FC2ブログ

なじょしてる通信第585号 1月26日付

   

No.585 2020年 26日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

 

 

以下のグラフは、1月11日に行われた「旧避難指示区域内市民説明会」で示された資料の抜粋です。

 

 

3月議会日程

3月定例議会では2020年度の当初予算など、年間で最も重要な議案が審議されます。

○ 議会前の段取り日程

2月21日 議会全員協議会(議案説明)

25日 一般質問通告期限、一般質問内

容の市からの聴き取り

     ※ 請願・陳情提出期限

28日 議会運営委員会

◎ 本番

3月 3日 本会議(議案の提出と説明及び先議分の質疑、討論、表決)

3月 6日 本会議(一般質問)

 

9日 本会議(一般質問)

  10日 本会議(一般質問)

  12日 本会議(議案質疑、委員会付託)

  16~18日 各常任委員会

  25日 本会議(委員長報告、質疑討論、

表決)

◇ その他の日程(渡部寬一が関係するもの)

2月17日 相馬地方広域市町村圏組合議会

3月 1日 県立高校の卒業式

4日 相馬看護専門学校

  卒業式

  11日 東日本大震災

追悼式

  13日 中学校卒業式

  23日 小学校卒業式

12月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、12月9日に行いました。

台風・大雨被害は甚大。市民を守るため災害対策は急務!

 

ⅰ 脆弱な市民への情報伝達の至急改善を⑤ 野外拡声器が聞こえない、聴き取れな

  い。改善を

【再質問の続き】 どうしてなのか、南相馬市の拡声器が聞こえないのか確かめてみましたが、拡声器の設置場所が変わっておりました。

大震災以前よりも北側に移転をしていました。設置場所を選定するに当たり、こういう地を優先をさせたものと思われます。新たな場所の聞こえる範囲は、一方向だけのごく狭い角度でしか聞こえない場所です。無用の長物とは言いませんけれども、だめですね。

周辺のほとんどの地域を、せっかく設置した拡声器ですからその拡声器の周辺のほとんどの地域を網羅をして、地形もよくよく検討をして設置場所を決めるべきだと思うのです。

調査をするということでしたが、置く場所もきっちりやらないとだめなのではないかと思っております。

【答弁:復興企画部長】 御指摘のJR桃内駅東の屋外子局ですが、東日本大震災の影響による地盤の緩みから平成25年3月に移設をいたしました。

移設の際の地元協議などの経過は不明ですが、今後この地区を含む難聴地域については、行政区長などともご相談させていただきまして改善に努めていきたい。

 

ⅰ 脆弱な市民への情報伝達の至急改善を⑥ 防災ラジオ、野外拡声器の音質改善を

現在の防災ラジオ、野外拡声器の声は、電子的に組み合わせた声のようです。アクセントも不自然な部分もありまして、聞きづらいものであります。

私は、一切聞くことができない環境にありますけれども、今回の台風などで女性の某幹部職員のように思える声での放送は、はっきりと理解できたと市民の方からお伺いをいたしました。せっかくの大切な緊急放送です。音質改善を求めます。いかがでしょう。

【答弁:復興企画部長】

 防災行政無線の放送は、災害発生時や緊急時の放送以外は音声合成装置により女性の電子音を使用しているところです。

電子音としての放送であるため、どうしても肉声とは違い、音源やリズム間隔により聞きづらい場合がございます。

今後、電子音のイントネーションや音程の強弱の調整を行い、音質改善が図られるよう対応をしてまいります。

 

ⅰ 脆弱な市民への情報伝達の至急改善を⑦ 防災メールの普及状況は。普及拡大を

  急げ。

【質問】 携帯電話、スマホの普及はすさまじいものがあります。特に我が南相馬市では大震災、原発事故で多くの世帯が避難を強いられ、友人、知人がばらばらになり、家族もばらばらになり、連絡や情報を得るためには携帯電話などしかありませんでした。

それまで必要性を感じなかった方もこんなことがなければ、特に持つはずもなかった高齢者や若年層も、若年層というのは子供たちという意味です。携帯電話、スマホを持つことになってしまいました。

この携帯電話などは、一斉送信でのメールを送ることができる大変有効な機能を持ち合わせていることは御承知のとおりです。防災情報は、その中でも特に重要だと思っております。使わない手はありません。

【以下、次号で】

 

心配事がまた増えました?

私の起床時間は通常は午前4時です。ベトナムと日本との時差は2時間でした。元旦にはベトナムでも午前4時に起床できるほど、すぐに順応しました。ところが帰国してから午前6時にしか目が覚めなくなり、時差ボケ?が続いていました。ようやく、1月20日になって元に戻りました。安心です。んだげんちょもこだにかかるとは、時差ボケでなくて、ほんとのボケになっちまったんでねぇべがと、心配しております。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示