なじょしてる通信№420 2016.4.17付

  

 420 2016 17日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

3月議会 

 主な当初予算  

・居住再開支援住宅清掃補助 1,800万円

  汚染等の被害を受けた避難指示区域内の住宅屋内の清掃補助。市指定清掃業者に限る。補助上限額18万円。

・井戸整備補助 5,000万円

  10/10以内補助。上限額100万円。対象者は以下の条件の全てを満たすこと。

‣ 上水道未給水区域で、給水施設が破損・汚損した者。

‣ 井戸を新設又は修繕しようとする者。

‣ 2011.3.11にその住宅に居住していた者。

‣ 2018年3月末までに帰還を予定している者。

・食品等放射能簡易分析 3,425万円

  各生涯学習センターと小高区役所で、自家消費野菜等の検査。

・井戸水核種濃度・水質検査 3,229万円

  飲用井戸水の放射性セシウムや水質(14項目)の無料検査。

 

・焼却灰一時保管対策 1億3,784万円

  焼却場、し尿処理施設からの焼却灰等の検査、隔離保管施設設置と管理経費。

・小動物獣害拡大防止 480万円

  小動物の追い出し、残置物の除去、進入口の閉塞等を業者委託で実施。

・緊急雇用対策(合計) 5億1,778万円

  市臨時職員雇用、農産物放射能測定等11事業で78人の雇用。財源の大半は県支出金。

・チャレンジ作物支援補助 700万円

  復興プラン作物の産地化を図るため、新作付け者の種苗費に1/2以内を補助。トマト、キュウリほか12品目。

・有害鳥獣被害防止総合対策補助 230万円

  防護柵設置補助、狩猟免許取得支援補助等。

・青年就農給付金 450万円

  就農初期に給付金を支給し、経営の安定や生活基盤の安定を図る。150万円3名。

・農家民宿支援補助 570万円

  新規開業や再開、事業継続に必要な経費や商品の開発経費に助成。

 ‣ 家屋改修に2/3補助。上限あり:新規は200万円。

 ‣ 商品開発に1/2補助、上限10万円。

・多面的機能支払交付金 1億3,739万円

  農地・水・環境の良好な保全と質的向上を図る活動組織に活動費の一部を助成。42地区を予定。

・営農再開支援補助 6億2,221万円

  土壌改良資材の調達、畦畔等の修繕、カメムシ防除支援、水田漏水対策など。

・植物工場整備事業 7億9,119万円

  南海老での造成工事、設計、建設工事など。

 

 

「誰も責任を取らないまま」を子や孫に伝えていいのか!!

浪江町が帰還困難区域を除いて自由に立ち入ることができるようになったと聞き、母の実家:中浜を含めて状況を確認に行ってきました。3、4年位前の小高区を見た思いです・・・・・。しかし、浪江町は小高区にも増して、復旧は困難だとも感じました。まして、復興ともなれば・・・・。立派な道路や橋ができ、立派な建物がたくさんできたとしても、そこに住んでいた人の思いには到底手が届くとは思えません。

前号で、小高中学校への入学者数は「21名」と記しましたが、正しくは「24名」でした。ごめんなさい。

 

小高区4小学校の全児童が歌える4小学校の校歌 入学式のしおりから転載

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示