FC2ブログ

なじょしてる通信№428 6月26日付

  

 428 2016 26日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

国保特別会計補正予算

税率据え置き提案

一方で剰余金5億円を

ため込みに

6月定例議会に提案されている国民健康保険特別会計補正予算は、実質的に今年度の国保税を決める予算案です。提案は、

2015年度決算見込み

12億6千万円を繰越金に

2015年度国保税特別会計の決算は確定していないものの、見込み額が明らかになりました。剰余金が12億6,189万円となります。これは、いわば税金を取り過ぎたために余ったお金です。

予算は、どの程度の医療費がかかるか予測した上で、収入では国などの負担分を差し引いて足りない分を国保税として徴収する仕組みです。

医療費の伸びを大きく見過ぎ、国負担分を少なく見過ぎた結果、多額の税金を課したことになります。

結果論とだけでは済まされません。ここ3年間だけでも、毎年12億円もの剰余金・繰越金をつくっているのです。

5.6億円をため込みに(基金に)

12.6億円の繰越金の内、1億3千万円は先払いで重複していた国の交付金(国の負担金)なので、今年度で返還します。残り11.3

億円の内、5.7億円は今年度の国保税を据え置くための財源に回し、5.6億円は余ったとして基金への積み立てにしてしまいます。

 

ため込んだお金 どうする?

昨年度末の基金残高は6億8千万円です。今回の基金積み立てを合計すると12億4千万円にもなります。

ため込んだお金の内、約4億円は大災害や深刻な伝染病蔓延などへの備えと言います。

しかし、今まで使われたためしがありません。そもそも不測の事態があれば、国が手当てをするべきものです。だから、基金を持たない市町村もあるのです。

8億円は今後の値上げに備える?

基金の残りの使い道は、災害関連支援策終了後の財源不足や、急激な国保税増嵩に備えて、取って置くと言います。

? ? ? ?

 ここまで来て、あれ!おかしくない?と気づいた方もおられると思います。

事故原発から30㎞圏内の方には、国保税が減免されています。実質的に国保税が課せられているのは、鹿島区の30㎞圏外の方だけです。

「鹿島区の皆さんから取り過ぎた国保税が余り、ため込んだお金は南相馬市全体の皆さんのために使う。」ということになりませんか。30㎞圏内の方が「おら儲かった」で済まされない問題です。

国保税の大幅引き下げを

今年の国保税課税額の予算は、4.2億円です。30㎞圏内には税が免除されるからです。

基金に積み立てをしなければ、国保税を取らないでも済むことになります。

少なくとも、大幅減税ができます。

 

標準語しかしゃべぐったごとねぇんだげんちょも

先週末、相馬地方広域消防の6年ぶりの検閲式があり、出席してきました。併せて、救助や消火などの訓練、装備車両の紹介などもありました。きびきびと迅速な行動は、頼もしいものでした。祝辞を述べる機会があり、次の一言を加えさせてもらいました。「自らの命も大切にしてください。あなた達の命は市民の命に直結します。市民の命の綱であり、市民の宝であり誇りでもあるのです。」と。

別の日、市役所内で「かっつぁれきかねぐなった」と言ったら、まったく通じませんでした?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示