FC2ブログ

なじょしてる通信№527 8月12日付

   

 527 2018 12日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

 

看護師国家試験

合格率アップ

相馬看護専門学校

相馬地方広域市町村圏組合では広域消防の運営と同時に、相馬看護専門学校も開設・運営をしています。

2017年度第107回看護師国家試験の結果は、3月末に発表されています。

今期の国家試験には、相馬看護専門学校から42名が受験しました。

このうち39名が合格し、合格率は92.9%となりました。前年よりも4.7ポイント上回るとともに、合格者数は9名増加となりました。なお、全国平均の合格率は91.0%でした。

地域内定着者数もアップ

相馬地方への定着率は、卒業生42名の内27名が相馬地方の医療施設に就職し、64.3%になりました。

前年と比較して、率は12.2ポイント下回ったものの、定着者数は前年より1名増加し、開校以来最高の就職者数になりました。

今年の入学生は?

今年4月の入学生は、第18期生になります。男子5名、女子35名の計40名です。

現在、地域医療を担う看護師を目指し、基礎知識や看護技術を習得するため勉学に励んでいます。

相馬看護専門学校の今年度の運営予算は、2億8,709万円です。

その財源は、相馬市1億1,735万円・南相馬市1億749万円・新地町563万円・飯舘村423万円の負担金と、学生の入学金・授業料・入学検定料で3,379万円、前年度繰越金1,800万円等となっています。

新庁舎建設 ? ②

Q.3 建設場所は・・・?

・ 現在、① 現庁舎敷地、② ゆめはっと駐車場、③ 萱浜ニュースポーツ広場、④ 高見町敷地(道の駅の北側)の4か所が候補地としてあげられています。

いずれも市有地です。

・ ⑴ 敷地面積、⑵ 用途地域(容積率・建ぺい率)、⑶ 実現性(計画期間)、⑷ 経済性(費用面や財政措置)、⑸ 利便性(近隣施設や交通アクセス)、⑹ 適合性(敷地条件や周辺環境)の6条件の比較検討がされます。

・ 利便性では「人口重心」の考え方が重要視されています。

人口重心 ⇒ 市民1人1人が同じ重さを持つと仮定し、市内の住民が全体として平衡を保つことのできる場所。

・ 2015年度国勢調査による人口重心は、旧国道の新田橋手前を西に行き、㈲木幡自動車工業の北側河川敷になります。

・ 人口重心を2015年度国勢調査により求めることになれば、その時には小高区には誰も住んでいないことになっています。小高区の住民にとっては、極めて不利になってしまいます。

・ 南相馬市議会宛に、7月23日付で「金場水利組合代表」「大木戸一行政区長」「牛越行政区長」の連名で『新庁舎建設地の選定要望書』が提出されています。牛越仮設住宅地とその北側付近に市庁舎を建設することを要望しています。

6月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、6月20日に行いました。

学校給食費の無料化を

 

ⅱ 小中学校の給食費保護者負担額は、いかほどか。

【質問の続き】 南相馬市の小学校、中学校の学校給食費の保護者負担額は、いかほどなのかお伺いをします。

【答弁:教育委員会事務局長】 平成30年度の児童生徒一人当たりの学校給食費に係る保護者負担額は、小学生が年間5万3,690円、中学1、2年生では年額5万7,750円、中学校3年生では年額5万5,440円となっております。

【再質問】 南相馬市の実態では、小学生で全国平均をやや上回り、中学校ではやや下回るというあまり大きな差のない実態になっておるようです。

さらに再質問いたします。日本国憲法において義務教育はこれを無償とするとされているのに、小学校で年間十数万円、中学校で二十数万円を納付をしなければならない。

この実態については、どのように説明をいたしますか。お伺いをしておきます。

【答弁:教育委員会事務局長】 憲法で規定されているこの無償という表現の意味合いとしましては、こちら教育基本法が制定されたときの見解として、普通教育を受けさせることについて、その対価を徴収しないということを定めたものです。

教育提供に対する対価とは、授業料を意味するものと認められると。そこで憲法で示す無償とは授業料不徴収の意味と理解するのが相当であると解すのが通例であるということが示されている状況でございます。

【質問?】 先進国からの実態から言わせれば、先進国から笑われる実態と言わなければなりません。

 

 

ⅲ 給食費の滞納の実態と滞納者への対応はどうなっているのか。

【質問】 そもそも、給食費はほかの納付金と比べまして納付率が大変に高い。国民年金の納付率は6割程度ありますから、これと比べると、比べようもないほど納付率が高いんです。

そのような中、給食費の滞納、給食費未納の問題は2005年頃からクローズアップをされ、文科省も2005年度に久しぶりに給食費未納の全国調査を実施しています。しかし、それも2013年度まででした。なぜ2013年度までなのか、定かな説明はございませんが、これはまずいと思ったに違いありません。

最後の年度になった2013年度の調査では、小中学校全体で0.9%の方が給食費未納となっておりました。

その原因について学校がどのように認識しているかという問では、保護者としての責任感や規範意識の欠如が約61%、保護者の経済的な問題は約34%でした。

調査の選択肢はこの二つ、規範意識か経済的問題なのかという、この二つの選択肢しかなかったのです。

しかし、これはあくまでも学校側が見た保護者像です。学校が責任感や規範意識が薄いと思われる保護者というのは、むしろ児童虐待の一種であるネグレクト養育放棄状態、親が子供に関心を払えない実態があると見ることができるものであります。

 

 

 

 

 

あっという間に焼けた背中 色白だから

忙しさを理由に未整理の書類が山ほどになってしまいました。提出を迫られた申請書もあったことから、ようやく整理に入ったものの・・・・。2日目に大切なメモが無いことが判明し、大慌てでした。きーもんでるとダメですね。カバンの中にきちんと入っていたのでした。

5日、郡山の孫どもがきたので、昼を挟んで原釜尾浜海水浴場に行ってきました。私も8年ぶりに海水パンツで短時間臨みましたが、2日間お風呂に浸かれませんでした。チイ子さんは残念そうに・・・社会福祉士会の研修があり、二本松市に行った日でした。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示