FC2ブログ

なじょしてる通信№471 6月4日付

  

 471 2017年 月 日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

6月議会日程

6月定例議会は、補正予算のほかに本年度の国民健康保険税を決定(本算定)する重要な議会でもあります。

○ 議会前の段取り日程

6月 6日 議会全員協議会(議案説明)

7日 一般質問通告期限、質問順序抽選

     一般質問内容の市からの聴き取り

     ※ 請願・陳情提出期限

9日 議会運営委員会

◎ 本番

6月14日 本会議(議案の提出及び説明)

  19日 本会議(一般質問)

  20日 本会議(一般質問)

  21日 本会議(一般質問)

  22日 本会議(議案質疑、委員会付託)

  23日 各常任委員会【寬一は文教福祉】

  28日 本会議(委員長報告、質疑討論、

表決)

医療機関の状況は 3月1日現在

【病 院】

 

震災前

震 災 後

現稼働施設

新増設

休止

廃止

施 設 数

8 

0 

1 

1 

6 

 

病床数

一般

695 

40 

108 

215 

412 

療養

276 

40

123 

40 

153 

精神

358 

0 

298 

0 

60 

合計

1329 

80 

529 

255 

625 

【医院・診療所の施設数】

 

震災前

震 災 後

現稼働施設

新増設

休止

廃止

診療所

小高

7

(2)

5

 

2

鹿島

3

2

1

 

4

原町

29

4

4

3

26

合計

39

6

10

3 

32

歯科診療所

小高

5 

 

5 

 

0

鹿島

5 

 

1 

 

4

原町

23 

(1) 

3 

 

20

合計

33 

(1) 

9 

 

24

2017年度

 主な当初予算   

・ため池等の保全再生調査 3億9,000万円

  放射性物質に汚染されたため池内の土砂等の拡散防止対策の調査。191か所。

・ため池等の保全再生実施 50億280万円

  放射性物質に汚染されたため池内の土砂等の拡散防止工の実施。64か所。

・水稲作付再開奨励事業 3,104万円

  作付奨励金 7,500円/10a。

・農業復興総合支援事業 9億9,715万円

  営農再開を支援するため、農業機械、施設等を無償貸与する。22組織に165件。

・カントリーエレベーター建設 10億306万円

 営農再開支援のため、2年間(20億円)で建設。原町区萱浜に予定。

・鳥獣被害防止緊急対策 1億2,290万円

  電気柵の設置・貸与。捕獲用わなの購入。有害鳥獣捕獲隊の編成。有害鳥獣捕獲報奨金支給。捕獲・撃退用器具の購入等。

・旧警戒区域内農地保全管理 3億6,434万円

  農地の荒廃抑制・保全管理(草刈り、ガレキ除去等)。津波被災農地890ha、原発被災農地220ha。

・汚染農業系廃棄物焼却 10億2,910万円

  放射性物質に汚染された農林業系廃棄物を小高区蛯沢の焼却施設で焼却処理。

・農道等維持管理(小高区) 2,102万円

  農道43,189m、ため池93か所の除草。

・企業立地促進助成金 3億7,000万円

  工場を新・増設した企業に、新規雇用者数に応じて助成金交付。8社を見込む。

3月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、3月10日に行いました。

日本一子育てしやすい

南相馬市を目指して

 

ⅰ 保育所の待機児童の実態と解消の見通しは。

【再質問】 待機児童とは言うまでもなく、保育が必要だと認められながら認可保育所に入れない子供です。しかし、この定義は厚労省によると保護者が育休中の場合は待機児童に含めないことができる、自治体が進めた保育所に入所しない場合は、私的な理由なので含めない等、数を少なく見せる定義です。

いわゆる隠れ待機児童の中にも自治体ごとに捉え方によってばらつきが生まれています。隠れ待機児童を南相馬市ではどのように取り扱っているのか、あるいはどのようにカウントをしているのか。

【答弁:教育委員会事務局長】 入園選考の結果4月1日に入園できない家庭に送付したものは106件で、議員おただしの定義の人数もこの中に入っています。

 また、入園できずに育児休業を延長している場合の部分は、南相馬市においてはこの部分をカウントに含めることとして取り扱っております。

【再々質問】 待機児童が生まれている要因、原因をどのように捉えていますか。先ほど保育士の確保に努めていく旨の答弁でしたが。

【答弁:教育委員会事務局長】 待機児童が発生している原因は、保育士の有資格者の市外避難による保育士の人材確保が困難であること。また、避難による家族の分散や核家族化による家庭内での保育の環境の変化。慢性的な労働力不足ということによる産後に早期に職場復帰が各職場で養成されているなど職場環境の変化。平成26年度から保育料無料化による保育需要の拡大、そして平成27年4月の子供・子育て支援制度の新制度への移行による保育の必要性の要件緩和など様々な複数の要因が絡んでいます。

 

ⅱ 保育士の処遇改善を。

【質問】 保育士を募集しても低賃金や肉体的、精神的に負担の大きい仕事であり、応募がない、応募が少ない状態であります。

保育士の資格を持っておられる方はたくさんいます。発達に困難な部分を持った子供の対応、親との話し合い、専門機関との連携などの仕事もふえています。何よりも子供の命と安全に直結している仕事です。

負担の大きい仕事にかかわらず保育士の処遇は劣悪です。賃金レベルで言えば、全産業平均から月当たり10万円も低い。

国民の声に押さて安倍政権も緊急対策として保育士の処遇改善策を打ち出しました。しかし、それはたったの月額2%増、約6千円です。賃金改善にはほど遠いものです。

施設長、主任保育士を除く経験7年以上の保育士には月4万円上乗せをするということになりましたが、4万円増が確実なのは1施設の中で1人だけです。該当する他の保育士の分は施設の裁量で他の保育士にも配分でき、確実な処遇改善とは言えないものであります。全国民間保育園経営研究懇話会によりますと安心して働き続けるためにすべての職員に月5万円の引き上げが必要だと強調をしております。

 待機児童対策にとって欠かせない抜本的な保育士の処遇改善を国に対して強く求めていくべきです。南相馬市としていかがでしょうか。

 さらに、国の抜本的処遇改善策が図られるまで南相馬市独自に処遇改善を緊急に実施すべきだと考えます。いかがでしょうか。市長の見解も求めておきます。

 

 

悪戦苦闘を覚悟で?

「何をしてもいいだいね」「何もしなくてもいいだいね」「寄ってきましょ」の合言葉で、利用者の立場で地域に寄り添った『ディサービス峠の茶屋』と『グループホームすみか(認知症対応型共同生活介護施設)』を運営している長野県松本市の施設に視察に行ってきます。みなさんの手元にこの「通信」が届くころは、帰ってきた頃でしょう。超高齢化小高区の中で、何とか住みよい地域にしたいと挑戦するチイ子さんに振り回されています。採算に合うかどうかは疑問ですが、やれるだけやるっきゃないだべでしょう。

スポンサーサイト



なじょしてる通信№470 5月28日付

  

 470 2017年 28日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

仮設住宅入居状況4月28日現在

 

建築戸数

入居戸数

入居率

鹿島区

2,143 

571

26.6%

原町区

640 

351

54.8%

相馬市

254 

24

9.4%

新地町

103 

18

17.4%

合 計

3,140 

964

30.7%

民間借上げ住宅の状況

受付件数

5,251件

内原町区内 1,459件

 

まだ危ない 山菜・木の芽

南相馬市内でつくられた等の自家消費の食品等放射能簡易分析は、各生涯学習センター等で行われています。

4月分の分析結果では、小高区、鹿島区、原町区ともに、山菜・木の芽等ではまだまだ高い放射性物質が含まれています。

以下、その主だったものの内、各センターで一番数値が高かったものです。単位はセシウム値㏃/㎏。基準値は100㏃/㎏以下です。

・タラノメ 2,577(石神)、618(太田)

・コシアブラ 4,838(大甕)、777(原町)

       2,313(鹿島)

・シイタケ 869(高平)、ワラビ(小高)

・ヤマウド 123(小高)

・シドケ 109(太田)

 

2017年度

 主な当初予算   

・有害鳥獣焼却施設整備 495万円

  駆除された有害鳥獣(主にイノシシ)の専用焼却施設を整備する。本年度予算は建設用地の調査・測量費。原町区小沢の防災集団移転元地に来年度稼働を目指す。

・有害鳥獣被害防止総合対策補助 442万円

  防護柵設置補助、狩猟免許取得支援補助等。前年度の2倍の予算化。

・ふるさと同窓会支援補助 78万円

  21~39歳までの市内で開催される同窓会に2,000円/人(上限10万円)補助。

・UIターン就職支援助成 262万円

  市外からの就職希望者に就職活動旅費(補助率2/3、上限10万円)、転居費用(補助率1/2、上限30万円)に助成。ただし、いずれも1回限り。

・農家民宿支援補助 570万円

  新規開業や再開、事業継続に必要な経費や商品の開発経費に助成。

 ‣ 家屋改修に2/3補助。上限あり:新規は200万円。

 ‣ 商品開発に1/2補助、上限10万円。

・多面的機能支払交付金 1億4,300万円

  農地・水・環境の良好な保全と質的向上を図る活動組織に活動費の一部を助成。

・全国植樹祭関係 2,612万円

  来年春の全国植樹祭が、南相馬市雫地区に決定したことから、準備や活動を行う。

・鮭繁殖施設整備(鹿島区) 1,300万円

  真野川鮭孵化場の修繕。

・営農再開支援補助 2億6,311万円

  土壌改良資材の調達、畦畔等の修繕、カメムシ防除支援、水田漏水対策など。

・農地保全管理補助(小高) 3億4,521万円

・農地保全管理補助(鹿島) 1億9,775万円

・農地保全管理補助(原町) 8,415万円

・復興基盤総合整備事業負担5億9,512万円

  八沢,右田海老,真野、金沢北泉、原町東、原町第1、原町南部、押釜、馬場西、深野北、鹿島西部、小高東部、南屋形、飯崎、矢川原、太田、各地区の南相馬市負担分。

 

3月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、3月10日に行いました。

除染土壌等の

仮置き場対策強化を

 

ⅱ 仮置場は長期保管になってきている。仮置き方法の抜本的見直しを。

【質問の続き】 私たちの大地が、私たちの環境が再び汚染されることになってしまいます。対策を強く求めて実現をさせていくべきです。

【答弁:復興企画部理事】 環境省と市では、仮置き場内の除染土壌等を点検・線量測定などにより安全に管理をしてまいります。

大型土のう袋は、輸送の際には状況を確認し、万が一損傷があった場合は新しい袋に詰替えをすることにしております。

 議員のおただしのとおり再汚染がないようにしっかりと努めてまいります。

【再質問】 仮置き場の管理に、大変な不安を感じております。まだ除染土壌等が重ねられないプール状態になっているところに雨が降った直後に見に行きますと、きっちりと水が溜まっているところがあります。これは、正しいやり方だと思います。水がなくなっているところがあります。これで、私は安全だと思っていない。

改めて、フレコンバッグでは不安なのでということがあります。こういう対策も強く求めていくべきです。今の理論上だけでは分かりません。先が見えないわけですから、見えなかったら見えないできっちりと今の対策をとっておくべきです。これを強く求めておきます。

 

日本一子育てしやすい

南相馬市を目指して

 

ⅰ 保育所の待機児童の実態と解消の見通しは。

【質問 真の復興は様々な素晴らしい建物ができ上がることではありません。イノベーション・コースト構想なるものでロボットの研究開発などを進めることだけでもありません。新たな産業、雇用を創出していくことも大切ですけれども、その目的であります。

安心して住み続けていける地域をつくり上げていくこと、この地域で家族を持ち子供が健やかに元気で成長できる地域にしていくことが本当の復興策です。

 特に子育て環境の充実を求めます。その中でも保育所の問題にかかわっての質問です。若い夫婦が、若いお母さんが安心して生み育てる環境、安心して働き続ける環境をつくっていくことは南相馬市の責任です。大震災、原発事故後は特にその環境を整えていくことが強く求められております。

様々な厳しい条件が重なり南相馬市でも保育所の待機児童問題を抱えています。直近での南相馬市の保育所の待機児童の実態と解消の見通し、さらに、来年度の見込みは。

【答弁:教育委員会事務局長】

 本市の待機児童は、本年2月1日時点で105人です。4月1日においても、前年4月1日現在の65人を上回る見込みです。

 待機児童解消の見通しは、3歳児未満の申し込みが増加傾向にあることから、民間保育園と連携を図りながら、保育士確保に取り組むことで解消に向けて努力していきます。

 

 

オリンピックのためなら???

陽気が良くなり、植物が活発に生長しています。動物の活動も活き活きしています。人間の行動もしかり。

2020年のオリンピック開催のためには、原発事故が無かったことにしなければならないための、政府や東電の姿勢、対応が強まっています。でも、「本当のそうなの?」と、南相馬市をはじめとする原発事故被災地の現地視察に訪れる人が、陽気が良くなったこともあり、活発に増えています。一方で、「本当にそうなの?」と、疑う人を罪に問う共謀罪が衆議院で強行採決されました。オリンピックのためのテロ対策と嘘をついてまで。深刻に続く原発事故被災地の現状を伝えるための受け入れに、チイ子さんは四苦八苦しています。

なじょしてる通信№469 5月21日付

  

 469 2017年 21日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

災害関連死 499人に

 南相馬市の災害関連死はさらに10名増え、499人に及んでいることが報告されました。

震災時の直接死636人と合わせて、南相馬市の震災関係死亡者数は、1,135人になってしまいました。2月22日と4月19日に開かれた災害弔慰金支給審査委員会の結果によるものです。残念です。

 

2017年度

 主な当初予算   

・積算線量計貸与健康管理 1億1,488万円

  全市民対象の個人積算線量計測定に要する経費、結果分析に要する経費など。

・放射線被ばく検診 1億407万円

  ホールボディカウンターによる内部被ばく検診。18歳以下2回/年、19歳以上1回/年を無料実施。

・居住再開支援住宅清掃補助 2,880万円

  汚染等の被害を受けた避難指示区域内の住宅屋内の清掃補助。市指定清掃業者に限る。補助上限額18万円。

・井戸整備補助 4,000万円

  10/10以内補助。上限額100万円。対象者は以下の条件の全てを満たすこと。

‣ 上水道未給水区域で、給水施設が破損・汚損した者。

‣ 井戸を新設又は修繕しようとする者。

‣ 2011.3.11にその住宅に居住していた者。

‣ 2018年3月末までに帰還を予定している者。

・食品等放射能簡易分析 3,249万円

  各生涯学習センターと小高区役所で、自家消費野菜等の検査。

・井戸水核種濃度・水質検査 2,851万円

  飲用井戸水の放射性セシウムや水質(14項目)の無料検査。

 

3月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、3月10日に行いました。

除染土壌等の

仮置き場対策強化を

 

ⅱ 仮置場は長期保管になってきている。仮置き方法の抜本的見直しを。

【質問】 仮置場の実態は長期保管になってきています。

仮置き場での保管はフレコンバッグだが、紫外線などからの劣化を十分に考慮した強固なバッグだと説明をされました。5年間は大丈夫ですという説明でした。私は何度も仮置き場に足を運び、現場を見てきております。

大分痛んだり、大分汚れたフレコンバッグがあることが分かります。即刻中間貯蔵施設に持って行ってもらいたいが、即刻全部とはいかない現状です。

仮置き場での管理体制の立て直しが早急に求められています。今のフレコンバッグではなくて、金属製、鉄筋コンクリート製等の容器に入れ替えることも含めて抜本的な対策をするべきです。

私たちの大地が、私たちの環境が再び汚染されることになってしまいます。対策を強く求めて実現をさせていくべきです。

 

 

色々、様々で エェアンベェ

種子から増やしたクリスマスローズは、アパートに訪れた方に格好の良い鉢から差し上げてきました。残された10数鉢でしたが今年は見事な多くの花をつけ、そして種を付けました。耳谷への引越しには少し早いのですが、種が地面に落ちる前にと思い、自宅の庭に定植してきました。小さな様々な花の群落帯?になればと思っています。

種子で増えたクリスマスローズの株は、1株ごとに異なる花を咲かせます。私たちの4人の子と10人の孫のように、とんでもなく異なった特長を持っているように。

 

なじょしてる通信№468 5月14日付

  

 468 2017年 14日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

2017年度

 主な当初予算   

・母子保健事業 6,097万円

  対象者:妊婦400人

乳幼児等3,200人

・健康診査事業 1億701万円

 ‣肺がん検診(40歳以上)

‣胃がん〔バリウム又はカメラ〕(40歳以上)

‣大腸がん検診(40歳以上)

‣前立腺がん検診(50歳以上の男性)

‣子宮頸がん検診(20歳以上の女性)

‣乳がん検診(40歳以上の偶数年齢の女性)

‣骨粗鬆症(30~70歳の5歳刻みの女性)

‣肝炎ウィルス検診(40歳から5年刻み)

‣市外避難者の検診の実施

‣特定健康診査(40~74歳)

・浄化槽設置整備補助金 5,496万円

  合併処理浄化槽設置への補助。入れ替えの浄化槽、くみ取り便槽の撤去費用にも補助あり。

・浄化槽設置整備復興補助 4,038万円

  大震災で被害を受けた者の住宅再建支援補助。上段の補助とは別途です。

・ごみ分別収集 1億6,861万円

  ごみ収集業務委託。小高区2,944万円、鹿島区2,880万円、原町区1億1037万円。

・地域医療提供体制整備補助 5,000万円

  市内で不足している診療科の診療所を開設する医師に対し、医療行為に直接必要となる工事請負費、委託料等に補助。

 ‣補助率:1/2(上限5,000万円)

 ‣交付対象:小児科、産科

・看護師等修学資金貸与 6,232万円

  保健師、助産師、看護師、准看護師を養成する学校等に在学する学生で、将来南相馬市の医療機関に従事予定するものに貸与する。

  ・授業料相当の資金

保健師、助産師、看護師養成校

:45,000円/月以内

    准看護師養成校:34,000円/月以内

  ・生活費相当の資金:55,000円/月

  ・入学資金:入学金として納める額

  ・貸与予定者58人。うち新規決定予定者31人。

 ※南相馬市内医療機関で看護業務に従事している期間が修学資金貸与期間に相当する期間に達した時は、貸与資金の返還が免除されます。

 ※対象学校等の所在地は問いません。

※市民であるかどうかも問いません。

・看護師確保推進事業 161万円

  市内医療機関の看護師不足を解消するため、合同就職面接会の開催(2回)。市内6校での中学生向け学習会の開催等。

・ごみ焼却施設基幹的整備改良

4億3,718万円

  クリーンセンターの老朽化施設大規模改修。2015~18年度の4年間で実施。17年度は2号炉の燃焼設備、灰出し設備、電気設備、計装設備の改修。

 

3月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、3月10日に行いました。

除染土壌等の

仮置き場対策強化を

 

ⅰ 除染土壌等の中間貯蔵施設への輸送スケジュールと完了の見通しは。

また、輸送を急がせよ。

【質問の続き】 除染土壌等の輸送スケジュール、輸送完了の見通しはどのように受け止めておりますか。

 また、一日も早く、一刻も早く汚染土壌等の輸送を急がせるべきです。環境省に代わっての答弁はいりませんので、南相馬市民を代表して環境省と向き合うという姿勢での答弁を求めます。

【答弁:復興企画部理事】 環境省では「当面5年間の見通し」として、2020年度までに県内の除染土壌等を累積で500万㎥から1,250万㎥を中間貯蔵施設へ輸送することとしております。また、市では2015年度から2016年度まで6千㎥を輸送しており、2017年度は2万㎥の輸送が予定されております。

 しかし、県内で2,200万㎥に及ぶ除染土壌等の搬出完了時期はいまだ示されておりません。市としては、環境省に対しさまざまな機会に、中間貯蔵施設の整備促進を図ること及び早期に今後のスケジュールを示すよう強く求めてまいります。

 一方、除染特別地域においては、除染土壌等のうち可燃物の焼却を行うことで減容化を図っております。加えて、環境省では除染土壌等の再生利用が検討されており、小高区の東部仮置き場において、除染土壌等の再生利用のための実証事業が始まろうとしております。

 市としても、仮置き場の早期解消に向け、除染推進委員会において除去土壌の減容化、そして再生利用の検討を行っています。

【再質問】

 したがって、除染土壌等の搬出が終わるのはいつですか。分からないということですが、分からないで済む問題ではなくて、今のテンポだと環境省はだめだということを十分に抗議するなり、強く申し入れるなりしていくべきです。

【答弁:市長】 議員お質しのとおりです。この問題については、説明で仮置き場3年、中間貯蔵30年、それ以降最終処分だという説明を当初から受けており、今現在、除染計画を立ててからおおよそ丸5年経ったわけですけれども、環境省はいつまでに終わるという時期を示しておりません。

大臣に対しても環境省幹部に対しても私から仮置き場搬出の終了の時期を示すべきであることを強く申し入れております。

残念ながらまだ示されていませんが、おおよそ終了目途が示されない限り、先ほど御指摘のあった仮置き場を撤去した後の圃場整備等、さまざまな問題に影響を与えることから、計画されているところの仮置き場を優先的に撤去すべきであることも申し上げてきております。

今後とも議員おただしの方向で強く要請してまいりたい。

 

浪江の山火事

    本当に大丈夫?

4月末から10日以上も続いている浪江町の山林火災は50haにも及び、この記事を書いている9日現在も鎮火に至っていないようです。今朝早くもヘリコプターが飛んでいきました。

現場は、放射性物質が最も多く降り注いだところです。草木や腐葉土が燃えて、一部は昇華して更に拡散したと思われます。灰に残った放射性物質は濃縮されており、風で飛散することも考えられます。

現在までの報道では、心配ないと言うことですが、私たちが求めているのは「心配ない」との言葉ではありません。発災直前から直近までの、周辺等や南相馬市内の空間線量率モニタリングとダストモニタリングの詳細なデータです。科学的な事実が知りたいのです。

 

 

お知らせ

日本共産党街頭演説会

弁士:井上哲士(参院議員 国会対策委員長)、ふなやま由美(仙台市会議員)、

斎藤ともおき(党福島相馬地区委員会副委員長)

5月20日(土)午後1時~JR福島駅東口

※貸切バスが出ます。

農協鹿島総合支店 10:50発

サンライフ南相馬市 11:10発

 

 

孫でマゴマゴが

終わってのチイ子さんは?

ゴールデンウイーク。孫が次々と訪れ、うれしい限りでした。長男:寛志が愛媛からミカンの苗10本を持ってきてくれたので、孫たちと一緒に耳谷に植えました。会津じいちゃんの遺品となった鉢植えのユズとミカン各1鉢と共に。乾燥が続き、その上の強風で、ちゃんと活着してくれるかどうか心配でもあります。

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示