なじょしてる通信№502 2月4日付

   

 502 2018  日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

東京電力福島第一原発事故から7年

原発ゼロの未来へ 福島とともに 3.4全国集会

みなさんで一緒に行って来ましょう

下のポスターの写し(横向きでごめんなさい。)の内容で行われます。福島切り捨て政治、南相馬切り捨て政治を許さないためにも、みなさんで誘い合って、一緒に行って来ましょう。

 

 

 

12月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、12月11日に行いました。

被災者・被害者に寄り添った

仮設住宅対応策を

 

ⅰ 建設型仮設住宅の入居実態と、今後の集約等を含めた対応策はいかに。

【質問の続き】 ・・・仮設住宅を建設し、入居していただいてから6年がたちました。

この間、仕事の都合、家族の都合などで転居をされた方、新たな生活の場として住宅を求めた方、遅ればせながらでき上がった災害公営住宅などに転居をされた方、避難指示の解除に伴って自宅に戻った方などが続き、仮設住宅から退去をする方が増えてきました。

そして、本年に入り、生活により利便性の高い立地にある仮設住宅で、仮設としては少し程度のいい構造の仮設住宅に、移転をしていただくことも行われました。

そこでお伺いをいたします。直近での仮設住宅の入居状況と、今後の集約等を含めた対応策、どのようにしようとしているのですか。

【答弁:建設部長】 建設型仮設住宅の入居状況には、建設戸数2,738戸、鍵渡し個数497戸で、入居率としては17.8%です。

建設型仮設住宅については、旧避難指示区域からの避難者への供与期間が平成31年3月31日であることから、集約が決定している現在の13団地、1,096戸以外に集約を行う考えは当面ありませんが、必要に応じて入居者と相談の上、対応してまいりたい。

 

 

ⅱ 仮設住宅入居者への援助・支援の実態はいかに。

【質問】 これまでの仮設住宅貸与の数々の経験から入居者の援助、支援策がとられてきました。毎日の見回り、巡回や安否確認です。また、仮設住宅の集会所を利用してのサロンなどの開設です。

現況での入居者への援助、支援の実態はどのようになっておりますか。

【答弁:建設部長】 仮設住宅入居者への支援としては、保健師、生活相談員が戸別訪問を実施し、入居者それぞれの事情に応じて、健康管理、生活相談を行うほか、絆づくり職員による入居者の安否を確認しております。

 その他さまざまなNPOやボランティア団体が現在も入居者への支援を行っているような状況です。

【再質問】 集会所を利用してのサロンの実態で危惧することがあります。

1つは、ここに集まってきていた人の大半は、女性であることです。男性はほとんど集まってまいりません。

この問題の対応策はどのようにとっていたのでしょうか。

【答弁:健康福祉部長】 市が支援しているサロンの状況、それから私自身も実際に参加した経験からもサロンに参加する方については、大半が女性であることは議員の御指摘のとおりです。

このため、仮設借り上げ見守り訪問事業などにおきまして、男性が参加しやすいようにそば打ちや将棋、マージャン等を企画し、開催しております。

また、仮設住宅等の入居者の男性を対象に男性のための料理教室を開催しております。

その後その参加者同士の自主活動として毎月集まり、調理実習による交友を継続しています。

このように男性が参加しやすいようなイベントや企画を開催しながら、対応しているところです。

会社などで一定の責任や役割を持って仕事をしてきました男性の場合には、誰かに頼られているといったことがやりがいや生きがいにつながると考えておりますので、サロンなどでも何らかの役割を担っていただきながら、男性の参加を今後とも促していきたいと考えています。

【再々質問】サロンの担当スタッフ、それぞれさまざまな工夫を凝らして、努力を重ねてきております。

しかし、残念ながらほんの一部のサロンで、集まってくる方への差別的対応があるという苦情が私にも寄せられております。

この対応策、どのようにとっているのか。

《次号へ続く》

 

 

 

 

今年の鬼はおっかねどー

江戸時代までの暦は陰暦でした。陰暦では年によるずれが大きいため、農業ができません。そこで使われていたのが、太陽暦に基づき中国で生れた「二十四節気」です。その中でも大切なのは「立春」だったと思います。立春から何日目かで、種をまく日などを決めていたのでしょう。立春から210日目は嵐が来る「二百十日」とか。88日目が「夏も近づく八十八夜:『茶つみ』の歌」とか。春のきざし、立春が季節を分けるので、その前日が節分。

めんどくせごど言っちまいました。とにかく寒い日が続きます。どうかご自愛ください。春はもうすぐです。今年の立春は2月4日。2019年、2020年も2月4日ですが2021年は期日がずれます。

節分にはデイサービスセンターで鬼役をやることになっています。(1月31日記)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示