なじょしてる通信№481 8月27日付

   

 481 2017年 27日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

【以下、8月3日に開かれた南相馬市災害対策本部会議で示された内容の一部です。】

回復できない医療

◎ 医療機関の状況(2017年7月1日現在)

【病 院】

 

震災前

震 災 後

現稼働数

新増設

休止

廃止

施設数

8

0 

1

1

6

病床数

一般

695

40

133

216

386

療養

276

40

75

88

153

精神

358

0

298

0

60

合計

1,329

80

506

304

599

〔休止施設〕

  小高赤坂病院

〔廃止施設〕

  渡辺病院

〔休止病床〕

・一般:小高病院48、大町病院24、

小野田病院61

・療養:小高病院51、大町病院24

・精神:小高赤坂病院104、

雲雀ヶ丘病院194

〔廃止病床〕

・一般:渡辺病院175、小野田病院1

・療養:小野田病院48

【医 院】

 

震災前

震 災 後

現稼働数

新増設

休止

廃止

施設数

小高

7

(2)

5

-

2

鹿島

3

2

-

1

4

原町

29

4

2

5

26

合計

39

6

7

6

32

〔震災後新設及び再開施設〕

・小高:もんま整形外科医院、半谷医院

・鹿島:絆診療所、ほりメンタルクリニック

・原町:上町内科皮フ科クリニック原町仮診療所、渡辺クリニック、三澤整形外科スポーツクリニック、三澤ハートクリニック

〔休止施設〕

 ・小高:今村医院、小川医院、上町内科皮フ科クリニック、今野外科医院、時田皮膚科医院

 ・原町:奥村医院、平田小児科医院

〔廃止施設〕

・鹿島:金子整形外科医院

・原町:柿沼皮膚科医院、かんのキッズクリニック、原町診療所

【歯科診療所】

 

震災前

震 災 後

現稼働数

新増設

休止

廃止

施設数

小高

5

-

3

2

-

鹿島

5

-

1

-

4

原町

23

(1)

3

1

19

合計

33

(1) 

7

3

23

〔震災後新設及び再開施設〕

・原町:国見歯科診療所

〔休止施設〕

 ・小高:今村矯正歯科診療所、清信歯科医院、鈴木歯科医院、

 ・鹿島:吉田歯科医院

・原町:高澤歯科医院、仲町歯科診療所、鈴木歯科医院

〔廃止施設〕

・小高:西歯科医院、ひまわり歯科

・原町:もんま歯科医院

 

9月議会日程

9月定例議会では、2016年度の決算認定議案も提出されますが、決算特別委員会に付託され閉会中審査になります。決算認定議決は、12月定例議会になります。

○ 議会前の段取り日程

8月29日 議会全員協議会(議案説明)

30日 一般質問通告期限、質問順序抽選

     一般質問内容の市からの聴き取り

     ※ 請願・陳情提出期限

9月 1日 議会運営委員会

◎ 本番

9月 6日 本会議(議案の提出及び説明)

  11日 本会議(一般質問)

  12日 本会議(一般質問)

  13日 本会議(一般質問)

  14日 本会議(議案質疑、委員会付託)

  15日 各常任委員会【寬一は文教福祉】

  21日 本会議(委員長報告、質疑討論、

表決)

△ 相馬地方広域市町村圏組合議会

10月19日 議会全員協議会の後、本会議。

広域消防や相馬看護専門学校等の予算等を審議します。今年は、飯舘村会議員選挙が9月にあるため、広域議会の開催日が少し遅い日程になっています。

飯舘村会議員選挙 定数割れ?

飯舘村会議員選挙は9月24日投票日で行われます。議員定数は10人です。

現在まで立候補を予定されている方は、8人とも聞こえてきます。このままではスタートから定数割れです?。

ここにも原発事故の大きな傷跡が・・・。多くの村民が困難な状況にある中で、その声が政治に活かされなくなります。

 

6月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、6月20日に行いました。

買い物難民の解消を

 

ⅱ 小高区商業施設整備事業の供用開始時期(2018年度末)が遅すぎる。特別対応での超特急供用開始を。

【質問】 こんな状況で満足な生活ができますか。

国も南相馬市もなぜ早く手配をできなかったのか、なぜこんな状況で避難指示を解除できたのですか。対応が遅きにしっしています。

ようやく小高区商業施設、スーパーマーケットの整備事業を実施することになり、今議会にもその補正予算が提案をされてはいます。しかし、その目指す供用開始時期、開店時期は2019年3月です。あと1年8カ月後なのです。避難指示解除時期からは2年9カ月後になります。おそきに失しています。

そうは言っても今さら過去には戻れません。商業施設を南相馬市でつくるとしたからには一日でも早く開店をさせるべきであります。それなのに今までと同じ大震災、原発事故前と同じ手法、同じ期間を想定して、開店日までの工事期間としています。

だめです。

小高区商業施設整備事業に着手したのは昨年1月です。これまで地質調査、不動産鑑定と基本設計に半年間を要しています。今議会で補正予算が可決されれば、その後、実施設計に5カ月間を要するとし、その後2カ月を置いて建設工事に入り、建設工事には13カ月を要するとしています。建設が終わるのは再来年の1月です。その後、機器の設置や開店準備に2カ月をかけ、開店は再来年の3月末になるというのであります。

こんなにのんびりしてはいられないのです。毎日の暮らしがかかっているのです。これまでの公共事業のペースで進んでいてはだめなのです。

何で地質調査と不動産鑑定、基本設計に半年を要したのですか。実施設計に何で5カ月も要するのですか。委託業者の言いなりや委託業者の立場で進めてはだめです。市民の、住民の立場に立ってください。突貫でも何でも短日でやってもらうように強く要請をしてください。何よりも優先して進めさせてください。市民の毎日の暮らしがかかっているのです。

そして、補正予算のための議会、指定管理者指定のための議会も定例議会の時期を待っている姿勢では前に進みません。予定を3カ月、6カ月前の定例議会に何としても間に合わせる体制で臨んでいただきたい。場合によってはそのことだけで臨時議会を開くこともいとわないという姿勢で臨んでいただいて結構だと思っています。

 

 

早々朝もええもんです

23日、いつもよりも少し早い3時30分頃に目が覚めてしまいました。地面が濡れていたので、雨空かと思いながらも上を見上げると、雲は4割ばかりで6割は雨に洗われたような深い星々が。東北東から西南西にチカチカの赤色がすごい速さで移動。たくさんの鈴虫の鳴き声にかき消されそうになりながらも、チカチカを追いかけてずっと後ろの方から「ゴォー」の音がするようですが。

4時を少し過ぎて見上げたら、星は消えていました。東の空か明るくなってきています。5時ちょっと前にまた外に出で見ると雨です。鈴虫と一緒にミンミンゼミが鳴いています。早く起きて空を見上げるのもエエモンダ。

この地の標準語の特徴は「い」も「え」も【エ】です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示