FC2ブログ

なじょしてる通信№472 6月11日付

  

 472 2017年 11日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471

3月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、3月10日に行いました。

日本一子育てしやすい

南相馬市を目指して

 

ⅱ 保育士の処遇改善を。

【答弁:教育委員会事務局長】 住宅支援などを実施するとともに、国の支援措置を積極的に活用し取り組んでおります。

【答弁:市長】 できるだけ保育士の処遇改善等も配慮して保育士を確保し、待機児童解消に向けて動いてまいりたいと思います。

【再質問】 基本的には国がきっちりと手当てをしない限り難しいし、国がきっちり手当てすれば市立の保育園も民間の保育園もきっちりと救われていくことにつながる。

しかし、市の対策の範ちゅうが避難をした保育士に戻って来てくれ、新たに保育士として南相馬市に来てくれという政策です。

保育士の資格を持っていながら、この市に住んでいながら保育の仕事に携わっていない方、相当数いると思います。

保育の資格をとれる専門学校、大学を出た方で実際に保育士として従事しているというのは1割にも満たないという実態がある。この人たちもきっちり掘り起こしていくためには、南相馬市として独自の処遇改善策が必要だと言っています、差し当たり緊急に。

【答弁:教育委員会事務局長】 全国的には自治体独自での処遇改善策を打ち出している自治体もあります。そのような事例を研究重ねてまいりたいと思います。

【再々質問】 保育を受けることは子供の権利です。いつでもどの子でも入れる保育を保障することは、政治の責任です。

 待機児童をなくすこと、それを保障する保育士の処遇改善策を実施することに強く期待をいたします。

 

ⅲ 他市町村からも移住したくなる小高認定こども園のソフト面の充実策を。

【質問】 市で教育環境を充実させていくために、2020年春開園を目指しての小高区認定こども園整備が具体的になっています。

避難指示解除から5年を経ての開園、2020年開園ですから遅いというそしりも受けております。しかしその分、他の市町村からも移住したくなるようなこども園にしていきたいと強く思っております。立派な建物の小高区認定こども園ができました、そして誰も入園しませんでしたでは、話になりません。

小高区に戻った、小高区に移り住んだ方にとって本当に良かったと思える、預ける親とそして子供にとってハード面だけではなくてソフト面で充実をしたこども園にしていくべきであります。

小高以外からも移住したくなる認定こども園をつくっていきましょう、力を合わせて。

【答弁:教育委員会事務局長】 小高区の人、モノ、場所などの地域資源を活用した特色ある幼児教育プログラムを実践し、地域住民が行事に関わるなど地域が一体となり、子供たちが通いたくなる魅力ある取り組みに努めてまいります。

 

忘れてもいい人と、ならない人と

母:政江の実家(双葉町中浜)の義姉が昨年9月に逝ってしまいましたが、仲の良かった兄(私の伯父)も半年違いでそっと逝ってしまいました。伯父は、津波で何もかも無くなったことも忘れ、原発事故で故郷を奪われたことも忘れ、大好きだった作物を育てることも忘れ、伴侶が亡くなったことも理解しないまま、そっと逝ってしまいました。忘れることは、人間の生きる事、幸せに逝くことの備わった姿なのかもしれません。訃報を伝えられた母はオロオロとし、眠れない一夜を過ごしたようです。でも翌朝からは、伯父の話はなくなりました。これも、幸せに生きることになるのでしょう。お年寄りにとって、それだけ長い時間の避難生活になっています。

私は、まだまだ忘れるわけにはいきません。「ふるさとを奪われたことを」「大地を奪われたことを」

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示