なじょしてる通信№449 11月27日付

  

 449 20161127日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1

福島沖地震

福島第2冷却一時停止

22日早朝の地震と津波は、東京電力・福島第1、第2原発にも影響し、緊張が走りました。

福島第2原発では3号機の使用済み核燃料プールの冷却が1時間30分以上にわたって停止しました。プールには使用済み核燃料2,360体と未使用の核燃料184体の計2,544体が保管されていました。

 とんでもありません!

使用済み燃料と言っても、冷却を続けていたプールの温度は11月下旬でも29℃ありました。核燃料の崩壊熱によるものです。

冷却が止まったままになれば、その後冷却水が沸騰し、水は無くなってしまい、燃料は溶融し、再臨界の道をたどります。プールは原子炉格納容器の外にありますから、実質的に外界に露出した状態です。5年前の原発事故よりはるかに重大な事態を起こすものです。

11月22日の南相馬市災害対策本部会議に出席していた東京電力は、そこまでには10日間の余裕がある旨の報告をしていました。

とんでもありません!!!!!。どんな大地震が来ても、どんな大津波が来ても、冷却用のポンプが止まることがあってはなりません。5年前の重大事故を起こした責任を全く感じない対応を取ってきているとしか言いようがありません。

その上、報告遅れ!

この問題について東電が原子力規制庁に報告したのは、冷却停止から1時間近くかかってからのことでした。これまた、県民無視の体質の表れです。

すべて廃炉 市民・県民の願い

これまで福島県議会と県内の全59市町村議会が、県内の全ての廃炉を求める決議をあげています。

しかし、東電も政府も、いまだに第2原発の廃炉の判断を示していません。

 

 

寬一 一般質問

 7日10時から

 1 2月議会の一般質問登壇者は16議員です。

私の質問順は、12月7日10時前頃からです。

私の質問通告の内容は、

⑴ 避難支援の継続を

① 20㎞圏外の避難者への仮設住宅・借上げ住宅無償を来年3月で打ち切るな。

② 20㎞圏内の避難者の民間借上げ住宅期限が2018年3月は被災者切り捨てだ。継続を。

⑵ 避難指示解除がもたらした苦難の解決を

① 県復興公営住宅入居申込は、南相馬市民は解除されていることを理由に門前払いだ。とんでもない。

② 環境省は荒廃家屋解体申し込みを打ち切っている。継続をさせよ。

③ 荒廃家屋を放置した場合、どうなる。

④ 宅地が更地のままの固定資産税は高くなるが、救済対策を。

⑶ 医療の復旧・復興を

① 人工透析をできる病院絶対数が足りない。緊急に改善を。

② 市立小高病院の復旧と入院再開を

12月補正予算

106億8千万円追加

11月30日からの12月定例議会に提案されるのは、議案34件(条例関係15件、予算関係11件、その他8件)、報告1件です。

一般会計では、補正額98億7,228万円を追加し総額は1,293億5,836万円になります。

 

 主な補正予算  

・県立特別支援学校整備 1,375万円

県立相馬養護学校の鹿島区への移転新築に伴う敷地造成設計や移転補償費の増額。

・集会施設整備補助 42,538万円

  鹿島区の一区二区・江垂・小池・北屋形・小島田・川子・橲原・大内・横手・北海老・白坂各行政区集会所及び原町区の仲町一・高一・上北高平三・上高平二各行政区集会所の改修、修理及び備品整備への補助。

・小高区復興拠点整備事業 9,946万円

  9月議会で減額修正された実施設計費や新たな駐車場の用地費など

・小高駅周辺施設整備 2,408万円

  小高駅前公衆トイレ建設工事費。

 

 

9月議会での

寬一一般質問

 私の一般質問は、9月13日に行いました。内容の要旨の続きです。

  学校給食費の無料化を

【質問】 本年度の南相馬市には、小学生が4,058人、中学生が1,963人、合計6,021人の児童・生徒が在籍していたはずです。

残念ながら、実に悔しいですが、大震災、特に原発事故のために、現在の小中学生の合計は3,458人であり、事故原発からの距離により差はありますが、在籍率は71%に落ち込んでいます。

在籍率は、徐々に向上はしてきているものの、今後大きく上がることは簡単には期待できない。さらに、小高の小中学校を来年4月に小高で開校をする方針であり、多少なりとも変化が出てくるものとは思っております。しかし、在籍率が引き上がることには、必ずしもつながらないのではないかと心配をしているところです。

南相馬市の人口減少と全国的に進む少子化だけではなくて、原発事故が大きな大きな拍車をかけて、子供の極端な減少につながっております。当然、一方で、極端な高齢化になっております。

困難な子育て環境を改善するために、南相馬市は日本一子育てしやすい自治体を目指して、幼稚園、保育所の完全無料化を実施しています。この点については、高く評価をしているところです。ここをさらに一歩前に進めていこうというのが私の質問です。

私は、学校給食の無料化を求める質問をちょうど2年前の9月議会でも行っています。そのときの質問の一部を再度申し上げます。

子育てにお金がかかり過ぎることや、所得の低下、非正規雇用の拡大などの雇用不安があり、若い子育て世代の経済的負担が重くのしかかっています。南相馬市では、その上に原発事故のために、不安な生活を続けています。南相馬市民の産み育てる環境は、我が国の中では最悪の状況にあります。少子化、貧困の世代間連鎖が問題になっているとき、原発事故で産み育てる環境が一層困難になっている南相馬市で、学校給食の無料化に踏み切るべきであります。福島県内で南相馬市が学校給食無料化の先陣を切っていこうではありませんかと申し上げました。

【次号に続く】

 

 

すべて廃炉 市民・県民の願い

3.11後、防波堤・防潮林などが復旧途上にある中での22日早朝の地震と津波は、被害が心配されるものでした。被害は少なく、ホッとしました。とは言え、みなさん大丈夫だったでしょうか。22日に予定されていた南相馬市金婚祝賀式や相馬地方広域市町村圏組合職員表彰式等々が延期されました。ごめんなさい。当日の地震直後、即刻、市職員、消防職員などは登庁し、市長を先頭に市民への対応や各現場の確認などに動き出していました。仕事とは言え、感謝します。それに反し、原発は、東電は、とんでもありません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示