なじょしてる通信№438 9月4日付

  

 438 2016  日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

寬一 一般質問

 13日11時から

 9月議会の一般質問登壇者は11議員です。

私の質問順は、9月13日11時前頃からです。

私の質問通告の内容は、

⑴ 小高で暮らすための緊急対策を

① 調剤薬局を行政の責任で開設を。

② 訪問介護サービスを行政責任で再開を。

⑵ 小高で暮らすための条件整備を

① 道路、河川の法面雑草対策を。

② 若い後継者が農業を営むための条件整備を。

⑶ 小、中学校の給食費の無料化を。

9月補正予算

106億8千万円追加

7日からの9月定例議会に提案されるのは、議案46件(条例関係14件、決算関係16件、予算関係10件、その他6件)、報告3件です。

一般会計では、補正額106億8,185万円を追加し総額は1,195億7,088万円になります。

 

 主な補正予算  

・集会施設整備補助

42,538万円

  小高区の大井・北鳩原・大田和・上耳谷各集会所、鹿島区の上栃窪・烏崎各集会所、原町区の下江井・金沢・陣ヶ崎一、橋本町三・高倉各集会所の改修、修理及び備品整備への補助。補助率はいずれも90%。

・南相馬チャンネル整備 1億5,026万円

  避難指示解除地区への視聴エリアを一部拡大するため、新設備を設置する。

・小高区復興拠点整備事業 2億8,521万円

  小高駅前通りに整備し、多世代の交流、地域活性化のための施設を整備する実施設計、用地買収費など。

建築等工事は、2017~2018年度に実施。

・小高駅周辺施設整備

163万円

  小高駅公衆トイレ設置の

ための地質調査費。

・帰還者生活再建支援事業 120万円

  生活再建に寄与する事業を実施する団体に補助。当初予算の1,000万円を超える申請があるための補正予算。

・介護ロボット導入補助 528万円

  6事業所に。補助上限は1事業所92万円。

・原町老人福祉センター建設 1,304万円

  現センターが老朽化のため、新設に向けた基本設計費など。

・民間小規模保育施設整備補助 1,022万円

  保育所待機児童解消のため、民間での整備費用に対する補助。補助率75%。

・生活圏除染 21億4,617万円

  20㎞圏外で新たに除染同意が得られた物件等の放射能除染。

・公立保育園庭芝生化整備 5,719万円

原町さくらい保育園の園庭1,612㎡の芝生化工事。

・ごみ集積所整備報奨金 635万円

  市の負担割合を50%から90%に、報奨金上限額を6万円から15万円に引き上げ、鹿島区に19件、原町区に36件を設置。

・新診療所開設補助金 5,000万円

  市内に不足する診療科を開設する開業医に補助。当初予算1件が決定したことから、補正予算で第2次公募をする。

 

複雑?なさけなし? 台風一過

大きな被害が予報された、「これまでのデータにはない東北地方に上陸する台風」は、高平地域に停電を起こすなどの被害がありました。いずれ市内では大きな災害には至らず、まさに台風一過の状況にホッとしています。農業にたずさわらないために右往左往しない自分に、チイ子さんの指示により玄関に退避させて無事だった薔薇の鉢にホッとする自分に、複雑な思いもしています。薔薇は、今年2回目の開花を迎えつつあります。

 

【新聞「赤旗」日刊紙から転載しました。】

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示