FC2ブログ

なじょしてる通信 第558号 4月28日付

   

No.558 2019年 28日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

2019年度

 主な当初予算  

・除去土壌仮置き場維持管理

19億7,029万円

  20㎞圏外仮置き場維持管理35カ所。

      原状回復対象2か所。

・市営住宅埋設保管除去土壌撤去5,926万円

  市営住宅内公園に埋設保管していたものを仮置き場に搬出する。⇒ 北長野、桜井町、二見町、国見町、三島町各団地公園。

・小中学校埋設保管除去土壌撤去

8億5,114万円

  小中学校に埋設保管していたものを仮置き場に搬出する。⇒ 高平、大甕、石神一、石神二、鹿島各小学校及び、原町三、石神各中学校。

・生涯学習センター埋設保管除去土壌撤去

1億5,472万円

  生涯学習センターに埋設保管していたものを仮置き場に搬出する。⇒ 原町、大甕、ひがし、ひばり、鹿島各生涯学習センター

・都市公園等埋設保管除去土壌撤去

4億5,177万円

  都市公園に埋設保管していたものを仮置き場に搬出する。⇒ 夜ノ森、高見、サヤノ前、沼ノ内、瀬戸畑、あさひ、定住促進住宅、上寺内横峯分譲住宅、桜平山、迎田、金谷前の各公園

・旧ハートランド埋設保管除去土壌撤去

5,173万円

  駐車場に埋設保管していたものを仮置き場に搬出する。

・農村公園等埋設保管除去土壌撤去

1億4,824万円

  農村公園等に埋設保管していたものを仮置き場に搬出する。⇒ 山下、上栃窪、寺内、南柚木、北海老、北屋形、宮田緑地広場の各農村公園

・子どもの遊び場等埋設保管除去土壌撤去

9,418万円

  子どもの遊び場等に埋設保管していたものを仮置き場に搬出する。⇒ わんぱくキッズ広場、ちびっこ広場(馬場、上太田、橋本町、旭町、日の出町、大町)

※ これら上記の埋設保管汚染土壌は、一刻も早く搬出されることは強く望むところです。しかし、搬出先は市内の仮置き場です。いずれ近いうちに中間貯蔵施設に搬出されるのですから、仮置き場ではなく、まっすぐ中間貯蔵施設に運ぶべきです。

 私は、このことを議会で求めたのでが、環境省が「1カ所当たり1,000㎥以上でないと運ばない。」の一点張りで、かないません。二重にお金をかけ、二重に時間をかけるものになっています。

・介護員養成事業 1,512万円

  不足する介護職員を養成・確保するために介護職員初任者研修講座の開催(20人×3回)、実務者研修講座の開催(20人×1回)及び、実務者研修自主受講者に対する助成。

・在宅保育支援金 7,452万円

  家庭で保育を行っている保護者に交付する。対象者は市内に住所があり、かつ居住している者。対象児童1万円/人/月支給。

 

3月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、3月8日に行いました。

汚染土壌等の再生利用は断固ダメ!

 

ⅰ 汚染土壌の再生利用検討の経過は?

③ 市除染推進委員会で汚染土壌の再生利用の検討をしていたとは何たることか。県内全市町村では、除染対策を真剣に取り組んできたが、南相馬市のように「再生利用」を検討していた市町村はあったのか。

【質問の続きの続き】 その一方で、環境基本法には地方公共団体の責務も定められています。第7条、「地方公共団体は基本理念にのっとり、環境の保全に関し、その地方公共団体の区域の自然的社会的条件に応じた施策を策定し、及び実施する責務を有する。」であります。

私たち国民にも責務があります。環境基本法には国民の責務として、第9条、「国民は、基本理念にのっとり、環境の保全上の支障を防止するため、その日常生活に伴う環境への負荷の低減に努めなければならない。

2、前項に定めるもののほか、国民は基本理念にのっとり環境の保全にみずから努めるとともに国又は地方公共団体が実施する環境の保全に関する施策に協力する責務を有する。」であります。国や地方公共団体が環境の保全に反する施策には責務を求めていません。

これまで南相馬市除染推進委員会、除染を推進する委員会で汚染土壌の再生利用の検討をしてきた、それもみずからの意思として、積極的にやってきたと言われるような自体、何たることですか。

南相馬市は放射能汚染土壌の最終処分地にする、再生利用を実施する検討をしていたと、何たることですか。

福島県内全市町村では除染対策に真剣に取り組んでまいっていますけれども、南相馬市のように市町村がみずからの意思で再生利用の実施をするための検討をしてきた市町村はあったんですか。お伺いをいたします。みずからの意思で検討してきた市町村です。

【答弁:復興企画部長】 県内で再生利用に係る実証事業を検討していた市町村は、本市を初め、飯舘村、二本松市があると把握しております。

 しかし、除去土壌再生利用について検討している市町村については本市としては承知しておりませんでしたので、環境省にお伺いをいたしましたところ、県内で関心を示している自治体はあるものの、まだ調整中であるということから公表できる段階ではないというような回答をいただいております。

【再質問】 飯舘村については、村のみずからの意思で進めようとしているのではありませんし、ましてや二本松市は、最初から市としては懐疑的な見解を持っていたところ、住民もいずれ最終的にはこれはだめだということで、事実上、再生利用の実施は不可能な状況に陥っております。

 

 

ⅱ 汚染土壌の利用基準と利用候補地は

① 「実験」と「実証」の違いをどのように理解しているのか。

【質問の続きの続き】 小高区耳谷、私の住んでいるところですが、耳谷の仮置き場の一角での再生利用は実証試験だったのです。試験・実験だったんです。

仮説どおりに、汚染土壌をうまく分別できるのか、仮説どおりに放射線が外部にどれほど出るか、仮説どおりに放射性物質が漏えいしてこないのか、試験のための事業だったのであります。

私は一昨日、改めて耳谷の試験場に行ってまいりましたが、いつの間にか試験あるいは実験の文字表示はなくなっておりました。実証事業だけになっています。

小高区耳谷で実施しようとするときに、このときはまだ避難指示が解除される以前であり、基本的には人が住まず、人の立ち入りもない時期であったことから、やむを得ず試験・実験を認めたのであります。それが今や、いつの間にか実証だけになっております。試験・実験と実証は全く異なるものです。

 

 

やっぱり 体力が落ちている?

岡田のSさんから「もう使わなくなったので。」と、薪割り機をいただいていました。長さ2.3mに及ぶ大きく重いもので、200Vで2.2kWのモーター駆動式です。電源の場所も選ぶこともあって躊躇していましたが、ようやく時間ができました。ぺちゃんこのタイヤはパンクではなく、空気漏れだけでした。少なくなっていた油圧作動油は重機販売修理屋さんから好意でいただきました。長さ45cm、直径35cmのクヌギも真ん中から一発で割れるとんでもない優れモノでした。

さっそく頂いた丸太の薪割りに張り切りましたが、腰が痛くなって唸っています。

スポンサーサイト



なじょしてる通信557号 4月21日付

   

No.557 2019年 21日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

2019年度

 主な当初予算  

・老人福祉センター建設 2億2,251万円

  原町区老人福祉センターを新たに建設する。昨年度から事業に着手しており、来年度に開所予定。総事業費9億2千万円。

・民間保育所等施設整備補助 1億8,278万円

 待機児童の解消を図るための補助金交付。保育所施設整備補助1施設。小規模保育施設整備補助2施設。いずれも補助率3/4。

・障がい児保育補助 336万円

  障がいのある児童の保育を実施している認定こども園に対する補助。

・認可外保育所入所者支援 2,796万円

  市内5園の保育料への一部助成。3歳児未満児24,200円/月、3歳児13,700円/月、4歳児以上11,300円/月。

・保育士宿舎借上げ補助 336万円

  事業者が借上げた宿舎の家賃補助。7万円/月/所の上限あり。4人分。

・赤ちゃん誕生祝い品支給 754万円

  1人当たり2万円の支給品(紙おむつ、おしりふき、粉ミルク)給付券を支給。

・震災遺児等進学支援助成

    1,540万円

 大震災で両親又はその一方を亡くした遺児等に、

 ◉ 学資金助成

入学金 上限100万円

  学費 大学・短大

上限年間200万円

  専修学校

上限年間100万円

 ⦿ 就学支援助成金 年間60万円

3月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、3月8日に行いました。

汚染土壌等の再生利用は断固ダメ!

 

ⅰ 汚染土壌の再生利用検討の経過は?

③ 市除染推進委員会で汚染土壌の再生利用の検討をしていたとは何たることか。県内全市町村では、除染対策を真剣に取り組んできたが、南相馬市のように「再生利用」を検討していた市町村はあったのか。

【質問の続き】 第4条で、「環境の保全は、社会経済活動その他の活動による環境への負荷をできる限り低減することその他の環境の保全に関する行動が全ての者の公平な役割分担の下に自主的かつ積極的に行われるようになることによって、健全で恵み豊かな環境を維持しつつ、環境への負荷の少ない健全な経済の発展を図りながら持続的に発展することができる社会が構築されることを旨とし、及び化学的知見の充実の下に環境の保全上の支障が未然に防がれることを旨として、行わなければならない。」とされています。

そして、第2条に、「環境への負荷とは、人の活動により環境に加えられる影響であって、環境の保全上の支障の原因となるおそれのもの」を言っております。

この負荷は原発事故による大量の放射性物質の飛散であり、汚染水もだだ漏れであり、そして再生利用と称して、わずかばかりの遮蔽物で8,000ベクレルまでの汚染土壌を生活圏の道路の中に入れてしまい、最終処分地にしようとするものでもあります。

まさに環境省の設立、設置の基本理念である国民の、住民、市民の健康を守るためにきっちりと環境を保全するんだ、守っていくんだということから逸脱をした、環境省の姿であるということが浮かび上がってまいります。

 

言い分けです

いよいよ春です。時期遅れの雪の後、夏タイヤへの交換に張り切ったところ、思いのほか疲れました。夕食時は、しゃべっちゃくねぇ感じでした。半年間、ろくに運動も肉体労働もしなかったことへの反動だと思います。けっして年齢のせいではないと思います。なにしろデイサービスセンターの車を含めて8台の車、32本のタイヤ交換だったのです。

バスで行きます。

なじょしてる通信No.556 4月14日付

   

No.556 2019年 14日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

2019年度

 主な当初予算  

・障がい者用自動車改造等補助 30万円

  自動車の改造や免許取得費用の一部補助。上限10万円。

・障がい者社会参加促進事業 417万円

  社会福祉協議会に委託し、手話講習会、朗読講習会、声の広報発行事業などを実施。

・地域の医療・介護確保補助 3,920万円

  小規模多機能型居宅介護事業所の建設整備(鹿島区内)に対する補助。

・高齢者賀寿・敬老会実施 494万円

  75歳以上を対象に、浮舟会館(小高)、さくらホール(鹿島)、ゆめはっと(原町)で実施。

・車いす同乗軽自動車貸出 271万円

  外出を支援するための事業で社会福祉協議会に委託する。今年度から車両数を3台に増やす。

・高齢者にやさしい住まいづくり助成

571万円

 介護保険対象外の60歳以上の高齢者が住む住宅改修費の助成。改修費限度額20万円の90%を助成。

・徘徊等早期身元特定事業 14万円

  徘徊により警察に保護された場合等、早期に身元を特定できるQRコードシールを交付する。

・緊急通報システム事業 1,501万円

  65歳以上の独居又は高齢者のみの世帯等に緊急通報装置一式を貸与。

受信センターで24時間365日対応し、定期的に呼びかけコールもする。

・高松ホーム営繕事業 1億3,729万円

  屋根、外壁工事など改修工事。

3月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、3月8日に行いました。

汚染土壌等の再生利用は断固ダメ!

 

ⅰ 汚染土壌の再生利用検討の経過は?

①いつからどのように検討していたのか。

【再質問】 汚染土壌の再生利用を、何を契機に南相馬市が検討してきたのか。

いずれ環境省の申し入れがあったということに対して、南相馬市がみずからの意思として、南相馬市の意思として、市政として汚染土壌の再生利用を進めるための検討をしてきたのか、環境省から申し入れがあったのでやむを得ず検討してきたのか、この点で具体的にお答えください。

【答弁:復興企画部長】 平成29年に5月、8月と国に、除去土壌の再生利用の推進をすることについて国に要望しております。

この時点において、除去土壌の再生利用に向けた国への働き等を行っていたというような認識であります。

【再々質問】 汚染土壌の再生利用を推進するという要望をしているということは、市みずからの意思として進めるべきだと、みずからの意思として検討してきたというふうに理解する以外にないようであります。

そこで次の質問。

 

 

ⅰ 汚染土壌の再生利用検討の経過は?

② 環境省と、どんな交渉・検討がされていたのか。

【質問】 これまで、南相馬市は汚染土壌の再生利用にかかわって、汚染土壌利用の推進の要望以外にどのような交渉、検討がされてきたのでありましょうか。

その中ではどのような環境省からの依頼や調査があったのですか。確認をしておきたい。

 

【答弁:復興企画部長】 再生利用については、国に対して要望を行った際などに除去土壌の再生利用に向けた意見交換を行っていたというところです。

【再質問】 南相馬市除染推進委員会に再生利用の協力要請のために環境省の要請に応えて環境省を出席させたのか、あるいは南相馬市から汚染土壌の再生利用のために環境省に出席を要請したのか、どちらが主力なんでしょうか。お答えください。

【答弁:復興企画部長】 平成29年5月に開催いたしました第1回南相馬市除染推進委員会においては、東部仮置場での実証事業を見学した際に市から依頼し、環境省に説明をしていただいたところです。

 さらに、平成29年11月に開催いたしました第3回南相馬市除染推進委員会においては、東部仮置場における実証事業の実施状況等について環境省からの申し出があり、説明をいただいたものです。

【再々質問】 環境省の意思もある一方で、南相馬市みずからが汚染土壌の再生利用の推進の旗頭的な役割も果たしてきていると理解されます。

そこで、次の質問に入ります。

 

ⅰ 汚染土壌の再生利用検討の経過は?

③ 市除染推進委員会で汚染土壌の再生利用の検討をしていたとは何たることか。県内全市町村では、除染対策を真剣に取り組んできたが、南相馬市のように「再生利用」を検討していた市町村はあったのか。

【質問】そもそも、環境省の設置目的、設置の理念は環境基本法にあります。

環境基本法第3条で、「環境の保全は、環境を健全で恵み豊かなものとして維持することが人間の健康で文化的な生活に欠くことのできないものであること及び生態系が微妙な均衡を保つことによって成り立っており人類の存続の基盤である限りある環境が、人間の活動による環境への負荷によって損なわれる恐れが生じてきていることにかんがみ、将来及び将来の世代の人間が健全で恵み豊かな環境の恵沢を享受するとともに人類の存続の基盤である環境が将来にわたって維持されるように適切に行わなければならない。」とあります。

 

 

あらためて深刻さを知る

相馬看護学校入学式から

4月9日、相馬看護専門学校の入学式が挙行され、来賓として出席してきました。

その際、祝辞を述べられた3名の来賓のうち「相馬郡医師会長:船橋裕司先生」は、次のような実態もお話ししました。

以下、その一部です。

時折報道される震災後の福島の現状は、限られた側面のみであり、復興は道半ば・・・。

福島県平均と相双2次医療圏の充足率を比較しますと、人口10万人に対する医師数は45%、看護師は50%に過ぎず、相双医療圏在住の医師・看護師数は、8年経過した今でも、福島県内のわずか5%のみです。

また精神科病床においては、まだ12%の回復にとどまっており、さらなる回復の見込みは全く立っておりません。そのほか、人工透析や在宅医療従事者不足等、様座な課題にも直面しております。

・・・・・

人の命にかかわる仕事に就くことの重大さを認識し、助け合うことの大切さ、思いやるやさしさを忘れずに勉強に取り組んで下さい。生命への畏敬の念を忘れず、豊かな人間性をはぐくみ、自分の考えを持った行動力ある医療人を目指してください。

今日入学された全ての皆様が目標を達成し、社会に貢献できるよう願っています。・・・

 

ピカピカの1年生の

3倍の来賓数の入学式

おだやかな春風に桜咲く4月8日、小高区4小学校(小高、福浦、金房、鳩原)の入学式が行なわれました。会場の体育館の舞台には4校の重厚な校旗が置かれる中、新入生の呼名に応えて「ハイッ」と大きな声が6つ。4小学校の全校生徒は昨年度から10名減って、59名です。教職員は32人です。教育環境としては申し分ないのですが・・・・。せめて、全ての子どもたちが伸び伸びと育ってくれることを祈るばかりです。

なじょしてる通信№555 4月7日付

   

 555 2019年 月 日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

2019年度

 主な当初予算  

・一時帰宅等交通支援事業 7,256万円

  ジャンボタクシーの運行。

☆運行区域 ⇒ 旧避難指示区域内~小高区・原町区内の商業施設や医療機関等

☆運行数 ⇒ 平日  10便

日・祝日 6便

・第二種運転免許取得支援 125万円

  2種免許取得費の1/2の補助(125,000円上限)をタクシー会社等に補助。

・ふるさと帰還促進事業 3,560万円

  旧避難指示区域への帰還移転費用に補助。県外から帰還世帯10万円(単身5万円)、県内から帰還世帯5万円(単身3万円)。仮設住宅等に2年以上入居世帯が補助対象。

・旧避難指示区域内帰還者支援 1,027万円

  旧避難指示区域内へ2020年3月末まで帰還した移転費用補助。県外からの帰還5万円(単身2万5千円)、県内からの帰還2万5千円(単身1万5千円)。

・旧避難指示区域見守りパ

トロール 745万円

 4方部に分け、夕方から翌朝までのパトロール。パトロール隊員28名。

・旧避難指示区域安心通報システム

1,370万円

  安心通報システム(本体、遠隔通報ボタン、フラッシュライト)を貸与し、受信センターが24時間365日体制で監視し、緊急通報時に現場出動、警察・消防署等への連絡通報をする。

・桃内駅前公衆トイレ整備 1,962万円

  木造平屋建てでの男女別トイレを整備。本年11月完成予定。

・生活保護者熱中症対策助成 712万円

  冷房機器購入費用に助成。購入費5万円、設置費3万円が上限。

イノシシ 焼却施設が完成

 南相馬市有害鳥獣焼却施設がようやく完成し、4月から稼働することになりました。

大震災原発事故以来、駆除されたイノシシは各所に仮埋設されていました。これを掘り起こしての処理と、新た捕獲するイノシシを焼却する施設として、原町区小沢地内(原町区海岸沿いの最南地区)に造られたものです。

これに先立ち3月28日に竣工記念式典:火入れ式が行われました。

《工事概要》

・敷地面積 1,775㎡

・工事期間 2018年3月~2019年3月

・全体事業費 3億7,320万円

《施設概要》

・主要設備 焼却炉2炉(バグフィルター付)、保管冷蔵庫、残灰保管施設等

・焼却能力 1日最大イノシシ500㎏

 

 

3月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、3月8日に行いました。

汚染土壌等の再生利用は断固ダメ!

 

ⅰ 汚染土壌の再生利用検討の経過は?

①いつからどのように検討していたのか。

【質問の続き】 2月23、24日に日本世論調査会が実施をした「防災や東日本大震災に関する全国面接世論調査」では、「政府は原発の再稼働を進めていますが、あなたは今後、原発をどのようにすべきだと思いますか。」の設問に対して、「今すぐゼロにする」が12.7%の回答、「段階的に減らして、将来的にゼロにする」は62.8%の回答でした。合計75.5%が原発をゼロにしていくべきだと答えています。

圧倒的多数の人が原発ゼロを望んでいるのです。

皆さん、原発事故によって塗炭の苦しみ以上の苦しみを味わった私たちは原発再稼働反対、原発ゼロの日本、再生可能エネルギーへの転換をともに力を合わせて求めていこうではございませんか。

原発事故は終わったわけではありません。塗炭の苦しみはまだまだ続いています。

家族がばらばらになり、友人、知人、地域がばらばらになっています。

なりわいと生活を取り戻せない市民がまだまだおります。

この3月末で供与はもう終わりだとされて、民間借り上げ住宅を含む仮設住宅から追い出される方が少なくありません。

生活圏の放射線量がまだ高いところがまだまだあります。

ため池の除染はまだ終わりません。

高濃度の放射性物質が沈殿をしているダムの除染はやろうともしていません。

宅地や道路から20メートル以上離れた山林の除染もやろうとしていません。

南相馬市内49カ所の除染での汚染土壌等の仮置き場が約束の5年以内に運び出されずに、生活しているすぐ脇に置いてあることへの市民の心配もあります。

それどころか、仮置き場がある現実を逆手にとって、仮置き場を早くなくすためと称して汚染土壌の再生利用、南相馬市を最終処分地にすることを実施しようとまでしています。とんでもありません。環境省は今、小高区羽倉地内の常磐道4車線化に伴う盛り土材として、除染での汚染土壌を再利用と称して中に入れようとしています。

そこで以下、質問をいたします。

汚染土壌の再生利用を南相馬市ではいつから、どのように検討していたかの質問です。

私どもの地域に降り注がれた大量の放射性物質は、まことに不十分である除染が一通り終わったことになっています。除染もしないところも残されたままです。

南相馬市は市民が健康に安心して生存できる環境を取り戻すべく除染推進委員会を立ち上げてまいりました。市民の立場で除染の監視や監督も辞さない姿勢を持って臨んできたと期待をしながらおりました。

しかし、その一方で南相馬市は除染での汚染土壌の再生利用を検討してきたようであります。

私は最近までこの事実を、再生利用検討の事実を詳しくは知らないままでした。アンテナが低い議員であったとのそしりは免れないと思っております。市民に対して申しわけないと反省をしているところであります。

もちろん大半の市民、多くの市民はそんな相談が行われていたとは知らないままでありました。

南相馬市は、除染での汚染土壌の再生利用を何を契機に、いつからどのように検討してきたのですか。

お伺いをいたします、市長。

【答弁:復興企画部長】 東部仮置場内での除去土壌再生利用実証事業については、平成27年8月に環境省より本市に提案があり、協議を始めました。

除去土壌再生利用については東部仮置場内での実証事業に関する協議をきっかけとし、平成28年度に開催いたしました南相馬市除染推進委員会において検討し、平成29年2月20日の同委員会で再生利用を行う上で「再生利用についての法整備」、「需要の確認」、「再生資材の品質の確認」、「受容性の高まり」の4つの前提を整理いたしました。

加えて市は、平成29年5月及び同年8月に除去土壌の再生利用を推進することについての要望を国に行っております。

 

 

わけはここにあり?

長男:寛志が愛媛県から春と秋だけ帰省しての米作り2年目になります。昨年の作付面積は4ha。この間、自宅前の水田を農地転用、埋め立てをして農作業舎ができてしまいました。必要な機械器具も一通り揃えてしまいました。親父がよく知らないまま、どんどん前に進んでいる感じです。今年は、7haの作付面積になるとか。夏場の管理は任されます。私をあごで使う2人目です。ま、それもいいか。

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示