FC2ブログ

なじょしてる通信№519 6月10日付

   

 519 2018 日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

新庁舎建設 ? ①

南相馬市役所の新庁舎建設計画の概要は、「なじょしてる通信」の№514・4月29日付でお知らせしました。

これに伴って市民のみなさんから、意見が寄せられてきています。今後、シリーズでお伝えしていきたいと思います。

 

Q.1 「震災前に

耐震改修をやっていたのでは?」

・ 本庁舎は2009年度・2010年度の2年間で、5億2千万円をかけて耐震改修をしています。

・ 本庁舎は、1968年に建築されています。鉄筋コンクリート造りの耐用年数は50年とされていますが、耐震改修時点で40年経過していたことになります。

・ 「耐震改修から、20年間は使用に耐えられる。」と説明されていました。

  つまり、2030年まで使えるもくろみでした。

・ 現在示されている新庁舎建設の完成年度の目途は、2025年度末とされています。

 

Q.2 合併特例債期限までの

駆け込みでは?

・ 合併特例債は、合

併市町村が借りら

れる有利な借金で

す。返済金は、国

からの交付金が得

られるとされています。大震災で、合併特例債の期限は10年間延長されましたので、期限までの駆け込みとも言えるものです。

※ 本年4月に、合併特例債の起債はさらに5年間(2030年度までに)延長されています。

  今になって、結果的に駆け込みと言えなくなりました。

 主な当初予算  

・姉妹都市相互派遣交流補助 283万円

  米国ペンドルトン市との高校生交流に市国際交流協会に補助。

8月に派遣者6人と引率者1人。

7月にペンドルトンから受け入れ。

それぞれ15日間。

・友好都市交流 211万円

  鹿児島県瀬戸内町との相互派遣。7月に瀬戸内町から受け入れ。8月に瀬戸内町に派遣。それぞれ4泊5日。

・田舎暮らし体験支援 128万円

  農家民宿が提供する体験プログラム経費に対する助成。

・海資源活用推進事業 359万円

  津波で壊れたウェブカメラを復元し、リアルタイムで海岸情報を市内外に発信等。

 

・街なかおもてなし事業(鹿島区)234万円

  セデッテ鹿島からみなと祭りまでバスで送迎。観光案内マップの増刷。

・小高区商業施設運営費補助 126万円

  市が整備するスーパーマーケットの運営者に電気料を補助。

 

 

まいった、まいった まいったです

長男親子は、田植え後に除草剤を散布して後、避難先の愛媛に行ってしまいました。秋の収穫時期までは、時々戻る程度だと。田んぼの水管理を任されましたが、漏水が甚だしい。大震災前は漏水は全く無く、田植え後の水かけは楽なものでした。大地震の影響なのか? 7年間の休耕で耕盤が雑草で痛めつけられてしまったのか? いずれにしても「まいった かんべんして~~」

孫は、居たら居たでせわしいのですが、いなくなっらやっぱし寂しいです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示