なじょしてる通信№506 3月4日付

   

 506 2018  日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

寬一 一般質問

 12日11時から

 3月議会の一般質問登壇者は15議員です。

 私の質問順は、3月12日11時頃からです。

私の質問通告の内容は、

⑴ 地方税の重税を軽減する南相馬市をめざして

① 住民税や国保税の納税実態はいかに。特に(原発事故等対応の減免はあるものの)税滞納に対する差し押さえ等の実態の推移はいかに。

② 国民健康保険の県一本化目前だが、これを機に負担軽減の実現を求める。その中でも、南相馬市独自での子どもの「均等割」の減免制度の実現が必要です。

③ 国・県の責任において、国民健康保険制度における子どもにかかる均等割保険税の負担を軽減するように、強く求めていくべきだが、いかに。

 

 

2018年度 当初予算

昨年比74億円減 516億円

3月定例議会に提案されるのは、議案58件(条例関係22件、予算関係30件、その他6件)と、報告1件の予定です。

一般会計の当初予算歳入歳出総額は515億9,249万円になります。これは、前年度当初予算よりも、約74億円減少しています。

除染関連事業の減額が大きな要因です。

 

3月議会提案

 主な条例案等は  

⓵市職員の退職手当条例一部改正

人事院の官民比較調査の結果で国家公務員の退職手当支給水準が引下げられたことから、市職員の手当ても引き下げるもの。

・引き上げの内容➡調整率を4%引下げる

⓶ 宅地造成事業特別会計条例の廃止

原町区大木戸地内の宅地造成68区画が全部分譲され、清算も完了したことから廃止。

⓷ 村上と浦尻の簡易水道・財政調整基金条例を廃止

大震災での津波で全壊した両水道区域は災害危険区域に指定され、帰還予定者がいないことから、水道を廃止することに伴い、基金条例も廃止する。

基金は浦尻簡易水道で1,428万円、村上簡易水道で362万円ありました。

※ 財政調整基金は、利用者からの水道料金の残金等々を積み立ててきたもので、将来の設備投資などの資金に充てるとしていたものです。

今回の廃止により残っていた基金は、他の会計に繰り入れて(南相馬市特別会計予算等の収入にする。)しまいます。

12月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、12月11日に行いました。

被災者・被害者に寄り添った

仮設住宅対応策を

 

ⅳ 幅広い知見を有する市職員が、一人ひとりの入居者の相談・援助・指導に当たることこそが、今こそ必要ではないか。

【再質問】 連携して当たるというのはわかります。その場できっちりと対応できないとこれがまたうまくないです。

困っている人の話をお伺いして、その場できっちりとあらゆる対応を、答えが出せる、そういう職員、そういうチームでと私は申し上げているのです。それは後日返答しますとか、こういう制度については後に別な職員よこしますとだけでは対応できないと。

大変な労力ですが、きっちりとそこをやっていくことが必要なのです。いかがか。

【答弁:建設部長】 そのように、市としても思っております。事前に入居者の状況、困り事等を検証しながら、チームを持って膝を交えながら、その被災者とともに相談できるような体制で臨んでいくように検証します。

【再々質問】 私は、議会で職員を悪く言うことは決してありませんでしたが、この際きっちりと言っておかなければなりません。

仮設住宅が建設されて間もない時期、市役所の仮設住宅窓口で、切迫し苦しんでいる被災者・被害者に向かって「南相馬市は仮設に入ってくださいとお願いをしたことはない」「入居したいとあなたから頼まれたからやってあげているのだと」旨の対応をされていた職員がおりました。えり好みをしたり、苦情を言うのは何事だという姿勢です。私は信じられませんでした。信じられないので、その職員に直接伺いました。答えは同じでした。

大変残念な思いをして今日までおります。《次号へ続く》

 

小高と飯舘に新しい救急車を配備

救急車を更新するため、相馬地方広域市町村圏組合の予算で小高分署と飯舘分署に2月26日に導入されました。以下、同日の「車両交付・配車式」資料の一部です。

はーやくこいこい春

9歳年上の叔父は、半ばタイ国に住み着いていましたが、現地で急に逝ってしまいました。望むように人生を駆け抜けたとも思える逝き方でした。残念・・・。

徐々に日差しが強くなってきていることが感じられます。陽も長くなっています。露地のクリスマスローズの蕾がおきくなってきています。でも、まだ寒い日が続きます。みなさん、どうぞご自愛を。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示