FC2ブログ

なじょしてる通信 №343

№343 2014年 8月17日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部寬一
原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

市議選投票日 11月16日
県知事選投票日 10月26日
 同日選挙なし
 南相馬市選挙管理委員会が8月4日に開かれ、市議会議員の選挙期日(投票日)を11月16日(日)にすることが決定されました。
 避難している市民が多いことを考慮し、告示日は11月6日(木)となり、これまでより3日間長い10日間の選挙期間となります。

 一方、4年前は同日選挙となった福島県知事選挙投票日は、今回は10月26日と決まっています。
 選挙期日は、議員などの任期が終わる30日以内に実施する事が公職選挙法で定められており、南相馬市会議員の任期が11月30日までであることから県知事選挙との同日選挙は不可能です。(県知事の任期は11月11日まで)
 4年前は、県知事選挙が10月31日であったために、南相馬市議会議員選挙もぎりぎりの日程で同日選挙となっていました。
    
同日選挙は市議会の解散しか?
 県知事選挙と同日選挙にするためには、南相馬市議会を解散するという手段が無いわけではありません。
 「選挙経費の削減のために解散をしては」の意見が市民の一部にあります。これを受けて、8月8日に市議会会派代表者会議開かれました。
・ 経費の削減は大事だか、そのことだけで解散することは次元が異なる。解散で議会が存在しない空白期間をつくることは、自殺行為と言える。
・ 震災・原発事故の大事な時期に、空白期間をつくることはできない。
・ 日程に無理がある。
 等々、全ての会派から「解散すべきではない」との意見が出されました。結果、市選挙管理委員会で決定した通りの選挙日程で進めることになります。

 なお非公式ですが県知事選挙日程が決まる以前に、南相馬市議選と同日選挙ができるように、知事選挙を少し遅らせるように要請しましたが、実現されませんでした。

災害関連死 458人に
 6月18日現在の、南相馬市の災害関連死は、更に1人増えて、458人に及んでいます。6月18日に開かれた審査会の結果です。
 震災時の直接死636人と合わせて、南相馬市の震災関係死亡者数は1,094人になってしまいました。残念です。

国道6号 交通自由化
       10月~
 現在は双葉町・大熊町内の6号国道は特別許可が無ければ通行できません。
 国では、除染作業を8月末まで終えた後に、線量のモニタリングと関係自治体との協議を経て、交通の自由化を目指しています。
 6号国道の交通自由化は、早くても9月下旬以降になるものと思われます。

落差の中にも落差 ???
 今月初旬、相馬地方広域市町村圏組合議会で宮城県と岩手県南部海岸地域の消防・看護学校の研修に行ってきました。海岸にびっちり張り付いていた住宅密集地帯の凄まじい津波被害。それはそれは無惨であったと思われました。
 一方、すさまじい勢いで復旧が進んでいます。巨大なベルトコンベアがあちこちにのたうち、超大型ダンプと超巨大ショベルカーが動き回っている様は・・・・! そして、復旧される見込みのない壊れたままの鉄道と、バスターミナル化した駅の落差に大きな疑問も。くらしの復旧は原発事故が無くても後回しか? 取り残されるのか?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

絶対に諦めないでください。

絶対に伝えたいことがあります。
母子家庭で1歳の娘がいて、何も買ってあげられなかったんです。
ある場所で噂になっていた掲示板を教えてもらいました。
困っていることを伝えたら、すぐに助けてくれたんです。
借金を一括で全額返済できるんです。
本気で知りたいという人だけに教えます。
知りたい方はbanana_ayako@yahoo.co.jpまでメールください。
すぐに返事出しますから。

選挙頑張って

市議選の選挙頑張って下さい。県外に避難していても南相馬市民です!
県外避難者には市からの広報が来ないし遅いです!
プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示