FC2ブログ

なじょしてる通信№432 7月24日付

  

 432 2016 24日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

マイナンバー条例改正

共産党市議団は反対 !

6月定例議会では「個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部改正」の議案も提案されました。

南相馬市でマイナンバーを利用する事務に、障がい者、人工透析、介護、ひとり親、子ども医療費、震災遺児等、要保護・準要保護児童生徒、奨学金、特別支援学級等34事務を加える、条例改正をするというものでした。

提案理由では「事務の効率化とともに、市民の負担軽減」のためとされています。

日本共産党市議団では、以下の理由で議案には反対しました。採決では、2:19で、原案通り可決されてしまいました。

日本共産党市議団の反対理由

市民の負担軽減(行政手続きが便利になる)といいますが、年に一度あるかどうかの申請などの際に、所得証明書の添付などを省略できる程度です。

「メリット」を一番受けるのは、国や行政の方です。一人ひとりの社会保障と保険料・税の利用・納付状況を一体的に把握・監視し、徴収強化と社会保障費の抑制・削減に活用していくことができるようになるからです。

しかも国民・市民にとっては、プライバシー情報の漏洩、不正使用など、それ以上の危険性を抱えることになります。

年金、医療、介護、雇用や所得・納税などの情報は、それぞれの制度ごとに管理されていますが、共通番号(マイナンバー)で一つに結ばれることになりました。さらに今度の34事業を加える改正案では、障がい者、ひとり親、奨学資金、特別支援学級等々に及ぶものです。

いったん個人情報が流出すれば、さまざまな個人情報が「芋づる式」に流出される危険にさらされます。

大きなリスクと引き換えの、マイナンバー利用拡大の改正案には反対です。

6月議会での

寬一一般質問

 私の一般質問は、6月22日に行いました。内容の要旨です。

被災者寄り添った災害公営住宅

 

ⅰ 希望する全ての人が入居できる住宅の確保を。

【答弁:建設部長】 市は、津波地震での被災者分として350戸、県では原発事故避難者分として本市に927戸整備し、本市民も対象としていることから、現段階での整備戸数は足りるものと考えております。

 なお、今後は、仮設住宅の意向調査などにより、入居希望の確認を行いながら再度検討してまいりたいと考えます。

【再質問】 もう5年も経っている中、いろいろ状況が変わってきております。今後、仮設住宅からいよいよ出なければならない決断を迫られた際に、行くところがないという方が出てくる可能性が高い。

私は、災害公営住宅は、余って当たり前だと思っています。今のところですっとんとんです。足りないのは最も困るのです。

災害を受けて、抽選をしなければ入れないとなり、漏れた人をどうするの。私は、住宅は余ってもやむを得ないと思っています。

【答弁:建設部長】 今現在、災害公営住宅は6戸の空きがあります。県の復興公営住宅は今後、再募集があります。どうしようか悩んでいる人と相まみれながら相談しております。

懇切丁寧に相談しながら誘導してまいりたい。

 

ⅱ 世帯分離などでは入居できない措置等の緩和を。

【質問】 3.11前は、比較的広い家で兄弟、姉妹ともに暮らしていたという方もございます。ようやく落ち着く先となるべく、災害公営住宅ができてきました。

本当に落ち着くのであれば、どちらにしても狭い住宅であることから、この際、世帯を分離して暮らしたいと思う方が出てくるのは自然の成り行きです。同性であってもこのような事例がありますが、兄妹、姉弟というような異性同士の狭い住宅での同居は嫌だということは当然と言えます。

でも、南相馬市は、公営住宅法では世帯を分離しての入居を認められていないと、市民の願いを突っぱねています。

当たり前の要求、願いに応えられる南相馬市の対応を求めます。入居条件の緩和をすべきです。

もう5年も経っているんですよ。災害から1カ月や2カ月、半年くらいの間に、災害公営住宅ができていれば、世帯分離はちょっとだめですよとは言えるかもしれませんけれども、5年も経ってからできた災害公営住宅なんです。それぞれの世帯の状況は、大きく変わっている。それぞれの世帯の状況が違う。画一的な対応で済むはずはない。

【答弁:建設部長】 災害公営住宅は、公営住宅法のもとで管理するものです。住宅の困窮者を対象とし、より多くの方々に入居できるよう対応していることから緩和措置はございません。

しかし本市では、大家族での入居等について世帯を分離し、2戸を提供しています。

 なお、おのおのの事情により、世帯分離などでの入居希望者に対しては、被災者に寄り添いながら市災害公営住宅と県の復興公営住宅など、それぞれ入居ができるよう個別に相談に応じているところです。

 

 

ⅲ 完全バリアフリー住宅に。

【質問】 最近の住宅設計思想は、住む人に、特に体の弱い人に優しい設計思想、段差のないバリアフリーになっています。

南相馬市は、この設計思想を生かして災害公営住宅建設にも配慮していることは承知しております。ただ一つ、戸建て住宅の一部に、戸外から玄関に入るまでの段差が大きい災害公営住宅があります。体の不自由なお年寄りなどにはきつい段差であります。まして、車いすは無理です。

スロープを付けるには、住宅面積に限りがあったという理由ですが、許される理由ではないと私は思っています。

やむを得ず自腹でスロープをつけた方もおります。

今後は、このようなことにならないよう、強く望みます。また、自腹でスロープを作った世帯には、遡及をしてでも費用などの対策を講ずるべきではないでしょうか。

【答弁:建設部長】 今回整備した災害公営住宅の建物内部は全住宅においてバリアフリー対応しております。が、外部玄関などの部分は状況に応じての対策となっています。

今後、整備していく公営住宅は、さらにこれまで以上の段差解消などに留意していきたい。

【質問】 既存の市営住宅あるいは元の雇用促進住宅で市営になったところなどは、バリアフリーには程遠い住宅があります。

超高齢化に伴いデイサービスセンターに行くことも含めて、外出に困難な住宅がある。

 特に集合住宅、元雇用促進住宅等はきついですね。実態を調査して可能な限り改善をしていく必要があります。

【答弁:建設部長】 既存の市営住宅などは、バリアフリー化が困難な状況であります。

しかし、今後、各市営住宅の確認を行いながら、敷地状況に応じ、可能な範囲での段差解消など、バリアフリー化対策に努めていきたい。

【以下、次号に続く】

 

ぼじょごっちゃまんま40年・・

奥歯右上の義歯が壊れて2ヶ月。ようやく治り、食欲も戻り、体重も戻りつつあります。ついでなので、青年時代に神楽舞で総抜けになり、そのままにしていた左右の下奥歯にも「入れ歯」をと、相談してみました。インプラントでと言われて、10日後の歯型を取る日に「おっかねがらやめます。」と、断ってきました。

いよいよ本格的な夏になりました。全ての皆さん、どうぞご自愛ください。

スポンサーサイト



なじょしてる通信№431 7月17日付

  

 431 2016 17日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

福島県から日本共産党国会議員が誕生

日本共産党は比例代表で5人、選挙区で1人が当選し、改選3議席の2倍となる6議席を確保しました(非改選と合わせ14議席)。

比例では、福島県在住のいわぶち友氏(新)が初当選。33年ぶりに福島県から日本共産党の議席を送り出すことができました。

当選の報を受けた、いわぶち氏は「原発事故の被害にあった福島県から、日本共産党の国会議席を得ることができた意義は大きい。そのことを胸に刻み、原発ゼロをはじめとした公約実現のために全力を尽くす。」と力強く決意を述べました。

岩渕 友 39歳。福島大学行政社会学部卒業。党福島県委員会常任委員、同被災者救援対策本部長。喜多方市出身で現在は福島市内に在住。

 

安倍自民に異議申し立て

増子輝彦さん

 現職閣僚に競り勝つ

参院選福島選挙区の野党統一候補、増子輝彦氏は大接戦を制し、現職閣僚に競り勝ちました。

自民党が最重点区に位置づけた同区での勝利は原発事故被害に苦しむ福島県民を切り捨て、環太平洋連携協定(TPP)推進など、暴走を続ける安倍政権への審判となりました。

自民陣営は福島県に安倍首相が公示後3度も訪れ、閣僚、党幹部らが続々応援。業界団体を通じた締め付けなども激しく行われました。

増子氏は「相手候補と私のたたかいでなく、(原発再稼働と海外輸出を進める)総がかり攻撃の安倍首相と福島県民のたたかいだ」と指摘し、広く支持を呼びかけました。

自民陣営の攻撃をはねのける原動力となったのが、市民と民進、共産、社民3党の共闘です。

左端が日本共産党の久保田県委員長

戦争法廃止、憲法9条を守ろうと増子氏が先頭に立って訴え、原発事故被害からの県民に寄り添った復興策、オール福島の願いの県内原発全10基廃炉を強調しました。

前回からの大逆転

 前回2013年の参院選では、非自民候補合わせて371,329票、自民候補484,089票だったのに対し、今回は野党統一候補462,852票、自民候補432,982票と、野党統一候補が大きく票を伸ばしました。

 

6月議会での

寬一一般質問

 私の一般質問は、6月22日に行いました。内容の要旨です。

  避難指示解除にあたっての

課題解決を

 

ⅱ 小高病院の入院機能を再開せよ。

【質問】 市長は避難指示解除市民説明会で、市立小高病院は週4日の診察から週5日の診察へと充実したことを強調しております。しかし、入院機能の再開については一言も触れないままでした。本当にこれで十分と言えるのでしょうか。

私は、昨年9月議会での一般質問で、以前の99床のベッド数にこだわらず、10床でも、20床でも良いので、小高病院に入院機能を備えるべきだと質問しております。

その時の市長の答弁では、原町の市立総合病院を充実させていくことで、小高区の住民にとっても補完はできるとし、小高病院の入院機能は再開する意思がないというものでございました。

今の時期を逃してしまえば、永久に小高病院の入院はできなくなります。一旦手放した入院病床、ベッドは元に戻ることはありません。これが厚生労働省の確固たる方針です。

小高区の皆さん、市民の皆さん、このままでいいのですか。二度と小高区には入院できる病院がなくなってしまいます。

こんなことを許して良いのでしょうか。それで解除したから小高区に、20キロメートル圏内に戻れというのですか。戻る方の多くは中高年齢の方です。原町区の病院に家族が入院をしても、残された家族はその病院になかなか行けない状況がつくり出されてしまうのです。それも、今後未来永劫です。

今、小高病院の入院機能再開の決断をする必要があります。

入院機能を再開するためには、地震で大きく損傷を受けた配管を初め、建物の復旧には数億円の費用がかかってしまいます。しかし今、災害復旧事業で取り組めば、南相馬市持ち出しのお金はあまりかかるものではありません。最後のチャンスでもあるのです。

確かに、災害復旧事業であれば被災前の機能に戻すことが条件となります。99床の病院として再開をすることが求められます。

いいではありませんか。99床を再開しようとしたけれども、スタッフが集まらないのが現実でありまして、当面最低限必要とする病床、ベッド数だけ再開をしていくしかありません。

いずれ病院を、建物を復旧して入院できる機能を再開していただきたい。政治的決断をしていただきたい。市長の決断にかかっています。市長の政治的判断を求めます。

【答弁:市長】 医師を含めて全体的に医療スタッフが不足している現状から、まず急性期病院である市立総合病院の空ベッドの稼働について入院機能を充実させていくことがより現実的です。

小高病院は、再開できる状況にはないと思っています。

【再質問】 そんなことは許されません。二度と小高には入院できる病院がないという事態がつくられることになる。その決断をしたのが桜井市長であると、今後に名を残すことになります。

何としても市民の皆さんと力を合わせて、小高病院にも入院機能を再開できる方向で進めていけるようにしたいと思います。今の市長にはその意思がないということはわかりました。

 

被災者寄り添った災害公営住宅

 

ⅰ 希望する全ての人が入居できる住宅の確保を。

【質問】 極端な過疎化になってしまうことや、高齢者だけの世帯になってしまうことを恐れて、原町区などの災害公営住宅、災害復興住宅に入居を希望する世帯がふえてきています。ところが、今になっては希望する災害住宅等が埋まっているなど、思うようにならない状況もあります。

次々に災害公営住宅に申し込んでも優先世帯でないためにはじかれたり、抽選で漏れたりしている被災者がいます。

実態はどうなっているのか。

【以下、次号に続く】

 

小高再生の快晴日・・・・

避難指示解除の12日、小高駅に1番電車が入った直後に「復興の誓い集会」が駅前で開かれました。新たな大きな区切りであり、困難なスタート台に立っての集会のはず???・・・。集会の締めくくりに市長発声での「バンザイ三唱」になってしまいました。元気づけようとしたのだとは思いますが、せめて「ガンバッペ三唱」くらいにならなかったのでしょうか。つい、冷めた思いで両手を上げる気になりませんでした。おめでたくない寬一です。憂うつな快晴日・・・。

なじょしてる通信№430 7月10日付

  

 430 2016 10日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

デマンドタクシーの

 実現を求める陳情書

全会一致で採択

「デマンドタクシーの実現を求める陳情書(陳情者:乗り合いタクシーを実現させる会代表 渡部正孝氏)」は、6,205名の署名を添えて議会に提出されていました。

6月定例議会で審査され、付託されていた総務常任委員会では全会一致で採択された後、本会議でも全会一致で採択されました。

結果は市長送付とされました。今後は、市長がこの意をどう受け止めて、どのように実現していくかが問われることになります。

採択された陳情書の内容(要旨)は、以下の通りです。

陳情項目

大震災と原発事故後、南相馬市では高齢者ばかりでなく子ども達も様々な問題を抱えており、とりわけ交通手段において不便な状態に置かれています。

それらの課題の克服と問題解決のため、本市において可能な限り早期に、低額料金で利用できるデマンドタクシーの実現に向け、ご尽力いただけますことを要請いたします。

陳情の趣旨

大震災と原発事故により、子育て世代を中心として多くの市民がいまだに本市に戻ることができないでいます。また、そのことにより高齢者を中心として交通弱者の立場に置かれ、通院も買い物も、その他の外出用事も思うにまかせず、苦労をしている人たちが増えています。

また、原発事故の処理などにかかわって、大量の人的流入や交通量の増加などがあり、子ども達をめぐる環境も大きく変化し、保護者や家族も不安を抱えています。

中でも「乗りたい場所」から「行きたい場所」まで活用できるデマンドタクシーの実現は、本市において今後安心して暮らしていくためにも、有効かつ重要な施策であろうと考えますので、可能な限り早期に、また低額の利用料金で実現の運びとなるよう、取り組んでください。

 

6月議会での

寬一一般質問

 私の一般質問は、6月22日に行いました。内容の要旨です。

  避難指示解除にあたっての

課題解決を

【質問】 いよいよ7月12日をもって南相馬市の全ての避難指示が解除されます。

長い長い5年4カ月でした。失った5年4カ月は、とても大きいものです。取り返しのつかない、戻すことのできない5年4カ月、お金には代えられない年月です。

もう何でもない地域・原発事故は終わりましたとされます。しかし、安心できる地域、安心できるふるさとに戻ったとは言いがたいものです。

これだけの犠牲を払っていながら、県内の原発全基廃炉とは、国も東京電力も決めておりません。溶けてしまっているはずの原子炉の中は誰も見ていません。汚染水は漏れ続けており、対策も不十分なままです。原発事故は継続中であり、収束とは到底言えないものです。

生業は取り戻せていません。線量が高いところがまだまだ残っています。農地、道路、水路の除染はまだ終わっていません。河川の内側や山林の除染は実施することすら決まっておりません。医療は、介護は、商店は、農業再開は。

希望を持ってふるさとに帰る、明るい希望を持って帰れる状況ではありません。もう、避難生活はたくさんだと、限界だから、なんとか早くふるさとを、生業を再建しなければならないと。近い時期に避難支援策は打ち切られるから帰るしかないと。それが、帰還をする多くの方の胸の内であります。多くは、明るい希望、明るい展望ではありません。

7月12日に解除しました、あとは野となれ山となれとはいきません。課題の解決はスタート台に立ったに過ぎません。課題の解決は、政治の責任でもあります。

多くの課題がありますが、本日は当面の課題、2点に絞ってだけ質問をいたします。

 

ⅰ JR小高駅の始発時間が遅い。ダイヤ改善を早急に。

【質問】 JR常磐線の小高駅から原ノ町駅まで不通となっていたものが、避難指示解除の7月12日から運転再開されます。これによりまして当面、小高駅から相馬駅まで開通、運転再開されます。

これは、事故原発から20キロメートル圏内に戻る方にとっては朗報です。特に、交通弱者、取り分け毎日通学をすることになる高校生にとっては大助かりです。

ところが、発表されたダイヤ、時刻表を見て愕然としております。小高駅の始発は7時30分です。原ノ町駅着7時39分、乗降時間や高校の門をくぐってから教室までの時間を加えると、原町高校まで徒歩では始業時間までは無理と言える時間です。自転車を使うしかありません。

相馬駅着は7時57分です。相馬東高校までは1.9km、徒歩で28分。相馬高校までは1.8km、27分。相馬養護学校までは1.6km、25分間の距離です。乗降時間等を加えれば30分以上の距離です。それぞれ自転車を使っても始業時間までは大変に厳しい時間となります。特に、養護学校高等部の生徒にとっては、小高駅と磐城太田駅からの電車を使っての通学は不可能に近いものです。

小高に戻って、20km圏内に戻って生活をしようとする家庭。とりわけ高校生を持つ家庭、近い将来高校生になる子供を持つ家庭にとっては、実質的に生活が困難なJRのダイヤとなっています。20km圏内での生活をする基

折返し運転になるために設けられた

小高駅仮設ホーム

盤は整ったとして避難指示解除に合意をした市長は、JR、そして国に対して、ダイヤ編成を早急に改善するよう強く求めていくべきです。

【答弁:復興企画部長】 同様の御意見が各方面からいただいています。市の責任として、早急にダイヤ編成の改善が図られるよう、強くJRに対して要望してまいります。

【再質問】 小高駅からの下り、最終便が20時20分です。小高の中でも、飲食店なども再開するということで頑張っておられる方がいるわけですが、最終は午後8時20分ということになると、飲食店が十分に稼働できない。この改善も求めるべきです。

【答弁:復興企画部長 議員の御意見を踏まえて今後しっかり要望してまいりたい。

【以下、次号に続く】

 

 

 

分かれ道 どちらを選ぶ?

参議院選挙の結果が分かった直後に、20㎞圏内のほぼすべての避難指示が解除されます。参院選の結果によって、原発事故が「なかったことにされて再稼働され、補償も全て無くされる」か、「廃炉にして、補償対応もきちんとされるか」の分かれ道と思われます。参院選の結果によって、「戦争をする国になる」か、「平和を守る国を続けるか」の分かれ道と思われます。先日、取材に来た東京の新聞記者は、福島と沖縄の選挙が最も注目されていると言っていました。どちらも現職の大臣の選挙区というだけではありません。分かれ道を決める選挙区であるということでした。

私個人にとっては、4人の子ども達夫婦と間もなく10人となる孫たちの、命にかかわる大問題でもあります。

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示