FC2ブログ

なじょしてる通信№442 10月2日付

  

 442 201610月 日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

小高区復興拠点整備予算修正とは

9月議会で提案されていた一般会計補正予算の中には、小高区復興拠点整備事業費として用地買収費や実施設計費等2億8,521万円が計上されていました。

付託されていました総務常任委員会で修正案が可決され、続く本会議でも修正案は賛成多数で可決されました。

修正では、用地買収費等は認めるものの、実施設計費8,479万円は認めず、整備内容の見直し修正を求めたものです。

何が? 問題だったか

この事業は小高商工会の北側に「帰還や中心市街地への居住誘導、市外からの移住促進のために、復興するための拠点を整備する。」としていたものです。

⓵ 用地がどんどん狭くなっていったこと。

当初面積は約9,850㎡でした。用地交渉が難航したことによって、

最終案では、5,225㎡に減っています。

⓶ 整備する施設種はほとんど同じで、各々の施設が小さなものになってしまったこと。

除いた施設・機能は、物見やぐら17㎡と入浴施設101㎡だけ。

⓷ 特に、子どもの屋内遊び場もどんどん狭くなったこと。

鹿島区の半分、原町区の3分の1である404㎡(屋内面積323㎡)になった。

◎ 日本共産党議員団では特に、子供の遊び場が狭くなってしまったことを重要視しました。

  子どもの遊び場を屋内(半屋内)にして多くの面積を確保する本来の目的は、放射能の心配をしないで子ども達を伸び伸びと遊ばせることです。

  新しく作られるであろう認定こども園や小学校の近くに、十分な面積を確保して子どもの遊び場を作るべきだと主張しました。

賛否の結果は

◎ 修正案に賛成し、修正案以外の原案に賛成した議員 13議員

 門馬、伹野、大山、太田、山田、中川、鈴木昌一、田中一正、荒木千恵子、今村、渡部寬一、志賀、細田

 

● 修正案に反対し、原案に賛成した議員

  8議員

  岡崎、奥村、田中京子、渡部一夫、鈴木貞正、水井、竹野、小川

 

 

9月議会での

寬一一般質問

 私の一般質問は、9月13日に行いました。内容の要旨です。

  小高で暮らすための

緊急対策を

【質問】 大震災と原発事故から5年6カ月になります。そして、本年7月12日をもって20km圏内の避難指示が解除をされ、戻ってもよいとされました。そして、早や2カ月が過ぎたということでもあります。この2カ月でどうなっているのでしょうか。

国は、避難指示の解除の条件として、3点を挙げております。

 第1は、空間線量率で測定された積算線量が年間20ミリシーベルト以下であるということ。こんな20ミリシーベルトというひどい数値を持ち出すこと自体、大問題なのでありますが、このことについては別な機会に捉えてまいります。

問題は、第2の条件です。日常生活に必須なインフラ、電気、ガス、上下水道、主要交通網、通信などや、生活関連サービス、医療介護、郵便などがおおむね復旧し、子供の生活環境を中心とする除染作業が十分に進捗することとされておりました。

市長は、本議会冒頭の提案説明の中で、8月31日現在での旧避難指示区域内への居住市民は985人と説明をされました。その内訳を調べてみますと、小高区はちょうど800人です。

5年半前の3・11時点の小高区の住民登録人口は1万2,840人、大震災やその後に亡くなった方、転出してしまった方が多い一方で、転入はありませんでしたから、本年8月31日現在での小高区の住民登録状況は9,711人と激減をしております。

この9,711人に対して800人の帰還。帰還率は8.2%にすぎません。この人数が多いか少ないかは、議論があるところではあるものの、私は少ないと断言できるものであります。

原町区の旧避難指示区域内への居住市民も決して多いわけではありませんが、帰還率は19.4%です。小高区の倍以上の帰還率です。とはいっても、まだ2割にも到達していないということでもあります。

小高区においては、国が示した避難指示の解除の条件にある生活関連サービス、医療介護等が全く不十分だという状況をあらわしています。私が何度も指摘をし、改善を求めている入院できる病院の復旧状況、ゼロです。

いずれ、今さら避難指示を解除して避難指示に戻すことは、非現実的であります。約束した条件を即刻実現することが必要です。そこで、緊急に求められる対策の質問をいたします。

 

 

ⅰ 薬局がない。行政が責任をもって開設を急げ。

第1の質問は、薬局がないことです。薬局がないことは、ちょうど1年前の私の一般質問でも取り上げて指摘をし、急いで対策を講ずることを求めていた内容です。

各位の努力もありまして、わずかな診療所が再開されました。しかし、薬局がありません。一部、院内処方もやっているようでありますが、必要な薬剤によっては調剤薬局に行くことを求められております。原町まで行かなければなりません。

健康の問題、場合によっては命の問題です。

さらに、医療機関に行くまでもなく、比較的軽い病気やけがの場合、薬局で売っている薬で間に合わせたいと思っても、原町まで行かなければなりません。

これで、日常生活に必要な生活関連サービスが復旧したと言えるのでしょうか。命にかかわる生活関連サービスです。

行政は、責任を持って調剤薬局、薬局の開設を急ぐべきです。私は、ただいま行政が責任を持ってと言っております。市が責任を持ってとは言っておりません。というのも、南相馬市はもちろんですが、福島県も国も全ての行政が責任を持ってということであります。南相馬市でかなわなければ、国の責任も求めて薬局の開設を急いでいただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっぱとっぱしての出発です

本号は少し早めに作成しました。この通信が皆さんに届く頃は、日本を離れています。来週号はお休みします。9月28日から10月6日まで「チェルノブイリ 実態と現状をたどる旅」参加のため、ウクライナとベラルーシに行ってくるためです。この旅は原発問題住民運動全国連絡センター主催によるもので、チェルノブイリ原発事故から5年ごとに実施されていました。10年前にも行く機会があり参加することにしていたものの、どうしても都合がつかなくなり断念しました。チェルノブイリ原発事故から30年、福島原発事故から5年、「今」改めて原発と放射能被害について考えるために、今回は万難を排して参加しています。

そういえば、浪江・小高原発建設予定地の中にチイ子さん名義で土地1坪を買っていたこともあったことを思い出しました。

スポンサーサイト



なじょしてる通信№441 9月25日付

  

 441 2016 25日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

小高区商業施設の概要は

9月議会の一般会計補正予算での、724万円で設計費や地質調査費などを行うとした小高区商業施設の概要は以下の通りです。

⑴ 目的 避難指示解除をされてもスーパーマーケットの再開の見通しが全く立たない状況にある。

このため、帰還住民や帰還を検討している住民から要望が大きい食料品等を販売する商業施設を公設で設置することにした。

完成を前に運営事業者を募り、早期に食料品や生活雑貨の販売ができる施設を開設する。

  

⑵ 事業概要

・開業予定日:2018年度中

・整備予定地:小高区上町地内

・施設内容:敷地1,500㎡、延床面積1階建て375㎡(内、売場面積300㎡)、駐車場20台分

 

9月議会での

 主なその他議案  

◎ 財産の取得

【被災地域農業復興総合支援事業農業用機械購入】

・取得する動産等 ⇒ トラクター他45台

・取得金額 ⇒ 合計 9,708万円

・取得の相手方 ⇒ ㈱南東北クボタ

 

財産取得・貸与予定者の内訳

記載は、①貸付先、②主な営農地域、③主な機種と件数、④金額(税込)の順です。

⑴ ①南柚木機械利用組合、②鹿島区南柚木、③ケンブリッジローラー・代かきハローの2件、④399万円

 

⑵ ①車輪梅農業機械利用組合、②鹿島区南海老、③あぜ塗り機1件、④108万円

⑶ ①南海老利用組合、②鹿島区南海老、③レーザーレベラー・格子型プラウなど7件、④1,344万円

⑷ ①北右田機械利用組合、②鹿島区北右田、③レーザーレベラー・田植機など6件、④1,421万円

 

⑸ ①グリーン南右田、②鹿島区南右田、③あぜ塗り機1件、④106万円

⑹ ①万葉機械利用組合、②鹿島区北海老、③トラクター(車輪型)・田植機等7件、④1,553万円

⑺ ①うきた夢ファーム、②鹿島区浮田、③トラクター(車輪型)・レーザーレベラー等8件、④1,730万円

⑻ ①タイヘイファーム、②原町区渋佐、③レーザーレベラー等3件、④946万円

⑼ ①飯崎生産組合、②小高区飯崎、③トラクター(車輪型)・レーザーレベラー等10件、④2,101万円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊方原発は

直ちに廃炉を

――― 孫の運動会行から ―――

四国電力㈱伊方原子力発電所は、愛媛県の佐田岬半島の付け根にあります。その立地場所の近くから周囲を見渡して、驚きました。

伊方原発の西側に、半島はさらに細長く32㎞も延びています。伊方原発のすぐ西側は、半島の幅が約1,000mしかありません。そこにある道の駅から臨むと、右に伊予灘、左に宇和海が手に取るように見えます。半島を貫く道は、実質的には1本しかありません。

福島第一原発事故の時は、市民・県民は緊急のとんでもない避難行を強いられました。正しい情報が伝えられなかった大問題はあったのですが、東側以外の北、南、西側には避難することができました。

伊方原発事故の際は、佐田岬半島の人には避難さえできないことが分かりました。船で大分県に避難させるとしていますが、津波や地震で港が破壊されることは、考慮されていません。

伊方原発は直ちに運転をやめ、廃炉にすべきです。

伊方原発から40㎞しか離れていない所に避難している孫のためにも。

 

台風と競争しての大運動会行

伊予市立翠小学校運動会会場には児童の控えるイスの配置がありません。16種のプログラム全てが全校児童によるものであり、イスに座っている暇がないのです。昨年より7人増えた全校生徒27人の大運動会でした。愛媛県伊予市に避難している孫の運動会にどうしても応援に行くというチイ子さんに従い、台風16号を心配しながらも行ってきました。時間を取って、伊方原発の立地場所にも行ってきました。

なじょしてる通信№440 9月18日付

  

 440 2016 18日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

9月議会での

 主な条例案等は  

⓶ 原子力災害による被災者に対する市税の減免条例の一部改正

避難指示等の解除後、住宅は1年以内(中古住宅は3ヶ月以内)に取得した場合、住宅用地は3ヶ月以内に取得した場合は、4~6年間の固定資産税の1/2~1/3を減免するとしていた条例を👇

解除後、住宅は新築、中古共に3年以内に取得した場合及び、住宅用地は取得後3年間は、同様の減免をすることに改正する。

改正理由⇒建築需要の高まりにより、1年以内の完成・修繕が困難なケースがあるため、適用要件を延長するもの。

  

⓷ 特定用途建築物の建築手続き条例制定

特定用途建築物(寄宿舎等)の建築に先立つ手続きとして、建築主に基本計画書の提出や建築予定敷地内に建築計画概要を記した標識の設置、市民等への説明会開催に関する事項を定め、市内の快適な生活環境の確保及び良好な近隣関係の形成に資することを目的にした条例の制定。

⓸ 消防団設置条例の一部改正

消防団員の減少と団員の確保に苦慮しているため、退職消防団員等による機能別団員を新たに導入・設置するため。

機能別団員の内容概要は以下の通り。

・ 定員:100人

・ 定年:70歳

・ 報酬:年額10,000円

・ 活動内容:夜警等防火広報活動、初期消火活動及び後方支援活動、災害時における消防団活動など

⓹ (パークゴルフ場設置)スポーツ施設条例の一部改正

鹿島区川子(原町火発石炭灰処分場)に整備しているパークゴルフ場を10月15日から供用開始をするための条例を改正する。

・ 開場時間:4月~9月は、9時~17時

      10月~3月は、9時~16時

・ 利用料金:1回券 大人500円

          高校生以下250円

      :12回券 大人5,000円

          高校生以下2,500円

       

  主なその他議案  

◎ 工事請負変更契約締結

【市復興工業団地(渋佐・萱浜)第1期造成工事】

・契約相手方 ⇒ 関場・石川特定建設工事共同企業体

・契約金額 ⇒ 変更前 37億1,952万円

       変更後 44億9,661万円

       増額額 7億7,709万円

・変更内容 ⇒ 盛土資材の入手先の変更

【陣ヶ崎公園墓地整備工事】

・契約相手方 ⇒ 滝建設工業㈱

・契約金額 ⇒ 変更前 3億3,804万円

       変更後 3億5,357万円

       増額額 1,553万円

・変更内容 ⇒ 造成地にあった樹木処理方

法の変更

◎ 工事請負契約締結

【市テニスコート増設土木工事】

・契約相手方 ⇒ 東北建設㈱

・契約金額 ⇒ 3億5,424万円

・工期 ⇒ 2019年3月2日

◎ 財産の取得

【防災集団移転地の土地取得(上渋佐)】

             の1件の議案

・取得する土地 ⇒ 原町区上渋佐南谷地等

合計 5,609㎡

・取得金額 ⇒ 合計 2,445万円

 

防災集団移転促進区域土地取得状況(8月31日現在)

津波で危険区域などに指定された土地(宅地とその周辺等)を、南相馬市が買収する。

 

20㎞圏外 取得状況

区 分

対象筆数

契約完了筆数

割 合

鹿島区

2,184

2,086

95.5%

原町区

2,463

2,291

93.0%

合 計

4,647

4,377

94.2%

 

20㎞圏内 取得状況

区 分

対象筆数

契約完了筆数

割 合

原町区

662

569

86.0%

小高区

1,796

1,439

80.1%

合 計

2,458

2,008

81.7%

※相続など共有持ち分により対象筆数が増減する。

 

新聞「赤旗・日曜版」 2016年9月11日付からの転載です。

 

んーー 残念な初めての欠席?

私が中学校3年生の夏、元気そのものだった父(40歳)は発病後4時間で脳卒中のため他界しました。お陰で、頭から押さえつける人がいなくなった私は、自由奔放に生きることができました。その一方で私の家を何とか支えるために、隣近所や地域、両親の友人・知人、私の友人や同級生や同僚、そして親戚の方々は陰に日向にと力を尽くしてくれていたことは承知していました。その一人に母の実家の伯父伯母がいました。農繁期には自らの耕作を投げ出しても、耳谷に来てくれました。伯父伯母は老体もあってバラバラに避難先

 

 

 

を次々に変更し、ついには千葉県の介護入所施設で一緒になりました。伯母は戻ることも叶わず、逝ってしまいました。荼毘に付すその時だけはお礼を言いたく、逡巡の末、9月議会開会中でしたが千葉まで行ってきました。議員生活30年にして、初めて議会を1日だけ欠席させていただきました。ごめんなさい。

母の実家は双葉町中浜。津波で家もお墓も無くなったままです。津波だけだったら、今頃は近くに再建できていたのではとの思いは・・・・・・、悔しいです。

なじょしてる通信№439 9月11日付

  

 439 2016 11日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 14

 

 主な補正予算  

・居住再開支援住宅清掃補助 1,915万円

  避難指示解除地区住宅内の清掃補助金。当初予算で100件を見込んだか、2.3倍以上の申請があったための補正予算。

・青年就農給付金

150万円

  新規就農者に対して給付。対象者1名。

・ため池機能保全・放射性物質拡散防止対策(詳細調査)

3億9,100万円

  191か所の調査と実施設計費。

・ため池機能保全・放射性物質拡散防止対策(対策工事) 17億2,200万円

  35か所の取水口変更・抑制工・除去工・新規仮置き場設置。

・農林業系廃棄物処理加速化事業

4億1,796万円

  農家の敷地等で一時保管している放射性物質に汚染された農林業系廃棄物を、小高区下蛯沢の仮設焼却炉へ運搬し、減容化処理を行う。

・小高区商業施設整備 724万円

  食料品等小売店舗を整備するための、基本設計費・地質調査費・地権者との協議。

・メモリアルパーク整備事業

1,314万円

 市内唯一となる東日本大震災の犠牲者追悼と震災記憶伝承の広場等を原町区北泉に整備するための設計費と用地購入費。

・広域消防鹿島分署整備 8,531万円

  鹿島区江垂字大六天地内4,380㎡の敷地造成費。

・防災備蓄倉庫整備 6,865万円

  災害発生時に必要な食糧や水、毛布等の物資を備蓄する倉庫の造成工事費。原町区萱浜字巣掛場地内6,000㎡。

・防火水槽清掃 520万円

原発20㎞圏外無蓋防火水槽74基の清掃を行うため、沈殿物の放射性物質を調査する。

・小高区小中学校再開準備 8,386万円

  小高小学校の引越し業務費の増額、校舎の床や建具の改修費、中庭等芝生化など。小高中学校の引越し業務費の増額。

 

 

 主な条例案等は  

⓵ 印鑑の登録・証明に関する条例の一部改正

来年1月4日から、コンビニエンスストアでの印鑑登録証明書の交付に対応するための条例の一部改正。

 

 

 

・・ ??

「チェルノブイリ原発事故30年現地調査」の事前研修のため、東京まで車で行ってきました。研修会は時間が大幅に延長され、帰りの時間が遅くなってしまいました。常磐道での帰路、双葉郡に入ると極端に灯りが少なくなります。通行車両はほとんどなく、富岡町からはほとんど真っ暗です。突然、東の空が明るく見えます。靄がかかっていたのでしょう、それは幻想的とも言えます。・・・・・・・・その下は今後何十年もの間事故処理が行われ、100年、1000年単位での危険と隣り合わせのおぞましい対策が必要なところです。

いずれも微小な浮遊水滴による気象現象です。気象庁の定義では、「霧は、視程が1㎞未満の状態」、「もやは、視程が1㎞以上、10㎞未満の状態」だそうです。かすみは、やや文学的な表現で、気象観測上は定義がされていないそうです。その代りではないのでしょうが、「煙霧:乾いた微粒子により視程が10㎞未満の状態」が近年?、定義されています。

 

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示