
・・・・が、その後さびしくなってチイ子さんは・・・。
 別れを伴う卒業式と違って、期待と不安で緊張する新入生を迎えた6日の入学式は少し華やかさがありました。でも、仮設での小高小8名、福浦小3名、金房小4名、鳩原小1名の合同入学式と33名の小高中学校の入学式は、さみしくも・・
くやしくも・・・・。

なじょしてる通信 №372

№372 2015年 4月 5日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部寬一
原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471
 
主な当初予算は  ④

・浄化槽設置整備復興補助 6,954万円
  大震災で被害を受けた者の住宅再建支援補助。先号での補助とは別途です。

・ごみ焼却施設基幹的整備改良  8億4,807万円
  クリーンセンターの老朽化施設大規模改修。2015~18年度の4年間で実施。15年度は燃焼設備、灰出し設備、電気設 備、計装設備の改修。

・積算線量計貸与健康管理 1億1,153万円
  全市民対象の個人積算線量計測定に要する経費、結果分析に要する経費など。

・放射線被ばく検診 1億801万円
  ホールボディカウンターによる内部被ばく検診。大人1回、高校生以下2回まで。

・小児用インフルエンザ予防接種 1,890万円
  ワクチン接種1回につき2千円以内の助成。

・小高保健福祉センター環境整備1,080万円
  再開に向けて、施設の点検、修繕、清掃を行う。

・食品等放射能簡易分析 5,950万円
  各生涯学習センター、小高区役所、小中学校等20か所で、自家消費野菜等の検査を行う。
 
・飲用井戸水核種濃度・水質測定3,229万円

・焼却灰一時保管対策 1億3,575万円
  焼却場、し尿処理施設からの焼却灰等の検査、隔離保管施設設置と管理経費。

・大気浮遊じんモニタリング 6,070万円
  市内10地点(現在5地点)での測定と公表。

・緊急雇用対策(合計) 5億1,778万円
  避難指示区域見守りパトロール、市臨時職員雇用、農産物放射能測定等25事業で212人の雇用。財源の大半は県支 出金。

・新規就職者応援事業 8,262万円
  市内事業所への新規就職者に対して、10万円/人の奨励金を支給する。

・有害鳥獣被害防止総合対策 267万円
  防護柵設置や狩猟免許取得に対する補助。
    
・鳥獣被害防止緊急対策 8,650万円
  電気柵の設置・貸与。捕獲用わなの購入。有害鳥獣捕獲隊の編成。有害鳥獣捕獲報奨金支給。捕獲・撃退用器具の 購入。

・青年就農給付金 300万円
  就農初期に給付金を支給し、経営の安定や生活基盤の安定を図る。150万円1名、75万円2名。

市内に戻る等 47%
 小高区民意向調査結果(速報)
 議会全員協議会に、1月末から実施した小高区市民意向調査の結果が報告されました。

◎南相馬市への帰還意向(単位:人)
 ・戻る       20.2% 
 ・条件が整えば戻る 26.4%
 ・戻らない     28.8%
 ・わからない    21.7%
 ・無回答       3.0%

◎地元行政区への帰還意向(単位:世帯)
 ・戻る・条件が整えば戻る 53%
 (世帯の内「1人以上が戻る」の意向)

※回収率 74.2%

3月議会での
寬一の一般質問➀
 私の一般質問は、3月9日に行いました。内容の要旨です。

  20㎞圏内避難指示解除目標 2016年4月をどうする
ⅰ 解除の大前提は除染の完了だ。除染が遅れているが、解除目標まで完了できるのか。

【質問】 東日本大震災と原発事故から、4年も経ってしまいました。3.11の時、小高の小学校卒業を目前にしていた子供たちは、一度も母校で学ぶことなく中学校を卒業し、間もなく高校2年生になろうとしています。避難生活を強いられたまま、それだけの長い年月が経ってしまったのです。

 20㎞圏内にあった家庭は、次々と20㎞圏外の南相馬市内外に新しい場所を求めてきています。しかし、いずれかの時期にチャンスがあれば、戻る意志を持ち続けています。
 一方、避難指示が解除されればすぐにでも戻るという方も少なくありません。そして、どうするか・・・迷い続けている方もおります。
 
避難指示解除の時期がいつになるのか。その条件はどれだけ整っているのか。今、避難指示解除の目標時期を1年後に控え、全ての方々が動向を注視し、迷い、悩んでいます。
 現時点で、南相馬市の20㎞圏内の避難指示解除目標を、1年後の2016年4月としています。

 避難指示解除の大前提は、放射性物質で汚染された大地、汚染された我が家の除染が完了していることです。それも、住民が安心して住み続けられる線量まで低下していることです。
 20㎞圏内の除染は「除染特別地域」として、国・環境省が直轄で実施しています。環境省が公表している直近の情報、1月末現在での除染の進捗状況は、宅地で7%、農地で6%にすぎません。今後、除染に着手する地域は、簡便ないわば手抜き除染になっていくとは言え、まだまだ膨大な除染量が残っています。

 このような状況で、避難指示解除目標である来年、2016年3月までに除染が終了するのですか。

【答弁:復興企画部理事】 20㎞圏内除染で環境省は、来年3月までに宅地とその近隣の森林について完了し、残りは2017年3月完了を目途に実施している。
 現在約3千人の作業員をさらに増員し、加速化を図っていくと報告されている。
 市として、進捗状況を注視し、環境省からの定期的な報告と計画通りの完了を強く求めていきます。

   
卒業生の2倍もの来賓の中で・・
 「八沢小学校の廊下教室など、鹿島小校庭ユニットハウス教室、鹿島中校庭仮設教室へ移り、ようやく昨年体育館ができました。でも、やっぱり仮設なんです。本校で学び、卒業できなくて・・・本当にごめんなさい。みなさんは大変な経験をし、今なおその渦中にあります・・・・。保護者の皆さんは何度ものつらい決断の後に卒業を迎えたものの、これからも厳しい選択が求められ・・・・、どれが正しい道かも・・・・。」これは、小高小学校16名の卒業式での『教育委員会はなむけの言葉』の一節です。精一杯子どもたちのために尽くしてきても、追い付けなかった対応への・・・・、鼻をすすりながらの『言葉』でした。私はこれまで何度も卒業式に出席させてもらいましたが、教育委員会のあいさつで涙がこぼれたのは初めてでした。
2時間後に同じ仮設体育館で行われた合計19名の福浦、金房、鳩原小学校合同卒業式は、最後に校歌の合唱がありました。この子たちは、3校の校歌をきっちりと歌うことができます。とても複雑な心境です。
 先週発行するはずだった「かんいち通信」は、原稿までは出来たのですが、印刷する暇がありませんでした。ごめんなさい。

なじょしてる通信 №371

№371 2015年 3月22日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部寬一
原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

 15年度?の目玉は  ③span>
 以下の事業は2014年度の補正予算ですが、2015年4月以降に施行するものです。

❾ 赤ちゃん誕生祝支給
 今年4月1日以降に出生した赤ちゃんを対象に祝い品を支給します。
 児童1人当たり2万円分の給付券(千円券×20枚)を支給。市内の取扱い登録店で「紙おむつ、おしりふき、粉ミルク」の現物給付を受ける。
 市外居住者(避難者)については、給付対象品目を2万円分購入し、領収書を添えて市に請求することになります。

;">❿ 子育て世帯・若年夫婦世帯定住促進奨励金

 18歳以下の子又は妊婦がいる世帯、同居する夫婦の一方が45歳未満の世帯を対象者として、
 市内民間賃貸住宅へ入居又は、市内での住宅取得に対して奨励金を交付します。
 ・ 民間賃貸住宅入居奨励金 18万円
・ 住宅取得奨励金 100万円
    
⓫ プレミアム商品券発行
 12,000円分の商品券を10,000円で付与する。4万冊を発行するが、1人3冊までの購入に制限する。さらに、抽選で1,000円の商品券が4,000枚当選付加される。
今年7月から来年1月上旬まで、南相馬市内指定商店等で利用できる。
 主な当初予算案は  ③
・農地除染事業 14億4,857万円
  20㎞圏外の農地除染。(20㎞圏内は環境省が実施)
・農地除染関連事業  26億8,424万円
  除染除去物運搬、一時集積所管理・撤去。
・介護員養成事業 1,313万円
  不足する介護職員を養成するために、無料受講できる介護職員初任者研修講座を実施。20人×4回。
 
・不採算地区公的病院運営費補助6,736万円
  鹿島厚生病院の前年度決算赤字額の補てん補助。
・夜間小児科・内科初期救急医療 791万円
  土・日曜日、祝祭日・年末年始の午後7時~9時30分に小野田病院で受診できる。相馬郡医師会からの派遣医師が担当する。
・感染症予防事業 1億5,914万円
  定期予防接種:三種混合、二種混合、麻しん、風しん、日本脳炎、BCG、ポリオ、インフルエンザ、四種混合、ヒブ感染症、小児の肺炎球菌感染症、子宮頸がん予防ワクチン、水痘、高齢者の肺炎球菌感染症を市内及び、県内委託医療機関で実施。
結核検診:総合健診と同時実施。
・市営陣ヶ崎公園墓地整備 3億5,357万円
  不足する公園墓地の増設工事を2017年度まで実施し、2018年度から公募を開始する。
・母子保健事業 5,453万円
  妊産婦健康診査:昨年までの妊婦15回診査に、産婦診査1回を加える。
他に、乳幼児健康診査、母子栄養食品支給、相談活動・支援など。
・健康診査事業 1億1,354万円
  健診の種類:肺がん、胃がん、大腸がん、前立腺がん、子宮頸がん、乳がん、骨粗鬆症、特定健康診査。
 
・浄化槽設置整備補助 4,400万円
  合併処理浄化槽設置への補助。入れ替えの浄化槽、くみ取り便槽の撤去費用にも補助あり。
・ごみ分別収集 1億6,522万円
  ごみ収集業務の委託費(小高区を含む)。
・ごみ減量・リサイクル助成事業 654万円
  コンポスト容器や電動式生ごみ処理機購入額の1/2を助成など。
・看護師等修学資金貸与 2,902万円
  保健師、助産師、看護師、准看護師を養成する学校等に在学する学生で、将来南相馬市の医療機関に従事予定するものに貸与する。
  ・授業料相当の資金
保健師、助産師、看護師養成校
:45,000円/月以内
    准看護師養成校:34,000円/月以内
  ・生活費相当の資金:55,000円/月
  ・入学資金:入学金として納める額
 
  南相馬市内医療機関で看護業務に従事している期間が修学資金貸与期間に相当する期間に達した時は、貸与資金の返還が免除されます。
 ※対象学校等の所在地は問いません。
 ※市民であるかどうかも問いません。






※ 議会開会中のため時間が無く、空きスペースが多くなってしまいました。ごめんなさい。








涙の一日 そして・・・
「今 飛び立とう この学び舎から 〔中略〕ありがとう さようなら また会おうね」・・・本来の学び舎、小高中学校校舎から直線距離で北に16㎞にある鹿島小学校校庭仮設校舎の学び舎で3年間学んだ卒業生たちが創り上げた歌の一節です。一緒に卒業できなかった仲間にも心を寄せた35人の卒業生代表の答辞では「部活では、人も場所も時間もなく、満足できる成績ではなかったが・・・・、当たり前が幸せであることを実感・・・・」
とめどもなく涙が出てしまいました。この子たちに大人として責任を果たすことが出来得なかった、いや、出来なかった痛恨の念と同時に・・・・。
この夕、耳谷の自宅隣の方のお通夜でした。よく可愛がっていただき、大変お世話になった隣の母ちゃんでした。何のお礼もできないままでした。
ありがとうございました。



 ここにきて、市役所中途退職者がさらに増えています。残念で、残念でなりません。
 やめていく職員も、残っている職員も、つらい4年間を過ごした方が多かったのではないかと、これにも痛恨の念があります。市民を守る市役所職員を守ることも、私たちの職務、責任だと思っていましたが、その責任を果たせなかった・・・・・。
プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示