FC2ブログ

なじょしてる通信№492 11月19日付

   

 492 20171119日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

12月議会日程

12月定例議会では、補正予算・条例改正などが審議されます。小高病院を廃止して99床のベッドを市立総合病院に持って行くための条例改正も審議される予定です。

○ 議会前の段取り日程

11月28日 議会全員協議会(議案説明)

29日 一般質問通告期限、一般質問内

容の市からの聴き取り

     ※ 請願・陳情提出期限

12月 1日 議会運営委員会

◎ 本番

12月 6日 本会議(決算委員長報告・議案の提出及び説明)

12月11日 本会議(一般質問)

12日 本会議(一般質問)

   13日 本会議(一般質問)

   14日 本会議(議案質疑、委員会付託)

   15日 各常任委員会【寬一は文教福祉】

   20日 本会議(委員長報告、質疑討論、

表決)

◇ その他の日程(渡部寬一が関係するもの)

12月26日 相馬地方広域市町村圏組合議会

 

【以下、11月1日に開かれた南相馬市災害対策本部会議で示された内容の一部です。】

除染の状況

★20㎞圏外(9月30日現在)

 

対象数量

実績数量

実施率

宅 地

18,678件

18,671件

99.9%

再除染

130件

130件

100.0%

農 地

4,090ha

4,090ha

100.0%

道 路

912.8㎞

912.8㎞

100.0%

★20㎞圏外(3月31日現在)

 

対象数量

実績数量

実施率

宅 地

4,500件

4,500件

100.0%

再除染

423件

370件

87.5%

農 地

1,700ha

1,700ha

100.0%

道 路

270ha

270ha

100.0%

森 林

1,300ha

1,300ha

100.0%

10月衆院選挙

 小高区投票率53%

 期日前・不在者投票80%

10月22日投票で行われた衆議院議員総選挙の南相馬市民の投票率は57.20%でした。投票者数の内、期日前投票者率と不在者投票者率の合計は58.0%でした。

1年3か月前まで避難指示区域だった小高区の市民の投票率等は特徴的なものがありました。原町区の一部も同じ状況に置かれましたが、小高区外との違いがはっきり出ています。どのように分析したらいいのか、私には分かりません。

小高区民の投票状況は

当日有権者数 7,723人

当日投票者数 838人(投票者数の20.3%)

期日前投票者数 2,786人(投票者数の67.6%)

不在者投票者数  496人(投票者数の12.0%)

投票者総数 4,120人(投票率 53.35%)

原町・鹿島区民の投票状況

当日有権者数 45,775人

当日投票者数 12,001人(投票者数の45.3%)

期日前投票者数13,862人(投票者数の52.3%)

不在者投票者数  620人(投票者数の 2.3%)

投票者総数 26,483人(投票率 57.85%)

 

 

9月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、9月11日に行いました。

市職員を守れなければ、市民も守れない。

職員の命とくらしも守れ。

 

ⅰ 市職員の超過勤務の実態は。

【再々質問】 責任は市長にありますから、しっかりと管理してください。そして、それを知りながら見過ごした我々、議員の責任も免れません。直ちに360時間、年間超を少なくともゼロにする、ここに取り組んで下さい。

もう一点の追加再質問です。360時間以上の時間外労働をやっていた91人の方のうち、総務部が一番多い。問題は、全体を管理する部署が最も多いということです。

これでは先ほど申し上げたように絵に描いた餅です。言ってる本人がやってるじゃないかということです。この問題、どういうふうにするのですか。

【答弁:総務部長】 現実的に総務部が最も超過勤務時間が多いということは承知しております。

昨年度の課による特殊事情といたしましては、職場の中の1人が体調を壊してちょっと休むようになって、その部分が他の職員にかぶさってきたとかいったような事情もございます。

あと、どうしても総務部の宿命といたしましては、議会、予算編成等については資料の作成、また庁内の調整等でどうしても時間内には業務が終わらないという実態もございます。

そういったことで年間を通じてずっと超勤が多いという形については、一定程度職員の配置等でカバーできる部分はありますが、やはり自分たちの仕事の段取りでなかなか仕事が進められないと、他律的な業務の多いところについては、あらかじめどういった業務が発生するか、いま一度確認をしながら段取りよく、また効率的に超過勤務が少ない形で進められるよう対応してまいりたいと考えております。

【再再々質問】 総務部で体調を崩した職員がおって、さらに大変だということですが、体調を崩す要因の一つには過労という問題が潜んでいるのではないかと推測をしています。

それでまた残った職員が長時間残業をするということになれば、まさに悪循環であります。速やかな取り組みを強く求めておきます。

次にさらに再質問をさせていただきます。

時間外労働の申請をしていない時間外労働も相当あると聞き及んでおります。

私自身も推測できるところでありますが、7月まで原町のアパートに住んでいましたが、帰る方向なり、行動範囲がこの市役所から北側だった。

北庁舎の2階、一番先に2階が目に入るわけですが、深夜までこうこうと照明がついている状況です。経済部だと思うのですが、年間360時間越えの人は、先ほどのデータでは3人しかおらない。

私には信じられない数字でもあるのです。超過勤務の未申告、未申請というのか、この実態はどうなっているのでしょうか。

【答弁:総務部長】 まずは、超過勤務については従事する職員が申請をいたしまして、管理職が承認をして超過勤務の手続をおこなっているということであります。

基本的にその手続さえ行われていれば、未申告、未申請はないものと考えております。

ただ、職場によりましては超過勤務手当の予算がなくなって、支給が予算上できないという事態もございます。これらについては、年度末に私どもで全庁的に未支給状況調査を行いまして、時間外勤務手当については必要な予算措置をして支給をするという形で対応しているところであります。

【再質問】 未申告がないということでありますが、信じがたいことであります。

それはまさに働いている労働者自身の責任でもありますが、所属長の責任も強く問われなければなりません。きっちりとした管理してください。私が聞き及んでいる範囲でも、あの人は申告していないよというのがあるのです。見過ごさないできっちりやってください。

 

 

おれはなにやってんだべ・・・・

小高に戻るにあたって、最初は自宅のリフォームを中心に一部建て替えもする予定でした。宅地北側が急傾斜地だとされて、二転三転四転の末、住宅部分の全面建て替えになってしまいました。と、そこからが又大変。自宅の3分の1をチイ子さんに乗っ取られ、デイサービスセンターを始めることになってしまいました。耳谷方面に来た際には、ぜひ立ち寄って覗いてみて下さい。デイサービスを始めるにあたって、法人を設立しなければなりませんでした。法人役員の私の報酬は月額3万円。社会保険料や昼食代を差し引いた私の10月分の手取り額は、3,543円。4時半起床で事務をこなしているのに・・・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示