FC2ブログ

なじょしてる通信№509 3月25日付

   

 509 2018 25日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

3月定例議会に提案されている2018年度当初予算の主なものは、次の通りです。

 主な当初予算  

・地域の絆づくり支援補助 2,055万円

  地域の絆を再生するため、住民自らが実施する事業に補助。

・被災者支援団体活動補助 4,359万円

  被災者ニーズに応じた活動に取り組むNPO等の団体への補助。財源は国。

・双葉准看護学院再開負担金 2,525万円

  双葉町にあった同学院を南相馬市に一時再開し、相双地方の看護従事者を確保するための負担金。

・南相馬チャンネル管理運営 7,605万円

・南相馬チャンネル送信

所拡張等 8,668万円

  6か所(片草、小屋木、泉沢、桃内、福浦小学校南側、浦尻)の送信所を新設整備。

・なんでも相談事業 697万円

  法律問題等を気軽に相談できる相談窓口を設置。

☆なんでも相談⇒弁護士、司法書士、税理士、行政書士による相談。火曜日~金曜日の14時~16時。

☆弁護士相談⇒木曜日の17時~19時。市役所で。

・復興総合計画策定 1,890万円

  後期基本計画策定を1年間早め、市長任期と連動した計画にする。

・鹿島駅周辺環境整備 1,300万円

  自転車置き場整備工事。

・自家消費型太陽光発電促進補助7,030万円

  太陽光発電や蓄電池システムなどの設置者への補助。

・沿岸部大規模太陽光発電用地取得

2億8,944万円

  原町南部の用地取得ほか。

・防犯カメラ設置 944万円

  旧避難指示区域内19か所、同区域外23か所に設置してあるカメラでの撮影・記録及び維持管理、修理など。

・被災者支援格差解消事業 77万円

  30㎞圏外市民の高速道路通行料軽減策をネクスコ・国交省と協議するための予算。

・一時帰宅等交通支援事業 7,256万円

  ジャンボタクシーの運行。

☆一時帰宅便 ⇒ 仮設住宅等から20㎞圏内の利用者宅を1日当たり往復2便、毎日運行(年末年始を除く)。

☆おでかけ便 ⇒ 20㎞圏内利用者宅から小高区・原町区内の商業施設や医療機関を1日当たり往復2~4便、毎日運行(年末年始を除く)。

・総合交通体系再構築事業 2,492万円

  定額タクシー事業等。2種免許取得費の1/2の補助(125,000円上限)をタクシー会社等に補助。

・ふるさと帰還促進事業 1億1,214万円

  旧避難指示区域への帰還移転費用に対する補助。県外からの帰還世帯10万円(単身5万円)、県内からの帰還世帯5万円(単身3万円)。

 

・旧避難指示区域見守りパトロール

1億1,154万円

  4方部に分け、24時間体制でのパトロール。42人雇用を予定。

 

・旧避難指示区域内等安心通報システム事業 1,214万円

  安心通報システム(本体、遠隔通報ボタン、フラッシュライト)を貸与し、受信センターで24時間、365日体制で監視し迅速・正確な救援体制をとる。2018年度新規設置120世帯を含む520世帯設置を予定

 

殉職消防団員顕彰碑除幕式

3月11日、原町区萱浜の南相馬市防災備蓄倉庫敷地内に建立された「顕彰碑」の除幕式が行われ、出席しました。私などがコメントできるものではありませんので、碑文と殉職者の名簿だけを転載させていただきます。

 

 

 

二つの「感動」

13日の小高中学校の卒業式に出席させていただきました。校長先生は「卒業生は小学2年生から過酷な環境、転校、仮設校舎で学び、ようやく本来の学校での卒業式になりました。」と。卒業生代表の宮西君の答辞では「ようやく群青を小高の地で歌うことができる。」と。教育長も、PTA会長も、在校生の送辞も感動的ですばらし

 

いものでした。私は花粉症になったことはありませんでしたが、突然に40分間だけはひどい花粉症になってしまいました。

 一足早く春休みになった山形県に住む孫たちが遊びに来ました。むかいの集落:上浦の江井鋳造所の近くに一緒に行った時、「ここは工場だよ」と教えました。小5の孫が「芋の工場って、どういうこと。」と聞かれて・・・・・、感動?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示