FC2ブログ

なじょしてる通信 №265

№265 2012年12月23日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部寬一
原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471


医療費一部負担金減免請願 
 委員会で全会一致採択 
 12月定例議会前に南相馬市議会に提出されていた「大震災・原発事故被災者に対する国保税、介護保険料と一部負担金の減免延長と拡充を求める」請願書(請願者:小高区上浦の鈴木敬徳氏:請願署名者数2,239名)は、12月13日に開かれた文教福祉常任委員会で、全会一致で採択されました。
 この記事を書いている今日は12月18日のため、明日の本会議の結果は伝えられませんが、本会議でも採択になるものと思われます。
 今後、市長と国は南相馬市民と市議会の願いを受け止めて、対応する事が強く求められます。

◎請願書の要旨 
 家族がバラバラになっていること、仕事・生業が取り戻せないこと、賠償が不十分であること、放射能の除染が進んでいないこと等、不安はたくさんあります。
 その中でも当面特に不安なのは、現在の国民健康保険税・介護保険料の減免が2013年3月までとされ、医療費・介護保険料の一部負担金減免は2013年2月末(自然災害被災者は3月末)までとされていることです。
 生活と生業が取り戻せない中では、医療と介護にお金の心配をしないで受けられることは、命をつなぐ最低限のことです。
請  願  項  目
1.大震災・原発事故被災者に対する国民健康保険・介護保険の税・料及び、一部負担金の減免延長と拡充を南相 馬市として実現してください。

2.上記を国の制度(財源の手当てを含む)にすることを求める意見書を政府等に提出してください。


渡部チイ子さん
南相馬市で 3,824票
 
 得票率 12.3%
 総選挙は、自民党の圧勝となりました。しかし、南相馬市では地殻変動が起きています。
 今回の衆院選挙のそれぞれの得票と、前回(2009年8月)の得票を比べてみました。
今回 衆院選 前回 衆院選
得票数 得票率 得票数 得票率
渡部
チイ子 3,824 12.3% 1,700   3.9%
                  (山田 ゆたか)
亀岡
よしたみ 13,912 44.9% 18,101 41.8%

石原
洋三郎 5,864 18.9% 22,981 53.1%

大場
ひでき 7,417 23.9%

大橋一之 531 1.2%

有効
投票数 31,967票 43,313票

 当選した亀岡さんは得票率こそわずかに増やしたものの、得票数は大幅に減らしています。
 一方、渡部チイ子さん(日本共産党候補)は得票率、得票数ともに大幅に増えています。

比例でも得票率伸ばす
 比例代表選挙でも同様の傾向があります。自民党は前回得票数12,541票で得票率29.1%から、今回得票数8,390票で得票率27.0%と、どちらも減らしています。
 一方、日本共産党は前回得票率5.2%から、今回得票率7.0%へと増えています。

それは全国でも
 自公圧勝と言われますが、全国で自民は219万票減、公明も94万票減らしました。
 つまり、「民主もだめだから自民へ」とは有権者は動かなかったのです。一方で、1千万人以上があらたに棄権しています。

がんばるというチイ子さんの一面は 
 チイ子さんに感想を聞きました。
 「政権が変わっても、避難生活などの状況が良くならなければだめです。公約実現のために、引き続き皆さんと力を合わせていきます。」
 と、言っていますが、その一方で「初めて共産党に票を入れるとして期待していたお年よりの方が、がっかりしているのではないか。どう声をかけたらよいのか。」とも、もらしています。
 応援に愛媛から来た孫に、私と共にニコニコ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示