FC2ブログ

なじょしてる通信 №264

№264 2012年12月16日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部寬一
原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471


首都圏反原発連合の
脱原発「あなたの選択」プロジェクト
 毎週金曜日の夕方に首相官邸前で反原発の集会を開いている首都圏反原発連合が11月28日現在で発表したポスター抜粋です。

 国政選挙を前にして、ほとんどの政党が「日本は今後『脱原発』に向かうべきだ」と、言葉では表明しています。
 しかし、各党の具体的な政策を見ると、多くの政党は本気で脱原発を行なう意志があるようには見えません。
 日本から原発をなくすために、私たち有権者はどの政党に未来を託せばいいのでしょうか。
 この一覧表を参考にして、しっかりと各政党の姿勢を見極めてください。

共産党 即時原発ゼロ
 ◎停止中の原発の再稼動はしない
 ◎稼動中の大飯原発は停止
 ◎全ての原発を停止させたまま廃炉
 ◎核燃料サイクル政策を廃止


民主党 2030年代に原発ゼロ
 △核燃料サイクル事業のあり方を見直すとしながらも、廃止を明言せず
 △原子力規制委員会の安全確認を得た原発は再稼動
 △新設・増設は行なわないとしながらも、建設中の大間原発・島根原発については容認


自民党 責任を持って原発を再稼動させる
 △原発再稼動の是非については3年以内の結論を目指す
 △脱原発には言及せず、10年以内に結論を出す
 ×総裁選候補5人全員が「最終的な原発ゼロ」に反対
 ×元経産大臣として原発を推進してきた人が政調会長に就任
 ×安倍総裁は「民主党の原発ゼロ方針は無責任」「原発比率は下げるが30年代にはゼロにはしない」「責任を持  って原発を再稼動させる」と発言

日本維新の会 原発の安全基準等のルール構築
 ×代表代行の大阪市長は、当初大飯原発の再稼動に反対していたが、一転して容認
 ×太陽の党と合流後は脱原発に言及せず
 ×石原代表は「原発ゼロはただのセンチメント」「開発した技術体系を放り出すのはおろかだ」と発言

公明党 遅くとも40年後に原発ゼロ
 △少なくとも2030年代までに3分の2の原発を停止廃炉。遅くとも40年後に原発ゼロへ
 △原発の新規着工は認めない。40年運転制限制を厳格に適用
 ◎高速増殖炉もんじゅは廃止
 △新たな安全基準による原発の再稼動は認める

新たな議会人事
 議長に 横山元榮氏
 12月定例議会初日の11月30日に議長選挙などが行なわれ、新たな議会人事が決まりました。
 今後2年間を担います。

議長選挙では
 横山元榮 16票 当選
 水井清光  7票

副議長選挙は
 今村 裕 16票 当選
 小林正幸  7票

 日本共産党議員団は、「市民こそが市政の主人公であることから、市民の命とくらしを守る市政運営、議会運営を基本とする。」「民主的議会運営を遵守する。」「少数会派、少数者の意見も尊重した議会運営に努める。」等を約束し、横山議員・今村議員に投票しました。

常任委員会等は
 私は、文教福祉常任委員会と議会運営委員会に所属することになり、議会運営委員長に選ばれました。
 荒木千恵子議員は、建設経済常任委員会に所属することになりました。


申し訳ありません
 ありがとうございました
 
 12月8日、チイ子さんの伯母やんが亡くなりました。
 すぐ隣に嫁いだチイ子さんの母親との2人姉妹で、私達はたくさんの面倒を見てもらいました。
 チイ子さんは総選挙の候補者、私は市議会本会議中。私だけ、10日通夜にとんぼ返りで出席し、葬儀欠席の謝罪をしてきました。
 降雪最中の帰路は怖かったです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title



http://shinurayasu.wordpress.com/2012/07/27/nhk-%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%83%81%EF%BC%99-%E3%80%8C%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%80%A7%E7%89%A9%E8%B3%AA%E6%94%BE%E5%87%BA-%E5%86%B7%E5%8D%B4%E3%81%AE%E3%81%95/
【浦安パパママ必見】NHK ニュースウォッチ9 「放射性物質放出 冷却のさなかにも」(大量の放射性物質が首都圏に飛来したことを公表)

福島原発事故は、きのうの政府事故調の最終報告で、一通りの調査報告が出そろったが、しかしまだわからないことばかりであることは、報告書自体が認めている。
特にいつ、どこからどんな理由で放射性物質が放出されたかは、どの報告書でも特定されていない。
取材を進める中で、原子炉の冷却を進めようとしていた時にも放射性物質が放出されていた事実がわかってきた。


http://houshanou3.sblo.jp/article/58996874.html
女子アナ海外逃亡の秘密 - 放射能から身を守る食情報

またまた女子アナ海外脱出のニュースですね。
いったいなぜ、女子アナは海外に逃げるのか?

まず、考えられるのが、首都圏の放射能汚染状況を正確に把握している。
⇒放射能からの避難。

あと一つは、この国の支配構造に気が付きやすい職場にいる。
⇒この国で、子供を産み育てることに危険を感じる。



http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/fcf7beb64566037b18142729f6b0fba5
相次ぐ女子アナ海外移住。首都圏友人5人、赤ちゃん2人心雑音に穴、黄疸に心異常。流産。切迫早産入院。


女子アナの海外移住が進んでいますが、こんどはTBSの竹内香苗アナも、ご主人と南米に行かれるそうですね。海外移住したり、画面から消えた女子アナは、3.11.以降、これで何人目なのでしょうか。面白い現象です。こんなに海外移住する女子アナが相次ぐのは、前代未聞だと思います。僕は、何人も何人も女子アナは、人間関係がありましたから、彼女らの共通性格が、よくわかります。良きにつけ、悪しきにつけ、彼女たちは「御身大事」な方々。生来、自己顕示欲が強く、自分大好きな、東京女性の典型的な人々です。そうした女性たちがどのような判断をするのか。首都圏のこうした状況下で何を優先するのか。自分の美貌や遺伝子に普通よりも、自信がある女性たちです。言わなくても、みなさんわかりますよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示