FC2ブログ

なじょしてる通信第593号 3月29日付

   

No.593 2020年 29日発行 

日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告

 小高区耳谷小泉23 渡部寬一

携帯 090 2993 1471 メールアドレス qqkh4649n@drive.ocn.ne.jp

 

 

 

 

この2月に、2011年大震災の南相馬市災害対策本部会議が1年ぶりに開催されていました。

以下、災害対策本部会議で示された内容の一部です。

災害関連死516人に

 南相馬市の災害関連死はさらに3名増え、516人に及んでいることが報告されました。

震災時の直接死636人と合わせて、南相馬市の震災関係死亡者数は、1,152人になってしまいました。5月と7月に開かれた災害弔慰金支給審査委員会の結果です。残念です。

直接死の636名は、全員が津波の犠牲者です。しかし残念ですが、ご遺体の収容状況は南相馬警察署調べでは545遺体(うち、身元不明1遺体)です。一方、行方不明者の公式(法的な人数)発表は0名です。

この差の91名は・・・・? 

残念を思いつつ「いつまでもお葬式も出してやれない・・・・・・。」として、涙をのんで、後ろ髪を引かれる思いで、無念さを残したまま、ご遺族が死亡届を提出せざるを得ず・・・・・・。

結果、行方不明者は0名となっているのです。

 

 

自家消費の食品等放射能簡易分析結果:まだ油断はできない!

 災害公営住宅の入居状況 (2019年12月1日現在) 

 

 

 

2020年度

 主な当初予算  

・地域の絆づくり支援補助(小高区:25件)

250万円

  地域の絆を再生するため、住民自らが絆づくりを行うために実施する事業に対して補助。補助率は補助対象経費へ100%。但し、世帯数により、上限10万円・15万円・20万円あり。1団体で1年間1回限り。

・地域の絆づくり支援補助(鹿島区:28件)

440万円

  同上。

・地域の絆づくり支援補助(原町区:48件)

995万円

  同上。

・災害関連広報活動 1,099万円

  避難している市民に「広報みなみそうま」を増ページし、4,300部を24回発送。

・ 自家消費型太陽光

発電への補助

3,907万円

 家庭での自家消費型太陽光発電システム・蓄電池システムを設置する者に対し補助(上限あり)。

 

 

・防災集団移転元地管理 15,556万円

  復興事業に係る土地情報調査、移転元買取り地の除草。

・高速道路料金助成 1億9,266万円

  30㎞圏外市民の料金助成。

・市民一体化醸成事業(鹿島区)

3億288万円

  醸成事業を行う団体への補助金(上限200万円)交付。トレーニングセンター整備(千倉グランド駐車場内)。真野川親水サイクリングロード整備。道路改良舗装工事。

 

 

たくさんの困ったことが

コロナウイルスの猛威は、私たちの生活を一変させています。生活や仕事に経験したことの無い事態を招いています。私の活動にも影響が。すでに卒業式を含め13件の中止や欠席要請がありました。さらに、季節の変わり目のせいか、お付き合いのあった方が次つぎに亡くなっています。

さらに更に、先週の連休に、行き場所を失っている孫たちが大挙して押しかけて嵐のように騒ぎまくっていたのに、帰った後の寂しさが・・・・・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示