FC2ブログ

なじょしてる通信第590号 3月1日付

   

No.590 2020年  日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

 

 

2020年度 当初予算

昨年比8.6億円減 547億円

3月定例議会に提案されるのは、議案55件(条例関係15件、予算関係27件、その他12件)です。

一般会計の当初予算歳入歳出総額は546億7,363万円になります。これは、前年度当初予算よりも、約8.6億円減少しています。

 

3月議会提案

 主な条例案等は  

⓵ 市職員の定年等の条例の一部改正

市立病院の医師の定年は、年齢65歳としていたものを70歳に改訂する。

⓶ 市職員の給与に関する条例の一部改正

県人事委員会勧告に準じて、住宅手当の上限を27,000円/月であったものを28,000円/月に改める。

⓷ 国保税・介護保険料の減免条例の一部改正

 上位所得層を除く旧避難指示区域等の被保険者の国民健康保険税・介護保険料の減免措置が本年3月までだったが、更に1年間延長するための一部改正。

⓸ 鹿島区デイサービスセンター設置条例の廃止

 鹿島第1・鹿島第2デイサービスセンターを南相馬市社会福祉協議会に無償譲渡することになるため、設置条例を廃止する。

⓹ 市営住宅条例等の一部改正

連帯保証人の保障極度額を定めること及び、家賃債務保証業者との保証契約の締結があれば保証人を要しないこととするための条例の一部改正。

⓺ 水道事業等設置条例の一部改正

小高上水道と小高簡易水道を統合するとともに、全面的に公営企業会計とするための条例改正。

 

寬一 一般質問

 9日13時から?

3月議会の一般質問登壇者は13議員です。

私の質問順は、3月9日13時頃からです。

私の質問通告の内容は、以下です。

Ⅰ 東日本大震災政府追悼式を来年限りで打ち切ることになったが、原発事故を含めて復旧復興は道半ばだ。国の姿勢を改めさせよ!

Ⅱ 事故原発からの汚染水を海に棄てようとしていることを許すな!

Ⅲ 私は原発事故前から「市は、安定ヨウ素剤の事前配備を」と強く訴えてきたが、ようやく国もその方向性を示してきている。その実現を急ぐべし。

傍聴 大歓迎です

 

 

12月議会での

寬一一般質問

私の一般質問は、12月9日に行いました。

台風・大雨被害は甚大。市民を守るため災害対策は急務!

 

ⅳ 常備消防職員の増員を

【答弁の続き】 なお、相馬地方広域市町村圏組合では、令和元年度に職員の定数条例改正を行い、令和2年度より現在の148名から152名、4名増員となると伺っております。

本市としても消防力の強化が図られるよう、改めて相馬地方広域市町村圏組合に対し、他の市町村と連携し、適切な人員確保が図られるよう求めてまいります。

【寬一補足】 いずれにしても福島県の中で、私どもの広域組合が最下位であるという現実は動かしがたい事実であります。ただいまの答弁にあったように、さらに強化をしていくことを強く求めて、次の質問に入ります。

 

 

ⅴ 地球温暖化対策に市も取組むとともに、国に強く求めよ。

【質問】 次に地球温暖化対策の質問です。こんなことを一地方の議会で議論してもと思うかもしれませんが、しかし今、地方から、全国の地方から声を上げていくことが重要だと思いますので、あえて質問をさせていただきます。

台風が大型化しています。海水温の上昇によるものと言われています。そればかりではなく、近年全国で、全世界で大きな気象災害が頻発をしております。

これらは、地球温暖化の影響であることが気象学者の共通の認識になっております。気象学者ならず、あらゆる自然科学の専門家が今までにない現象が起きていることの根っこに温暖化と関連していることを指摘しています。

地球温暖化は、大災害をもたらすばかりではありません。近年の熱中症の多くの発生もしかり、農業や漁業などにも重大な影響を及ぼしてきております。

南相馬市にさらに大きな災害をもたらし、農業や漁業が成り立たなくなっていく可能性が大きいものです。

少し長くなりますけれども、深刻化する地球温暖化について申し上げます。

地球温暖化対策を加速するために開かれました国連の気候行動サミットが9月にニューヨークで開かれました。77カ国が2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする、実質ゼロというのは排出量と吸収量を均衡させることだそうです。

温室効果ガスの排出を実質ゼロにすることの表明をいたしました。今世紀末までに産業革命前からの気温上昇を1.5度未満に抑えるには不十分ですが、「世界は目覚めつつある。」「機運は増している。」とウテルス事務総長は表明をしております。

この中で、安倍晋三政権はサミットで発言の機会さえ与えられず、存在感が全くありませんでした。温室効果ガス削減の目標積み増しに応じようとしない日本政府への国際的な批判は強まるばかりです。

サミット冒頭では、温暖化対策を求める若者たちの行動「未来のための金曜日」を世界に広めたスウェーデンの環境活動、グレタ・トゥーンベリさん16歳だそうですが、各国首脳を前にして、「未来の世代の目は皆さんに注がれている。もし私たちを裏切ることを選ぶなら、以後私たちは皆さんがこの問題から逃げることを許さない。」と声を震わせて反響を呼びました。

2020年に本格始動する温暖化防止の世界的枠組みパリ協定は、産業革命前からの気温上昇を2度未満、できれば1.5度に抑える目標を掲げます。しかし、国連が今年の9月22日に発表した報告書でも世界の平均気温と二酸化炭素の排出量は過去最高を記録しています。

危機的事態を打開するためには各国の真剣な取り組みが不可欠です。サミットでパリ協定達成のために目標の上積みや対策強化の表明が相次いだことは、若者を初めとする国際世論の反映です。

一方、パリ協定から離脱表明しているアメリカのトランプ大統領が10分程度会場に顔を出しただけで発言もないなど、地球的課題に背を向ける姿勢も浮き彫りになりました。

【以下、次号で】

 

 

 

冷静に科学的に怖がりましょう

2月29日に計画されていた「原発ゼロをめざすたたかいのシンポジウム(於:郡山市)」には、チイ子さんもシンポジストとして発言することから、応援団を兼ねて南相馬市から30人参加することになっていました。コロナウイルスの感染予防のためとして中止になってしまいました。残念・・・・。私は、咳やクシャミ時には瞬間的に手の平で拡散させない習慣がありました。まちがいであったことが判明。指導されているティシュなどはまんにぁいません。緊急策としては、腕で拡散防止策を取るべきだとか。反省・・・・・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示