FC2ブログ

なじょしてる通信№429 7月3日付

  

 429 2016  日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

津波被災地以外で初めて

 農業用機械無償貸付

小高にも

津波で壊滅した地域の農業を復興するために、これまでその地区を対象に「農業用機械・施設の無償貸付・譲与」が行われてきました。

※無償貸付・譲与 農業機械の耐用年数が7年とされていることから、市が農業者等に7年間は無償で貸付をします。その間の修理等を含む維持管理費用は農業者等の負担とし、7年を経過後は機械等を無償で譲与します。

6月定例議会では、津波被災地だけではなく、原発事故被災の施設・機械も対象にするための条例の改正をしたことと同時に、新たに財産取得の議案を可決しました。

実質的に、南相馬市全域が対象地域になります。

 

 

6月議会 財産取得の内訳

記載は、①貸付先、②主な営農地域、③主な機種と件数、④金額(税込)の順です。

⑴ ①南柚木機械利用組合、②鹿島区南柚木、③コンバイン・ヘイベーラー等5件、④1,541万円

⑵ ①車輪梅農業機械利用組合、②鹿島区南海老、③コンバイン1件、④1,392万円

⑶ 北右田機械利用組合、②鹿島区北右田、③トレーラー1件、④95万円

⑷ ①グリーン南右田、②鹿島区南右田、③コンバイン1件、④1,182万円

⑸ ①ナメヌマ機械利用組合、②鹿島区北屋形、③コンバイン1件、④1,283万円

⑹ ①万葉機械利用組合、②鹿島区北海老、③コンバイン等2件、④1,503円

⑺ ①うきた夢ファーム、②鹿島区浮田、③コンバイン等2件、④2,435万円

⑻ ①㈱南相グリーンファーム、②原町区渋佐、③動力噴霧機1件、④533万円

⑼ ①タイヘイファーム、②原町区渋佐、③コンバイン等2件、④1,487万円

⑽ ①萱浜機械利用組合、②原町区萱浜、③コンバイン1件、④1,182万円

⑾ ①ふぁーむ・しどけ、②原町区雫、③トラクター・集草機等9件、④1,967万円

⑿ ①めぐみ機械利用組合、②原町区金沢、③コンバイン等2件、④1,284万円

⒀ ①ごろくファーム、②原町区金沢、③コンバイン等2件、④2,562万円

⒁ ①飯崎生産組合、②小高区飯崎、③トラクター・コンバイン等7件、④2,970万円

 

 

 

 

小高区内

 教育施設再開方針

南相馬市教育委員会は、小高区等の避難指示解除期日を7月12日と決まったことから、小高区の小中学校、幼稚園などの再開方針を決めました。

現段階では方針です。6月中に保護者懇談会で意見・要望を聴取します。その後の7月上旬に教育委員会臨時会を開いて、再開時期等を決定するとしています。

 

【小中学校の再開方針】

再開時期

2017年4月1日を再開時期とする。

◆ 再開体制

○ 小学校

 ・小高小学校に集約して、4小学校による合同運営とする。

  ・校長は1名、教頭は各校1名の体制。

  ・教頭と教諭は兼務発令となり、4小学校児童への平等な指導に当たる。

○ 中学校

 ・小高中学校での再開。

○ 児童クラブ

 ・小学校の再開時期に合わせて、小高合同児童クラブを再開する。

 

【幼稚園・保育園の再開方針】

再開時期

○ 幼稚園

・2017年4月1日を再開時期とする。

○ 保育園(認定こども園)

・2018年4月1日を再開目標時期とする。

再開体制

○ 幼稚園(一時的な預かり機能あり)

・小高幼稚園で、子育て支援センター機能を持たせて再開。

○ 保育園(認定こども園)

・幼稚園・保育園の一体的運営を図るた め、必要な整備を行ったうえで、「認定こども園」として開設する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反応の早い方です

6月27日、原水爆禁止国民平和大行進が南相馬市を通過しました。この地球上から原水爆の全てを無くすこと、全ての戦争を無くすことの必要性を訴えながら。その意味でも「戦争をしたくてしょうがない総理大臣」の暴走をなんとしてもストップさせなければと、あらためて強く思いました。

北海道から東京までの通し行進者2人のうち、お一人はフィリピンの若い方でした。彼が前週、宮城県で描いたアクリル絵の具での絵を拝見しました。仮居に帰ってから、「俺も絵を描いてみっかな。」とつぶやいたら、間髪を入れずに「はじをかくの。」と言われてしまいました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示