FC2ブログ

なじょしてる通信第575号 11月3日付

   

No.575 201911 日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

 

 

さらなる甚大被害・10月25日豪雨

お見舞い申し上げます

台風19号から2週間目を迎えようとしていた矢先、予想をはるかに上回る集中豪雨に見舞われてしまいました。自宅の周囲を見る限りでも、私の記憶にある50年間で経験したことの無い台風19号の水の出方を更に上回る豪雨・水の出方でした。

被害の全容は、次号以後にお伝えいたします。

新たに被害を受けられた方々、台風19号と重ねて被害を受けた方々に、心からお見舞い申し上げます。

 

以下、南相馬市災害対策本部資料からの転載です。

① 雨の推移(南相馬市気象観測システムの計測値) 単位:㎜

 

25日13時~

 25日24時

26日 0時~

 26日 5時

合 計

南相馬市役所

199.5

2.5

202.0

鹿島区屯所(南海老)

155.0

4.0

159.0

小高区役所

192.5

3.5

196.0

川房公会堂(小高区)

311.5

4.5

316.0

飯舘村

74.0

4.5

78.5

 

阿武隈山系の東斜面に集中的に降った雨のようです。【寬一記】

 

 

 

  

② 河川の状況(県河川流域総合情報システムより抜粋) 単位:m

河川名

19時

20時

21時

22時

23時

24時

1時

2時

避難判断水位

氾濫危険水位

真野川

1.76

2.76

3.29

3.51

3.18

2.89

2.71

2.49

3.90

4.60

新田川

2.40

3.03

3.77

3.94

3.67

3.44

3.25

3.07

2.70

2.96

小高川

2.78

3.09

4.00

3.53

3.44

3.00

2.63

2.31

2.90

3.41

  ※ 河川の観測場所は、真野川が鹿島区鹿島、新田川が原町区北新田、小高川が小高区

小高です。

  ※ 観測の時間は、19時~24時は10月25日、1時~2時は10月26日。

 

                                                              

 

9月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、9月10日に行いました。

Ⅰ 学校給食費の無料化実現を

 

ⅰ 県内59市町村の学校給食費の無料化等は、今や32市町村に及ぶ。

 南相馬市も、遅滞なく無料化を実現すべきです。

 

【質問の続き】 私たちの南相馬市は、原子力発電所事故によって極端に子どもの数が減ってしまいました。

原子力発電所事故のあった2011年度の小学校の就学予定人数は4,058人であったものが、今年度1学期の開始日現在では2,020人です。2011年度の就学予定の50%にすぎません。

中学校では2011年度1,963人就学予定人数が今年度4月では1,207人であり、61%までに減っております。全国的な少子高齢化が進んでいるとはいえ、余りにも極端な減少です。この減少は、事故原子力発電所からの距離と相関関係が明確にあらわれております。

小学校は、鹿島区でも80%までに減っております。原町区では54%に減少、小高区に至っては今年度はその時点で59人だけであり、2011年度予定数の8%にすぎません。

直接の原因となった降り注いだ放射性物質の除去を何としてもやり遂げること、仮置場から一刻も早く汚染土壌を運び終えることが求められます。

ましてや汚染土壌を再生利用、それも原子力発電所事故前の使用できる基準の80倍に引き上げた基準での汚染土壌の再生利用など「もってのほか」であります。とんでもありません。安心して住み続けることのできる南相馬市の大地・自然を取り戻さなければなりません。

 そして、当たり前だった子どもの遊ぶ声、笑う声が聞こえる南相馬市を取り戻そうではありませんか。そのためには放射能問題の解決と同時に、今議会冒頭の門馬市長の議案説明の中の決意にもある「子育て世帯に選ばれるまち」の実現を何としても進めなければなりません。

市長が強調いたしました子育て世帯に選ばれるまちに向けて小中学校の保護者負担軽減のために学校給食費事業にようやく取り組む予算を計上したとしてございます。学校給食費に対する一部補助の導入です。

学校給食費の無料化実現に向けて、私は議会の一般質問などでこれまで何度も取り上げ、求めてまいりました。

給食費の無料化補助は今や福島県内59市町村の中で取り組んでいない市町村は少数派になってしまいました。本年6月時点での福島県内の無料化等の実態を改めて紹介いたします。

全額補助・完全無料化は、隣の相馬市、金山町、下郷町、古殿町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、富岡町、葛尾村、楢葉町、飯舘村の12市町村に及んでおります。

半額補助では川俣町、桑折町、石川町、浅川町、泉崎村、柳津町、三島町、喜多方市、鮫川町の10市町村です。

一部補助では、檜枝岐村、塙町、広野町、矢祭町、湯川村、西郷村、只見町、田村市、白河市、新地町の10市町村であります。

合計32市町村に及んでおります。ただいま申し上げた一部補助といいましても、明確な半額補助ではないだけでありまして、檜枝岐村では60%補助であり、塙町では30%補助であります。広野町では、現在は所得に応じて無償であり、そして2021年度からは広野町は全員全額補助、学校給食費の無料化を明らかにしてきているところであります。

南相馬市の今議会でようやく取り組む予算を計上し、学校給食費に対する一部補助の導入を図る提案をしていること、一歩前進であり評価はいたしているところでございます。

しかし、予算案を計算いたしますと、本年10月分からの給食費への補助ですから、学校給食費、正式には学校給食費の徴収金に対する補助率は8.6%にすぎません。

福島県内の状況実態からすれば、まだまだほど遠い内容です。ましてや提案説明で市長が述べた子育て世帯に選ばれるまちには遠いです。県内市町村の給食費の取り組みと比較されれば選ばれません。子育て世帯などの若い世代の情報収集力は、押して知るべしです。

 南相馬市においても名実ともに子育て支援のまち、子育て世帯に選ばれるまちにふさわしくするためにも、遅滞なく一刻も早く学校給食費の無料化を実現していただきたい。市長いかがでしょうか。

 

 

涙もろいのは、重いのは、のせい

ではありません!

26日、小高中学校の「群青祭」なるものに初めて行ってきました。後半に、全校生(と、言っても53名)での「群青」が歌われました。聴くうちに舞台が良く見えなくなってきました。チイ子さんは口をへの字にしていました。

7haの稲刈りがようやく終わりました(私はテコだげんちょも)。猛暑であっことから、収量はグッド。しかし、乳白米や腹白米が多くて品質は今一です。30㎏の米袋が重く感じ・・・・ました。

スポンサーサイト



なじょしてる通信第574号 10月27日付

   

No.574 20191027日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

 

 

台風19号 甚大な被害

お見舞い お悔やみ申し上げます

12日から13日未明までに私たちの地を襲った台風19号は、甚大な被害を受けました。当初は恐れていた暴風もさることながら、豪雨による被害は甚大でした。

以下、南相馬市災害対策本部資料からの転載です。

 

⦿ 雨量と河川のデータは13日の0時現在のデータです。

 

 

 

 

 この後、3時頃まで各地に14~20㎜の雨量がありました。

 

 

 

0時以降、徐々に水位は下がっていますが、堤防の決壊などがあったことも水位低下につながっています。

 

 

⦿ 下記の建物等の被害(り災証明関係)は、10月21日現在です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市役所職員が犠牲になったことは誠に残念です。心からお悔やみ申し上げます。さらに、多くの家屋が床上・床下浸水をしてしまったこと、広範囲の冠水、多くの施設、車、農地、道路、河川、法面の崩落、停電等々の甚大な被害を及ぼし、更に更に、市内では鹿島区の全域で断水をするなど、生活や営業に更に拍車をかけた大変な被害でした。被害に遭われた全ての方々に心からお見舞いを申し上げます。

 公式記録ではありませんが、私が農業にかかわることになった以降のこの50年間では経験のない最大の豪雨でした。                            

                                                              

 

9月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、9月10日に行いました。

Ⅰ 南学校給食費の無料化実現を

 

ⅰ 県内59市町村の学校給食費の無料化等は、今や32市町村に及ぶ。

 南相馬市も、遅滞なく無料化を実現すべきです。

【質問】 東京電力の小早川社長が7月、福島県に同社の福島第二原子力発電所全4基の廃炉を正式に伝えました。当然の判断ですが、東京電力が昨年6月に廃炉の方向で検討する方針を表明してから1年以上がたち、余りに遅い対応であります。

福島県内全10基の一日も早い廃炉は、事故経験をいたしました福島県民の総意であります。県議会や南相馬市を初め県内の全自治体が全基廃炉を求めてまいりました。県議会では、2011年10月から廃炉を求める意見書や請願を繰り返し可決採択してきたのであります。

しかし、東京電力は昨年の表明以後も多岐にわたる課題を整理するなどとして正式な廃炉表明をしないままでありました。

廃炉の正式決定をめぐって福島民報新聞などの県民世論調査、ことしの1月でしたがこの調査で国がより前面に立ち、東京電力への働きかけを強めるべきだと答えた方が44.8%に上っています。しかし、安倍政権は東京電力の経営判断の立場で、県民の願いに応えてまいりませんでした。

日本共産党の岩渕友参議院議員は、今年3月の国会で廃炉の要請しか言わない政府を批判し、廃炉の政治決断を求めました。政府のこれまでの態度は、原子力発電所をベース

 

ロード電源と位置づけ、原子力発電所推進に固執しているからであります。

国のエネルギー基本計画では、発電に占める原子力発電所の割合を2017年度で3%であったものを2030年度には20%から22%まかなうことに全力を挙げると明言しております。この政府の方針のもと、東京電力は新潟県の柏崎刈羽原子力発電所の再稼働を願い、さらに青森県で東通原子力発電所の建設を進めようとしているのであります。

大震災で未曾有の被害を生んだ東京電力福島第一原子力発電所はいまだ終息をしておりません。今も8万5,000人が避難生活を余儀なくされております。炉心溶融を起こした1号基から3号基までの廃炉作業も難航を極めております。

東京電力と国は、福島第一原子力発電所の終息と廃炉にこそ全力を挙げ、原子力発電所ゼロに踏み出すべきであります。

長期の避難による無人化と避難指示後の大幅な人口減少によってもたらされたイノシシ被害などについては、大項目2で質問することとし、最初の質問は、大きな被害をこうむった南相馬市だからこその子どもを生み育てる市民応援の重要課題についてです。その一つである学校給食の無料化を求める質問をいたします。

 

 

なにもかも異常??

稲は最低気温(1日の内で最も気温が低かった時の気温)10℃、平均気温(1日の内で最も気温が高かった時の気温と、最も気温が低かった時の気温を足して2で割った気温)15℃が登熟限界温度です。平年で10月1520日頃です。超高温の夏だったとは言え、今年もすでに限界値になっています。雨や台風で刈取りが遅れていますが、収穫のために帰省した息子はきーもむ気配がありません。でも、台風で泥水に浸った稲の収獲は、土ぼこりが舞い上がる異常な風景です。

なじょしてる通信第573号 10月13日付

   

No.573 20191013日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

 

 

9月議会

 主な補正予算  

・私立幼稚園給食費保護者助成 1,072万円

  対象施設は、青葉、原町みなみ、さゆり各幼稚園。

・私立幼稚園等利用者助成金 31万円

  市外私立幼稚園在園児の保護者に授業料を助成。

・私立幼稚園預かり保育料助成 922万円

  私立幼稚園の預かり保育料の助成。

・体育施設整備 641万円

  市サッカー場再開に向けた環境整備

 ⇒ 国道側ネットフェンス設置、隣接するトイレ改修。

・学校給食事業 1,022万円

  給食費保護者負担の一部助成。

⇒ 半年分の地元産米使用相当額の支援。

・校舎外壁等改修 2億1,297万円

  石神一小と高平小の校舎外壁、床面改修工事。

 

6月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、6月20日に行いました。

南相馬市を荒廃地域にしないために

 

ⅱ 宅地の空地、空き家を荒廃させるな

①住宅の空地を荒廃させないために、市が(あるいは地主以外で)代行して雑草・雑木処理ができる対策を講ずるべきでは。

【質問】 特に市街地、あるいは市街地に近いところは深刻な問題になってきています。

【答弁:建設部長】 空き地の管理は、まずは所有者など自らの責任のもとで行われることが原則です。

その上で市では、空き地が荒廃し周辺の生活環境に深刻な悪影響を及ぼさないよう、所有者などが適切に管理されるよう周知、啓発してまいります。

 また、南相馬市空家等対策計画では、所有者などによる管理が困難な場合への対策として、市内事業者などを活用した支援体制の構築を盛り込んでおります。さらには、市の仲介などによる代行処理についても今後検討してまいりたいと考えております。

【再質問】 所有者がきっちり管理することが原則、それは誰もわかっているのです。でもやらないから困っている。

今、部長が答弁された新たな方策をきっちりととらないと、今大変なことになっているのです。そこの部分を皆さんで知恵と力を出し合って、早目にきっちりそういう対策をとりましょうということで、検討を急ぎ進めていくことを強く求めておきます。

 

 

② 荒廃空き家対策の抜本的対策が必要だが、いかに。

【質問】 荒廃している空き家が出てきています。このまま放置すれば近隣に被害を及ぼしかねません。風で屋根が吹っ飛んだとか、壁が吹っ飛んだとかということがもう懸念されるようなところが出てきています。

荒廃家屋にしないための予防策と、さらには荒廃してしまった家屋を市が代行して除去する対応なども含め、抜本的な対策が求められていると考えます。

【答弁:建設部長】 空家等対策の推進に関する特別措置法では、荒廃が著しく保安上危険な特定空き家については、市が指導や勧告、命令等ができ、さらには行政代執行による対応が可能となりました。

今後は、空き家対策の体制整備を進めるとともに、所有者などへの助言指導を行い、みずからによる改善を促してまいります。

また、所有者などに対して空き家の適切な管理を啓発し、有効活用ができるよう、空き家・空き地バンク事業の周知と登録を促しながら、荒廃空き家の発生防止に努めてまいりたいと考えております。

【再質問】 所有者が、見つからない。あるいは相続権者がもうわからないままになってしまっているということが出始まっておりまして、こういう対策も含めて実際に検討していかないと、解決にはならない。

こういう点も含めてきっちりと対応策を強めていくことを求めておきます。

 

再生可能エネルギーの普及にかかる対応は。

 

① 住民の意見をきちんと反映する保障と、景観条例等の拡大での対応策が必要ではないか。

【質問】 実際には大変高い発電原価であり、一旦事故が起これば町が消滅するという原発をやめて、あるいはCO2、二酸化炭素を大量に排出をする石油・石炭発電、いわゆる化石燃料での発電をできるだけ少なくしていくためにも、太陽光や風力の自然エネルギー、再生可能エネルギーの普及拡大を求めることは大変重要であります。こういう方向に進んでいかなければなりません。

 しかし、規模の大きいものは近くに住む、あるいは住もうとしている住民にとっては、開発が原因での土砂崩れの問題や景観の問題とともに、風力であれば低周波音、太陽光であればパネルの反射光などの問題があり、迷惑になることもございます。

 住民の意見をきちんと反映する補償、大規模というのはね、超大規模ばかりではないのだよ。1反歩、2反歩も大規模と私は言いたいんです、屋根に上げる程度ではなくて。こういう意味ですからね。住民の意見をきちんと反映する補償と景観条例等の拡大での対応策が必要ではないかと考えますが。

【答弁:市民生活部長】 設置前における住民意見の反映については、固定価格買取制度における事業認定要件において、事業開始前の自治体との相談や地域住民の意見が反映できるよう説明会の開催等を努力義務として事業者に求めております。

 今後、再生可能エネルギーの普及状況や地域の実情、他市の状況等を踏まえ、市としましても生活環境への配慮や地域の理解促進を図ることなどを記載したガイドラインについて調査検討していきたいと考えます。

 また、景観法や福島県景観条例に基づく景観計画区域内の届け出対象とならないものへの適用拡大については、状況等を調査し必要な場合には国・県等に要望をしていきたいと考えます。

【再質問】 必要だから質問しているの。先ほど言ったように大規模で特別な許可が必要なというものだけではなくて、1反歩、2反歩と言ったが、隣にどんと太陽光が平場に置かれると、これまた隣の人は大変だという問題があるのです。

そういうことも含めて状況によってはではなくて、きっちりと対応していただくことを求めたい。

【答弁:市民生活部長】 ガイドラインの対象とは、家庭用太陽光発電を超えるものを対象として考えていきたいと思っておりますが、今後の設置状況等も踏まえて、その点についても検討してまいりたいと思います。

 具体的には騒音、あるいは反射光などの周辺住居への配慮、あとは設置前の住民説明会の開催、土砂や濁水の流出などの災害防止、運用開始後の維持管理、これらについても検討してまいりたいと思っています。

 なお、福島県景観条例の適用になりますのが太陽光の場合はパネル設置面積が1,000平米以上ということになっております。風力は高さ13メートル以上が対象となりますので、その未満のもの、それらについて対象として検討してまいりたいと思います。

 

 

あらためてお見舞い申し上げます。

津波で何もかも失くしてしまった同級生が千葉県の内房に避難後、奥さんが病気になってしまいました。奥さんはその後、歩行も困難になったために車いすごと乗せられる軽乗用車を購入していました。しかし、残念にも今年2月に亡くなってしまいました。その車を譲られることになり、1泊で取りに行ってきました。たくさんの思いがこもった車・・・・、大事に使わせていただきます。

行くときの電車の車窓から、戻るときの車の車窓から、ブルーシートに覆われた家をたくさん見ることになりました。早く助けなくては!!

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示