FC2ブログ

なじょしてる

  №206 2011年 8月26日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部一
℡ 26-5002  携帯 090 2993 1471


臨時議会で修正 
警戒区域の市民税免除
 8月23日に臨時議会が開かれ、3件の議案が審議されました。
うち、「被災者に対する市民税等の減免条例制定」の提案された原案は、次の通りです。
① 市民税(個人)
・死亡・行方不明 ⇒ 10割減免
・2011年所得が7割以下になった場合で
⇒10年の所得300万円以下で10割減免
〃  300~400万円で8割減免
〃  400~550万円で6割減免
〃  550~750万円で4割減免
〃  750~1千万円で2割減免
 ・住宅の全壊・大規模半壊 ⇒ 10割減免
    〃  半壊 ⇒ 5割減免
② 固定資産税 ⇒ 南相馬市民全部を免除
③ 軽自動車税 ⇒ 警戒区域内に放置された軽自動車の税を全額免除
④ 国民健康保険税
及び介護保険料(1号被保険者)
 ・警戒区域・緊急時避難準備区域・計画的避難区域・特定避難勧奨地点(避難実施者だけ) ⇒ 全額免除
 ・生計維持者の死亡・行方不明 ⇒ 全額免除
・2011年所得が7割以下になった場合で
⇒10年の所得300万円以下で10割減免
〃  300~400万円で8割減免
〃  400~550万円で6割減免
〃  550~750万円で4割減免
〃  750~1千万円で2割減免
   但し、事業の廃止・失業は全額免除
 ・住宅の全壊 ⇒ 10割減免
   〃 大規模半壊・半壊 ⇒ 5割減免
 この原案に対して議員から2件の修正案が提出されました。

市民税での免除修正
 市民税(個人)での修正案では、原案に加えて『警戒区域の世帯全員の市民税の全額を免除する。』ことが提案されました。住むべき家を奪われ、市からの十分なサービスが得られない等が、主な理由です。
 採決の結果、13対9の賛成多数で修正案が可決されました。
◎ 修正に賛成 ⇒ 渡部一、荒木千恵子、
今村、志賀、中川、湊、土田、田中一正、大山、鈴木、横山、西 一信、細田
× 修正に反対 ⇒ 小林、竹野、水井、小川、山田、田中京子、奥村、野、西 銑治

国保税・介護保険料では 
 国民健康保険税・介護保険料の修正案は、原発からの距離で減免を決める原案を全て削除し、固定資産税同様に『市民全部の免除』が提案されました。
 採決の結果、7対15の賛成少数で修正案は否決されました。
◎ 修正に賛成 ⇒ 渡部一、荒木千恵子、
志賀、土田、大山、西 一信、細田
× 修正に反対 ⇒今村、小林、竹野、中川、湊、水井、小川、山田、田中一正、田中京子、奥村、鈴木、横山、
野、西 銑治

議会決定に市長は異議 
議会再召集 やり直せ! 
 小高区など警戒区域の市民税を全額免除する議会修正決定には不服があるとして、桜井市長は30日に臨時議会を再召集しました。
 「議会での修正は、まかりならん。出直せ。」との意味です。『再議』と言いますが、合併前旧市町を通じて、前代未聞です。
全額免除可決には、今度は3分の2の同意を要することになります。

全額免除には違法性はありません。
税収は3.5億円減りますが、2011年度当初予算の小高区関係で公園管理経費等々1.4億円が執行できない分が浮いてきます。さらに、地域振興基金(貯金)等の一部を流用すれば、財源は十分に手当てできます。
臨時議会 ⇒ 8月30日10時~
 ぜひ傍聴においで下さい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示