なじょしてる通信 №417 2016.3.27付

  

 417 2016 27日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

3月議会提案 

 16年度目玉は  

 小中学校トイレ洋式化

快適な学習環境と、災害時避難施設としての充実を図る。予算額9,566万円。

 

 就業人材確保住宅整備

市内事業者等の労働力確保のための賃貸住宅の整備を行い、事業者等に提供する。

予算額2,270万円(リース方式とするため、2016年分の予算)。

 農家民宿支援補助

農家民宿の新規開業・再開や商品の開発経費等に対する補助金。予算額570万円。

・家屋改修補助 2/3補助 上限あり(新規200万円、既開業者100万円)

・手数料補助 2/3以内

・商品開発補助 1/2以内(上限10万円)

 テニスコート増設

原町区下高平にあるテニスコート(市サッカー場〔小高工業高校仮設校舎〕の東側)に8面を増設整備する(計14面となる)。

予算額3億5,991万円。

 パークゴルフ場整備

鹿島区川子地内(東北電力原町火発石炭灰埋立地)の内、70,124㎢に6コース 54ホールを整備する。

予算額3億1,207万円(2か年で整備し、2015年度は5億9,605万円)。

本年10月に一部供用し、2017年4月フルオープンを予定。

2016年度当初予算

2016年度当初予算の主なものは、次の通りです。

 主な当初予算  

・元気あふれる幼児育成事業 97万円

  保育士の資質と指導力を高める研修等を行う。

・杉並文庫整備事業 290万円

  市・私立保育園、認定こども園に絵本や紙芝居の図書整備を行う。原資は東京都杉並区からの支援金。

・幼児一時預かり事業 710万円

  1歳から就学前の幼児を月~土曜日に、あずま保育園で一時預かりを実施。育児疲れや保護者の急病に対応するものですが、幼稚園、保育園に在籍する子どもは対象外。

・ひとり親家庭高校卒業程度認定試験合格支援事業 75万円

  受講終了時給付金

支払った額の20%補助(上限10万円)

合格時給付金

支払った額の40%補助(上限15万円)

 

・生活保護扶助費 5億568万円

  生活保護法に基づき最低限度の生活を保障する。生活保護見込み 244世帯。

・災害見舞金 1,080万円

 

1世帯当たり

1人当たり

全焼・全壊等

10万円

2万円

半焼・半壊等

5万円

1万円

埋没・水没等

3万円

・災害弔慰金 5,625万円

  東日本大震災により死亡した遺族に支給。生計中心者500万円、その他の者250万円など。

※新たな犠牲者を見込まなければならない、悲しい予算です。

・災害廃棄物処理代行負担金

20億3,657万円

     

 

 

 

 

 

  20㎞圏外の災害廃棄物処理を国が設置した焼却炉(小高区下蛯沢)で処理する。

・災害廃棄物処理対策 26億1,794万円

  20㎞圏外のガレキの分別、再利用箇所への搬出、最終処分の経費。

・仮設・借上げ見守り訪問 936万円

  孤立死、孤独死を防止するとともに、引きこもり防止や被災者相互支援体制の強化を図るため、生活相談員(社協)の訪問活動を実施。

・高齢者向け仮設住宅入居者見守り事業

552万円

  見守り活動と、集会所でのサロン活動。

・大震災遺児等支援金支給 1,580万円

  震災当時に胎児であったものを含む18歳以下に支給。対象者は48人。

・大震災遺児等進学支援助成 1,040万円

  大学等進学負担の軽減をはかる。入学金上限100万円。学費上限100~200万円。就学支援助成60万円/年。

・生活圏除染事業 231億2,720万円

  20㎞圏外の宅地と宅地周り森林の除染業務委託。

・除染土壌等仮置き場設置管理

207億2,502万円

  20㎞圏外分。原町区馬場から小高区への移設経費40億円を含む。

・農地除染(20㎞圏外) 10億5,461万円

農業用施設等の除染経費。

・農地除染関連事業 28億3,631万円

  一時集積所から仮置き場への搬出、一時仮置き場の撤去費用等。

・事後モニタリングとフォローアップ除染

31億4,918万円

  除染後の放射線量の調査と除染後の線量率が高い場所の除染の実施。

・介護員養成事業 1,313万円

  不足する介護職員を養成するために、無料受講できる介護職員初任者研修講座を実施。20人×4回。

  介護福祉士国家資格取得を目指す者への実務者研修受講者の補助。

・保育所給食検査体制整備 1,772万円

  かしま、かみまの、あずま、さくらい各保育園の給食食材の放射性物質の事前・事後検査を行う。

・不採算地区公的病院運営費補助6,736万円

  鹿島厚生病院の前年度決算赤字額の補てん補助。

・夜間小児科・内科初期救急医療 810万円

  土・日曜日、祝祭日・年末年始の午後7時~9時30分に小野田病院で受診できる。相馬郡医師会からの派遣医師が担当する。

・感染症予防事業 1億5,914万円

 

  定期予防接種:三種混合、二種混合、麻しん、風しん、日本脳炎、BCG、ポリオ、インフルエンザ、四種混合、ヒブ感染症、小児の肺炎球菌感染症、子宮頸がん予防ワクチン、水痘、高齢者の肺炎球菌感染症を市内及び、県内委託医療機関で実施。

結核検診:総合健診と同時実施。

・市営陣ヶ崎公園墓地整備 2億9,031万円

  増設工事を2017年度まで実施し、2018年度から供用開始。

 

んだんちょもとは言わない?

昨年、「使わなくなったので」との言葉に甘んじて、フォークリフトをいただき?万円かけて完全修理。今年に入って22年前は新品のミニバックホー(パワーショベル)を購入。体力の減退でも可能な農業の再開というより、マイナスからの出発に備えています。春を感じて心身は、種まき、田植えモードに・・・・? んだんちょも・・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示