FC2ブログ

なじょしてる通信№528 8月26日付

   

 528 2018 26日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

【以下、8月10日に開かれた南相馬市災害対策本部会議で示された内容の一部です。】

仮設住宅入居状況6月30日現在

 

建築戸数

現在戸数

入居戸数

鹿島区

2,143戸

1,318戸

160戸

原町区

640戸

594戸

137戸

相馬市

254戸

0戸

0戸

新地町

103戸

0戸

0戸

合 計

3,140戸

1,912戸

297戸

民間借上げ住宅状況6/30現在

 

入居戸数

入居人数

南相馬市内

309戸

677人

相馬市

43戸

112人

いわき市

55戸

110人

福島市

102戸

244人

郡山市

52戸

126人

その他県内

58戸

143人

福島県外

363戸

879人

合 計

982戸

2,291人

※福島県外は4月1日現在

 

9月議会日程は【予定】

9月定例議会では、2017年度の決算認定議案も提出されます。決算審査特別委員会に付託されますが、昨年のように9月議会閉会後の委員会審査ではなく、9月議会期間中に審議されることになりました。現議員の任期が11月末までのことから、12月議会まで結論を先送りできないためです。

※ 市会議員選挙の投票日は11月18日に決まっています。

○ 議会前の段取り日程

8月28日 議会全員協議会

 (議案説明)

29日 一般質問通告期

限、質問順序抽選

  ※ 請願・陳情提出期限

31日 議会運営委員会

◎ 本番

9月 5日 本会議(議案の提出及び説明)

  10日 本会議(一般質問)

  11日 本会議(一般質問)

  12日 本会議(一般質問)

  13日 本会議(議案質疑、委員会付託)

  14日 各常任委員会【寬一は文教福祉】

  19~21日 決算審査特別委員会

28日 本会議(委員長報告、質疑討論、

表決)

 

6月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、6月20日に行いました。

学校給食費の無料化を

 

ⅲ 給食費の滞納の実態と滞納者への対応はどうなっているのか。

【質問の続き】 親の障がいやメンタルヘルスの問題、アルコール依存症やDV、借金や多重債務など経済的な困難を抱えている場合もあります。親身になって相談にのってくれる親族や友人もおらず、社会的孤立状態にあるのかもしれません。

それらは学校からは見えにくい実態であります。給食費未納のバッシング報道では、親が高い車に乗っていたとかブランド品を持っていたとか言われましたが、貧困は外から持ち物を見るだけでは分かりません。

ブランド品が中古品か偽物かもしれません。高価な車は借りているかもしれません。あるいは子供には必要なお金を掛けずに浪費を続けているような、これこそがネグレクトですが、家計管理に問題がある保護者かもしれません。

本当はお金があるのに払えないのか、それとも経済的な困窮や病気などを抱えている中で、どうしても支払いが遅れがちになっているのかは不明であり、未納、滞納の理由を断定するのは簡単なことではありません。

そこで以前、神奈川県海老名市では、細かな未納家庭の聞き取り調査を実施した例がありました。

支払遅れの7割が給料日前で手持ちがないという理由を上げておりました。一般的な学校から見た評価とは随分と違っておりました。

給食費未納、滞納問題は学校の問題、教育の問題ではありません。社会問題、政治の問題だと思います。直接的には住民の間近にある市町村の政治、行政の問題であります。

給食費未納、滞納は、学校から見える子供の貧困のシグナルと見るべきではないでしょうか。

さて、そこで質問ですが、南相馬市の小中学校における給食費の滞納、未納の実態はどのようになっておりますか。

現実には原子力発電所の避難等に伴って対応策がきっちりととられてきているわけでありますが、現状の実態についてその対応をどのようにされているのかお伺いします。

  

【答弁:教育委員会事務局長】 本市における学校給食費の滞納状況は、平成15年度から平成29年度分までで27件、104万9,998円となっております。

滞納している世帯への対応については、定期的な催告を行うとともに世帯の状況に応じた分納相談などの対応を行っているところです。

 また、現年度分の納付が遅れている世帯に対しては、学校を通じて電話等により納付を促すとともに、経済的にお困りの世帯に対しては、就学援助を案内するということで、新たな滞納が生じないよう努めております。

【再質問】 未納、滞納の実態について、具体的な数字ももちろん大切ですが、それぞれの家庭の実態がどういう状況なのかということ、つぶさに把握しておく、そしてその相談にのるということが大切だろうと思っております。

これは学校だけではできる問題ではありませんので、教育委員会を挙げて、あるいは市の政治の問題としてきっちりと視点をあてていかなければならないことを強調しておきます。

 

 

ⅳ.2016年9月議会での私の一般質問の答弁で、本市の学校給食の無料化の検討をすると言ったまま、具体的進展がないままでした。

  この間、学校給食の無料化や保護者負担への補助等を実施している福島県内の市町村は、いかほどになっておられるのか。

【質問】 私は4年前の2014年9月議会でも一般質問で学校給食の無料化を訴え、次のように求めました。

『子育てにお金がかかりすぎることは、所得の低下、非正規雇用の拡大などの雇用不安があり、若い子育て世代の経済的負担が重くのしかかっています。南相馬市ではその上に原子力発電所事故のために不安な生活を続けています。

南相馬市民の産み育てる環境は、我が国の中では最悪の状況にあります。少子化、貧困の世代間連鎖が問題になっているとき、原子力発電所事故で産み育てる環境が一層困難になっている南相馬市で学校給食の無料化に踏み切るべきであります。

福島県内で南相馬市が学校給食費の先陣を切っていこうではありませんか。』と。

この時まだ無料化の市町村がなかった。繰り返しますが、福島県内で南相馬市が、学校給食費の先陣を切っていこうではありませんかと申し上げたのでございます。

 

 

 

素早い反応の赤とんぼと

身体がついて行かない自分と

送り火の翌日から急に涼しくなりました。そのとたん、8月17日に赤とんぼがやってきました。私のこれまでの体験では、赤とんぼは6月20日頃に田んぼ等で羽化し、盛夏期には阿武隈山系に避暑に行きます。秋の訪れとともに里に戻ってきていました。赤とんぼの素早い反応にびっくり。軒下に巣を造った燕は2度目の雛も19日に巣立ち、旅立ちのために巣を離れました。朝夕は涼しくなってきたものの、日中の気温は高くなる日がまだまだありそうです。どうぞご自愛ください。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示