FC2ブログ

なじょしてる通信№522 7月1日付

   

 522 2018  1日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

小高区商業施設

(スーパーマーケット)

指定管理者決まる

小高区商業施設(スーパーマーケット)は、南相馬市で施設整備をしますが、店舗での営業関係は民間に委託します。その指定管理者は議案として提案され、議決されました。

・指定管理者の指名等

⇒ 原町区上高平字川原521

有限会社 丸上青果

・指定期間

⇒ 2018年12月1日~2020年3月31日

 

現在、工事が進められていますが今後、備品の入札、外構工事、内装工事、備品の試験などを予定しています。完成は10月末を予定しており、オープンは12月としています。

 

 

6月議会

 主な補正予算  

・里山再生モデル事業 3億4,460万円

  国見山森林公園とアクセス林道復旧の測量、設計費。国見山森林公園内の遊歩道等の除染作業費。

・橋梁維持 8,200万円

  小高区の琵琶橋の架け替え工事。

・文化財保存補助 542万円

  鹿島区大内の市指定文化財「木造薬師如来像」保存施設の新設費補助489万円。鹿島区塩崎の市指定文化財「岩屋堂の磨崖仏」保存施設の修繕費補助53万円。いずれも事業費の1/2の補助。

・パークゴルフ場管理運営費 184万円

 トイレ棟増築及び、既設トイレ保護等工事の設計費。

・小中学校トイレ洋式化 502万円

  原町一中の8か所の便器洋式化、トイレブース等改修工事費。今年度は実施設計費で、来年度で改修工事を予定。総事業費は概算で1億1千万円を見込む。

 

 

 

 主な当初予算  

社会資本整備総合交付金事業復興2億6,110万円

  鹿島区1-7号線の道路改良1,860mと同路線の用地補償費。

・市営住宅生活環境整備 1,404万円

  小高区の市営住宅室内清掃11戸、電気・ガス・給排水点検調査17戸、給湯器取替え修繕13戸。

・復興地域づくり加速化事業(建設部)

6,934万円

  市が管理する原町区20㎞圏内25路線43.7㎞及び小高区80路線102.3㎞の草刈り。

・復興地域づくり加速化事業(小高区)

213万円

 行政区が実施する道路除草作業に支援する。小高区の18行政区。

・防災まちづくり事業 1,770万円

  小高区福岡地内、鹿島区横手地内に耐震性貯水槽を新設する。

・消防施設整備 5,149万円

  林野火災対応のためのジェットシューター100基購入。積載車用小型動力ポンプ2台購入。消防団用テント2張外購入。鹿島区小島田屯所建設。ホース乾燥塔、防火水槽フェンス設置工事等。

・消防鹿島分署整備 5,210万円

  旧鹿島分署の解体工事費。

・避難所用防災倉庫整備 2,954万円

  避難所用防災倉庫9棟。同資機材2種類等。

・学校介助員の配置 2,220万円

  心身に障がいのある児童生徒の適正な学習環境を確保するため、介助員10人を配置する。

・外国語指導助手配置

4,478万円

  小中学校に8人を配置

 する。

・学校司書配置 1,154万円

  原一小、原二小、小高区4小に司書3人を配置。

ITプログラミングキャンプ事業 991万円

  夏季期間に集中して技術習得・アイディアワーク・プレゼン等のスキルを磨くために開催。1日体験講座2回。3日間キャンプ1回。中高生を対象に40人。

・小学校施設営繕 6,795万円

 教育環境の改善と安全性を確保するため、施設の維持修繕工事を行う。原二小校舎防水改修工事、

 鹿島小防火戸修繕、小学校気中開閉器取替えと受変電更新工事、原一小給食室屋根等防水改修工事、太田小プール等改修工事、石一小プール槽塗装工事など、計11工事。

・中学校施設営繕 6,501万円

  中学校気中開閉器取替えと受変電更新工事、原一中給食用昇降機改修工事、鹿島中給食用昇降機改修工事、小高中体育館窓格子設置工事等。

・原一小プール改築 1億6,358万円

  老朽化のため改築する。25m×6コース。

・音楽・スポーツ大会等補助金 1,780万円

  大会に参加する中学校生徒に対する交通費等の補助。

・外部講師招へい補助 510万円

  中学校部活動支援のため。100%補助。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週はせいで、間違いを記載してしまいました。お詫びして、以下、訂正いたします。

先週号の「国民健康保険税・子どもの均等割を課税せず」の記事中

下線  が正しい内容です。

概 要 

① 対象者 ⇒ 18歳到達最初の3月31日までの間にある者の旧避難指示区域等旧避難指示区域等外(いわゆる事故原発から30㎞圏外)の世帯主

    対象の子どもの人数は260人

② 期間 ⇒ 2018年度の1年間(旧避難指示区域等の震災減免条例の延長に併せ延長する)

③ 免除に要する金額と財源 ⇒ 1,372万円1,318万円を要し、一般会計から繰り入れる(復旧・復興基金を充当)

 

 

 

 

 

ほろ酔いで勘違い?だべが の続き

6月22日の夜、あらためて行ってみました。今度は長靴をきちんと履いて行きました。ヘイケボタルではありませんでした。ゲンジです!!。大きいです。大震災前に見ることが無かったのは、①単に見つけなかっただけか。②ゲンジは清流域にしかいないはずだから、人間や家畜が激減して水がきれいになったせいか。③「原発事故の放射能のせい」は、ありえないだろうが。・・・・・誰かおせーて。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示