FC2ブログ

なじょしてる通信№547 2019年1月27日付

   

 547 2019年 27日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

小高の小・中学校は

どうなったの?

どうなるの?

市民からの問い合わせがあり、小高の実態を調べてみました。小高の小中学校の実態と見通しは、以下の通りです。

① 大震災・原発事故前の児童・生徒数

   (2010年5月1日現在)

・小学校 705人

 小高392人、福浦105人

 金房143人、鳩原65人

・中学校 382人

② 今年度の(2018年4月)児童生徒数

・小学校  69人

(4つの小学校の児童が小高小学校校舎で一緒に学んでいます。)

・中学校  60人

③ 2019年度の児童生徒数見込

・小学校  58人

・中学校  53人

※ 現在の登下校の交通手段

鹿 島⇔小高小中校 = スクールバス

原町西⇔  〃   = スクールバス

原町東⇔ 〃   = スクールタクシー

福 浦⇔ 〃   = スクールタクシー

金 房⇔ 〃   = スクールタクシー

鳩 原⇔ 〃   = スクールタクシー

 

④ 今後の学校の統廃合等は

(教育委員会では、次のように言っています。)

 2022年1月以降、学校の統廃合ありきではなく、児童生徒の現状や将来推計により、保護者や区長会等にていねいに説明します。

 その上で、小学校のあり方について議論を深め、学校統合・小中一貫制度・小規模特認校制度等の研究をしながら、統合にかかる保護者や地区の皆さんから意見を伺いながら進めて行きます。

12月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、12月14日に行いました。

汚染水を海に棄てるな

 

ⅱ 南相馬市は、「汚染水を海に棄てるな」「再稼働を進めるのではなく、被害賠償や廃炉作業に向き合い、全力をあげよ」と東電と国に対しての抗議と申し入れをすべき。

【質問】 社会的影響を踏まえればいいということにも取られる曖昧な答弁ですが、その肝心な部分について次の質問に入ります。

 汚染水について「状況はコントロールされている。」という安倍首相の主張もむなしく、政府はタンク中の汚染水の放射性物質濃度さえも把握できておりませんでした。

 事故を起こした東京電力は、柏崎刈羽原子力発電所の再稼働を進めるのではなく、私どもの被害賠償や肝心の廃炉作業に真正面から向き合うべきであります。

 そこで市長にお伺いをいたします。南相馬市として、「汚染水を海に棄てるな!」「再稼働を進めるのではなくて、被害賠償や廃炉作業に向き合い全力を挙げよ!」と東京電力と国に対して抗議と申し入れをすべきと考えますがいかがでしょうか。

【答弁:復興企画部長】 原子力損害賠償につきましては、国及び東京電力に対して、これまでも原子力発電所事故により生じた損害に対する徹底した賠償を求めてきておりまして、今後も引き続き強く求めてまいります。

 また、安全で着実な廃炉の取り組みは、市の復興と市民の安寧な生活にとって極めて重要であり、国及び東京電力にこれからも強く求めてまいります。

【再質問】 私の申し上げた後段の部分です。

被害賠償や廃炉作業に向き合えという部分についてはやっているという意味での答弁でしょうが、「汚染水海に捨てるな!」と、この肝心な部分、「再稼働でいろいろとやっているところではない。」と、「私たちはもう原子力発電所こりごりだ。」と、したがって「再稼働どころではなくて、被害賠償、廃炉作業に向き合え。」と言っているのです。

肝心の「汚染水海に捨てるな!」という部分、「二度と私たちのような思いを全国の誰にもさせないために再稼働はやるな!」と、こういう姿勢を明確にしながら国と東京電力に向き合えという考えをお伺いしているわけでありまして、この点についての答弁を改めて求めます。

【答弁:復興企画部長】 汚染水の海洋放出につきましては、現在小委員会で検討しているということは報道のとおりですが、増え続ける汚染水をどうするかというところが非常な課題だと思います。

 被災地の私たちとしましては、汚染水が私たちの生活に影響を及ぼすことなく処理されるというのが一番望むところでありますので、それを非常に強く求めていきたいというところであります。

【再々質問】 福島県漁業協同組合連合会の会長だけがダメだと言っているのではないです。多くの福島県民が、大半の南相馬市民が汚染水海に捨てるなんかとんでもないと思っているわけです、言っているわけです。

そこを受け止めて、市長の姿勢としては、市の姿勢としてはどうなのだと、ここを明確にしていかないで傍観者的な対応でいてはならないのだろう。

それで本当に市民の命守れるのか、市民の命守るという立場、暮らし守るという立場できっちりとして向き合うべきだと、こういう答弁を求めているわけであります。改めてお伺いします。

【答弁:市長】 先ほど来、多核種除去設備の処理水の海洋放出についての考え方を申し上げました。放出による直接的な漁業の影響への懸念、さらには今般も東北地方でのアンケート調査等もあるようですが、過般の人々が心配しているというような事実、それも踏まえますとその通りであろうと思います。

安易な放出は決してしないということを求めてまいりたいと思っております。

 一方で、従来の原子力発電所の施設でそういうふうに一部の海洋放出があったのだという説明を受けておりまして、そことの関連性については極めて苦慮しているのもございますが、今福島県内の原子力発電所については廃炉を求めているところであり、これらについては十分に注意すべきと、海洋放出については十分懸念を持っているという考えでございます。

【再々再質問】 今までも運転中に出していたというのは、ほとんど表に出さないままやってきたのです。

今度の事故を受けて、いや実は前もやっていたということを改めて明言するようになってしまった。それも半端な量ではないです。

 1年間に出していた量の500倍ですから、簡単に言えば500年分を一気に流すというわけですから、水で薄めればよいという問題ではない。

 

 

一難去ってまた一難

凧揚げのせいで白鳥が居なくなったので、代かきをした水田の水を抜いて乾かそうかと思っていた矢先、また白鳥がやってきました。残っていたクズ米をあげると、どんどん増えてきて、40羽を超えるようになってしまいました。その姿を見たチイ子さんが「白鳥じっちさん」と呼ぶので、「あなたのじいさんになった覚えはありませんと」反論しました。いつになったら、田んぼを乾かすことができるのでしょうか。

スポンサーサイト



なじょしてる通信№546 19年1月20日付

   

 546 2019年 20日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

12月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、12月14日に行いました。

汚染水を海に棄てるな

 

ⅰ F1:浄化汚染水の基準値超え放置や隠ぺいの実態を市はどのように捉えていたのか。

① 「浄化」したはずの水の8割にトリチウム以外の放射性物質が国の放出基準を超えていること、都合の良いデータを列挙するなど、事実上の隠ぺいをしていたことを市はどのように捉えているのか。

【前号の続きからの再質問】 先ほど質問しましたが、2016年11月の小委員会の初会議、2年も前です。そのときには説明資料でセシウム、ストロンチウム、ヨウ素などの放射性物質は「ND」(検出限界値以下)だと都合のよいデータ並べていたのです。実はわかっていながら。

だから、隠蔽だと私は表現をしているのです。そこをきっちり受け止めないと私たちの南相馬市民の命を守っていくということにつながらないと思うので、そこはダメなものはダメという形で態度をきっちりとしていく必要があろうと思います。改めてお伺いします。

     

【答弁:市長】 この問題につきましては、公聴会と同時並行で私も何度か説明を受けたことがあります。

その中で、たまたま私もそのほかトリチウム以外はどうなのですかということを質問いたしました。その段階では一旦保留と言いますか、調べてということで後日報告がありました。その後日の報告はまさに新聞記事等々あるように、超えているものがありますということでの報告をいただいたところです。

ということで、市が直接確認した時点においては、一方で私もホームページの深いところにあるというのは知りませんで、そういうことを伺ったわけでありますが、市での問い合わせについてはそういう事実はございませんでしたが、おただしのように平成28年度のそういう事実はあってはならないことだと思います。機会を捉えて私からも申し上げたいと思います。

【再々質問】 いまだに隠蔽の体質があると断定せざるを得ないわけですが、そこで再質問です。

 放射性物質中のトリチウムは、通常運転の原子力発電所からも発生をしております。原子力発電所事故前も、基準値内に収めて海に棄てておりました。福島第一原子力発電所では事故前、1年間当たり約2兆ベクレルを放出、捨てていたと言われております。

 現在タンクに保管する汚染水に含まれるトリチウム量は、約1,000兆ベクレルです。事故前の年間放出の500倍に相当いたします。1年間で2兆ベクレル運転中に放出していたわけですから、まさに500年分の量があるわけですが、これを水で薄めて海に棄てるとしています。

 市長は、現在タンクで保管する汚染水に含まれるトリチウムの量が、500年分に相当する量であることをどのように捉えておるかお伺いをしておきます。

【答弁:復興企画部長】 タンクに保管されている処理水の取扱いについては、現在国の小委員会におきまして8月に開催されました公聴会で出された意見を踏まえて議論を進められております。この公聴会では、処理水の海洋放出への賛成・反対や貯蔵継続などについてさまざまな意見が出されたところであり、国や東京電力はこの意見を十分踏まえて、さらなる慎重に検討を進めることが肝要であると捉えております。

【再々再質問】 なかなか理解しにくい答弁ですが、要は1年間放出していた総量の500年分に匹敵する絶対量があるということをきっちり捉えた上で、今後私たちの市民をどう導くか、こういう観点が必要だという意味での質問でした。

 

汚染水を海に棄てるな

 

ⅰ F1:浄化汚染水の基準値超え放置や隠ぺいの実態を市はどのように捉えていたのか。

② 漁業への打撃はもちろん、本県や本市の大きな打撃をどのように捉えるか。

【質問】 福島県の海は大打撃を今度の原子力発電所事故で受けました。津波で海底が荒れ、陸も津波ガレキで荒れ果てました。

その上、原子力発電所事故によって魚に放射性物質が蓄積をされました。いまだに、一部魚種に限られた試験操業の状況のままに置かれております。

漁港の船着場本体は復旧されてきているものの、十分とは当然言えません。特に、小高区の漁民も所属をしておりました浪江町請戸漁港は、東日本大震災・原子力発電所事故前は約120隻の漁船が操業していた港でございましたが、ここでは不十分極まりない状況であります。 

ようやく約30隻が請戸に戻っているものの、不自由な操業を強いられております。漁港は事故原子力発電所から6kmの位置にありますけれども、いまだ10kmの中の操業はできないので、10km外の試験操業にとどまっています。津波ガレキの影響だと思われますけれども、思いがけずに網を傷めることも頻繁に起きておるそうであります。

その上困っているのは、製氷施設、氷をつくり、氷を利用できる施設がないままであったり、漁船の燃料、軽油の給油設備がありません。苦労に苦労を重ねて、それでも彼らは海に出て行きます。

 そこに汚染水問題が大きくのしかかっております。福島県漁業協同組合連合会の野崎会長は、「風評の払拭には想像を絶する精神的、物理的な労苦を伴うことを経験した。」と強調し、その上汚染水を海洋放出されれば「福島県漁業に致命的な打撃を与える。」と訴えております。

汚染水を海に棄てることは、漁業には致命傷を与えます。しかし、漁業だけではありません。トリチウムだけでも500年分もの量が流されるのです。ましてや、「水で薄めて基準値内になる。」などのごまかしは、小学生でもわかるとんでない屁理屈であります。

しょっぱい味噌汁は血圧に悪いからと、お湯を足してお湯で薄めてしょっぱくなくして飲めば大丈夫だという話と一緒であります。

すぐ近くに住む南相馬市民、福島県民の生活はもとより、農林業や第2次産業にも大きな影響を与えかねません。

南相馬市に戻ることをためらい、あるいは南相馬市に移り住むことをためらうことも出てまいるでしょう。計り知れない影響が新たに出てまいります。

市長にお伺いをいたします。汚染水の海洋投棄が南相馬市、福島県に大きな打撃を与えることになると思いますが、市長はどのように捉えておられますかお伺いをいたします。

 

【答弁:復興企画部長】 多核種除去設備処理水の海洋放出につきましては、復興が進む中で、環境への影響ですとか風評被害への市民の不安ということは十分認識しております。

 国や東京電力には、処理水の社会的影響を十分踏まえ、対応を強く求めてまいります。

 

 

 

寒中お見舞い下さい。

1月9日に終日の会議があったのですが、しばらく使っていなかった会議室だったせいか、とても寒い思いをしました。直後から、鼻水がとめどもなく出て、身体もだるい。インフルエンザだと多くの方に迷惑をかけると思い、受診しました。幸い?単なる?風邪とのこと。じっとしているのもつらいので、薪割りなどもしていましたが、斧の命中率も低く、やっぱりしんどいです。斧を振り下ろす瞬間、気にくわねやづの顔を思い浮かべるとストレス解消になるのです。風邪にも良いのかと思ったのですが・・・・・。

なじょしてる通信№545 19年1月13日付

   

 545 2019年 13日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

12月議会

 主な補正予算  

・避難所看等整備 418万円

  津波注意喚起標識、津波避難誘導標識の整備。本年度は実施設計を行い、2020年度までに350基を設置する。

・パークゴルフ場トイレ増設 1,941万円

  市パークゴルフ場にあらたにトイレ棟の新増設及び既設トイレの整備。

 

 

12月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、12月14日に行いました。

汚染水を海に棄てるな

 

ⅰ F1:浄化汚染水の基準値超え放置や隠ぺいの実態を市はどのように捉えていたのか。

① 「浄化」したはずの水の8割にトリチウム以外の放射性物質が国の放出基準を超えていること、都合の良いデータを列挙するなど、事実上の隠ぺいをしていたことを市はどのように捉えているのか。

【質問:前号の続き】 10月、処理水の取扱を議論している経済産業省の小委員会で、タンク内の処理水の放射性物質濃度について説明をする東京電力の担当者に対し、「思ったより、告知濃度を超えているものが多い。」とか「詳細な説明は初めてだ。」などの厳しい指摘がありました。

発生し続けている汚染水は多核種除去設備、いわゆるアルプスで処理をし、タンクに貯めております。アルプスはトリチウム以外のセシウム137やストロンチウム90など計62種の放射性物質を基準未満まで除去できると、東京電力は説明をしてきました。

小委員会は当然、処理水に含まれるのはトリチウムだけであることを前提に処分方法を議論しておりました。

ところが、小委員会で東京電力はタンク群約89万トン、これは8月時点でありますが、89万トンのうち約75万トンの処理水でトリチウム以外の放射性物質が基準を上回るという推定結果を明らかにしたのであります。

ストロンチウム90が基準の2万倍となる1リットル当たり約60万ベクレル含まれているタンク群もありました。

基準超えの原因について東京電力は、アルプス稼動初期の不具合、処理を急いで放射性物質の吸着剤を交換しなかったことによる性能低下を挙げました。

東京電力は基準超えの処理水があると当初から知りながら説明をせずに、国も事態を放置してまいりました。

それどころか2016年11月の小委員会の初会議で示した説明資料では、セシウム137、ストロンチウム90、ヨウ素129などの放射性物質は「ND」(検出限界値以下)などと、実態とかけ離れた都合のよいデータを並べていたのであります。

実際には、東京電力がこの10月に公開をしたデータで基準の25万倍以上になる1リットル当たり約756万ベクレルのストロンチウム90を検出した処理水があったことが分かりました。

東京電力は基準超えを説明しなかった理由を「東京電力と委員との関心、問題意識の差」と述べるなど、余りにも当事者意識のない態度を見せました。委員の関谷東京大学准教授は「国への説明として、倫理的に問題はなかったと考えているのか。」と厳しく批判をいたしました。

東京電力福島第一廃炉推進カンパニーの小野明プレジデントは、10月25日の記者会見で「隠蔽というより、情報の出し方、伝え方に大きな問題があった。」と述べましたが、事実上の隠蔽だとの批判は免れません。

野口元日本大学准教授、専門は放射線防護学でありますが、野口准教授は「何十年も続く廃炉作業では、地元住民や国民との信頼関係が非常に重要だ。東京電力はやれることをやらずに、信頼関係を損なうことをみずから招いた。」と批判。

処理水の扱いについても、「とても処分できる状況ではない。当面はタンクで保管するしかない。」と言います。

基準超えが表面化した直後の8月に、小委員会が福島県と東京都で開いた一般人の意見を聞くための公聴会は、「議論の前提が崩れた」として紛糾をしております。

発言した市民らの圧倒的多数は、海洋放出反対や安全性に問題があり慎重に対応すべきとの意見でした。

石油備蓄用の大型タンクでの長期保管も選択肢に加えることを求める意見が出ました。

 

そこで市長にお伺いをいたします。東京電力はふえ続ける汚染水を海に棄てるために、「都合のよいデータを列挙」をし、事実上の隠蔽をしてきたことを、市長はどのように捉えておりますかお聞かせください。

 

【答弁:復興企画部長】 東京電力福島第一原子力発電所事故で発生しました汚染水の浄化後に残る放射性物質を含んだ水につきましては、国及び東京電力が放射性物質のデータを積極的に公開し、環境・風評への影響などを市民に丁寧に説明しながら、慎重に検討を進めていくことが重要だと考えております。

 

【再質問】 積極的に公開することが大切だと言っていますけど、結局これまでは積極的に公開をしていなかったという前提に立っての答弁なのどうか確認をさせてください。

 

【答弁:復興企画部長】 今回の放射性物質を含んだ水についてのデータですが、東京電力のホームページを見ますと非常にわかりにくいところ、深いところに掲載をしております。

そういう点から見ますと、あくまでも積極的にという感じはとられないというところがあります。

最近、東京電力はホームページを改変いたしまして、できるだけわかりやすいところにデータを見えるような形に変更はいたしましたが、それでも積極的な姿勢というのを今後とも持っていただきたいということが市民への不安払拭には大事なのかなと考えているところです。

《以下、次号で》

 

 

 

 

寒中お見舞い申し上げます。

寒いのが苦手なのに、孫に誘われるままに1月2日にスキーに行ってきました。今回は夫婦共に一度もコケことなく完滑することができました。足と腰が痛いとは愚痴を言いませんでした。暮れに代かきをした自宅南側の1haの水田に20羽ほどの白鳥がやってきましたが・・・・・。揚げを見せてあげようとして揚げ始めた途端、いっせいに飛んで行ってしまいました。4日間ほど1羽も来ませんでした。白鳥はどしょなしだと分かりました。

最も寒い時期になっています。どうぞご自愛ください。

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示