FC2ブログ

なじょしてる通信№469 5月21日付

  

 469 2017年 21日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

災害関連死 499人に

 南相馬市の災害関連死はさらに10名増え、499人に及んでいることが報告されました。

震災時の直接死636人と合わせて、南相馬市の震災関係死亡者数は、1,135人になってしまいました。2月22日と4月19日に開かれた災害弔慰金支給審査委員会の結果によるものです。残念です。

 

2017年度

 主な当初予算   

・積算線量計貸与健康管理 1億1,488万円

  全市民対象の個人積算線量計測定に要する経費、結果分析に要する経費など。

・放射線被ばく検診 1億407万円

  ホールボディカウンターによる内部被ばく検診。18歳以下2回/年、19歳以上1回/年を無料実施。

・居住再開支援住宅清掃補助 2,880万円

  汚染等の被害を受けた避難指示区域内の住宅屋内の清掃補助。市指定清掃業者に限る。補助上限額18万円。

・井戸整備補助 4,000万円

  10/10以内補助。上限額100万円。対象者は以下の条件の全てを満たすこと。

‣ 上水道未給水区域で、給水施設が破損・汚損した者。

‣ 井戸を新設又は修繕しようとする者。

‣ 2011.3.11にその住宅に居住していた者。

‣ 2018年3月末までに帰還を予定している者。

・食品等放射能簡易分析 3,249万円

  各生涯学習センターと小高区役所で、自家消費野菜等の検査。

・井戸水核種濃度・水質検査 2,851万円

  飲用井戸水の放射性セシウムや水質(14項目)の無料検査。

 

3月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、3月10日に行いました。

除染土壌等の

仮置き場対策強化を

 

ⅱ 仮置場は長期保管になってきている。仮置き方法の抜本的見直しを。

【質問】 仮置場の実態は長期保管になってきています。

仮置き場での保管はフレコンバッグだが、紫外線などからの劣化を十分に考慮した強固なバッグだと説明をされました。5年間は大丈夫ですという説明でした。私は何度も仮置き場に足を運び、現場を見てきております。

大分痛んだり、大分汚れたフレコンバッグがあることが分かります。即刻中間貯蔵施設に持って行ってもらいたいが、即刻全部とはいかない現状です。

仮置き場での管理体制の立て直しが早急に求められています。今のフレコンバッグではなくて、金属製、鉄筋コンクリート製等の容器に入れ替えることも含めて抜本的な対策をするべきです。

私たちの大地が、私たちの環境が再び汚染されることになってしまいます。対策を強く求めて実現をさせていくべきです。

 

 

色々、様々で エェアンベェ

種子から増やしたクリスマスローズは、アパートに訪れた方に格好の良い鉢から差し上げてきました。残された10数鉢でしたが今年は見事な多くの花をつけ、そして種を付けました。耳谷への引越しには少し早いのですが、種が地面に落ちる前にと思い、自宅の庭に定植してきました。小さな様々な花の群落帯?になればと思っています。

種子で増えたクリスマスローズの株は、1株ごとに異なる花を咲かせます。私たちの4人の子と10人の孫のように、とんでもなく異なった特長を持っているように。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示