FC2ブログ

なじょしてる通信 №415 2016.3.13

  

 415 2016 13日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

 16年度目玉は  寬一から見た目玉です

 旧警戒区域等

  安心通報システム

旧警戒区域等の希望世帯に安心通報システムを貸与し、犯罪や災害・急病等の緊急時に、迅速・正確な救援ができる体制を整備。

・ 安心通報装置一式(本体、遠隔非常ペンダント、センサーライト)の貸与

・ 受信センターで24時間365日体制の監視を行い、緊急通報時の現場出動、消防・警察への連絡等を行う

・ 利用想定世帯 300世帯。予算額 1,667万円

 街路灯整備補助

商業振興と防犯に資するため、街路灯管理運営に小高商工会に補助金を交付。

・ 街路灯の修繕とLED化。

・ 予算額 3,318万円。

 スマートインター整備

常磐自動車道「小高スマートインターチェンジ」の整備促進に向け、基礎調査を行う。

・ 予算額 950万円

 双葉准看護学院用地整備

 休校中の公立双葉准看護学院の一時再開のため、市有地を提供し、学校用地として整備する。

・ 整備面積全体 2,400㎡の樹木伐採、抜根、盛土整地など。予算額 1,640万円

・ その他に再開負担金南相馬市分として本年度は4,065万円を計上。

2016年度当初予算

3月定例議会に提案されている2016年度当初予算の主なものは、次の通りです。

 主な当初予算  

・婚活支援事業 466万円

  交流イベントを2回開催など。

・ふるさと応援寄付金推進事業 918万円

  南相馬市のサポーターを増やし、復興推進と地域振興を図る。地場産品等を1万円以上の寄付者へ返礼品として贈呈。(前年度は5万円以上寄付者であった。)

・県立特別支援学校整備 1億3,218万円

  県立相馬養護学校の移転新築に伴い、市と県が協力・連携して整備をする。鹿島区寺内地区の用地購入や敷地造成測量設計など。

・集会施設整備の補助 2,746万円

  新築、改修、備品整備などに補助。内容によって補助率、上限額が異なる。

➡ 北右田、三里、塩崎、南柚木、御山、南海老、北萱浜、石神、大木戸二、大甕上、泉、上北高平二、北新田、下江井、上北高平一、長野、小浜、北原、牛来各行政区集会所

・消費生活相談推進事業 783万円

  2017年度から本格運営開始する消費生活センターの準備。なりすましサギ対策も実施する。

・各種証明書コンビニ交付事業 3,456万円

  個人番号カードを利用しての戸籍、住民票、税証明等をコンビニエンスストアで取得できる仕組みを構築する。2017年1月運用開始を予定。

・地域の絆づくり支援補助金 2,097万円

  地域のきずなを再生するため、住民自らが行う絆づくり事業に、経費の一部を補助。仮設住宅自治会支援事業や閉区行政区支援事業にも補助。

 

・災害派遣職員受入れ 3億8,715万円

  他自治体からの中長期派遣職員の受け入れ負担金等。42人分。

・市外避難者支援事業 654万円

  避難先での懇談会、交流会の開催や、広報誌等の配布。

・なんでも相談事業 525万円

 ◎南相馬市放射線対策総合センターでは

 (原町区萱浜巣掛場45-76:テクノアカデミー浜の隣)

火曜日・・・司法書士、行政書士

水曜日・・・弁護士、税理士

木曜日・・・司法書士

金曜日・・・弁護士

 ◎市役所では

木曜日・・・弁護士

・創エネ・省エネ・蓄エネ促進支援補助

7,028万円

  太陽光発電システム設置補助

35,000円/kW(限度額349,000円)

  太陽光発電システム+省エネ・蓄エネ機器

   45,000円/kW(限度額449,000円)

家庭用エネルギー管理システム

補助率1/3(上限70,000円)

  蓄電池システム設置補助

   補助率1/5(上限250,000円)

  電気自動車用充給電設備設置補助

   補助率1/5(上限150,000円)

   

・防犯カメラ設置 2,657万円

  防犯強化のため設置し、撮影・記録する。

20㎞圏内19か所、20㎞圏外15か所。

・小高区復興デザイン共同創生事業

1,102万円

  住民と行政・専門家等が「協働」する役割分担を確立し、小高区での豊かな生活を目指す。

東京大学復興デザイン研究体にデザインセンター運営を委託する。

・20㎞圏内見守りパトロール1億1,876万円

  車両4台で24時間のパトロール。雇用予定者42人。

      

・臨時福祉給付金の給付 3億4,137万円

  消費税引き上げでの低所得者負担に配慮した臨時措置としての給付。

低所得者臨時給付金3,000円×13,000人

低年金生活者支援 30,000円×7,300人

低所得の障害・遺族者 30,000円×890人

・身体障がい者訪問入浴サービス 255万円

  訪問入浴車を派遣し、介護者の負担を軽減する。

・障がい者自立支援給付事業8億3,597万円

  自立支援給付、介護給付、訓練等給付、その他の在宅サービスなど。

・車いす同乗軽自動車貸出事業 94万円

  外出支援のための貸し出し運行経費。対象者は歩行が困難な方の家族等。市社会福祉協議会への委託事業。

 

 

 

時の流れに身を任せるわけにはいきません ②

636人の方が津波の犠牲になり、そしてその後の原発事故と相まって多くの方が亡くなってしまいました。大震災から5年目。「犠牲者の追悼式典」、前後して「原発なくせシンポジュウム」、「原発なくせ県民集会」、「なくせ原発・核燃2016三八地区(八戸市)集会」等々への参加が続きます。そして、高校、相馬看護学校、小中学校の卒業式出席等が重なっています。そして、そして3月議会です。先週は「なじょしてる」を発行できなくて、ごめんなさい。

 卒業式で、この子らに、この青年たちに、『俺たちはこう闘ったのだ。』と誇れる今の行動をとらなければと、あらためて決意しています。

バラとブルーベリーの新芽・花芽が大きく膨らみつつあります。ミニスイセンは咲き始めました。クリスマスローズの花が咲き乱れています。春です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示