FC2ブログ

なじょしてる通信第569号 9月1日付

   

No.569 2019年  1日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

 

 

 1ヶ月遅れになりましたが、7月28日付新聞「赤旗」の『主張』からの転載です。

福島第2廃炉表明

原発固執から決別する時だ

 東京電力は、福島第2原発(同県楢葉町、富岡町)の1~4号機を廃炉にすると正式に福島県に伝えました。早ければ、今月末の同社取締役会で廃炉を決定する予定です。

 2011年3月11日の東日本大震災で大事故を起こした第1原発を含め、10基あった県内の原発はすべて廃炉に向かいます。県民世論が、第2原発の存続にこだわった東電を追い込んだものです。安倍晋三政権や東電をはじめとする電力業界の原発固執路線の行き詰まりは明らかです。

県民の総意が動かした

 大震災で未曽有の被害を生んだ東電福島第1原発事故はいまだ収束していません。今も8万5千人が避難生活を余儀なくされています。炉心溶融を起こした1~3号機の廃炉作業も難航をきわめています。

 第1原発から12キロ南にある第2原発も大津波で浸水し、4基中3基が原子炉冷却機能を一時失う事態にも陥りましたが、かろうじて重大事故を免れました。

 原発事故で甚大な被害をこうむった福島県民にとっては、第1原発だけでなく、第2原発の廃炉は立場の違いをこえた総意です。

 それは、福島県議会で第2原発全基廃炉を求める意見書などを全会一致でくりかえし可決し、同様の意見書や決議は59ある県内のすべての市町村で可決されたことに示されています。廃炉は当然ですが、あまりに遅すぎる決定です。

 東電の小早川智明社長は、昨年6月、廃炉を検討するとのべていました。それが延々と先のばしされてきたのは、あくまで第2原発を動かしたいという東電の経営優先の姿勢があったためです。

 しかも、東電は所有する柏崎・刈羽原発7基(新潟県)のうち、原子力規制委員会が「適合」の判断を出した6、7号機について再稼働を狙っています。地震が多く活断層もある同原発の再稼働は新潟県民の世論に逆らうものです。さらに、東通原発(青森県)の建設も推進しようとしています。福島原発事故を引き起こしたことにまったく反省がありません。

 東電がやるべきことは、福島第1原発事故の収束、第2原発廃炉に力を傾けることであり、すべての被災者への賠償と、生活と生業(なりわい)の再建まで全力であたることです。

 安倍晋三政権の責任も重大です。地元メディアの県民世論調査(1月)では、廃炉に向け「国がより前面に立ち、東電への働きかけを強めるべき」が44・8%に達していました。福島県民の切実な廃炉を求める声に真剣にこたえず、東電まかせに終始した姿勢は大問題です。

エネ基本計画の撤回を

 安倍政権が閣議決定した「エネルギー基本計画」が厳しく問われます。福島原発の事故の後でも、原発を「重要なベースロード(基幹)電源」と位置づけ、30年時点で電力の「20~22%」を原発で賄う方針を変えようとしていません。

 福島第2の廃炉によって、原発事故後に国内の原発21基が廃炉になるのに、現在約3%の発電割合を何倍にも引き上げようというやり方自体が行き詰まっています。

 原発固執と決別し、ゼロへの道へ踏み出すときです。日本共産党など野党4党が共同で国会に提出した「原発ゼロ基本法案」を審議し、実現することが必要です。

 

6月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、6月20日に行いました。

汚染土壌等の再生利用は断固ダメ!

 

ⅲ 「汚染土壌等の再生利用は断固ダメ」の姿勢でのぞむべし。

【前号からの続き 答弁から:市長】 私としては、そうしたことも、県も説明等の中で出てくる。それらを受けてどうするかということが改めて今疑問が出されたわけで、それに対する国の回答があって、それでいいかどうかという、やりとりがあるんだろうと思っています。その上での、地元に説明してくださいと申し上げている段階です。そういう意味では、今後どうするのかというようなことに、次の段階でなっていくのだろうと思っております。

【再々再質問】 地元説明をいつするのかも聞いていない。現実には、その工程表で言えば、3月中にはやりたいと言っていたわけですから。今年の3月です。もうとっくに過ぎました。

地元説明会は、小高地区の西部地区の区長さんたちに対しての説明は一度開かれている。総スカンをくらったといったら失礼、押しなべてだめだったということだった。

それ1回きりなのです。その後についての説明の日程等や考え方については、何の連絡もないまま今日まであるのですから。

 だとすれば、まさに環境省は説明不足も甚だしい。地元の市長にも、首長にも何の経過も報告しないで今日までいるということなのですか。どういうことなのですか。こんな環境省でいいのですか。環境省というのは我々の生活圏の環境を守るためではないですか、もともと。どうなのですかと市長に言ってもしようがないな。

【答弁:市長】 確かにその全員協議会に示された資料の中で、実証事業スケジュールが載っております。結果から見て、今の状況としては、これからは遅れているという状況だと思います。

 今は地元説明を決してクリアしたという状況ではないわけです。地元説明してくださいと申し上げて、国が1回目行ったと理解しておりますが、今その状態のままだということです。

 国に催促するというと変ですが、それもおかしな話でありますし、止まっているのだな、良くも悪くもです。そういう状況だと理解しております。

【再々再々質問】 生煮えのままね、私どもにずっと置くというのもね、これまた考えものです。市長は断固として「再生利用は認めないのだ。」先ほど申し上げたように「再生利用はだめだ。」という点をきっちりと内外に発信してください。

実証事業云々は市長の思いがあるので、それはそれで間違いだとばかりも言えないので、しようがないで諦めますが、再生利用は認めないというこの点、この点は内外に明らかにしていただきたい。改めてお伺いします。

【答弁:市長】 これも前と同じでありますが、4前提を踏まえるとしております。したがいまして、現時点では再生利用を実施する考えはありません。【以下、次号に】

 

9月議会日程

9月定例議会では、2016年度の決算認定議案も提出されますが、決算特別委員会に付託され閉会中審査になります。決算認定議決は、12月定例議会になります。

○ 議会前の段取り日程

8月26日 議会全員協議会(議案説明)

28日 一般質問通告期限、質問順序抽選

     一般質問内容の市からの聴き取り

     ※ 請願・陳情提出期限

30日 議会運営委員会

◎ 本番

9月 4日 本会議(議案の提出及び説明)

   9日 本会議(一般質問)

  10日 本会議(一般質問)

  11日 本会議(一般質問)

  12日 本会議(議案質疑、委員会付託)

  13日 各常任委員会【寬一は文教福祉】

  19日 本会議(委員長報告、質疑討論、

表決)

 

歳とったんだべが。連続作業がでぎなぐなった~

モノがゆがんで見える病気になったチイ子さん。目はほぼ治ったのですが、薬の副作用で血糖値が高くなったことや肝臓の数値にも異常が出ていました。目の治癒方向に伴って薬を減らしてきたためということですが、血糖値も肝臓も正常になってきたとのこと。チイ子さんも普段のゆったり感が戻ってきています。県立医大通院はまだ続きますが、まずは一安心です。闘病応援と長雨、猛暑の影響で(半分、言い訳です。)7ヘクタールの水田畦畔の雑草はとんでもなく繁茂。息子が短日ですが帰ってきて、悪戦苦闘?しています。

スポンサーサイト



なじょしてる通信第568号 8月25日付

   

No.568 2019年 25日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

 

 

6月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、6月20日に行いました。

汚染土壌等の再生利用は断固ダメ!

 

ⅲ 「汚染土壌等の再生利用は断固ダメ」の姿勢でのぞむべし。

【質問】 原発事故前の基準を100ベクレルから8,000ベクレルに引き上げて、それも厳重保管管理などが不可能な高速道路の盛り土材などにする汚染土壌の再生利用は断固だめです。

小高区の羽倉地区はもとより、鹿島サービスエリア付近で使うのもだめです。南相馬市のいかなる場所でも再生利用などとんでもありません。

除去土壌の再生利用実証事業に反対する市民の会から市長宛てに「再生利用を認めないことを求める署名」が既に5,400筆に及んで届けられていると思います。そのほかに他の団体からも5,000筆に及ぶ反対署名が届いていると聞き及んでおります。

除去土壌の再生利用実証事業に反対する市民の会からの署名は、市長に対して認めないでほしい、こういう文言なのです。環境省から協力要請の文書が昨年8月27日付で届いていることを知っての署名です。

多くの市民の思いを受けて、協力はしないと市長は決意をしていただきたい。市長は断固として再生利用を認めないということを明言をしていただきたい。市民の思いを受けとめていただきたい。

そして、汚染土壌は一刻も早く中間貯蔵施設に運び出せ、最終処分地の確保に速やかに取りかかれと強く求めていただきたいのであります。市長、いかがでしょうか。

【答弁:市長】 まず、実証事業と再生利用とは、私は分けて考えております、という点が1つです。

再生利用については、平成28年度の第4回南相馬市環境回復推進委員会で4つの前提、1つが再生利用についての法整備、2つが事業の確認、3つが再生資材の品質の確認、4つ目が事業性の高まり、この4つの前提が示されておりますが、この方針を私も踏襲する考えです。

したがいまして、現時点でこの前提条件がクリアされておりませんので、再生利用を実施する考えはありません。

 実証事業については、従来からもお答えしておりますとおり、その必要性等については理解するものであります。したがいまして、この内容等については住民に十分に説明して下さいと、今申し上げている段階であり、これも従来どおりです。

【再質問】 実証事業ですから、試験とか実験ではないということは前も申し上げた。

改めてお伺いしたい。私ども議会の全員協議会に示された資料には、地元の理解が得られれば存置したいという文言が入っております。存置したいということは、それまで存置なんて余り聞いたことなかったのですが、改めて調べたら、そのまま置き続けるということなのです。

つまりもう実質的な再生利用です、地元の理解が得られたということにすれば。

8,000ベクレルのセシウム137で計算をいたしますと、震災前の100ベクレルまで落っこちるのに半減期が30年ですから、30年たって4,000ベクレル、60年たって2,000ベクレル、90年たって1,000ベクレル、こういう計算でいきますと約200年かかる。

200年先まで私たち責任持てない。20年先だって持てるかどうかわからない、持てないな、私だって80歳だ。

 そういうときに、存置するとしていることについて、私は実質的な再生利用だと思えてならないのであります。この点についてどうなのですか。改めて確認をしたい。

【答弁:市長】 環境省の資料の中で確かに存置について触れております。実証事業終了後、改めて検証結果及び盛り土の存置について、地元に御説明した上で方針を決定するとなっております。

そのまま存置するということは書いていない。これからの協議次第なのだなととっているところです。

【再々質問】 つまり検証というのは何年で検証するかわかりません。私は、さっき言ったように8,000ベクレルあったら100ベクレルになるまで200年ですから。あるいはたった1年、2年で検証できるのかという問題もあるわけです。

5年後に土砂崩れが起きたり、イノシシにほじくられたりという問題も起きるわけですよ。いつの時期で検証結果を出して、存置について説明だって、もうそのとき市長いないかもしれないな、私もいないかも。

ですから、この存置するということは、もともと置き続けたいという意思があるんだよ、存置するということなのです。

考え方を示してください。【以下、次号に】

 

 

2019年度

 主な当初予算  ようやく最後です。

以下、国民健康保険特別会計です。

・健康診査事業(特定審査) 7,376万円

  基本健診⇒問診、身体測定、腹囲測定、血液検査等。

  付加検診(医師判断による追加)⇒心電図・眼底・貧血・腎機能検査等。

  40歳~74歳の国保加入者14,500人対象。

以下、介護保険特別会計です。

・地域介護予防活動支援 277万円

  地域の自主活動「週一サロン」を支援する。また、支援者の養成・育成を行う。

・紙おむつ助成事業 4,149万円

  65歳以上で寝たきり又は認知症の高齢者を在宅で介護する家族に、紙おむつ購入の助成として月額3千円の利用券を給付。1,150人分を見込む。

 

 6月議会補正予算  

・コミュニティ事業補助 100万円

  女場行政区集会所での活動備品整備費。

・国民健康保険特別会計操出金 667万円

  子どもの均等割課税免除の継続実施に伴う操出金。

・地域医療整備補助金 5,000万円

  小野田病院に泌尿器科を開設するための補助金。

・被災地域農業復興支援 2,581万円

  小高区飯崎・大田和に園芸団地支援施設を整備するための建設設計費に補助。

・農業水利施設保全再生 9,228万円

  ため池の放射性物質の除染9か所追加。

・復興賃貸事業所整備 7億4,773万円

  ロボット関連産業事業者等の活動拠点となる賃貸の事務所・工場の整備建設工事。

・公園施設改修工事 2,402万円

  鹿島区の万葉植物園・迎田公園の老朽化した施設の改修工事。

・北泉海浜公園施設改修 1,250万円

  老朽化したための改修工事費の追加。

・小学校施設営繕工事 3,700万円

  原一小の擁壁改修工事。

・中学校施設営繕工事 4,830万円

  石神中と原二中の擁壁改修工事等。

・浦尻貝塚史跡整備 7,734万円

  整備基本設計費、整備検討委員会の開催、貝層調査。

 

 

 

 

猛暑で体力が落ちています。ご自愛を

今年2回目のツバメの産卵は新たに玄関脇軒下に造った巣でした。親鳥が孵った雛に餌を与える姿を見ながら、数十羽のツバメ仲間が雛を励ましていました。我が家の進入路に沿った電線は仲間の集い(サロン)の場でもありました。猛暑のためによく観察していなかったうちに、雛も巣立ち、仲間の姿も見えなくなりました。もう、南に旅立ったのでしょうか。猛暑の中でも、燕はいち早く「秋」を感じていたようです。ウンチの掃除の心配が無くなってしまいました。そういえば、猛暑なのに夜が深まったころ鈴虫の声が聞こえていました。

なじょしてる通信第567号 8月11日付

   

No.567 2019年 11日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

 

 

6月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、6月20日に行いました。

汚染土壌等の再生利用は断固ダメ!

 

ⅰ 汚染土壌の再生利用検討の経過は?

① 市長は国等とどのような検討をした?

【質問の続き】 「前市長の出張復命書でした。私はその内容に驚きの念を隠せません。」の紹介の続きから・・・・。年が明け2017年1月6日、環境省福島環境再生事務所を訪れ、事務所長と面談。前市長は「除染廃棄物の再利用の実証を行っているが、その結果を評価するだけでは何もならない。実際に使用する必要がある。汚染土ではない3,000ベクレル以下である。」『何で3,000ベクレル以下で汚染土でないかわかりません。(かんいち談)』「本市の除染推進委員会でも再利用すべきとの考えである。」「このことは県農林水産部長へも提案していきたい。国交省道路局長にも、常磐道4車線化の資材として利用すべきであると話した。飯館村長にも進言している。」などと説明。

 同日、福島県土木部長と面談。前市長は、「中間貯蔵施設への除染廃棄物の輸送での利用が多くなることから、常磐道の4車線化が必要である。4車線化に当たっては、除染土壌を再利用してほしい。」「県道12号線のバイパス工事でも再利用するように飯館村長に話している。」などと説明。

前市長がだんだん過激になっているように思われます。

 1月23日には、環境省を訪問し事務次官と面談。前市長は「圃場整備の盛土台としても使えないか。5メートルかさ上げするところもあるので、そのうち2メートルくらいなら使用できると考えている。」と提言。

さらに、環境省事務技術統括官には、「先日、知事に申し入れた。実証の結果を見て使用するとかいう回答が来た。統括官からもアプローチしてほしい。」と要請。

同年6月5日は、環境省放射性物質汚染対処技術統括官と面談し前市長は「常磐道の早期4車線化に向けた対応として、安全である評価が得られれば、当該工事に活用するなどして全線4車線化に向けて取り組んでいただきたい。」

「学校の校庭に埋設されている除去土壌について、あたかも危険であるかのように優先して中間貯蔵施設に搬出させるようなことは望ましくない。」などと要請。

これに対して統括官から、常磐道の4車線化に要する土壌は足りている状況である。学校の除去土壌については自治体の状況によるものと考えていると答弁。

 同日の国交省道路局長との面談では、前市長は「飯館村の汚染土壌の中間貯蔵施設への輸送には本市内を通行しなければならない。道路沿線住民には大きな負担となる。このため除染土壌の再生利用の実証実験に積極的に取り組んでいる。」とし、小高区のインターチェンジの必要性について要請。

道路局長は、大熊町、双葉町に予定している復興インターは、環境省と復興庁において財政措置をしていただいている。小高についても同様な対応になるものと心得ると答えております。

 これをもって前市長は、汚染土壌再生利用を条件に環境省がお金を出して小高インターチェンジをつくることで約束していると私に言ったものと推察できるものです。

 同年8月には、環境省事務次官と会い、前市長は「除染土壌を早く使って実績を残してほしい。」と要請。何の実績か、わかりませんが。

 最後の11月28日には環境省を訪問し、環境再生資源循環局長などと面談。前市長は、「飯館村でも再生利用が始まるのは良いことである。南相馬市でも使えるところはいっぱいある。」などと事例を挙げて提言。

局長からは、「小高インターチェンジについては、国交省や道路を管理する高速道路会社との調整が必要だ。」と。「改めて使うということになれば、改めて調整が必要だ。」というふうにお答えしているんですね。

 さて、門馬市長はこれらの前市長の、私にとっては驚くべき行動、発言をどのように捉えており、どのように考えておりますか、お伺いをいたします。

【答弁:市長】 前市長が29年5月及び8月に要望書、除去土壌を再生利用することの要望書を提出したということ等については、ホームページ等で私も市長就任前から承知をしておりました。

しかし一方で、このような出張の際の発言内容等については市長就任以降、復命書等で把握いたしました。

 それを踏まえまして、私は就任以後、環境省に対して、前市長とは態度が異なりますと。前市長は再生利用を要望しましたが、私はその立場はとりませんと申し上げた、こういう経過でございます。 【以下、次号に】

 

2019年度

 主な当初予算  まだ続いていますごめんなさい。

・みらい育成就学資金 9,311万円

  保育士等修学資金(20人に貸付)⇒ 授業料相当5万円/月以内。入学・就職準備費40万円以内。

  看護師等修学資金(71人に貸付)⇒ 授業料相当34,000~45,000円/月。生活費相当55,000円/月以内。入学資金40万円以内。

  給付型奨学金(3人予定)⇒ 4万円/月。

・中央図書館開館10周年記念事業 203万円

  12月に各種記念事業を実施。

・図書整備事業 2,209万円

  図書館蔵書用図書等購入。

・市営球場大規模改修 1億3,027万円

  ナイター照明スコアボード改修工事、バックネット改修工事。

・体育施設整備 5,092万円

  北新田野球場トイレ設置工事、市テニスコート照明器具塗装改修工事、小高体育センター消防用設備改修工事等。

・石一小・高平小校舎外壁等改修 1,880万円

  校舎の外壁・内部改修工事。

・小中学校トイレ洋式化 1億2,144万円

  原三小北校舎の実施設計、原一中改修工事。

・石神第二小プール改築工事 2億1,172万円

・臨時スクールバス等運行 1億4,129万円

  避難を余儀なくされた児童生徒の通学送迎用バス等の借上げ。

・パークゴルフ場トイレ増設 1,943万円

  増築1棟、既設トイレ保護等工事。

・学校給食検査体制整備 1,703万円

  給食食材の放射能事前検査、事後検査。

 

 

 

小高の「火祭り・花火」

すんばらしい!!

大阪から支援に来た方々の案内役で7月28日に行われた小高の「火祭り・花火」を久々に見に行きました。

これまでは混雑を避けて田んぼの真ん中に軽トラックを止めて荷台に寝っ転がって見ていましたが、今年は花火を打ち上げるすぐ近くで見ることになりました。

19時20分からの約30分間にほとんど休みなく次々と打ち上げられる花火を堪能しました。音楽と合わせた打ち上げの演出もすばらしく、なんと最後には2尺玉も。

火祭りを担った方々に「感謝・感謝」。

 

 

 

 

暑中見舞いと言い訳です

梅雨が明けたとたんに猛暑続きです。先週は、議会運営委員会で北海道芽室町(帯広市の隣)に研修に行き、「かんいち通信」を発行できませんでしたが、行ったその日、8月1日に、芽室町でも熱中症で亡くなった方おりました。比較的涼しいはずの我が地方も、とんでもない猛暑です。どうぞご自愛ください。絶対に無理しんなよ!

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示