FC2ブログ

なじょしてる通信 №319

№319 2014年 2月23日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部寬一
原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

消防・防災センター整備
 工事は大幅な遅れ
 南相馬市原町区高見町にある相馬地方消防本部と南相馬市消防署は、防災センター機能を持たせた「南相馬市消防防災センター」として整備し、建設中です。
 これは、本年3月31日までの工期で進められていましたが『建設資材調達(特に鉄骨材とその加工)等に相当の期間を要しているため』として、大幅に工期が遅れることになりました。
 工期は7カ月遅れとなり、本年10月末の竣工予定となります。

工費も1.5億円増加
 工期遅れの影響とともに、消費税の8%への引き上げ、諸経費の増加なども影響して、下記「整備計画」から、1億5千万円程度の費用が増えることになります。
 財源は、震災災害復旧補助金を返上して復興特別交付税措置に切り替える等の対応を迫られます。これらのことから、南相馬市が直接負担する一般財源も約600万円増えることになります。

消防・防災センター整備計画
建設場所:南相馬市高見町一丁目地内
敷地面積:7,500㎡(現消防署敷地5,000㎡、県モータープール敷地2,500㎡)
構  造:鉄骨造・制震造3階建
床面積:2,752㎡
総事業費:13億2,315万円
   ※工期遅延でこれより1.5億円増見込み


災害公営住宅の内訳は
 「なじょしてる通信 №317」で伝えました「災害公営住宅」整備事業350戸の内訳は?の問い合わせがありました。
概要は以下の通りです。
整備個所 戸数 完了予定等

町 大町駐車場 80戸 2014年12月
旧市立病院 40戸   〃
旧サティ 29戸 2015年12月
原町 栄町地区 33戸 2016年 3月
萱浜地区 38戸   〃
鹿島 西町 30戸 2014年 6月
西川原 28戸 2014年2月 3月に鍵引渡し
西川原第二 32戸 2015年 2月
小高 東町 20戸   〃
万ヶ迫 2戸   〃
街中(未定) 18戸   〃
※萱浜地区、西川原、東町は戸建て住宅。他は集合住宅。


12月議会での
寬一の一般質問⑦
 私の一般質問は、12月11日に行いました。内容の要旨の続きです。

このままの仮設校舎で、
この先も就学せよというのか

ⅰ 短期間対応の仮設校舎は劣悪な環境だ。体育館、校庭、プールの共用も限界。
この先2.5年?も、このままで良いというのか。


【質問】 即刻、必要な対応をするよう、強く求めます。
 仮設体育館でもいい。鹿島小、鹿島中の第2体育館の位置づけでもいい。災害対応の体育館も考えられる。いずれ、体育館も即刻、手当すべきです。
 いかがですか、教育長。いかがですか、市長。

【答弁:教育長】 仮設校舎で学校生活を送っている子供たちの不自由、心の負担には大変心苦しく思っている。
 仮設校舎の総点検を行うと同時に、子どもたちの学習環境に不備が生じないよう、施設の環境改善に最善を尽くしていく。

【答弁:市長】 子どもたちにとって不利益をこうむることが無いように、環境整備に力を注いでいく。

【再質問】 即刻ですよ。今を取り戻すことはあの子供たちにはできないのです。やり直すことはできない。
2020年に東京オリンピックが開かれることが決まった。今の中学生がオリンピックに出て活躍する年齢になる。
 体育館もきちんとして、せめて、オリンピックを目指すための同じスタート台に立たせるべきです。その権利を奪うことが無いようにすることが、南相馬市の政治ですよ。
 せめて、同じスタート台に立たせてください。

【答弁:市長】 学習環境、体育環境も含めて、最大限配慮していきたい。

ⅱ 仮設校舎には歪みが出てきている。隙間もできている。緊急対策も必要だ。
【質問】 仮設校舎はすでに、天井板がずれているところ、ゆがんでいるところ、隙間ができているところが出ている。隙間風、雪や雨水が入ってくる、砂ぼこりが入ってきている。小高中学校用の仮設校舎は中古物件であったと思われ、特に傷みが目立ちます。
 目に見えるところでも、このようになってきています。
即刻、修繕をすること。さらに、目に見えないところを含めて、専門家の検査を受け、対応することが緊急に必要だ。

【答弁:教育長】 仮設校舎・施設設備を含めて総点検を行い、学習環境の改善に最善を尽くしていきたい。

子どもたちのために
 力を合わせることを訴える

【再質問】 校舎が老朽化して、建て替えのために一時、仮設校舎で学ぶことはよくあることです。この場合は、目の前で新しい校舎が日に日に完成していくことを見、肌で感じ、もう少ししたら「あの新しい校舎には入れる」と大きな期待を持てます。その期待で、仮設校舎であってもがまんもできます。明るい先が見えているんです。
大震災・原発事故であるとしても、3か月や半年の間であれば、緊急避難的な対応でもやむを得ないかもしれません。
 でも、もう、2年9ヶ月です。
 今の小高の子どもたちには、先が見えていません。友達がバラバラになってしまっている。本来の母校に戻る先も見えない。小高で開校したら、友達が又、更にバラバラになるかもしれない。
即刻、必要な施設を完備することを含めて、子どもたちに、今、責任を持とうではありませんか。
子供たちに、明るい未来への期待を持たせようではありませんか。
 私たちはそのために、力を合わせていくことを強く訴えます。


初動も本格動も遅い!! 
 市内の除雪に直接携わった作業員・オペレーターは、不眠不休で大変な仕事をやり遂げたと聞きました。本当にお疲れ様でした。数十年ぶりの大雪でしたが、除雪が遅かった問題は、多くの課題を残しています。建設業界の態様が変わった中でも瞬時に動き出し市内全体をカバーする体制をどう創り上げるか、歩道の除雪もどういち早く進めるか、市民の協力をどう求めるか、市民がやってはならないことをどう啓蒙するか・・・等々。
 除雪が少し進んだ旧国道の2月10日の夜、自宅の進入路を確保するための苦肉の策だったろうが、道路の真ん中にガチガチに凍ってしまった雪の塊(直径約40cm)を放り出し作業中の方がおりました。いくら困っても、これはやり過ぎとしか言いようがありません。
 15日の雪は雨に変わって本当に助かりました。んだげんちょも、耳谷の我が家の屋根北側の残雪が雨で一気に滑り落ちたために、3.11半年前に造ったばかりの風呂のレンガ造り煙突が完全に倒壊してぼじょごっちぇしまいました。残念。チイ子さんに伝えると「んだの~。」で終わりでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示