FC2ブログ

なじょしてる通信 №203

№203 2011年 2月24日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部一
℡ 44-5658  携帯 090 2993 1471


常磐自動車道開通に合わせ 高規格救急車配備
 21日に開かれた相馬地方広域市町村圏組合議会で、2011年度当初予算が審議されました。消防業務を中心とした一般会計予算は、14億3,854万円となりました。
 消防施設費では、相馬消防署に配備する消防ポンプ自動車3,300万円、高規格救急車3,000万円の車両購入費があります。消防ポンプ自動車は現車両が19年経過し、老朽化のために更新するものです。
 一方、高規格救急車は2011年度中に常磐自動車道の富岡インターチェンジから相馬インターチェンジまで開通することに合わせて、高速道路にも対応する車両として増車するものです。

南相馬市消防負担金7億円
 広域市町村圏組合議会で可決された予算は、構成する市町村の負担金を中心に賄われます。
 南相馬市が負担する金額は、消防費負担金6億9,819万円、看護専門学校費負担金9,697万円などで、2011年度合計負担金は8億3527万円となりました。

一の一般質問④
 12月議会での私の一般質問の内容要旨の続きの続きです。
農業危機緊急対策を問う
3.TPPでは
① TPPは日本を破壊する暴挙
※「通信№199」の続きです。
【質問】 TPP参加で利益を得るのは、ごく一握りの輸出大企業だけです。農林漁業を真に再生させて地域経済、南相馬市民を守るために、TPP参加を阻止させるべきと思いますが、いかがですか。
【答弁】地域農業を守るために、機会あるごとにTPP参加をやめるよう伝えていく。
【質問】TPP反対の具体的行動を求めます。
【答弁】政府幹部政治家とも会う機会があるので、伝えていきたい。
合併の原点に立ち戻って
1.地域自治が生かされているか
① 法体系での位置づけは
【質問】地域において最大の主体である市民が自主的な活動を展開して、地域の課題を自ら解決するための環境づ くりが必要だとして、本市合併時に地域自治組織がつくられました。
 南相馬市の地域自治区は、合併特例法に基づく自治区か、それとも地方自治法に基づくものか。
【答弁】地方自治法に基づくものであり、各区に地域協議会を設置し、各自治区民の声を市政に反映することにし ている。
【質問】今日の実態を見れば、自治区設置は、合併を進めるための方便ではなかったのか。
 財源と権限を地域の実情に合わせて配分し、住民の声が届く市政運営ができることが目的だった。
 しかし、すでに原町区には「自治区はいらない。」の声もある。
【答弁】今後も地域協議会を中心に適切な運営がされると考えている。
② 地域協議会をどう活用するか
【質問】地域協議会をどのように機能させ、活用するかが極めて大切になります。
 市長の諮問に答えるだけの組織になっていると映っています。本来の目的に向ける方向をどう考えるのか。 《以下、次号で》

一あっぱとっぱ チイ子平然 の旅
 タイ国に住みついてしまった叔父から請われてタイ旅行をしてきました。タイでのおもてなしは、「水・冷たすぎる冷房・車はスピードを上げる」でした。水は助かりましたが、35℃の外から20℃の冷房内への出入りと、乗ったバスやタクシーが命がけのように飛ばすのには、たまげました。
 でなんこが日焼けして皮がむけてきました。それを見て「頭の皮がむけたね。」と、無礼なことを言った方がおります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示