なじょしてる通信№497 12月24日付

   

 497 20171224日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

12月議会最終日

小高病院の入院

廃止条例案を否決

南相馬市議会の12月定例議会は、20日にすべての議案の採決(緊急性があるため先決した議案を除く)を終えて終了しました。

12月議会に提案された議案は47件ありました。

この内、「南相馬市原子力災害による被災者に対する市税の減免に関する条例の一部を改正する条例制定について」と「南相馬市病院事業の設置等に関する条例等の一部を改正する条例制定について」は、異議があり多数決による採決がありました。

小高病院廃止の議案は、私が所属する文教福祉常任委員会で否決の後、本会議でも賛成10人、反対11人で、否決になりました。

 

★ 「南相馬市病院事業の設置等に関する条例等の・・・・・改正」の要旨

・ 南相馬市立小高病院を廃止して、南相馬市総合病院付属小高診療所とする。

・ 小高病院にあった99床の全ての病床を総合病院に移管する。

・ 小高病院の診療科目は、内科と外科とする。

  

議案に反対した趣旨は

・ 小高病院が、診療所になるのはやむを得ないとしても、入院機能が無くなるのは困る。

 

 

・ 19床以下の有床診療所として、入院できる機能を残し、少しの間だけでも様子を見るための入院や、看取りのできる入院ができるようにすべきだ。

・ 現在の国や県の基本方針は「弱者への予算を徹底して減らすための一つとして、入院ベッド数を減らす。」であり、一度失くしたベッドが再び復活することはあり得ない。

 

◎ 「小高病院廃止議案」に反対した議員

 ⇒ 渡部寬一、荒木千恵子、中川、田中一正、今村、平田、門馬、伹野、太田、大山、志賀

 

● 「小高病院廃止議案」に賛成した議員

 ➡ 山田、鈴木正一、田中京子、渡部一夫、鈴木貞正、竹野、小川、岡崎、奥村、水井

 

かんいちコメント

それぞれの議員が悩みぬいて、会派の中でもバラバラの判断、苦渋の決断をしたものと思います。

 

 

 

 

 

 

 

選挙管理委員決まる

 

現在の選挙管理委員会委員は、来年3月2日をもって任期が終わるために、新しい方を選ぶための選挙がありました。

以下の方が、新しい委員として全会一致で選ばれました。(敬称略:年齢は現時点)

【委 員】

・ 西内祥久(78歳) 原町区三島町

・ 鎌田久夫(68歳) 鹿島区上栃窪

・ 山澤 征(74歳) 小高区耳谷

・ 渡邊純子(60歳) 原町区国見町

【補充員】

・ 鈴木幸治(69歳) 鹿島区川子

・ 井上精三(79歳) 原町区橋本町

・ 林 勝典(70歳) 小高区小高

・ 丹野常昭(73歳) 鹿島区山下

任期は2018年3月3日から4年間。

※ 委員に欠員があるときは補充員が残任期間を就任することになる。

 

 

 

 

固定資産評価審査委員

 南相馬市の固定資産評価審査委員会の委員のうち、3人の委員が2018年3月5日をもって任期満了となるので、その後任の委員を選任しました。市長が選任した方への議会の同意を求められたものです。(敬称略:年齢は現時点)

・ 半谷文人(61歳) 原町区国見町

(本籍:小高区大井)

・ 海老沼四郎(69歳) 鹿島区小池

・ 平間 廣(66歳) 原町区高見町

※ この3名の任期は2018年3月6日から3年間です。

※ 南相馬市の固定資産評価審査委員は12名です。

 

※ 固定資産税の納税者は、固定資産課税台帳に登録された価格について不服がある場合においては、毎年4月1日の固定資産の価格を登録した旨の公示の日から納税通知書の交付を受けた日後60日まで(通常2ヶ月又は3ヶ月間)以内に、文書をもって、固定資産評価審査委員会に審査の申出をすることができる。

      

 

 

 

 

 

 

 

思いは体型にも影響します

「なじょしてる通信:前号」で伝えた「体育施設整備:339万円」は、植樹祭の荒天時会場として使う予定の市スポーツセンター(原町区小川町)のトイレ改修費ですが、天皇、皇后様用に職員トイレを改修するものだそうです。ん・・・? 天皇に陛下とか様をつけるのは、「先生様」等のように呼称に呼称を重ねるようなものだとの説もあります。後で職員用に使えるのですから、この場をお借りして、これも良いか・・・・。

これはこれとしても、小高病院の入院機能廃止議案、原発被災地の固定資産税引き上げ議案等、提案された議案に反対するのは、そのつど『迷うものでもあり・・・・、勇気も・・・・』。何年も議員をやっていながら、そのつどやせる思いをしてやせています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示