FC2ブログ

なじょしてる通信№467 4月30日付

  

 467 2017年 30日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

2017年度

 主な当初予算   

・フッ化物洗口事業 42万円

  福島県の子どもの虫歯保有率が全国で最も高く、県内でも相双地区が高いため、市内幼稚園の対象児童355人に毎週5日間のフッ化物洗口を行う。

・感染症予防事業 1億5,609万円

  定期予防接種:二種混合、麻しん、風しん、日本脳炎、BCG、ポリオ、高齢者インフルエンザ、四種混合、ヒブ感染症、小児の肺炎球菌感染症、子宮頸がん予防ワクチン、水痘、B型肝炎、高齢者の肺炎球菌感染症を市内及び、県内委託医療機関で実施。

結核検診:総合健診と同時実施。

・共同墓地災害復旧補助 31万円

  小高区岡田養子坊共同墓地

・市営陣ヶ崎公園墓地整備 2億7,071万円

  拡張工事を2018年度まで実施、共用。

・母子保健:利用者支援 1,178万円

  保健師等による専門的見地からの相談・支援。

・産後ケア事業 140万円

  助産師が産後の育児支援。

 

3月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、3月10日に行いました。

  入院できる小高病院をなんとしても残すべし

【答弁:市長】 小高区の病院が無くなるのは非常につらいことであることは私も承知していますが、現状として相馬地方での救急体制の充実、高機能消防指令整備が南相馬市消防署内に設置されてございます。どこからでも位置が特定できますし、小高区を含めて救急体制の充実は図ってきているところでですから、救急は小高区からでも総合病院に時間を置くことなく搬入できるように努力してまいりたい。

【再質問】 救急は、震災前もそのような状況でした。小高区に戻る方の多くは高齢者、比較的高年齢の方です。その人たちが入院した際に、もう原町区や鹿島区、相馬市の病院となれば、日常的な家族の見舞いができなくなるということです。非常に深刻です。

私は、今の状況では許せないものです。

 

除染土壌等の

仮置き場対策強化を

 

ⅰ 除染土壌等の中間貯蔵施設への輸送スケジュールと完了の見通しは。

また、輸送を急がせよ。

【質問】 6年前、南相馬市の全ての土地と海が大量の放射性物質で汚染をされました。

誠に不十分な基準と、誠に不十分な場所だけの南相馬市の除染もその終了時期の先が見えてきました。

南相馬市の除染土壌等の仮置き場は51カ所に及んでいます。仮置き場の面積合計は329ヘクタールと広大な面積に及んでいます。仮置き場を設置する時の説明では「仮置きは3年です。中間貯蔵施設に輸送が完了するまでの期間を含めると最大5年間。」と説明されていたではありませんか。

もう6年経っています。どうなっているのですか。国、環境省の責任ではあるものの南相馬市は黙って指をくわえて成り行きを見ているわけにはいきません。

 

 

 

チイ子さんに尻を押されながら綿

いよいよゴールデンウイークです。本来ですと水稲苗の管理、本田の2番耕、肥料散布、代かき、田植えと続く、1年で一番忙しい時期です。忙しくない残念さと同時に、体力が落ちていることを実感していることから少しホッとしています。育苗箱8箱分の綿の苗の管理と移植の段取りをするのが少しばかりの気休めです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示