FC2ブログ

なじょしてる通信第572号 9月29日付

   

No.572 2019年 29日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

 

 

9月議会

 主な補正予算  

・営農再開支援ため池保全 3,119万円

  堆積土の調査と設計、10か所。(除染とは別で、堆積土の撤去のためです。)

・同上の保全維持修繕 1億5,782万円

  調査設計が終了したため池の堆積土撤去13ヶ所。

・鳥獣被害防止緊急対策:原町区 252万円

  鳥獣捕獲専任員市内巡回用車両の借り上げ料と燃料費。

・公園施設改修 3,368万円

  青葉公園、国見中央公園、牛越東公園の公衆トイレ改修設計費及び、小川公園公衆トイレ改築工事。

・原ノ町駅前広場整備 2,715万円

  JR所有地の買収用地費(163㎡)、排水設備移設一式補償費。

・災害公営住宅関連交通

安全対策 2,012万円

  災害公営住宅を連絡する道路に歩道を新設する(300m)。

・避難時看板等整備 1,401万円

  津波避難誘導標識294基、津波注意喚起標識32基。

上記の事業スケジュール

 2015年度:津波一時避難場所看板設置工事

 2016年度:情報看板等設置検討

 2018~19年度:情報看板等実施設計

 2019~20年度:情報看板等設置

・中学校施設営繕 2,910万円

  原町二中の擁壁改修工事

 

6月議会での

寬一一般質問

※先週号はだったのですが、と表記してしまいました。ごめんなさい。

私の一般質問は、6月20日に行いました。

南相馬市を荒廃地域にしないために

 

ⅰ 小規模林地開発行為(山林などの土取り)での荒廃をさせない緑化を

【質問】 土砂を採取するための小規模林地開発は、市内で200カ所以上に及んでいます。

私が住む隣の集落、神山地区も開発行為が盛んに行われており、地域全体の地形が大きく変わってしまってきています。

その一方で、開発中の降雨で、土砂が流出をして、下流域の河川、水路などに堆砂しています。新たな災害の原因になりかねない状況、あるいは用水がままならない状況になってきています。

開発行為の最後には、景観の保持はもちろんですが、土砂などが流出しないように緑化をして終了することになっていますが、確実にする担保が残念ながらありません。

良心的な業者は、良心的というか、これが当たり前なのですが。そういう業者はきれいに緑化策をとった上で、さらにその後の雨などで荒れ壊れた場所の補修まできちんと補修をやってきていることを私はこの目で確認をしております。

一方、一応は緑化策をとった形跡はあるものの、降雨などから崩れ去っているものもあります。また、全ての土砂の採取は終わっていないものの、既に30メートル以上垂直に切り取ってしまっていて、今からどんなやって緑化するのだろうな、私の頭では考えられないような緑化対策をとらない限り、緑化できないと思われるところもあります。

このままでは土砂崩れや大量の土砂の流出での下流域への被害が懸念をされます。

市では、小規模林地開発完了後の緑化等の確認についてはどのように行っているのかお伺いいたします。いかがでしょう。

【答弁:経済部理事】 森林法第5条の規定によりまして、福島県が設定した地域森林計画の対象民有林に対して開発行為を行うとき、面積が1ヘクタール以下の場合、小規模林地開発計画書及び伐採及び伐採後の造林の届出書の提出が必要となっています。

緑化等の確認は、開発完了後に行う完了検査の際に伐採後の造林計画に記載された植林等を実施しているか確認を行っているところです。

また、完了検査の際、問題等があれば指導しているところでございます。

【再質問】 この完了検査の時期の問題もあります。植林を、造林といいますか、ちゃんと林になってしまってからの確認なのか、植えた段階での確認なのかという問題があります。

仮の話です。私が悪いやつだったら、こんなこと考えるなと思ったのです。開発行為をわずかだけ残して完了させないんです。まだ終わっていないんだと。開発期間の延長届だけを出し続けるんです。終わっていない。しまいには、会社を倒産させる。こうなっちゃったらどうするのかと。

緑化、植栽をしないまま中途半端で終わりですよ。ここまで、私も悪質ではないですが、ここまで悪質な場合はめったにないと思いますが、いずれ植栽はしたようでも完全に緑化しないうちに崩壊をしてしまうことは十分に考えられるのです。

特に現に見ていますし、小高区神山地区の土というのは、軽砂土、軽い砂目の土なのです。少しの雨でもトロトロと流れ出してしまう。非常にいわば厄介な土なのです。

開発行為届の際、緑化するための必要な担保、金員を預かって開発事業終了後一定の期間を置いた後に十分緑化したことを確認後、担保金を返還すると。不十分な放置するのであれば、担保金で市が代行し植栽をする。このような方法での取り決め、あるいは条例化が必要ではないかと考えますが、いかがでしょうか。

【答弁:経済部理事】 悪質な場合も懸念されることから、他市町村の動向を調査研究してまいりますが、来年4月1日から採石法の適用を受ける土砂の基準が一部変更となり、第3基層に該当する地層から土砂を採取する場合、全て採石法による認可が必要となることとなっております。

福島県の相双地方振興局に確認したところ、南相馬市内の土取りを目的とした土砂採取については採石法の適用となるとのことでした。

 採石法では、申請者が倒産した場合や採取跡地に係る崩壊防止施設の整備、整地、植栽及び沈殿池の整備等の災害防止のための必要な工事をしなかった場合、保証人が履行することとなっております。

【再質問】 遅きに失しないようにきっちりと、今の時期から指導をやっておいていただくことを強く求めておきます。

 

 

ⅱ 宅地の空地、空き家を荒廃させるな

①住宅の空地を荒廃させないために、市が(あるいは地主以外で)代行して雑草・雑木処理ができる対策を講ずるべきでは。

【質問】 今、顕著になっているのが空き地になったままの宅地、そして誰も住まなくなっている住宅であります。その第1として、宅地の空き地の問題です。

宅地の空き地を荒廃させないために、市が、あるいは地主以外で代行をして雑草、あるいは雑木処理ができる対策、仕組みを講ずるべきではないでしょうか。

特に市街地、あるいは市街地に近いところ。ここについては深刻な問題になってきています。ここを早く構築する必要があるのではないでしょうか。 【以下、次号に】

 

 

 

 

早起きなのに・・・・、いません

我が家の栗の木はずいぶん前に植えて大木になってきた1本、自生してきた1本、そして一昨年植えた1本です。チイ子さんは栗が大好きで、楽しみにしています。問題は栗拾いです。どっちが早いかです。昨年は全敗。今年は今のところ勝率2割程度です。どっちが早いかの競争です。次々にイノシシにやられています~~。

スポンサーサイト



なじょしてる通信第571号 9月22日付

   

No.571 2019年 22日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

 

 

9月補正予算

25億円追加

4日から19日までの9月定例議会に提案されたのは、議案40件、報告4件でした。

一般会計では補正額25億1,122万円を追加し、総額は594億8,126万円になりました。

 

 主な補正予算  

・集会施設整備補助 2,261万円

  小高区の羽倉・下耳谷各集会所、鹿島区の永渡・白坂・浮田・岡和田・北右田・北海老・南海老・山下・三区・塩崎・川子・南屋形・栃窪各集会所、原町区の矢川原・押釜・信田沢・仲町一・北原・大原・上高平一各行政区集会所の改修工事、外構工事、備品整備等への補助金。補助率は9/10以内。

・小高区街なか賑わい創出事業 553万円

  「あかりのファンタジーイルミネーションinおだか」開催時の小高交流センターのイルミネーション装飾業務委託等。

・民間保育所施設整備補助 2,787万円

  待機児童の解消を図るための民間保育所施設整備への補助金。

・民間保育所等給食食材費補助 702万円

  助成見込件数260件。対象は、よつば保育園、北町保育所、原町聖愛こども園。

・子育て援助活動利用料助成 133万円

  一時預かり・ファミリーサポートセンターの利用料補助。

・未婚の児童扶養手当受給者臨時・特別給付金支給 102万円

  消費税引き上げの影響を緩和するための給付金支給。

・小高区認定こども園整備 316万円

  2020年4月開園に向けた施設備品購入等。施設定員123人、開園時利用定員60人を見込む。

・ごみ集積所整備助成 316万円

  小高区の一区、三区、五区、大井、南鳩原行政区への整備助成(整備費の9/10・上限15万円)。

・農業水路等長寿命化・防災減災事業

    2,650万円

 ため池のハザードマップ作成のための調査費。

・被災地域農業復興総合支援事業

9,019万円

  小高区飯崎・

大田和地内に園

芸団地営農支援

 施設を整備する。

・農業水利施設等保全再生 1,541万円

  放射性物質に汚染されたため池内の土砂拡散を防止するための調査を行う。基礎調査2か所、詳細調査2か所。

 

 

6月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、6月20日に行いました。

市民のくらしと生業を

なんとしても取り戻せ!

 

ⅰ 「2020年度をもって復興創生期間終了」はダメですと迫れ!

② 東京電力に対しても、責任をもって対応させよ。

【質問】 東京電力は、電力調達のために原電が再稼働を目指す東海第二原発の安全対策工事に1,900億円を支援することを検討。また、原発建設予定の青森県東通村へ企業版ふるさと納税2億円を決定。

その一方で、福島県内の商工業の2倍一括賠償を超過する賠償は、900件の請求に対して合意に至ったのはわずか10件となっています。

放射能汚染、無用な被曝による精神的苦痛の損害賠償を求めた集団申し立てが県内各地で救済を求めてきています。紛争解決センター、いわゆるADRから和解勧告案が出されましたが、東電の相次ぐ受託拒否によって約2万人が救済されないままであります。

このように東京電力は不誠実極まりない。

市長は速やかに福島第二原発の廃炉に取りかかることも含め、東京電力に責任を持って南相馬市民、南相馬市に対して賠償等をするよう改めて強く求めていくべきであります。いかがか。

【答弁:復興企画部長】 平成30年にADRで東京電力ホールディングス株式会社が和解案を拒否した件数は49件であり、平成29年に比べて45件増加しております。東京電力ホールディングス株式会社の和解案の拒否は、本市としてもゆゆしき状態であると考えております。

 このことから市では、市長及び市議会議長連名で平成31年1月7日に東京電力ホールディングス株式会社小早川社長に対し、和解仲介手続において紛争解決センターが提示する和解案の尊重を徹底し、積極的に和解を行うことを旨とする要求書を手交しており、本年度も東京電力ホールディングス株式会社に対しては同様の要求を引き続き行ってまいる考えです。

【再質問】 私は先ほど改めて強く求めるべきであるということであります。やろうとしているということですから、ぜひ強く求めていただきたい。

 

 

ⅰ 「2020年度をもって復興創生期間終了」はダメですと迫れ!

③ 国・県・東京電力が対応しなくなる分について、南相馬市はどう対応していくのか。市民を守る立場での対応を強く求める。

【質問】 次の質問、南相馬市の対応についての質問に入ります。

このままでいけば、国、県、東京電力は2020年オリンピックを持って、復旧・復興、賠償は終わりだとされてしまいかねません。

南相馬市は、市民を守る立場に立っての南相馬市直接の支援策、対応策を考えていかなければならない事態になるかもしれません、なると思われます、このままいけば。どうしていきますか。深刻な問題ですが、お伺いをしておきたい。

【答弁:復興企画部長】 東日本大震災及原発事故からの本市の復興は、進んだところもあれば、さらに時間を要するところもあります。そのために復興に必要な国・県等の支援が途切れることないよう引き続き強く要望してまいります。

 また、東京電力ホールディングス株式会社の損害賠償については、被害に遭った市民の完全賠償を実現するために、東京電力ホールディングス株式会社に対して個別具体的事情に応じた誠実な対応をするよう強く要求する考えでございます。

【再質問】 最後まで強く、粘り強く求めていっていただきたい。

南相馬市がその分かぶってやらざるを得ないような格好にならないように、ここはさらに皆さんで力をあわせていかなければならないと思っています。 【以下、次号に】

 

 

 

 

 

どちらも原発事故のせいです

1ヶ月前ほどから、自宅の土手にヤマユリの花がたくさん咲いてきました。草刈りの際、ユリらしきものを避けて刈っていたかいがありましたが・・・・。次々にイノシシにやられています~~。

台風15号がかすめていきました。私たちの地域には幸いにも大きな被害が無く、ホッとしています。我が家の水稲は、8年ぶりに作付けした水田(チッソ肥料を施さない)だけ、一部が倒伏してしまいました。「稲を作り続けてこその水田」です!!! 原発事故避難は、こんな困難も。

なじょしてる通信第570号 9月8日付

   

No.570 2019年  8日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

 

 

6月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、6月20日に行いました。

市民のくらしと生業を

なんとしても取り戻せ!

 

ⅰ 「2020年度をもって復興創生期間終了」はダメですと迫れ!

①全ての被災者支援策を終えようとしている。全市民がくらしと生業を完全に取り戻すまでは、支援策を継続せよと国・県に強く求め、実現させるべき。

【質問】 小高区に69歳になる男性が単身で帰還をしております。先日お会いしました。

不安があっても、単身でも戻ることを決意したのは、被災者支援策があったからだそうです。最も頼りにした支援策は、旧避難指示区域の安心通報システムでした。

システムの本体、遠隔通報ボタン、フラッシュライトが貸与され、受信センターでは24時間365日体制の監視をしていただいております。緊急時には警察や消防に瞬時に通報ができることなどがあります。

その男性から参ったと吐露をされました。市役所から通知が来たと。2020年度で事業が終了する。引き続きこのシステムを利用したい場合は警備会社と直接契約をして、月額2,000円を負担しなさいというものです。

これでは高齢者だけではなく、南相馬市に戻った人の多くはまだまだ不安な生活を送ることになってしまうというものでした。

大震災原発事故から10年を経過すれば、東京から見れば震災原発事故前の当たり前の生活に戻っていると思われているのでしょう。南相馬市は、市長はそう思っていませんが、国はもう終わりだと考えている。

この事業の財源は国からの被災者支援総合交付金によるものなのです。

この交付金のみならず、生活活動のさまざまな、あるいは農業、工業、商業のさまざまな支援策が2020年度東京オリンピックをもって全て終了となってしまいます、このまま黙っていれば。

小高区はもとよりですが、原町区も鹿島区も以前の暮らし、以前のなりわいが取り戻せずに苦しんでおります。南相馬市に戻ってくることが困難になるばかりか、南相馬市の復興のためにも人口の流入を図ることも、これも困難になってまいりました。

旧避難指示区域に限らず、全ての市民の暮らしとなりわいを完全に取り戻せるまで国は責任を持って支援策を継続するべきであります。

市長は先頭に立って継続を国、県などに強く求め、実現をさせるべきです。

【答弁:復興企画部長】 国では、本年3月に復興・創生期間における東日本大震災からの復興の基本方針を見直し、その中で、福島の復興・再生は中長期的対応が必要であり、復興・創生期間後も継続して国が前面に立って取り組むとしており、また、復興庁の後継組織についても、政治の責任とリーダーシップのもとで東日本大震災からの復興を成し遂げるための組織を置くと明記をいたしました。

 本市は、これまでも市民が安全・安心に住み続けることができる環境を取り戻すまでは、財政支援も含め国が責任を持って取り組むよう強く要望してまいりましたが、今後もさらに要望してまいる考えでございます。

【再質問】 私は先ほど県にも強く求めろとお話をしました。それにはわけがあるのです。

仮設住宅及びみなし仮設住宅と言われました民間借り上げ住宅が今年の3月末をもって全て終了をいたしました。

国は、実はですね、国はもう少し期間を延ばすことも必要かと考えて、福島県の出方を待って構えていたそうですが・・・、とうとう福島県から「継続してもらいたい、延長してもらいたい」という要請がこないままだったと、きちんとした筋から伝え聞いております。

福島県の姿勢にも問題があるのです。県にも現実と向き合っていただいて、県民、市民に寄り添ったさまざまな支援策をきちんと継続実施するように強く求めていくべきであります。

もうこの部分については終わったことではありますが、ここの部分については取っておいたとしても、県は必ずしも向き合っていない部分がありますから、県にもきっちり伝えてもらいたい、求めていただきたい。こういうことであります。いかがでしょう。

【答弁:建設部長】 仮設住宅の主なる窓口は県であります。県としては、復興公営住宅の整備等々がされたことによって終了に至ったと考えているようでございます。

 今後も県としましては、入居者の意向に応じた生活再建につながる支援に取り組むように考えているようでございます。

 なお、先ほど議員が言われたように、市としても被災者の復興を最優先と捉えるためには、県及び国に対して財政支援を含めながら強く要望してまいりたいと考えておりますので、今後とも要望活動を続けていきたいと思います。【以下、次号に】

 

 

 

 遅くなりましたが、8月9日、長崎市の平和式典で市長がおこなった「長崎平和宣言」の一部をぜひ紹介したいと思い、以下、記載いたします。お聴きになった方もあろうかと思いますが。

田上市長の「長崎平和宣言」

目を閉じて聴いてください。/ 幾千の人の手足がふきとび/ 腸(はら)わたが流れ出て/ 人の体にうじ虫がわいた/ 息ある者は肉親をさがしもとめて/ 死がいを見つけ/ そして焼いた/ 人間を焼く煙が立ちのぼり/ 罪なき人の血が流れて浦上川を赤くそめた/ ケロイドだけを残してやっと戦争が終(おわ)った/ だけど……/ 父も母も もういない/ 兄も妹ももどってはこない/ 人は忘れやすく弱いものだから/ あやまちをくり返す/ だけど……/ このことだけは忘れてはならない/ このことだけはくり返してはならない/ どんなことがあっても……

 これは、1945年8月9日午前11時2分、17歳の時に原子爆弾により家族を失い、自らも大けがを負った女性がつづった詩です。自分だけではなく、世界の誰にも、二度とこの経験をさせてはならない、という強い思いが、そこにはあります。

 原爆は「人の手」によってつくられ、「人の上」に落とされました。だからこそ「人の意志」によって、無くすことができます。そして、その意志が生まれる場所は、間違いなく、私たち一人ひとりの心の中です。

今、核兵器を巡る世界情勢はとても危険な状況です。  【以下、略】

 

 

 

 

寬一 一般質問

 10日10時から

6月議会の一般質問登壇者は12議員です。

私の質問順は、9月10日10時からです。

私の質問通告の内容は、

⑴ 学校給食費の無料化実現を

⑵ 猪・猿を何とかして。国と東電に責任を持って対応させよ。

 

 

「拝んでもらったら」の助言も?

9月議会の調査や準備で忙しい中、母が重傷を負ってしまいました。転倒で頸椎も骨折してしまい、頭から上半身までをガッチリと固定された状態で入院しています。認知もあってじっとしていないことから、家族等で付き添いをしなければならず、あっぱとっぱしています。私の尿路結石に始まってチイ子さんの病気、今度は・・・・。神様を信じたことはないのですが、試練を与えたもうているようです。水田畦畔の草刈りどごでねぇぐなっています。

ツバメはまだ南には行っていなかったです。巣のある住宅周辺にはあまり寄らなくなっていただけでした。

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示