FC2ブログ

なじょしてる通信№533 9月30日付

   

 533 2018 30日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

9月議会

 主な補正予算  

・小学校施設営繕 373万円

  安全性を確保するために原町一小の擁壁を改築するための設計費。

・石神二小プール改築 650万円

  改築するための実施設計費。25m×6コースを計画し、改築工事は来年度で2億円(概算)を予定。

・中学校施設営繕 425万円

  原町二中の擁壁安全性調査費、石神中のブロック塀安全調査費。

〔前号の訂正です〕

前号の「主な補正予算:農業水利施設等保全再生調査」の中で、『ため池の底土は撤去せずに固める』旨の記載をしましたが、まちがいでした。

正しくは「ため池底土は8,000㏃/㎏(乾土)以上は取り出して仮置き場に移動し、その後、中間貯蔵施設に貯蔵する。8,000㏃/㎏以下は、そのまま何もしない。」です。

訂正してお詫びします。

なお、小高区などの多くの水田を潤すはずの大柿ダムの底土処理はいっさい何もしません。泥が舞い上がらなければ「大丈夫です」と言っていますが、とんでもありません。

 

9月議会

 主な条例等は  

⓵小高区復興拠点施設条例制定

 施設の設置と管理に関する条例。

  位置:小高区本町二丁目28

  休業日:12月29日から1月3日

  管理:指定管理者に委託

  利用料金:占有利用などの場合1部屋200円/時間など

⓶市税条例の一部改正

 ○ たばこ税の見直し

  たばこ税を本年10月1日から引き上げ。

 ○ 個人所得課税中、給与所得、公的年金等控除、基礎控除などの見直し(振替)

 

 

9月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、9月10日に行いました。

除染除去土壌の早期搬出を

 

ⅰ 小高区東部仮置き場(耳谷地内)での事業の経緯と実績はいかに。

【質問】 西日本豪雨、大阪府北部地震、台風21号と相次ぐ大きな自然災害がございました。それに追い打ちをかけるように襲った北海道の大地震。犠牲者に心から哀悼の意を表するとともに、被災をされました皆様にお見舞いを申し上げます。さらに北海道全域の大停電は、全域の方々が大変な苦労をしたと思っております。

外部電源に頼る原子力発電所、泊原発が稼働していなかったことは不幸中の幸いであったことと思っております。

さて、安倍政権は2カ月前の7月3日、新たなエネルギー基本計画の閣議決定をしております。

基本計画は、原発を重要なベースロード電源と位置付け、2030年度の電力の約2割を原発で賄おうとしています。これは、全ての原発の再稼働を狙うものです。日本を原発依存社会へと逆戻りさせるものであり、言語道断です。

東京電力福島第一原発事故は、原発の抱える危険性を明らかにいたしました。原発ゼロ、再稼働反対は南相馬市民、福島県民はもとより揺るがぬ国民多数の声となっております。私は、この国民世論を受けとめ、基本計画を撤回するよう安倍政権に強く求めるべきだと考えています。

今世界では、温暖化対策を初め、持続可能な社会への転換のために、エネルギー政策の柱を省エネルギーと再生可能エネルギーに移しております。日本でも省エネルギーの徹底と再生可能エネルギーを3割、4割と抜本的に増やすことにもっと積極的に取り組むことが求められております。

原発や石炭火力の推進に固執する基本計画は、世界の流れに逆行するものです。

原発は、ひとたび重大事故が起これば環境に深刻な被害を与えるものであり、地球温暖化対策など環境問題を口実に原発を推進することは許されません。

福島原発事故による被害の甚大さを考えれば、原発ほど高コストの電源はありません。そして、広範囲の住民には筆舌にあらわせない苦しみを長期間にわたって与え続けます。

原発事故からちょうど明日で7年6カ月になりますが、いまだに4万4,000人を超える福島県民が避難し続けております。100万人単位で元のなりわいと生活を取り戻せなくております。

福島県民の震災原発事故の関連死は、直接死を大幅に上回る2,246人に及んでおり、関連死はさらに増え続けております。南相馬市民の関連死は、508人に及んでおります。

欧米では、安全対策のために原発の建設費が膨れ上がっています。原発が高コスト電源であり、経済性がないことは明らかであります。

日本社会は、福島原発事故後2年近く稼働原発ゼロを経験し、その後も原発の電力比率は約2%です。原発ゼロで十分やっていけることは実証をされております。

記録的猛暑が続いたこの夏、エアコン使用で電力需要は増加しても、東京電力管内の電力供給はほぼ安定的だったことがわかりました。

東電は、ピーク時間帯の需要安定に太陽光発電の役割があったと話しております。東電自身が話しているのです。2016年から3年連続で夏の節電要請を見送っています。安倍政権が強引に進める柏崎刈羽原発の再稼働などが不要であることが証明をされた形です。

東電の電気供給に対する使用率は、7月2日だけ93%でやや厳しい日になったとしていますが、この日以外は7月も8月とも、全てが安定的でした。

福島第一原発事故前、東電の電力の3割が原発によるものでしたが、現在稼働する原発は東電には一基もありません。原発に頼らない電力の安定供給が可能であることは改めて証明をされています。

新たなエネルギー基本計画は依然として核燃料サイクル推進を掲げていますが、プルトニウム利用の本命であった「高速増殖炉もんじゅ」は廃炉となり、核燃料サイクルは完全に破綻をしています。今でも日本が保有する多量のプルトニウムにはアメリカを含む外国から、核兵器原料への転用を懸念して厳しい目が向けられています。核燃料サイクルから撤退すべきであります。原発には必要性も経済性もない。

原発を動かせば処理の見通しがない核のごみを増やすだけであります。原発の再稼働も核燃料サイクルも断念をし、原発ゼロの日本を決断することこそ現実的な選択です。

 

 

 

ごめんなさい 2つ

9月16日に新潟県柏崎市で1千人参加の「柏崎刈羽原発を再稼働するな!」集会があり、参加してきました。その間の講演で「原発に頼らないエネルギー政策こそ、健全な経済発展ができる。」は、大変興味深いばかりか、実現性が大きいものでした。チイ子さんも「原発事故被災地からの報告」をしましたが、私もつい目から汗が出てしまいました。ごめんなさい。

11月18日投票日で南相馬市議会議員選挙がおこなわれます。私も再び(?回目の再びですが)立候補することにしました。選挙が終わるまでの間、この「なじょしてる通信」も途切れ途切れになるかもしれません。ごめんなさい。

スポンサーサイト



なじょしてる通信№532 9月23日付

   

 532 2018 23日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

 主な補正予算  

・保育士等修学資金貸付 200万円

  市内の私立保育園に従事しようとする者に就職準備資金40万円/人を貸し付ける。2年間従事すれば、返還を免除する。

・私立幼稚園等埋設保管の除去土壌等撤去

1億699万円

  原町みなみ幼稚園、さゆり幼稚園、原町聖愛こども園、よつば保育園、北町保育所に埋設保管している除染除去土壌を撤去し、北泉仮置き場へ搬出する。

・小中学校埋設保管の除去土壌等撤去

1億8,540万円

  太田小(幼稚園を含む)、八沢小(幼稚園を含む)に埋設保管している除染除去土壌を撤去し、地区内の近隣仮置き場へ搬出する。

 ※ 校庭等の埋設保管は16小中学校に現存しているが、上記2校を先行撤去する。残りの学校分は、12月議会での補正予算を予定している。

・営農再開支援補助 1,710万円

  円滑な営農再開を目的として行う一連の取組に対し、帰還の進捗に応じて支援する。JAに252万円、㈲高ライスセンターに401万円、㈱紅梅夢ファームに1,056万円。

・農業水利施設等保全再生調査 1,379万円

  放射性物質に汚染されたため池(7か所)内の土砂等の拡散を防止するための調査費用。

※ ため池は、汚染している泥などを撤去除染をすることなく、固める処理などをして、流出しないようにする手段がとられる。

 

・農業水利施設等保全再生対策工

11億425万円

  放射性物質に汚染されたため池59か所内の土砂等の拡散を防止するための対策工事を実施。

・ため池等保全維持修繕 2億7,588万円

  小高1ヶ所、鹿島1ヶ所、原町4ヶ所の維持修繕工事。

・復興賃貸事業所整備事業 3,330万円

  ロボット関連産業事業者等の活動拠点として、萱浜に貸事務所・工場を整備する。今回予算は、そのための実施設計費、敷地造成測量設計費。2019~2020年度に建設を予定。総事業費8億円を見込む。

・小高区道路維持管理 835万円

  道路舗装修繕(宮前十王平線20m、大町・東町線70m)、道路法面修繕(北1号線123m)。

・原町区道路維持管理 1,274万円

  原ノ町駅跨線橋昇降機床部修繕(東西2基)、舗装修繕(馬場陣ヶ崎線140m)。

・防災集団移転関連環境整備 202万円

  移転元買取用地に残存している倒壊の危険性の高いブロック塀の撤去(行津外4地区)を行う。

・小高区都市公園環境整備 31万円

  大悲山大蛇物語公園修繕のための測量設計費。修繕工事は来年度を予定。

 

 

 

しょっぱいになりました

隣組の友人がまた亡くなってしまいました。彼は大震災・原発事故後、仕事を辞め、母親と二人での仮設暮らしから、ようやく相馬市に家を新築しました。先月、隣組の方々を訪れ「お世話になりました。」と、挨拶をされていきました。その手土産の佃煮を食べ尽くさないうちの訃報でした。

9月8日に鹿島区で開かれた相馬地方広域消防本部主催「第19回救急シンポジウム」での資料の一部、その②です。

なじょしてる通信№531 9月16日付

   

 531 2018 16日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

9月補正予算

37億円追加

5日からの9月定例議会に提案されたのは、議案33件(条例関係4件、決算関係16件、予算関係8件、その他5件)、報告3件です。

一般会計では、補正額69億587万円を追加し、総額は612億341万円になります。

 

水道料金(原町)5%値下げ

提案された議案の中には、「水道条例の一部改正」があります。

原町水道の基本料金と従量料金(使用水量にかかる料金)を5%値下げする提案です。

改定の提案内容は以下の通りです。

【水道管の口径別基本料金】

口径別

(㎜)

基本料金(1月につき)

(改正前)  (改正後)

13

1,150円 ⇒ 1,090円

20

2,300円 ⇒ 2,180円

25

3,100円 ⇒ 2,940円

30

4,400円 ⇒ 4,180円

40

7,900円 ⇒ 7,500円

50

12,300円 ⇒ 11,680円

70

28,000円 ⇒ 26,600円

【水道管の口径別使用水量料金】

口径別

10㎥

まで

20㎥まで

50㎥まで

100㎥まで

200㎥まで

200㎥超

13 

 

改正前90

 

 

改正後85

 

改正前165

  円

 

改正後156

  円

 

改正前230

 

改正後218

 

改正前260

 

改正後247

 

改正前320

 

改正後304

 

改正前350

 

改正後332

20 

25 

30 

40 

50 

75 

 

施行日は、本年12月1日です。原案が可決されれば、この日からの値下げになります。

原町水道の決算は、黒字続きでした。私はこれまでの議会で、水道料金を引き下げるべきであることを主張してきました。

 主な補正予算  

・集会施設整備補助 1,316万円

  小高区の小谷・北鳩原・泉沢各集会所、鹿島区の白坂・牛河内・北右田・小島田・北海老・栃窪・山下各集会所、原町区の高一・長野・北原・押釜・深野・矢川原・片倉・北萱浜各集会所の改修、外構工事、修理及び備品整備等への補助。補助率9/10以内(上限は事業によって50万円か100万円)

・小高区復興拠点施設管理運営事業

1,093万円

  維持管理費用、人件費光熱費、業務委託費等。

・小高区復興拠点オープニングイベント

424万円

  1月に実施予定。セレモニーや地元団体アトラクション等を実施。

・桃内駅前広場トイレ整備 178万円

  男女別のトイレ(木造平屋建て、7.8㎡)整備の本年度は、地質調査、実施設計を行う予算。来年度、2千万円(概算)で建設工事を行う。

・磐城太田駅前広場トイレ整備 30万円

  男女別のトイレ(壁式鉄筋コンクリート構造、7.8㎡)整備の本年度は、地質調査、実施設計(直営設計)を行う予算。来年度、2千万円(概算)で建設工事を行う。

 

 

 

イノシシの気持ちが分かりました。

息子が今年作付けした4haの水田の管理を任されていますが、その水田にはイノシシよけの電気柵が回してあります。上下2本の電線の下の線は、地上15cm以下です。雑草が触れると漏電して役に立たなくなるので、草刈りが大変だごどーー。電源の乾電池が電池切れで交換の後、かがまっての点検の時に間違って触ったのでしょうか?「ドン!」の衝撃で尻もちをつきました。チイ子さんに報告しましたが「あ そう」でした。

 

9月8日に鹿島区で開かれた相馬地方広域消防本部主催「第19回救急シンポジウム」での資料の一部です。

なじょしてる通信№530 9月9日付

   

 530 2018  日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

寬一 一般質問

 10日14時頃から

9月議会の一般質問登壇者は14議員です。

市会議員の現任期では、最後の一般質問になります。

 私の質問順は、9月10日14時頃からです。

私の質問通告の内容は、

⑴ 除染除去土壌の早期搬出を

ⅰ 除染除去土壌の再生利用実証事業のその後の対応、及び除去土壌等の搬出は

① 小高区東部仮置き場(小高区耳谷地内)での事業の経緯と実績はいかに。

② 除去土壌を路床盛土材に使う場合の費用と効果は。健全な土壌(一般盛土材)との費用の比較はいかに。

③ 除染土壌等の最終処分は福島県外にすることに決定している。公共事業での再生利用を実証事業に名を借りて半永久的に路床材などに使うことは、福島県内で行う事はできないと思うが、いかに。

④ 仮置き場から中間貯蔵施設への搬出はいつまで終えるのか。帰還して農業を再開することもできない状況を速やかに解消すべきです。

⑤ 中間貯蔵開始後30年以内に福島県外において最終処分を完了するとされているが、その正確な期日はいかに。

 ※ 仮置場には3年間とされてスタートしていた。その3年後から起算しての30年以内と解すべきであると思うのだが、いかに。

⑵ 復旧・復興期間はいつまでか。

① 国においては、復旧復興期間は大震災・原発事故から10年間(東京オリンピック開催前まで)とされているが、南相馬市では、残る2年間で完了できるのか。

② 除原発事故による損害・損失は計り知れなく拡大している。本当の復興が完成するまで、今後何十年であっても国は責任をもって対応するように強く求めるべきであるが、いかに。

⑶ どこにでも届く防災無線システムを

① 現在の南相馬市の防災行政無線は、難視聴地域が少なくありません。ポケベル波を利用した防災情報システムを併用すべきではないか。

 

 

6月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、6月20日に行いました。

学校給食費の無料化を

 

ⅴ. 子育て支援を重要な政策としている市長は、遅滞なく学校給食の無料化を実現すべきです。

【質問の続き】 平田村、古殿町、西郷村、矢祭町、塙町、鮫川町、湯川村、檜枝岐村、只見町は3分の1補助、あるいは一定の金額を補助、あるいは在校3人目以降無料などがあります。只見町については、食材費地場産品物使用分を補助する。こういう制度を創設してきています。ここまでで22市町村であります。

さらに、先ほど事務局長が報告をされませんでした原子力発電所被災地の交付金で無料になっているのは大熊町、双葉町、浪江町、富岡町、楢葉町、葛尾村でございます。そして広野町は対象児のみ無料という形で実施をされてきているところです。

隣の山形県の例を申し上げますと、13市町村で、山形県の37%の市町村で学校給食費の無料化助成が行われてきています。

子育て支援を重要な施策としている門馬市長は遅滞なく学校給食費の無料化を実現すべきであります。子育てには南相馬市でと言われる南相馬市にしていこうではありませんか。

南相馬市小高区が消滅しないうちに小高区で安心して子育てしやすい小高区、南相馬市にしていこうではありませんか。市長いかがでしょうか。

【答弁:市長】 市長の政治姿勢というおただしでございますので、教育委員会である程度準備をしていたわけでありますが、お答えさせていただきます。

私は、家族や友人とともに暮らせるまちづくりをしたいということで四つの柱を重点的に行いたいということで申し上げておりました。

加えまして、震災によっていろんな状況の人たちがいるということで、全ての市民に目を向けたいということで、例えば、小高の入院機能を再開の件ですとか、鹿島の高速道路を初めとした格差の問題等について、今一つ一つ手を打とうとしているところであります。

四つの柱の中の最初に掲げております教育・子育ての問題、これについては、二つの視点があるのかなとは思います。

 一つは、まずは教育環境の整備、魅力ある子供たちにとって魅力のある教育環境ということで、例えば、独自の教員を配置したいということで申し上げておりました。これらについて、今後しっかりと対応していきたいと思っております。

もう一つ、保護者の負担軽減ですね。家庭として子育てしやすいという南相馬市という視点からした場合、例えば、幼稚園、保育所については、これまでも無料化でした。

加えて今般家庭での保育をされる方に対する手当てということで、幼稚園、保育所に対する保護者への負担軽減については、かなり進んだ内容になってきたなと思っております。

一方で、小中学校の保護者負担については、これまで市では、教材関係といいますか、補助教材等についてかなり公費で負担するということは進めておりますが、幼稚園、保育所からすると若干薄いなという感じも持っております。

ただ、これらについては、やる場合には10年、20年安定してできるような、例えば、給食の無料ですね、これらについては、10年、20年安定的にできるという体制を確認してから実施したいと思っております。

そういう意味では、今年度総合計画を策定いたします。その中で、教育全体のあり方、あるいは今後の財源等を見ながら検討してまいりますが、何とか全額を一気にはできないと思いますが、順次であれ実施できる方向で進めてまいりたいと考えております。

【再質問】 私の質問の中で申し上げましたが、遅滞なく学校給食の無料化を進めていただきたいということであります。

全額ではなくても順次可能な限り前に進めたいということでありますが、そうこうしているうちに福島県内の中で最後の町になってしまった。こういうことにならないように、まさに速やかに最優先課題として取り組んでいただくことを強く期待をいたしまして、私の一般質問を終わります。

 

 

 

 

2つの 秋

1週間前から、自宅前の交差している電線に燕が約100羽集結します。稲が作られている水田上空で、餌を求めていることもあるのでしょうが、「いつ、南に旅立つのか」の会議をしているのではないかと勘ぐっています。9月3日の夜、庭から鈴虫の合唱(合奏?)が聞こえてきました。異常気象が当たり前になっていますが、確実に秋になりつつあるようです。季節の変わり目は、体調を崩しがちです。どうぞご自愛を。

 

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示