FC2ブログ

なじょしてる通信 №239

№239 2012年 5月20日発行 
日本共産党 南相馬市議会議員 議会報告
 小高区耳谷小泉23 渡部一
原町区北新田本町98-4新田ハイツ2号 携帯 090 2993 1471


渡部チイ子さん 立つ
   衆院福島一区予定候補
 「家を奪われ、土地を奪われ、家族をバラバラにされた県民の苦しみ、放射能汚染に苦しむ県民に心を寄せて、東電と国への怒りの声、『原発ゼロ』の声を、原発被災地の真っ只中から出してくれ!」との強い要請を受けて、渡部チイ子さんが次期衆院選福島1区候補者として立候補することになりました。
 みなさんの思いを、チイ子さんに託してください。

渡部チイ子さんは
 ・1953年1月12日 会津若松市生まれ
 ・福島県農業短期大学校農業科卒業 放送大学教養学部卒業
 ・住所 南相馬市小高区耳谷字小泉23
    現在は、原町区北新田の借上げ住宅に夫(一)と義母と居住
 ・日本共産党福島相馬地区委員、全国農民連女性部副会長、南相馬市農業委員

農産物の放射能検査結果は
 市は、南相馬市内で栽培されている農産物の放射能測定を実施しています。
 5月15日発表分は34品目の検査結果ですが、一部に基準値を超える山菜がありました。野菜には問題がありませんでした。

・100Bq/㎏を超えたもの
  ⇒ 原町区下北高平と国見町のタラノメ
    鹿島区橲原のコゴミ

6月議会の日程は
 6月定例議会の日程は、以下の予定になっています。
 13日 本会議(議案の提出及び説明)
 18日 本会議(一般質問)
 19日 本会議(一般質問)
 20日 本会議(一般質問)
 21日 本会議(議案質疑、委員会付託)
 22日 各常任委員会【一は建設経済】
 27日 本会議(委員長報告、質疑討論、表決)

一の一般質問⑥
 一般質問内容の要旨の続きです。
Ⅰ 収束していない原発事故からの緊急対応策を
 ① 安定ヨウ素剤を今すぐ全世帯に配備を (の5回目の続きです。)

【再々再々質問】 三春町では、国、県からの情報や指示がない中で、自らの手で可能な限りの情報を集め、困難な中でも町民の安全を最優先した。
 3月15日、40歳未満の全町民にヨウ素剤を配付、服用を指示した。町長は「混乱時には現場主義が一番。国や県の指示を待っていたら何もできない。住民の安全を守るのが町だ。」と強調している。
 共同通信実施のヨウ素剤事前配付の全国アンケートに南相馬市は、「服用する時期を判断することがむずかしい。」から、ヨウ素剤の事前配付には不安があると答えている。
 訳の分からない理由だ。時期判断がむずかしいから、何もしないと言っているに等しい。
 何を考えているのですか。危機意識がない。市民の命をどうして守るかとの観点には、全く立っていない。
 いわき市では、3月18日からの配付になってしまった。この反省からいわき市は、昨年11月末に次の新たな対策を講じた。いわき市に住民登録している妊婦および40歳未満の方、6万8千世帯、13万8千人にヨウ素剤を郵送した。
 いわき市ですら危機感を持って対策をしているのに、なぜもっと危険な位置にある南相馬市でできないのか。

じぃちゃんに似ています・・?
 4月29日、9人目の孫が生まれました。愛媛県に避難して農業を再開した長男:寛志夫婦の長男です。
 後から指摘されて気付きましたが、本来であれば総領孫(跡取り孫)のはずなのですが・・。
 寛(かん)助(すけ)と命名されました。孫の名前に恥じぬよう、まっとうな生き方をしなければと、あらためて気持ちを引き締めています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

watanabekaniti

Author:watanabekaniti
▼1953年(昭和28年)
耳谷生まれ 57歳。
相馬農業高校農業科、福島農業短期大学農業科卒業
▼資格 農業改良普及員。 
▼福浦農協、小高町農協、そうま農協で営農指導員として勤務し、4年前に退職。
▼1972年豊かな農村を創りたいと願い、日本共産党に入党。
小高町連合青年団事務局長 
県農協労連副委員長を歴任。 
▼町・市議会議員30年。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア2

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示